pode ser um romance

週末はスミレに会いに 2014 「 麗しの山里・中之条WS編 」

b0255992_13362943.jpg
スミレのシーズンともなれば月に2、3度は訪ねてしまう上州エリア。
中でも中之条は植物各種のバラエティに富んだ撮影や、太平洋側要素と日本海側要素の境界線上の植物相が興味深く、何度足を運んでも面白い。
今回は個人的なマル秘データは温存することとして、恒例となったWS(今回で6回目)で観察できたスミレたちを紹介しよう。



b0255992_13585229.jpg
まずはマルバスミレ。
純白のふくよかな花弁に丸味を帯びた葉っぱ。個人的に思い入れのあるスミレなので素通りはできない。必ずカメラを向けてしまうスミレだ。



b0255992_144065.jpg
こちらはウスアカネスミレ、ということだが、果たして何が基準なのかイマイチ悩ましい。



b0255992_1481550.jpg
悩ましついでにもうひとつ。
こちらはシラユキフモトスミレ。フモトスミレの唇弁から紫状線が消えた白花品。はじめて見るタイプのスミレだが、なんとも小さい。環境も差し込んで撮るとなるとこれが精一杯。



b0255992_14122052.jpg
今シーズンはフイリフモトスミレに縁がある。
今のところ、何処を訪ねても 「 斑入り 」 と出会う。ひょっとすると、憧れの斑入りに出会える前兆なのか、と勝手に思い込んだりして…。



b0255992_14172323.jpg
ヒカゲスミレ。
今シーズンは裏高尾のスミレ観察では出鼻を挫かれてしまい、ヒカゲスミレとの再会はこの日が今季初。



b0255992_14205346.jpg
渓流沿いの草地には、ヒカゲスミレが足の踏み場も無いほど咲いていた。



b0255992_1422314.jpg
ここではヒゴスミレにも普通に会える。
きれいに花開いた個体にはなかなか会えないけれど、こちらは比較的見栄えのするタイプだと思う。



b0255992_14262776.jpg
仲良く揃ったヒゴスミレ。スミレに興味を持ち始めた頃はこのスミレに会いたくて仕方がなかったが、今では毎年こうして会えることがなにより嬉しい。



b0255992_14302773.jpg
エゾアオイスミレとの再会もなんとか間に合った。
アオイスミレならばともかく、このスミレは私の身近ではまずお目にかかれない。そう思うといっそう惹かれてしまう。



b0255992_14324439.jpg
麗しのイブキスミレ。
今回は思わぬ場所で出会ってしまった。さすが、中之条!



b0255992_1435979.jpg
ある意味でイブキスミレは特異な分布を示すスミレだが、こんなふうに竹林の中でも咲いていたのは驚きだ。



b0255992_14383237.jpg
こちらはヒラツカスミレとしたが、紛らわしくもあり悩ましくもあって、イマイチよく分からない。
確かにエイザンもヒゴも多く自生しているし、ハイブリットのようなスミレがゴロゴロ出てくるので特別に不思議なことではないのだが、ひとつひとつきっちり分類するとなると、とても一筋縄ではいかない。



b0255992_14481195.jpg
アケボノスミレも目を引くスミレのひとつ。ピンクというか、薄紅色というか、この微妙な色合いはなかなか再現が難しい。



b0255992_14534339.jpg
ヒメスミレサイシン! と言いたいところだが、その正体はシロバナアケボノスミレ。
いわゆるアケボノスミレの白花品だが、その清楚さにハッとした。初めて目にするスミレだが、本来のアケボノスミレと共に切り開かれた斜面にいっぱい咲いていた。



b0255992_14583255.jpg
こちらはスミレサイシン。一般的には日本海側に多く見られるスミレで、個人的には国境の長いトンネルを抜けてから出会うスミレという印象がある。ところが中之条でもこのスミレに会える。植物の分布域(境界)はきっちりと線引きができるものでもないが、中之条はその曖昧さが当てはまっているエリアなのかも知れない。



b0255992_1574248.jpg
オカスミレのブーケもあちらこちらで目に付く。



b0255992_1591297.jpg
ほんのり桜色の花弁が美しいサクラタチツボスミレ。
控えめというか、奥ゆかしさというか、とても上品な色合いが印象的。



b0255992_15185257.jpg
こちらは別の株のサクラタチツボスミレ。
その色合いに見惚れてしまい、細かな配慮もないまま撮らされてしまった一枚。



b0255992_1520516.jpg
サクラタチツボスミレは伐採された斜面の一部に占有的に見られたが、その一角以外の周辺は不思議なことにみんな普通のタチツボスミレばかりだった。



b0255992_1527259.jpg
ゲンジスミレもなかなか良い状態のものに出会えない。
ここでも時期は少々早めか。崩れ落ちそうな斜面に点々と咲いていたが、どれを見てもあまり目を引くような状態ではなかった。また、来年のお楽しみ。



b0255992_1531495.jpg
草地ではヒメスミレもいっぱい。
まるで足の踏み場もないほどの群生だが、こういう状態って意外とまとめにくい。一応 「いっぱい咲いている」 といった状況報告まで、といったところでご容赦を。



<使用機材>

Canon EOS 5DMarkⅡ
Tamuron sp90mm Macro
SONY cybershot RX100Ⅱ

by windy1957 | 2014-05-06 15:42 | wild plant