人気ブログランキング |

pode ser um romance

里山逍遥 No9/往く夏の情景

b0255992_2119742.jpg
今夏も田んぼの畦にミゾハギが咲き出した。
毎年お馴染みの光景だが、ついついカメラを向けてしまう。
そこは車の往来の多い県道沿いで何となく気恥ずかしかったが、ファインダーに浮かび上がったミゾハギの色合いに、いつしか往く夏を感じていた。



b0255992_21391078.jpg
炎天下の被写体探し、と言ってもこの暑さではぼんやりと冴えない。
畑に立つ大きな木の木陰の向こうでは、ジャガイモ畑が陽炎のように揺れていた。



b0255992_21465976.jpg
ヒメジョオンは意外と息の長い花だ。
梅雨が明け、夏本番を迎える頃にはさっさと消えてしまうハルジオンに比べれば、秋になってもまだまだ元気に花を咲かせている。



b0255992_21592142.jpg
雑木林の縁の木陰では、ドクダミが辺り一面に咲いていた。
何となく涼しげで、あれこれ考えながらのんびり撮影したい気分だったが、ヤブ蚊が多いのにはさすがに参った。



b0255992_2284522.jpg
里山の夏といえば田んぼの風景を想う。
炎天下、緑真っ盛りの稲穂たちがどこまでも広がっている。ポタポタと汗を落としながら撮った 「イメージ」 の一枚ということで、ご勘弁を。



b0255992_22184510.jpg
スーッと飛び去ってはまた同じ場所に戻ってくる。
きっとお気に入りのポイントなんだろう。広角のズームレンズを装着して、抜き足差し足で近づく。シオカラトンボとの我慢比べだ。



b0255992_2226235.jpg
トンボの撮影といえば、以前は足繁く通ったこの河原。
ご覧のように沈下橋が架かっていて、ちょっと四万十川のよう。いくつか目当てのトンボを狙って久々に来てみたが、残念ながら時期を外してしまったようだ。
仕方ない、被写体を切り替えよう。



b0255992_22331053.jpg
「早瀬 踊る光に…」 なーんて歌、あったよね。
川面を流れる風も心もち涼しい感じ。



b0255992_22364484.jpg
何となく絵になってるオジサン。
釣果を訊ねようと思ったが、何故か… 声が掛けられず。



b0255992_22403461.jpg
煌びやかな飛翔の正体はすぐにそれと分かった。
しめた! 運よく近くの葉上に止まったところを慌てて収める。
(タマムシ)



b0255992_22433050.jpg
ところが何を察したのか、数枚シャッターを押すと、パッと翅を広げブーンと飛び去ってしまった。



b0255992_2246263.jpg
ベニシジミはまさに夏のチョウだ。明るい陽射しがよく似合う。



b0255992_2249997.jpg
暑さたまらず、葉陰で休むツマグロヒョウモン。
翅裏の紅色がとっても印象的。



b0255992_22521994.jpg
こちらは 「忍法・葉隠れの術」 でも、しっかり影を落としてるよ、ナナフシ君。



b0255992_856288.jpg
ジョロウグモは、とても緻密で複雑な巣網を張る森の芸術家だ。
こんなふうにコバギボウシとのツーショットも、なんとなくフォトジェニックでしょ。



b0255992_2325445.jpg
里山の道。
蝉時雨の昼下がり。ひんやり木陰の先は陽炎揺れる。



b0255992_2393088.jpg
樹齢600年と云われているイチイガシの御神木。
シンボリックな古木の根元には、春先にたくさんのコスミレが咲く。



b0255992_23133236.jpg
一段、二段と階段を上っていくと、社業林の木陰の先に拝殿が見えてきた。
息を整えてファインダーを覗いていると、ミンミンゼミやアブラゼミに交じって、微かにツクツクホウシが聞こえている。
今日もカンカン照りだけど、夏は少しずつ往こうとしている。
by windy1957 | 2013-08-22 23:33 | memory of Satoyama