pode ser um romance

ふらっと霧ヶ峰で花逍遥 -前編- (-_☆)キラーン

b0255992_22254653.jpg
「二人とも休みだし、何処か涼みに行かない?」
ということで、まず思い浮かんだのが霧ヶ峰。
それほど歩くこともなく、しかもそれなりに夏の花々が楽しめるということで、思うままに歩き難い今の私にとっては有り難いフィールドだ。
出会えた花々は中信越の高原帯あたりではお馴染みのものばかりだが、それでもわざわざ出向かなければ想いは叶わない。画像の出来栄えはともかくとして、今回は記録として収めた多くの花々たちの一部を前編、後編に分けて紹介したい。




b0255992_22542292.jpg
高原の陽射しは強いが空気はやっぱり軽い。
流れる風も、なんとなく晩夏の匂いがする。



b0255992_2344355.jpg
下界はうだるような暑さだし、吹く風もべっとりと重い。
だけど此処はほんと爽やかだね。ヒヨドリバナの咲き競う草原を、アサギマダラがゆっくり飛び去っていった。



b0255992_2392766.jpg
いつ見ても不思議な花姿だね、コウリンカって。



b0255992_23113259.jpg
夏の高原ではお馴染みのマツムシソウ。
この色合いにはいつも癒されてしまう。



b0255992_23153371.jpg
事前に情報を得ていた 「ころぼっくるヒュッテ」 に到着。



b0255992_23192022.jpg
店内はこんな感じ。
手作り品など、素朴で味わいのある小物が並んでいて楽しい。



b0255992_23253141.jpg
風薫るテラスでは食事もできる。
ご自慢のボルシチとパン、そしてコーヒーをすすりながら、まったりと。



b0255992_23291287.jpg
ムムム、初登場?
興味なのは、誰が撮ったか… でしょ?



b0255992_23305284.jpg
軽い食事を済ませてから散策道を歩く。
タカネナデシコは今が盛り。色合いも濃いピンクから紅色、ほんのり薄いピンクまで実に様々だ。



b0255992_23325280.jpg
会いたかったフウロソウもあちこちにいっぱい。こちらはアサマフウロ。



b0255992_233736.jpg
同じ場所に競い合うかのように咲いていて紛らわしいが、こちらはハクサンフウロ。



b0255992_23401375.jpg
少し離れた場所にはタチフウロも咲いている。花の色合いとか立ち姿で他のフウロソウとは区別はつくが、咲いている場所がイマイチで、撮影にはちょっとって感じ。



後編に続く。
by windy1957 | 2013-08-11 23:46 | in my life