pode ser um romance

花いっぱいの八方尾根 「天空の花園 partⅡ」

b0255992_8554819.jpg
自宅を出てから4時間弱。白馬村は淡い青空が広がっていた。まずまずの天候に気持ちは踊る。事前に得ていた情報で、この日は林道を詰め、黒菱のリフト乗り場まで一気にマイカーで登った。すでに標高は1700mほど。下界の白馬の家並みが薄らと霞んで見える。そして草地に広がるお花畑。クガイソウやシモツケソウ、オオバギボウシ、ミヤマアキノキリンソウの彩が、いかにも信州の高原の雰囲気だ。
見上げるその先には八方の尾根と白馬の山並み。吹き上げる涼風に揺れる可憐な花たち。カメラ片手の山歩きはいつもと同じ、遅々として進まない。



b0255992_9142422.jpg
まず驚いたのはシモツケソウの多さだ。さすがに2000mを越えてくるとその姿を見掛けなくなるが、それまでは至る所でピンクの花姿が風に揺れていて、つい立ち止まってはカメラを向けてしまう。



b0255992_9342426.jpg
稜線ではややピークを過ぎた感はあるものの、ヨツバシオガマにも会えた。
カメラに装着したレンズは70-200mmのズームマクロ。修理から上がってきたばかりなので久々の出番となったが、この柔らかいボケ味が個人的には気に入っている。



b0255992_11292229.jpg
稜線の木道沿いにはちょっとした雪渓も残っている。そして、このミヤマアズマギクも点々と咲いていた。6月に登った時にはまさに最盛期といった感じだったが、健気にもまだまだ頑張って咲いてくれていた。



b0255992_1138764.jpg
そして、今回のメインはこのハッポウタカネセンブリだ。
爽やかな瑠璃色の花弁は、初見にもかかわらずひと目でそれと分かった。それにしても小さな花姿、持参したレンズでの撮影では少々物足りなさもあったが、会えただけで十分満足だった。来年はしっかり準備してもっと素敵に撮ってあげたいと思う。



b0255992_1145030.jpg
今回の最後を飾るのはカライトソウだ。
この花だけはしっかりと覚えていた。もう何年前になるだろうか。夏休みに家族で遊びに来た白馬山麓。妻や子供たちとは別行動で登った八方尾根。なんの情報も得ずに黙々と辿った稜線。当時は蝶の撮影に嵌っていて、植物の撮影にはまだそれほど熱が入っていなかったような気がする。あの時、リフトから降りて真っ先に目に入ったのがこのカライトソウだった。こんなふうに草地の斜面で風に揺れる花姿は、あの日のままだ。

〈partⅢへ続く〉
by windy1957 | 2014-08-07 12:10 | mountaineering | Comments(12)
Commented by cyu2 at 2014-08-07 20:03 x
翼さん、こんばんは~
八方尾根、いいですね~まさにお花のフレッシュな時期ドンピシャで
行かれたのではないですか?いいなー!
まだ今よりもっと詳しくない頃に行ったきりなので、今行ったらまた違った目で見れるのかな?
と拝見していてまた行きたくなりました♪
固有種のハッポウタカネセンブリも良い状態のに会えてよかったですね。写真がすごくキレイ♪
私が行ったときは・・・見たような見ないような(笑)あいまいな状態のものしか見つけられませんでした。
Commented by やまそだち at 2014-08-07 21:10 x
黒菱のリフトからは登ったことが無いので、今度はこのコースを歩いて見ようと思います。
8月末に猿倉から鑓温泉、大出原を歩く花ツワーに参加予定です。
Commented by 深谷 at 2014-08-07 23:18 x
さすがにいい感じに撮られていますね。
八方尾根は最初から最後まで花があるので、目移りしてしまうほどですよね。
尾根に咲いているので撮影しやすいのも魅力だと思っています。
カライトソウは八方池近くでしょうか。
八方池のクガイソウはどうでしたか?
圧倒されるほどの群生に出会ったこともあります。
晩夏から初秋も風情があって面白いと思います。
奥様と是非歩かれてみてください。
Commented by てばまる at 2014-08-08 10:03 x
シモツケソウ、このぽわぽわした花姿と赤い色がいいですよね。ついついカメラを向けてしまいます。
北岳や南アルプス、八ヶ岳特産のヒメセンブリというのもあるそうで、ちょっと見てみたい気がしますが、このハッポウタカネセンブリの色は綺麗ですね~!

白馬がもう少し近ければ通いやすいのですが、今年も行けないまま終わりそうです・・・。 北岳は登るのが大変・・・(^^;)

Commented by at 2014-08-08 21:47 x
こんばんは。
「天空の花園」というタイトルだけで、ワクワクします。
カライトソウの構図、大好きです。
斜めに切り取られた二つの世界があるようで…。
ミヤマアズマギクの可憐さもいいですね。
Commented by よしころん at 2014-08-10 08:35 x
おはようございます^^
クガイソウとシモツケソウの色の組み合わせがなんて美しい~~
やっと落ち着いて訪問できるようになりました♪
いつのまにか季節はどんどん進んで・・・
ハッポウタカネセンブリも美しいですねぇ。
白馬方面はなかなか行くことができませんが、いつか会ってみたいです♪
Commented by at 2014-08-10 15:09 x
cyu2さん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
目下、台風が通過中ですので自宅でのんびり過ごしています。今回
の八方尾根は6月の時の感激が忘れられなくて、夏の花々の撮影
をメインに出掛けてみました。時期としてはほぼピークだったでしょう
かね。八方池までは随分と時間をかけて歩きました。
今回の目当てはハッポウタカネセンブリとの出会いでもあったので、
それが実現しただけでも大きな成果でした。
話しには聞いていましたけど、とても小さいですね。でも、あの目の
覚めるような煌めきは一度見たら忘れません。唯一の後悔は愛用
のレンズが持参できなかったことですが、またの機会ですね。
Commented by at 2014-08-10 15:15 x
やまそだちさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
相変わらず精力的にフィールドワークをこなしてますね。やまそだち
さんの行動力には脱帽です。猿倉からの花ツアー、お仲間さんとの
イベントですか?レポを楽しみにしていますので宜しくお願いします。
黒菱からのコースですが、深谷さんからのオススメでした。以前、家
族で出かけた時にもこのコースを一度使ってましたが、当時は花々
に対してそれほどの関心が無かったのでしょうね。今回は効率良く
撮影ができました。コースはバッチリですので、今度ぜひご一緒し
ましょう。
Commented by at 2014-08-10 15:26 x
深谷さん★
こんにちは。
現在、台風が通過中でして雨風が半端ではありません。昨日、今日と
ゆっくり骨休みです。
今回はアドバイスいただき助かりました。黒菱林道を使っての入山は
二度目でしたけど、当時の感動とは全然違いましたね。今回のお目当
てだったハッポウタカネセンブリも難なく見つけられて満足してます。
6月の時に歩いた直登コースがメインかと思っていましたけど、木道の
工事中だったのですね。花々が多くってとても楽しいトレッキングが楽
しめましたよ。
カライトソウは仰る通り、八方池の手前の左側斜面で撮ったものです。
あの付近にはイワギキョウもあったようですが、うっかり見落としてし
まったようです。
今月下旬、もう一度チャレンジして来ます。「林檎の樹」にも宿をとりま
した。今回は妻も一緒なので、あまり無理はできません。リフトを使っ
てのんびり晩夏から秋の花々を撮ってこようと思ってます。
Commented by at 2014-08-10 15:32 x
てばまるさん★
こんにちは。
さすがに台風では家に閉じこもっているのでは?
来週末からまた八方尾根に行って来ます。すっかり病みつきになって
しまいましたね。でも、それほど楽しくて刺激的な行程だということです。
八方尾根、白馬は確かにそちらからでは遠いかも知れませんね。でも
いつの日かぜひチャレンジしてください。反対に、私にしてみれば北岳
はとても遠いです。北岳も白馬岳も花の名山。近いうちにチャレンジし
たいと思います。
ハッポウタカネセンブリは個体数も多いですし、苦労せずして探せま
すが背丈の小さい花なので撮影は難儀ですね。
Commented by at 2014-08-10 15:38 x
空さん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
カライトソウは、感動した構図だったのですが実際に撮影してみると
想いを伝える術を持ち合わせていませんね。それでも共感していた
だいて恐縮です。
まさに天空の花園です。撮影がメインで登っていてはコースタイムの
倍以上の時間が掛かってしまいます。それにしても楽しいですね。登
山が主目的でないところがとても気が楽です。
今月末、もう一度行って来ます。今度は晩夏から初秋の花々の撮影
がメインになります。
Commented by at 2014-08-10 15:48 x
よしころんさん★
こんにちは。
いろいろ大変でしたね、お察ししております。心の整理がついた頃、
また山歩きを再会してください。
八方尾根は手頃で、しかもたくさんの花々が撮影でき、おまけにちょ
っとした高山気分も味わえるので病みつきになりそうです。ということ
で懲りもせず、今月末にまた登ってきます。今度は晩夏の花々がメ
インですが、密かに期待している花もあるんです。
ハッポウタカネセンブリはとても小さくて撮影し難い花ですが、あの
煌めきは一度見たら忘れられませんね。八方尾根から唐松岳にかけ
ての稜線も魅力的ですし、なんといっても白馬岳ですよね。軟弱な山
の花撮影派なので本格登山はどうも尻込みしてしまいます。少しはよ
しころんさんたちの行動力を見習わないとね(笑)