pode ser um romance

週末はスミレに会いに 2014 「奥多摩&上州の山からお届けデス」

b0255992_18452659.jpg


鷹ノ巣山や雲取山を眺めながらひたすら急登を辿った。
登山が目的ではないので、花が無ければ頂を目指すことには拘らない。が、しかし、先日の蕨山の惨敗が幻影となってチラつくものだから、今回は自らのけじめとして1500m弱の頂を恨めしくも目指したのだった。
5月初旬、この山域でも標高1000mを超えたあたりでは木々は芽吹いたばかり。この空気感というか、新緑の息吹が実にいい。
今回はちょっとした手違いで登り始めたのは北斜面。予想どおりスミレはほとんど見当たらなくって、ただひたすら心細い山道を辿る羽目に。

ということで奥多摩と上州、行きつけの山々からのレポです。
特に珍しいスミレたちを紹介するまでもなく、約束どおりの再会が本来の目的なので多分に自己満足&自己陶酔型の仕上がりになってますけど、よろしかったらどうぞ。






b0255992_19045217.jpg
3月下旬の高尾、4月中旬の外秩父、そして今回の奥多摩。
今シーズンはどこを訪ねてもナガバノスミレサイシンが出迎えてくれた。



b0255992_20351433.jpg

フモトスミレもここではほとんどが斑入りタイプのものだった。コンパクトにまとまった端正な面立ちのスミレだが、撮影となると意外と難しくって未だに気に入った写真が撮れないスミレのひとつだ。
ちなみに、左の影は大きな切り株によるもの。



b0255992_20431628.jpg

陽当りの良い尾根筋では、いたる所でミツバツツジが見頃を迎えていた。
ミツバツツジも数種の仲間が知られているが、決め手は雄しべの数だ。ミツバツツジは埼玉県内の山地帯に比較的多いが、その華やかさ故に盗掘が後を絶たないのは残念なことだ。



b0255992_21391624.jpg

見上げればハウチワカエデも今まさに新緑の時。
紅葉の頃、あの燃えるような緋色への化粧準備は、すでにこの時季からもう始まっている。



b0255992_21461160.jpg

スギ、ヒノキの植林帯へ入ると途端にエイザンスミレが目に付くようになる。スギの葉っぱを分けて顔を出したエイザンスミレはまだまだ旬な状態だ。



b0255992_21544801.jpg

こちらは別の斜面で出会ったエイザンスミレ。
スミレの中では比較的大きな花弁で目立つが、登山者の多くはほとんど気に留めることはない。



b0255992_22001910.jpg

こちらはほんのり薄紅色のエイザンスミレ。その存在は遠くからでも見極められるほど自己主張しているように見えた。



b0255992_22040319.jpg

ハァハァ、ゼェゼェでやっとたどり着いた頂上。
こじんまりとした山頂広場には、次から次へと賑やかな登山者がやってくるので早々と退散することに。



b0255992_22072207.jpg

頂上の喧騒を回避したプライベートベンチで昼食
久々のバケットサンドに、ボリューム満点の爆弾おにぎり。もう一品は最近お気に入りのクロワッサンドーナッツ。



b0255992_22114625.jpg

下山は南向きの斜面をジグザグに下ってゆく。
登ってくる時とは対照的に花数が断然多い。ヒゲネワチガイソウの株もあちらこちらで目に付く。



b0255992_22140073.jpg

去年登った時にモミジガサの多さにびっくりした。今回も楽しみにしていたがすでに食べ頃を過ぎたものが多かったようだ。山菜名はシドケといい、クセの無い山菜として人気がある。地域によっては「木の下」とも呼ばれるが、そう言われれば確かに木の下にたくさん生えている。



 
b0255992_22270380.jpg

登山道沿いにはハシリドコロもいっぱい。
これを誤って食すると、所かまわず走り回るほど苦しむことから「ハシリドコロ」と呼ぶ。まさに死ぬ苦しみを味わう苦しさだという。毒草やキノコはほんとうに怖い。



b0255992_22360359.jpg

振り向けば透過光の新緑が眩しいほど。
樹木の構成は、ミズナラ、チドリノキ、カツラ、クマシデ、トチノキなど。



b0255992_22393237.jpg

陽はすでに傾き始めていたがシコクスミレの咲く斜面にやっと到着。
昨年よりは若干花数が増えている感じだが、葉っぱの数に比べると花付きはあまりよくない。ちょうど見頃を迎えた感じだが、ここはほとんど登山者が通らないので、ゆっくり心行くまで観察することができる。



b0255992_22453304.jpg

シコクスミレはこんなふうに可愛らしいハート型の葉っぱが特徴。



b0255992_22485155.jpg

純白の花弁にあっさりとした紫状線。花姿もこんな感じでちょっと独特。



b0255992_22510231.jpg

おッ、ケイリュウタチツボスミレ! と言いたいところだが、お馴染みのなんちゃってタチツボスミレでした。



b0255992_22534411.jpg

さて、愛車は一路上州へ。
山肌はまだまだ新芽の頃。お目当てのスミレは如何なものか、時期としては微妙かも…。



b0255992_22591276.jpg

いつもここで一息入れる。
ミソサザイがすぐ目の前で囀っていて、望遠レンズがあればベストショットが撮れたろうになぁ… と悔やむ。



b0255992_23044825.jpg

ちょっとしたスペースに車を止め、ブナの森へ分け入る。小首をかしげたように出迎えてくれたのはエンレイソウだ。



b0255992_23073613.jpg

ここではアオイスミレもまだまだ見頃。



b0255992_23093169.jpg

渓流沿いではキクザキイチゲも点々と見つかるが、眠りから覚めるにはもう少し時間が必要なようだ。



b0255992_23115881.jpg

青紫の塊は遠目にも目を惹いたが、その正体はヤマエンゴサクだった。



b0255992_23152430.jpg

里山ではまず見かけることのないアスナロも、北関東あたりの標高の高い山ではお馴染みの樹木だ。
アスナロの特徴は、葉っぱの裏を見るとご覧のように白く太い気孔帯が目立つこと。アスナロの語源 「明日はヒノキになろう」 とは、俗説との見解もあるということだが、さてさて…。この写真を撮っていたら、通りがかりの男性ハイカーが 「それ、なんですか?」 と聞くので、アスナロですと言うと 「明日はヒノキになろう」 と呟きながら、同じように葉っぱの写真を撮っていた。



b0255992_23243465.jpg

本日、お目当てのスミレその1、ミヤマスミレ。
ザラザラと崩れそうな斜面にいっぱい咲いていたが撮影には一苦労。こんな時はできるだけ自生地を荒らさないようにしたい。



b0255992_23274312.jpg

この赤紫色のような色合いがなんとも言えない。山地帯を代表するスミレのひとつで、花弁の色合いや花姿も様々。久々に良い状態のものに出会えた感じだ。



b0255992_23355827.jpg

こちらもかなり急斜面で撮ったもの。少々手を入れたが、ほぼ忠実に色再現ができたと思う。ところが、職場のPCで開いてみたらやけに青味がかったか花弁の色合いになっていた。さて、みなさんのPCではどんな色合いに写っているでしょう。



b0255992_23381795.jpg

傍らではニョイスミレもぼちぼちと。



b0255992_23391885.jpg

この頃、風が強く吹き始めTシャツ1枚でブルブル震えていた。このフキノトウはそんな状態で撮ったもの。



b0255992_23431607.jpg

オオタチツボスミレも会いたかったスミレのひとつ。



b0255992_23445044.jpg

オオタチツボスミレは真っ白な距がポイント。里地ではまずお目に掛かれないスミレだが、ちょっと標高を上げればあちこちにたくさん咲いている。



b0255992_23501502.jpg

まだまだ蕾も多いのでこれからが旬でしょうね。



b0255992_23515411.jpg

オオタチツボスミレの花姿はこんなふうにとてもスレンダー。



b0255992_23530155.jpg

最後は番外編。
関越自動車道駒寄PAのかき揚げ天そば。何を隠そう私は昔からこれが大好物。470円というリーズナブルさも魅力のひとつだ。PRではなくて、あくまでも個人的な味覚の問題、ということであまり深入りしないでくださいな。


<使用機材>
Nikon D800E
60mmED F2.8Macro
SONY cybershot RX100Ⅱ























































































































































by windy1957 | 2014-05-12 00:01 | wild plant