pode ser um romance

未来「あす」への森づくり No5 ”下刈りは夏の定番作業”

b0255992_20343628.jpg
久々の森づくり作業だ。
落葉広葉樹を主体とした森づくりの作業には、四季を通じて一応の取り組みパターン(手順)がある。
春から夏の間は草刈りや下刈り、蔓伐りに追われるが、時には猛暑の中の過酷な作業となる。秋から冬の間は主に枯損木や病木の伐倒を行う。こうした地道な作業を繰り返すことにより、森づくりのデザインとなる落葉広葉樹はすくすくと育つのである。
森づくりの作業は、楽しいといえば楽しいし、辛いといえば辛い。支えとなるのはカッコよく言えば 「未来への贈りもの」 という細やかな夢があるからだろう。
また暑い夏がやって来た。
立ちはだかるむせかえるようなヤブの中。刈払機のエンジン音が、今日も森の中に響く。



b0255992_20513125.jpg
野の花たちはとても密かに季節を先取ってゆく。
オオバギボウシは真夏の使者だ。林縁のあちこちで咲き始めていた。



b0255992_20553055.jpg
作業前のお馴染みの光景。
作業は100%ボランティアに支えられている。有償ボランティアという言葉も聞くようになったが、こうした作業が広く認められ、かつ必要とされ、採算がとれるようになって欲しいものだ。



b0255992_212412.jpg
およそ20年から30年生のコナラ。
かつて、農用林として伐採を繰り返し森の植生を回転させていた頃は、このくらいの樹齢で伐採し、薪など薪炭材として利用していた。



b0255992_2141899.jpg
下刈りとは、森づくりの主要樹木となる実生樹木の育成を手助けする作業である。
下刈りの対象となるのは、草というより主に篠や森づくりの樹木として馴染まない樹木や藤本類など多岐に及ぶ。



b0255992_21114996.jpg
最低でも1年に数回は手を入れないと種々雑多な植物が猛威を振るってしまい、とても太刀打ちできなくなってしまう。



b0255992_2114555.jpg
作業は人海戦術がいちばん。
それでも午前中いっぱいは汗だくの作業に追われる。こうした作業は、ある意味では自然の摂理への抵抗でもある。だからハチや毛虫に刺され、ウルシにかぶれたり、それなりの報復もある。



b0255992_21242893.jpg
不要木や病木の処理も大切な作業だ。小径木の樹木だからといって決して侮ってはいけない。荷重の掛かった樹木の反復エネルギーは想像以上に大きく、思わぬ事故を招きかねない。



b0255992_21285553.jpg
こちらは実生から3年ほど経過したコナラの幼木。
ここはコナラを中心とした森の再生をテーマとしているため、こうした幼木を残し育成を助けながら下刈りを施してゆく。



b0255992_21334875.jpg
陽当りの良い伐採地に真っ先に進出するのがウルシの仲間だ。こうした連中は、典型的な陽樹のため、陽を遮ることのない伐採地などでは我が物顔で蔓延ってしまう厄介者だ。
画像は、見ているだけでもかぶれてしまいそうなヌルデ。特徴ある葉っぱのイボイボはウルシの仲間だとすぐ分かる。ウルシとヌルデの見分けは、ご覧のようい茎の部分が細長い葉っぱ(翼葉)のようになっていればヌルデである。ウルシと同じような毒性分を持っているので、かぶれ易い人は作業中も注意が必要だ。



b0255992_21422936.jpg
10時休みの点景Ⅰ
傘の直径が20cmはあろうかという立派なシロオニタケ(毒キノコ)の成菌。

b0255992_2144876.jpg
10時休みの点景Ⅱ
この森では馴染み、ツチカブリという毒キノコ。

b0255992_21465652.jpg
10時休みの点景Ⅲ
森づくりにおいて、見た目に心安らぐ花々は残しておきたいものだが、ヤマユリもうっかり刈られてしまった。

b0255992_21485127.jpg
10時休みの点景Ⅳ
足元には赤銅色に輝くセンチコガネがモゾモゾと。

b0255992_21513180.jpg
10時休みの点景Ⅴ
ルビーと呼ばれるベニシジミ。久々にカメラを向けてみた。

b0255992_21535618.jpg
10時休みの点景Ⅵ
夏の森の木陰は、時としてトンボたちの格好の休息の場となる。画像は、宝石のようなブルーの複眼がとっても印象的なヤブヤンマの♂だ。

b0255992_2213896.jpg
10時休みの点景Ⅶ
この森ではムラサキカタバミもすっかり馴染んでしまったようだ。かつて、観賞用に輸入された園芸種が野生化してしまったものだが、まるで元来の住人であるかのように存在をアピールしていた。

b0255992_2264195.jpg
10時休みの点景Ⅷ
目先の湿地では大好きなヌマトラノオが咲き始めていた。馴染みのオカトラノオより楚々としていて佇まいも涼しげ、これがなんともいい。そんな花姿が好きで、時期にはついカメラを向けてしまう。

b0255992_22112549.jpg
10時休みの点景Ⅸ
こちらはヌマトラノオを訪れたダイミョウセセリ。「紋付の黒い羽織をまとった大名様のよう」 というのが、この蝶の名前の由来だという。
なるほど、そう言われればそんなふうに見えなくもない。




b0255992_21571551.jpg
こちらもお馴染みの光景。作業後は機械器具のメンテナンスを疎かにしてはいけない。道具が気持ちよく駆動するということは、効率よい作業を約束してくれるからだ。



b0255992_22165657.jpg
たっぷり汗を流して午前中の作業も終了。
作業はノルマを課さないのが鉄則。定められた時間がくればサッと切り上げる、これが明日へ繋がる作業の秘訣なのかも知れない。
どうですこの後姿、なんとなくそんなふうに物語っていません?


The end
by windy1957 | 2013-07-22 22:37 | work | Comments(18)
Commented by sizuku at 2013-07-24 00:58 x
翼さん、こんばんは。炎天下での作業、お疲れ様です。
トップの立派な樹は、コナラでしょうか?里山の代表ですね。
涼しげなギボシの花が咲き出せば、森の小道は夏模様、トンボたちも蝶たちも、金属色の甲虫も、翼さんの写真の中で輝いて命を謳歌しているようです。

それにしても生い茂る夏草たちは手ごわそうですね。
あやまって刈られてしまった山百合も、バックに差してもらって似合っています(^^)
定められた時間を頑張ったらサッと切り上げる…気持ちを切り替えるということですね。
清々しい後姿には、いい汗を流した満足感が感じられます。
緑陰のヌマトラノオみたいに…
Commented by cyu2 at 2013-07-24 13:32 x
今回も勉強させていただきました。
明日へ繋がる森づくりは四季を通じて行われるものなのですね。
ウルシのこともこんな風な葉だとは知りませんでした。
翼さんの美しい写真と共に勉強できるなんて得した気分です(笑)

皆さんの後姿、ホントかっこいいです。
誰一人、疲れた背中ではないのですね、ぴんとして。
清々しさを感じました。
Commented by at 2013-07-25 13:27 x
sizukuさん★
こんにちは。
この時季、森づくりに係る作業は過酷です。でも、そんな傍ら
で出会う小さな生命たちの美しさは格別です。チョウもトンボ
もコガネムシもみんな森の一員なんですよね。覗きこんだファ
インダーの中では知らず知らずそんなふうに語りかけてます。
オオバギボウシやコバギボウシは夏の花ですが、季節の移ろい
はほんとに密かですね。ちょっと森歩きから遠ざかっていると
季節の主役たちは次々と入れ替わってしまいます。
気忙しいですね、そして儚いです。夏が往く前に、晩夏の花た
ちに会いに行かなくては…。
Commented by at 2013-07-25 13:40 x
cyu2さん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
森は生き物です。ですからシーズンオフはありません。なので
四季を通じて季節に見合った付き合い方(作業)をします。
と、同時にそこに息づく生き物たちにも同じようなスタンスで
付き合います。私もまだまだ知らないことがいっぱいです。教
わる気持ち、会話する気持ちで森の中に入ると、いろいろ見え
てくるものですね、不思議です。
人は後ろ姿で語るんですね。cyu2さんにカッコイイって言われ
るなんて、照れますね。だけど本望ですよ。
Commented by イナ at 2013-07-25 16:46 x
こんにちは、一度人間が手を入れた自然は、
人間が面倒を見ていかなければ・・・皆さんの
活動に頭が下がります。
作業を終えて帰られる皆さんの背中から、充実感
が窺えます。素敵な森を後世の人たちに引き継い
でください。
Commented by at 2013-07-25 17:32 x
イナさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
いわゆる雑木林とは、元来の植生を破壊して人間が作りあげた
ものです。都市近郊に見られる森もほとんどがそうした経緯を
経ていると言っても過言ではないと思います。
しかし、長い歴史の経過と共にそこに息づく小さな生命たちも
今ではすっかり馴染んでしまい、私たちの身近な生き物として
知られるようになりました。
今問題になってきているのは、人が手掛けた雑木林や森が放置
され始めたことなのです。これは生活習慣の変化と共にある意
味では必然なのでしょうけれど、森の荒廃によりそこに息づい
てきた生き物たちも少なからず犠牲者になりつつあります。
私たちができることは微々たるものかも知れませんが、手掛け
た以上は続けなければなりません。それが正しいのか誤りなの
か、実はまだ分からないのです。でも、きっといつの日か報わ
れる時が来ると信じているのです。
なんて、ちょっとカッコつけ過ぎですね。
Commented by akko-kornblume at 2013-07-26 18:13
翼さん、こんにちは~♪

この森って秘密の花園みたいだな~って思いました。
小さな命がいっぱい息づいていて豊かですね~♪

ヌルデってはじめてきいた名前ですが、
こういういぼいぼって病気なのかと思っていましたが、違うんでうすね。

それにしても小さな昆虫の名前まで詳しくてかっけーです!
ヌマトラノオの群生が爽やかでよいですね~!
いつもいつもご苦労さまですね。お仕事終わったあとのビールが美味しいことでしょうね(^^♪
Commented by at 2013-07-26 23:22 x
こんばんは。
最初のお写真の力強さに、圧倒さました。
あ、トンボのお写真、ありましたね。さすが!!
ブルーの目?がとっても美しいですね。こんな風には撮れないなあ…。
大名様のような蝶のお写真も、いいですね。
Commented by at 2013-07-30 12:37 x
矢車草さん★
こんにちは。
レスが大変おそくなりゴメンナサイね。実は先週末から地域の
一大イベントがあって昨日まで、日夜ヘロヘロな日々を送って
いました。来月中旬くらいから、また少しずつ山歩きが再開で
きると思いますので、またレポなど綴ってみたいと思ってます。
里山歩きは私の自然感醸造の原点なので、定期的に歩かないと
感性が枯渇してしまうような感じです。そして森づくりへの参
加も、自然から教えられながら付き合うには格好の場です。
野の花たちはそろそろ秋の様相へと変わっていきますね。晩夏
の花々が咲き競う尾瀬沼や尾瀬ヶ原が恋しいです。その前に、
早く持病を鎮静させないと、ですね。
Commented by at 2013-07-30 12:51 x
空さん★
こんにちは。
レスが大変おそくなり、ごめんなさいね。
地域の行事があって、怒涛のような、嵐のような3日間が過ぎ
ました。気が抜けたというか、倦怠感というかイマイチ身体が
仕事に馴染んでません(笑)
森づくりの作業も夏場から秋、冬への作業へと移行していきま
す。そんな中で出会う小さな生命たち。何の変哲もない名前を
持つヤブヤンマでも、翡翠のように輝く複眼や尾の付け根のブ
ルーの斑紋など、息を呑むほど美しさだと思います。
晩夏の里山は、花々も虫たちも入れ替わりの時期です。そんな
小さなドラマをのんびり歩きながら観察したいですね。また、
レポも書いてみたいと思ってます。
Commented by 山うさぎ at 2013-07-30 14:05 x
翼さん、こんにちは~
猛暑のなかでの作業、大変お疲れ様でした。
ヌマトラノオとダイミョウセセリ・・・とっても素敵な一枚ですね。

そこで日曜日に、この生命に溢れる森に遊びに行ってきました。
トンボには会えなかったですが、ヤマユリの大輪があちこちで見られ
木漏れ日がとても気持ち良く、ゆっくり歩いて堪能しました。
驚いたのが、きのこの種類も多かったことです。
これは、この森の循環がいい事を表しているのではないでしょうか?
植物が腐葉土なり、昆虫の排泄物や遺骸などと混じり、有機物の豊富な土壌となる。
くわしくはわからないけれど、きっとそんな事が菌を育てているのでしょうか。

颯爽とした皆さんの後姿、それはそのままこの森の姿ですね!
これからも無理せず、ご尽力下さい。
また違う表情を見に、遊びに寄らせていただきます。



Commented by at 2013-07-30 14:58 x
山うさぎさん★
こんにちは。
ちょっと蒸し暑い曇り空ですね。
驚きです。日曜日、こちらのの森にお出でいただいたとは。
場所、よく分かりましたね。きちんとした地図も無いし、PR
も殆どしていないものですから。
前もってご連絡いただければ案内させていただいたのに、残念
です。でも週末から昨日までは地元行事でてんてこ舞いでした
からちょっと無理でしたね。ぜひ、今度は秋、里山の紅葉を歩
きやすいコースでご案内しますので、是非またお出でください。
たくさんのキノコに会えて良かったですね。山うさぎさんの仰
るとおりキノコが多いということは、適度な森の手入れと豊か
な土壌が存在することだと思います。そんな森の見方をしなが
ら森を歩くのも楽しいものです。
里山は晩夏の花々で、また違った趣が楽しめます。ちょっとご
無沙汰していた森歩き。また、私もボチボチ歩き始めましょう。
Commented by 山うさぎ at 2013-07-31 23:52 x
こんばんは。
本当に重たい空気の、蒸し暑い日が続きますね。
地域のイベントで忙しい日々をお過ごしだったようですね。

やはり驚かれましたか!遠くの山には行けずにいるので、何処か近くの山に…そう考えて丸山か高尾山を考えておりましたが、こんな時こそいいかな〜と急遽決めました。
パンフレットだけを持って行きましたが、探しました…もう見つからないかとも(⌒-⌒; )
最後は図書館でお聞きし、地図を頂戴し無事に辿り着きました。
もうこれからは気軽に行ける場所に仲間入りです。歩いていいのか気になる脇道も幾つかありました。
是非、紅葉の森を案内して頂けるのを楽しみにしておりますので
宜しくお願い致します( ´ ▽ ` )ノ

Commented by at 2013-08-01 14:56 x
山うさぎさん★
はい、驚きました。交通の便も悪く、案内も無い、大した目印
もない森にどうして辿り着けたものかと。でも図書館にお尋ね
になったのであれば納得です。
あの森は、今では静かなブームになってしまい、近隣や県内外
からの訪問者が増えてきました。遠方から定期的に訪ねてくる
方も多く、手軽な里山の自然を楽しむには恰好のフィールドな
んでしょうね。里山には四季折々の懐かしい顔や空気感があり
ます。どの辺りをどのように歩かれたのか定かではありません
が、写真集でお馴染の散策道もあったでしょう?
次回お出での際は、ぜひ、ひと声掛けてくださいね。レクチャ
ー付きでご案内しますので(笑)
Commented by fumifumi at 2013-08-02 00:16 x
こんばんは~
森は生きていますね。
この尋常ではない暑さの中、生い茂る夏草との戦いは想像以上に大変な作業だと思います。
お疲れさまです。
でも最後のみなさんの作業を終えた後姿からは、爽やかさが伝わってきます。
この里山がどのように変化していくのか、楽しみですね。
お休み時間の点景の一輪のヤマユリの美しさにも目を奪われました。

持病の方は少しは良くなりましたか?
お大事にしてください。
Commented by at 2013-08-02 09:40 x
fumifumiさん★
おはようございます。
今日は薄らと曇り空で、涼しい風が吹いています。職場の脇は
森が広がっており、セミしぐれがいかにも夏っぽくて良いです
ね。
森づくりは、暑い時期にこそ辛くて大切な作業が待っています。
単独での作業ならさっさと切り上げてしまう作業でも、仲間と
一緒ならば一応の時間は集中して作業に取り組めます。同じ志
を持った仲間の存在、そして夢の共有は素敵だと思います。
何十年も先の森の姿って、誰にも分かりません。でもできるだ
け健全な形で、財産として贈り届けることが森づくりの基盤だ
と思っています。
偉そうなこと言ってますが、結局、森で過ごし、戯れるのが好
きなだけなんですよ、きっと。
Commented by nike ハイカット at 2013-08-26 17:39 x
adidas tobacco
nike ハイカット http://www.nikeonimagejp.org/
Commented by nike ハイカット at 2013-08-26 17:39 x
adidas 通販 スニーカー
nike ハイカット http://www.nikeonimagejp.org/