人気ブログランキング |

pode ser um romance

棒ノ嶺 「低山を侮るなかれ」 の巻

b0255992_18581143.jpg
しばらく山歩きをしてなかったので、雪が降る前に名残りの紅葉でも楽しみながら、陽だまりの低山ハイクでもと目論んだのが奥武蔵山系でも人気の「棒ノ嶺」 。
思い起こせば、あの時の棒ノ嶺は初体験の地獄のラッセル。半べそかきながらグショグショになって辿った新雪の尾根道。あれがすっかりトラウマになって 「もう雪の山には行かない!」 ってことなんです。うって変わって、今回は晩秋のポカポカ陽気ですっかりトレッキング気分。

さてさて、これといった隠し玉はなくって拍子抜けって感じかも知れませんけどね。
ま、淡々としたレポに仕上がってますんで、よろしかったらMoreをポチっと。




b0255992_1238271.jpg
家から愛用の軽トラで飛ばして小一時間。登山口の有馬ダムの駐車場に着いたのは午前9時ちょっと前。
連休の初日とあって、予想通り駐車場にはかなりの車が入っているが、程よいポジションに駐車スペースを確保。
(頼もしい片腕。愛用のブルーの軽トラ)



b0255992_12582063.jpg
今回は白谷沢コースを辿る。
まずはこんな感じでダムサイトの管理道路をのんびりと登山口へ。



b0255992_1301419.jpg
スギ、ヒノキがびっしり植林されたこんな感じの山道は、奥武蔵、奥多摩の低山帯特有の景観だ。



b0255992_1324975.jpg
40年、50年先を見据えて、林業家さんが一生懸命育てた人工林。



b0255992_1352146.jpg
コースの前半はこんな感じの沢登り風で、マイナスイオン+森林セラピー満喫。
以下3枚をざっと。
b0255992_137182.jpg

b0255992_1391246.jpg

b0255992_139294.jpg




b0255992_13135769.jpg
沢を詰めると、こんな感じで急登のクサリ場に出くわす。中高年のグループはここで立ち往生なので、しばしやり過ごす。



b0255992_13152336.jpg
沢沿いの登山道は北斜面なので、ご覧のとおり午前中はほとんど陽が射さない。



b0255992_13171766.jpg
現実と画像とのギャップ(その1)
いよいよ棒ノ嶺本体の登りに差し掛かる。「低山というキツイ山登り」 の始まり。



b0255992_13211136.jpg
現実と画像とのギャップ(その2)



b0255992_1324453.jpg
尾根の上部は整備された登山道で心地いい。
b0255992_13252636.jpg




b0255992_13274632.jpg
峠を過ぎると明るい尾根道になり、ポカポカ陽気の中を気分よく歩く。



b0255992_13291824.jpg
頂上直下、最後の急登。これがまた意外と長~い。



b0255992_13304045.jpg
雲ひとつ、風ひとつ無い穏やかなてっぺん。わずか969mほどの頂だけど、眺めは抜群だ。



b0255992_13332655.jpg
お昼はご覧のラインナップ。(これ、ひとり分)
b0255992_13365351.jpg
最近のお気に入りは、これ 「 炙り焼鮭 by セブン・イレブン 」
b0255992_13391536.jpg
カップ麺は、やっぱりシーフードがいちばん!
b0255992_1340744.jpg
メキシカン・チリコン カルネは今回のヒット! 
ピリ辛トマト風味がなんともイケる。ビールを忘れたのが超残念!



b0255992_1350068.jpg
眺望 Ⅰ
b0255992_13512659.jpg
眺望 Ⅱ
b0255992_1353147.jpg
眺望 Ⅲ
b0255992_13552626.jpg
題して、昼下がりの点景



b0255992_13563380.jpg
名残りの紅葉をくぐり、さあ、下山開始。



b0255992_13573160.jpg
有馬ダムを眼下に、ひたすら下る下る。



b0255992_13593986.jpg
サヨナラ、棒ノ嶺。



b0255992_142823.jpg
西陽射すスギ、ヒノキ林をひたすら下る下る。



b0255992_1432386.jpg
あと、ひと息。



b0255992_1444066.jpg
ゆっくり、のんびり下山で午後3時前に駐車場着。
側道には、名物?の寒桜が旬とばかりにいっぱい咲いてたけど、残念なことに陽も傾いてグレートーン。写欲はそそらないまでも、一応、カメラを向けてみるけど、ご覧のとおり。

正直、キツかったぁぁ。奥多摩、奥武蔵の山って、せいぜい1000mちょっとの山が主流だけど、スギ、ヒノキの人工林の中を九十九折の急登が続いているのが特徴で、いやぁ… 侮れませんね。誰かさんの言った、「アプローチの長~い、アルプスとか、大きな山の方が意外と楽かもよ」 って、あながち冗談じゃないかもね(笑)

Canon EOS 5D MarkⅡ
EF 17-40mmF4L USM
EF70-200mmF2.8 USM

SONY cybershot RX100Ⅱ

by windy1957 | 2014-11-25 14:31 | mountaineering