pode ser um romance

未来(あす)への森づくり No9 “ 木霊は語り、そして謳う ”

b0255992_21552588.jpg
チェーンソーの乾いたエンジン音が今日も森に響く。
落葉広葉樹を主体とした森づくりに、シイ、カシ類といった常緑樹が及ぼす影響は決して小さくない。森づくりなのに、なぜ木を伐るのか… というある意味での理不尽(後述)
私たちには、森を、里山を、将来の価値ある有用な財産として 「 贈り届ける 」 といった、たいそう立派な共通理念がある。そのための森づくりであり、しかも持続可能な生物多様性をも視野に置いての活動である。でも、言葉ではそんなふうにサラッと言えても、実は、膨大な時間と労力を費やす壮大な計画なのだ、という重圧と自覚を常に意識している。


作業道具を片手に森へ分け入れば、木霊は語りかけ、そして謳う。
だから、時にはじっと耳を傾けよう。たとえば、傲慢な私たちにも、せめてそんな姿勢は欲しいものだ。

さて、小難しい講釈からの書き出しだけどご容赦いただき、今回はちょっと違った切り口で酒を呑みながらつらつらと。
ま、あまり偉そうなこと、言えませんけどね。





b0255992_11292735.jpg
伐倒された樹齢約20年のシラカシ。
チェーンソーの伐り込み耐え、必死に抵抗したシラカシだったが、最後は悲鳴をあげながら倒れ伏せた。
私たちの目指す森づくりとは、落葉広葉樹を主体とした生物多様性を育む森づくりである。
森自体は生き物であるから、そのまま放っておけば遷移を繰り返しながら本来の姿に戻ろうとする。本来の姿とは何か。それは遠い昔、多分、シイ、カシ類といった照葉樹を中心に構成された森ではなかったのか。そしてその頃、間もなく第一の環境破壊が起こる。それは、当時の業である農耕と密接に結びついた生活のための森への転換なのだ。それが人為的に誘導されたクヌギ、コナラを主体とした落葉広葉樹の森である。当時からそれは生活のための森であったから、後世まで脈々とその姿は保たれてきたのだ。しかも、永い年月を経て、多くの馴染みある生き物たちを育みながら。
私たちが普段目にする里山とか、雑木林とは、その名残と言えるだろう。ならば、そのような生き物たちの安住の地を、できるだけ可能な限り温存したいと願うのである。つまり、本来の姿へ戻る(回帰現象)ということは、第二の環境破壊に繋がる、という理屈である。
伐倒されたシラカシはいずれ土に還る。つまり、死してなお森の生命を担ってゆくということなのだ。



b0255992_12302053.jpg
作業は手順よく進められ、幹、枝、葉枝ごとに分別され整理される。



b0255992_12324947.jpg
伐倒したシラカシの枝を払った状況。
幹も枝も葉もいずれ土に還るが、落葉広葉樹に比べ、常緑樹の葉は分解速度が比較的遅いようだ。



b0255992_12364818.jpg
こちらは衰弱したアカマツを伐倒した状況。
ご覧のように、樹体の中央は空洞になっているが、それでも樹木は生きている。樹体の中身(心材)は殆どが死んだ細胞の集まりであり、生きている部分は樹皮の内側にある 「 形成層 」 という薄い膜のような部分だけである。
樹木にとって切実な問題なのは、中身が空洞でも立っていられるか、ということなのだ。



b0255992_124343.jpg
この森ではすっかりお馴染のルリビタキ(冬鳥)
この子はとっても人懐こかった。ご覧のように、目の前の切り株の上で、終始私たちの作業を見ていた。



b0255992_12485474.jpg
休息のひと時、ヒヨドリジョウゴの赤い実が目に入った。
今秋は至るところで木の実が豊作のようだが、ここの森でも例外ではないようだ。ガマズミ、ムラサキシキブ、ゴンズイ、ツルウメモドキ、そしてこのヒヨドリジョウゴ。名前の由来は、「 ヒヨドリが賑やかなほど集まる 」 という意味らしいが、鳥たちはあまり好まないらしく、あちこちで鈴なりに実を残していることが多い。実の中身はソラニンという神経毒を含んでいるという。あんなこと、そんなこと、鳥たちもきっと知っているんだろうね。



b0255992_1343282.jpg
一通り作業を終え、観察ついでに森をひと回り歩いて戻れば、陽はもう翳りはじめてくる。
すっかり葉を落とした初冬の森だが、無骨で荒涼として寒々しいけれど、私はそんな光景が好きだ。

冬は生きるものや魂が殖える季節、「殖(ふゆ)」だという。

感慨深いその言葉の真意とは、森に宿る木霊(精霊)たちの語りであり、そして謳なのかも知れない。
by windy1957 | 2013-12-19 22:29 | work | Comments(10)
Commented by hidamari at 2013-12-20 15:41 x
冬は生きるものや魂が殖える季節、「殖(ふゆ)」だという・・・・
そう思うと冬は素敵な季節ですね!
私の煩悩も浄化されて新しく殖えないかしらと思います。
ルリビタキ、可愛い♡
翼さんって仕事しながらどうやって
こんな素敵な写真が撮れるんですか?
Commented by at 2013-12-20 17:40 x
hidamariさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
昨日、今日と雨模様で肌寒く、雪でも降るならば森に撮影に行
こうと思っていたのですが、今のところ冷たい雨のままですね。
「魂が殖える季節」実はある本の中に書かれていた一節なんで
す。hidamariさんが仰ってるように、そんな風に思えば冬とい
う季節は感慨深く、素敵な自然の中をじっくり歩いてみたくな
りますよね。
ルリビタキは人懐こいというか、好奇心旺盛なんでしょうね。
驚かさなければ、ずっと傍に居てくれますよ。今回は200mm
のレンズで撮りました。一応、ノートリです。
仕事ですか?森づくりはあくまでもNPOとしての活動です。
ですから、写真撮りながら、作業しながらって感じで気軽なも
んですよ。
本業は月~金、9時-17時のきっちりサラリーマンです。
Commented by sizuku at 2013-12-23 17:32 x
冷い雨、奥多摩の山々には雪になったようです。
都内へと向かう電車の中で、山へ行きたいと思いました。
今日も鳩ノ巣まで行きましたが、別の用事で山はお預けでした。

「魂が殖える季節」素晴らしい言葉ですね。そんな気持ちで森を歩き
木霊に耳を澄ませば、見えてくるものがたくさんありそうです。

理想と夢を胸に森づくりに汗を流すみなさんの背中が何かを語っている気がします。
ルリビタキもそんな姿を眺めていたのかも…
ヒヨドリジョウゴの少ししぼんだ透き通るような実も、裸の幹を空へと伸ばす雑木林の写真も相変わらず素敵ですね。
Commented by at 2013-12-23 21:42 x
sizukuさん★
こんばんは。
いつもありがとうございます。
今朝、出勤途中の橋の上から見た奥多摩、雪景色に冬の到来を実
感しました。自宅から見える三ツドッケや蕎麦粒山もすっぽり雪を被
っていました。
私の場合、雪山は見て楽しむものであり、登るまでの技量も装備も
ありません。そちらからですと奥多摩は目の前ですから、そそられて
しまうことでしょうね。
冬の森歩きはとても感慨深いと思います。見えなくなるもの、姿を消
すものが多い中で、この時季にだけ見えてくるものがあります。きっと
魂が殖える季節だからでしょうね。
そんなことを噛みしめながらの里山歩きも楽しいものです。それにし
てもルリビタキの瑠璃色って、再現が難しいですね。
Commented by cyu2 at 2013-12-24 13:20 x
空洞になった切り株。
こんなふうに切りたて?を見れることも少ないので勉強になりました。
ルリビタキ、ほんとに繊細に羽の一枚一枚まで見れるなんて。
こんな写真がとれるなんて素晴らしいですね!この子、動くんですよね?笑
最後の一枚も好きです。こういう写真を見ると不思議の国のアリス思い出すんです(^^

Commented by at 2013-12-24 17:29 x
cyu2さん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
伐りたての伐り株、勉強になりましたか?そうですよね、な
かなかこういう状況に出くわすことはないかも知れません。
私たちは毎週こんな作業してますから見慣れていますけどね。
ルリビタキは人懐こいというか、好奇心旺盛な野鳥みたいで
すね。でも、決して驚かさないことです。警戒心を持ってし
まったら、今度は容易に近づいてはくれません。やはり、野
生との距離は大切だと思います。今冬は久しぶりに野鳥撮影
に講じて見ようと思ってます。ま、画像として使える成功率
は低いですけどね。
冬の木立。凛としていいと思います?不思議の国のアリスで
すか?そんなイメージ、何となく頷けるかな…。本来は、も
う少し明るい時間帯での撮影だったんですよ。
Commented by てばまる at 2013-12-25 00:58 x
 僕は南国生まれで、いわゆる常緑樹の森しか知りませんでした。ウバメガシ、シイ、モチノキ、とにかく葉の落ちない木ばかりで地面には降り積もった落ち葉が堆積していますが、翼さんがおっしゃるように以外と分解されにくくいつまでも残ってます。冬でもじめっとした林床はあまり好きになれなかったので、山歩きとかしなかったのです。
 それが、東京に来て奥多摩や尾瀬などに行くようになり落葉する森の美しさに惹かれてしまいました。ハッキリした四季があり木々の営みもハッキリしている、林床に降り積もった落ち葉は秋や冬にはさらさらになり寝転んで落ち葉がいっぱい体にくっついても気持ちいいのですよね(^-^;) 落葉照葉樹の森はほんとに落ち着きます。出来たら小さな森を買い取って小さな小屋を建てて余生を過ごしたいです。

 ルリビタキ可愛いですね~! まだ少し若鳥のようで、この冬のうちにさらに綺麗になるでしょうね。
Commented by at 2013-12-25 08:46 x
おはようございます。
最後の1枚、ハッとするような写真ですね。
こういった色合いと情景、大好きです。
ルリビタキも美しい。
最近、鳥と出会うことが少なくて…。
それだけ、鳥がいる場所へ撮影に行っていないということなんですが。
Commented by at 2013-12-26 11:58 x
てばまるさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
てばまるさんの郷里は、確かに照葉樹を主体とした暖温帯林が
広がっているエリアだと思いますが、その生態系というか、植
生は今ひとつ分かり難いですね。落葉広葉樹の森に馴染みがあ
るせいか、どんな生き物がいて、どんな花が咲いているとか、
それなりに興味はありますが、どちらかといえば落葉広葉樹の
明るい森に足が向いてしまいます。
てばまるさんが仰るように、森として四季をはっきり認識でき
る、というのも親しまれる要因のひとつかも知れませんね。
小屋を建てて森に住む、という夢。同じですね、私もずっと前
からそんなことをぼんやり考えてました。宝くじが当ったら、
まず最初に実行するのが、「森に住む」ということです。もし
実現したら、てばまるさんご招待しますよ(笑)
Commented by at 2013-12-26 12:21 x
空さん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
最近、鳥たちとの出会いが少ないようですね。その気にさえな
れば、家の周りでもどこでも野鳥観察は可能ですが、つい、欲
を言って冬鳥が観たいとか、猛禽類が観たいとか、その点は私
も反省です。
被写体との対峙は、ある意味で心模様の現れだと思います。そ
ういった意味では空さんの視点には刺激を受けてますよ。
最後の1枚は多少演出をしてます。本当はもう少し明るい画像
なのですが、暮れ色感を出したくって、少し画像処理をしてま
す。結果的にはそれが功を奏したのかも知れませんね。