pode ser um romance

里山への道 ~早春編~


b0255992_20445176.jpg
里山への道。
私の住む町は、どこを歩いてもなんとなく里山の風情が味わえるのだが、そんな中にあって、ここはいちばん 「 らしい 」 場所といえるかも知れない。
田んぼがあって、手入れされた雑木林があって、水路やため池があって、集落の周りに耕作地が広がる。里山って? と聞かれれば、それはそれぞれの人が描く心の原風景だと思う。そして、私にも思い描いている里山風景がある。
白一面の雪景色も勿論いいが、こんなふうに雪が解けかかった早春の陽射しいっぱいの里山風景もいいものだ。

案の定、昨夜の深酒が体に浸透したままで朝からガンガンの二日酔い。
あれこれ考えずカメラとレンズをバックに詰め、熱いコーヒーを半分ほどすすって愛車の軽トラに乗り込んだ。
そんなワケで出来栄えはともかく、画像は全部で5枚。
よろしかったらどうぞ。





b0255992_21543093.jpg
ここでまず1枚。
田植えの頃には素晴らしい風景になるので、その頃にもう一度レポしよう。
各地で耕地整理がすすみ、直線化した田んぼや水路が目立つ中で、曲線的な畦や素掘りの水路、そんな状況に合わせて広がる田んぼ。こんな風景が身近にあるということをもっと実感すべきなんだろうね。



b0255992_22060529.jpg

最近では珍しくなった桑畑。
きっと近くに養蚕農家があるのだろう。こんな何気ない点景も風情ある里山のワンシーンだ。



b0255992_22174667.jpg
陽当りの良い小さな丘の斜面には、オオイヌノフグリが点々と咲き出していた。
「星の瞳」 と呼ばれる小さなブルーの花を見つけると、季節の移ろいを実感する。とても会いたくて、とても愛おしかったオオイヌノフグリだけど、百花繚乱の頃にはいつの間にか振り向かれない花になってしまう。
春一番、こんなふうにファインダーを覗いてる時のトキメキ、大切にしないとね。



b0255992_22310850.jpg
そして、この時季お約束のホトケノザも1枚。
だがしかし、アップでも… 引いても… どうしてもいい感じに撮れない。
やっぱ二日酔いだから? 陽だまりの斜面といい、遠景の森に残る雪といいシチュエーションはいい感じだと思うけれど、何枚撮ってもダメ。いろいろ言い訳言ってるけど、ま、雰囲気だけでも何とか伝われば、ということで。



<使用機材>
Nikon D800E
60mmED F2.8Macro
70-200mmED F2.8AF-S VR
SIGUMA 24mmF1.8 DG Macro


by windy1957 | 2014-02-23 22:45 | memory of Satoyama