pode ser um romance

週末はスミレに会いに2014 at裏高尾+α

b0255992_11592942.jpg
嬉しくもあり、忙しくもあり、そして悩ましい季節がまたやって来た。
「週末はスミレに会いに」2014年版のスタートは、この時季恒例の裏高尾のレポから。
ところがだ、例年ならばこの時季には一通りの顔ぶれが揃っているはずなのに、噂どおり、ここのエリアのスミレの開花は全般的に遅れ気味の様子。
ということで今回のレポ、特段珍しいものは無いけれど、ま、追々ということで。まずは、再会の喜びのひとコマって感じでどうぞ。



b0255992_1231686.jpg
意外でしょ、タチツボスミレも私自身としては今季初の対面なのです。
実は群落のカットも狙ったけど、こんなふうに楚々とした立ち姿もいいね、と思って。



b0255992_12354194.jpg
隣りには、ちゃっかりエイザンスミレも咲いてましたけど、まだまだパラパラ程度。



b0255992_12375884.jpg
お馴染のナガバノスミレサイシン。
ここのエリアでは、花弁がほんのりブルーのものがほとんど。
b0255992_1239323.jpg
で、こちらはまるでスミレサイシンのような色合い。



b0255992_12414355.jpg
この時季、どうしても目移りしてしまうもの、それは山菜。
こちらはサラシナショウマの若芽。
ご存じ、晩夏の頃には白い穂状の花を付けるあの植物だ。実はこれが知る人ぞ知る隠れた山菜。塩をひとふりしたお湯でサッと茹で、お浸しにすると美味しい。あっさりとしてクセが少なく、天ぷらにしてもGood !



b0255992_12513757.jpg
ヨゴレネコノメも定番だが、この仲間がやっと顔を出し始めたということは、やっぱりスミレは遅れ気味。



b0255992_12531088.jpg
いい感じのヒナスミレ(斑入り)にも出会えたけど、ちょっと色合いが変?(残念!WBの失敗作)



b0255992_12551858.jpg
カントウミヤマカタバミもやっと開いてくれました。



b0255992_125678.jpg
こちらはシハイスミレ。
裏高尾からいくつか尾根を飛び越えた丘陵帯で撮ったオマケ画像。
もっとたくさん咲いていると思ったけど、ほんとパラパラ程度。背丈はせいぜい3cmほど。で、この画角ですもの、どんな姿勢で撮ってるか想像できるでしょ(笑)



b0255992_1305343.jpg
こちらもシハイスミレ。
ご覧のように周囲はまだ枯れ色。花弁の色合いが実に微妙、本来はもう少し赤味が強い感じかな。


<使用機材>
Nikon D800E
60mmED F2.8Macro
TAMURON SP90mmMacro

by windy1957 | 2014-04-08 13:10 | wild plant