人気ブログランキング |

pode ser um romance

もうひとつの尾瀬 「ぐるっと燧裏林道/後編」 (-_★)キラーン!!

b0255992_15504312.jpg
疲れていたのに、どういう訳か浅い眠りだった。
夜半からの大きな雨音にたびたび目を覚ましたが、天気予報を信じてまたウトウトする。
宿泊客の階段を上り下りする音で目を覚ますと、窓には雨垂れが…。その割には雨音はしない。天気予報通り、早朝にはもう雨は上がっていたようだ。
ザックの荷繕いを済ませ、地図を見ながらボンヤリと今日の行程を辿っていると、朝食のアナウンスが入った。




b0255992_1671317.jpg
不思議なことに外泊すると朝からモリモリ食べられるのは何故だろうね。
今朝のメニューはこんな感じ。ご飯は大盛りで2杯平らげた。


b0255992_1693016.jpg
朝食を済ませ、部屋に戻ると、私ともうひとりを残して既に皆は出払っていた。そういえば、昨晩遅くまで喋っていた二人連れは、尾瀬ヶ原を縦断して至仏山に登る予定とのことだった。
単独行だし焦ることも無かったが、早々に私も宿を後にした。時間は午前7時過ぎ。御池直行では味気ないのでとりあえず三条の滝を目指すが、ひんやりと冷気が漂い、無料休憩所の佇まいもどことなく寒々しい。


b0255992_16153784.jpg
尾瀬には何回も来ているが、私は未だに三条の滝は見たことがない。というか、興味が無かったと言ったほうが正しいのかも知れない。
この時も若者グループに釣られるように三条の滝への険しい山道を辿ったが、正直言ってこの時点でもまだあまり気乗りはしていなかった。


b0255992_162029.jpg
ほどなくすると、渓流の音がやけに大きく聞こえるようになってきた。大きな岩を乗り越すと、只見川はぐっと川幅を広げ、緩い勾配のなだらかな滝が目に飛び込んできた。ここが平滑の滝だった。
初めて見る光景、それはそれで壮観ではあったがほとんどの人は先を急いで立ち去ってしまうので、私もそのまま若者グループの後に付いた。


b0255992_1628347.jpg
只見川の轟音からして、三条の滝はもうすぐだと分かった。


b0255992_16301476.jpg
これは三条の滝を見降ろすデッキへの階段。
見た目よりも急こう配で、オマケに雨上がりのために滑る。マジでちょっとビビった。


b0255992_16321442.jpg
これが初めて見る三条の滝だ。
轟音とともにかなりの水量が一気に落ち込んでいる。かなりの迫力だが、なかなかいい撮影ポイントが無く、結局シャッターを押したのは数枚だけ。


b0255992_16343260.jpg
これはデッキからの眺め。周囲の紅葉はイマイチだが、これも話のタネ。正直言ってこの滝は見ておいて良かったと思った。


b0255992_16363895.jpg
ここからが燧裏林道へのキツい登りとなる。
「渋沢温泉」
きっといつの日か、この温泉宿を訪ねよう… と思った。


b0255992_1638399.jpg
胸突き八丁の登りとはこのことか… 
2、3歩足を運んでは立ち止まる。それにしても若人の足取りは軽い。っていうか、疲れを知らないのだろうか、彼らは…。


b0255992_16422361.jpg
もうたくさんだ!と叫びたくなる頃、ホッとするような木道に出くわす。


b0255992_1643351.jpg
ブナの森が広がり始めた。
気持ち良さそうに林立するブナ。その中を歩くのは事のほか楽しいし、感慨深い、そして、やっぱり浪漫だ。
この頃になって俄かに曇天模様となり、時折ひんやりした風も吹くようになった。


b0255992_16465670.jpg
時折、気まぐれのように覗く青空と陽射し。
一瞬、木々や葉っぱが輝く。シャッターチャンスは束の間だ。


b0255992_16491228.jpg
この森のブナはまだまだ大径木とは言えないが、それでも樹齢は100年近いだろう。ブナはゆっくりと、のんびりと、長~く成長する、そして思考する樹木なのだ。


b0255992_1651691.jpg
朽ちかけた一本の木道。ブナの森のこんな林道歩きをずーっと想ってた。


b0255992_1651547.jpg
憧憬の森Ⅰ

b0255992_16523574.jpg
憧憬の森Ⅱ

b0255992_16531618.jpg
憧憬の森Ⅲ

b0255992_16533757.jpg
憧憬の森Ⅳ


b0255992_16535838.jpg
突然目の前が明るくなったと思ったら、立派な吊り橋が涸れ沢に掛かっていた。


b0255992_1656881.jpg
燧裏林道はいくつかの湿原を縫うように伸びている。ここは兎田代だが、まったく誰も居ない。既に乾燥化が進んでいるのだろうか、お馴染の池塘は見られない。


b0255992_16583879.jpg
こちらは天神田代。
うっかりすると見過ごしてしまうような小さな湿原。というか、湿地という感じ。


b0255992_1701586.jpg
ここは横田代。
今までの樹林帯から一気に開放感のある湿原に出たため、一瞬戸惑ってしまうが歩いていて気持ちの良い湿原だった。湿原全体が斜面になっているのも何となく不思議だ。


b0255992_1742756.jpg
こちらは密かに期待していた上田代だが、景観はご覧のとおり。
木道の敷設替え工事のため、真新しい木道が傾斜湿原に無造作に伸びていた。廃材も散らばり、工事の爪後もあって、半ばがっかりしながら歩いたが、これも登山者の安全確保の観点から仕方ないのかも知れない。これから後年度、しばらくの期間は味気ない景観を余儀なくされてしまうのがちょっと惜しい。


b0255992_1795780.jpg
所々で目にしたミネカエデ。黄葉の鮮やかさでは天下一品だが、今シーズンは少し色ボケしている感じだし、葉っぱも痛んでいるものが多い。秋になってからの猛暑と台風の影響だろうか。


b0255992_1712062.jpg
こちらはハウチワカエデ。
こちらもミネカエデ同様で遠目に見る分には目立たないが、やはり葉っぱは痛んでいる。


b0255992_17135812.jpg
林相も少しずつ変わってきた。
すれ違う人も比較的ラフな身支度をしている。たぶん御池はもう近いのだろう。


b0255992_17155058.jpg
そんなことを考えながら辿っていると、急に立派な木道が目の前に広がった。ここは終点間近の御池田代である。この立派な木道、どうやら車椅子対応のためらしい。植生調査に来ていた福島県の職員が、傍らでそんなことを喋っていた。


b0255992_1719569.jpg
ここから燧ケ岳に登るコースもある。
何度尾瀬に来ても登るのは至仏山ばかり。私は、未だに燧ケ岳には登ったことが無い。


b0255992_17213352.jpg
御池の駐車場は徐々に停車台数が減り始めていた。天気も完全に曇天になってしまい肌寒い。車内に入ってコーヒーをすすりながら思案し、桧枝岐の蕎麦にもそそられたが、別の思惑もあって帰路は銀山湖経由とすることにした。


b0255992_1725821.jpg
この道が長い。
ここから関越自動車道の小出ICまでが、ほんと、飽きるほど長~い。


b0255992_17271880.jpg
これまでにもこの道を辿るたびに通り過ぎてた「清四郎小屋」
ここの蕎麦が美味い!っていう情報は事前に入手していたし、実は、その自慢の蕎麦を食することも目論んでいたのだ。


b0255992_17305829.jpg
お店のドアを開けると、数人の客が黙って座っていた。
メニューは盛り蕎麦とかけ蕎麦だけ。いちばん奥の小上がりに座って、素朴な面立ちのオバチャンに盛り蕎麦を注文すると、「良かったねぇ 今日から新蕎麦だよ」と照れながら笑い掛けてきた。
これがその注文品。
蕎麦が美味い!っていうのはこういうことなんだね、と初めて思った。筆舌にし難いっていうのはこういうこと。
ということで、新潟寄りのもうひとつの尾瀬口、小沢平から車で10分ほど。絶品!清四郎小屋のお蕎麦です。どうぞ、ごひいきに!


b0255992_17534640.jpg
憧れの林道とブナの森を歩いて、温泉に入って、絶品の新蕎麦を食べて、最後はブナの画像で締め括り。たぶん、これが今シーズン最後の尾瀬行になるんだろうね、きっと。

終り。
by windy1957 | 2013-10-21 17:57 | mountaineering