pode ser um romance

霧ヶ峰/花逍遥 -後編- ┌|-_☆|┘キラーン

b0255992_21263342.jpg
霧ヶ峰の花逍遥も遅れ馳せながらの後編。
画像の良し悪しを別にすれば、本当は紹介したい花々もいっぱいある。だけど、白飛びした白い花びらや、炎天下でベタベタに潰れてしまった黄色い花びらの画像を並べるのはどうにも忍びない。
ということでトップはアサギマダラ。
久々にたくさんのアサギマダラに会えて、ちょっと興奮です。



b0255992_21455466.jpg
シシウドの仲間は夏の高原帯では定番だ。
どこに行っても背が高くってよく目立つ。どんなふうにカメラを向けていいものか迷ってしまうけれど、結局いつもこんなふうに撮ってしまう。



b0255992_21494999.jpg
シモツケソウにしてはやけに色濃く紅いなぁと思ったが、アカバノシモツケソウという品種らしい。う~ん、なるほどね。



b0255992_21572437.jpg
こんなふうに木道脇に無造作に咲いている。



b0255992_2224299.jpg
アザミの仲間も実に多彩でかなりの種類がある。悩ましい種も多々あって、山に登った時などはしばらく考え込んでしまうようなこともある。こちらは夏の里山でも定番のノハラアザミだ。



b0255992_2255497.jpg
こちらはメタカラコウ。
穂の下から咲き上がり、花序の先端部が尾状になるということからもオタカラコウと区別できる。



b0255992_22121511.jpg
この人…??
ということで、大した意味はありません。



b0255992_22142958.jpg
初めて訪ねた場所なので、この程度で旬なのかどうかは分からないが、会いたかったヤナギランもそれなりに咲いていて嬉しかった。



b0255992_22182726.jpg
ヤナギランの点景 その2
b0255992_2219093.jpg
ヤナギランの点景 その3



b0255992_22192348.jpg
遠くからでもバッチリ朱色が目立つフシグロセンノウ。
ここ八島湿原でも結構な数で咲いていたが、やや旬な時期を過ぎてしまった感じだ。



b0255992_2223622.jpg
広大な湿原はこんな感じで木道が施されていて、花々を楽しみながらほぼ2時間弱で一周できる。



b0255992_22251942.jpg
スマホでアサギマダラを撮る人… ん、誰??



b0255992_22273827.jpg
湿原の周辺にはヒヨドリバナがたくさん咲いていて、いたる所でアサギマダラが吸蜜に訪れている。



b0255992_22302543.jpg
小一時間ほど散策をすると、草原の向こうにタイミングよくCafeが。



b0255992_22332893.jpg
渋~い、こんな看板が店先に何気なく…



b0255992_2234987.jpg
なんか存在感のある薪ストーブがあって、やっぱり撮っちゃうよね、こういうの。



b0255992_22353094.jpg
店内にはいくつかランプが下げてあって、耳障りの無い音量で、軽~く自然な感じでJazzが流れている。



b0255992_22385816.jpg
片隅のテーブルに二人で座って、厚切りトーストと生リンゴジュースをオーダー。
向かいのテーブルには、先ほどまで座っていたカップルの名残りが…



b0255992_22415348.jpg
キバナノヤマオダマキが少ないながら咲き残っていた。
高原帯ではお馴染みの花だが、花期が短いためか開花の時期を見逃すことが多い。




b0255992_22472690.jpg
こちらは別の個体。
考えてみれば最近はちょっとご無沙汰だったもので、つい、嬉しくなって。



b0255992_22505938.jpg
こちらは番外編。
道脇の牧場には馬がたくさんいて、売店では美味しいソフトクリームが賞味できる。
何故か群れから外れた白馬が一頭。こういうシチュエーションって、やっぱカメラ向けちゃうよね。


The end
by windy1957 | 2013-08-17 23:10 | in my life