pode ser um romance

未来 「あす」 への森づくり No4

b0255992_16554631.jpg
森づくりとは 「森」 との対話でもある。
無言で森と対峙はしない。だから、四季を通じて作業の手を休めることは無いし、対話が途絶えることも無い。
春から夏にかけては、林床の下刈りや林縁の草刈りに追われる。吹き上げる汗に森の天井を仰げば、放射状に延びたウルシの緑が目に沁みる




b0255992_1727498.jpg
ズラリ並んだ刈払機。
道具類は、正しく使われることによって初めて安全なのであり、作業の効率化にもつながるのだ。



b0255992_17332067.jpg
準備体操を終え、それぞれが持ち場の現場に向かう。
作業内容に、ノルマとか時間的な制約が無いのも我々の森づくりの特徴のひとつだ。



b0255992_17355582.jpg
この時季の森はとても瑞々しい。
森の息遣いを目で感じ、肌で感じ、匂いで感じる。つまり、森は生きているということなのだ。



b0255992_1740838.jpg
梢にチラチラ小さな蝶がまとわり付いている。
葉上に翅を休めたのはミズイロオナガシジミだった。小型なシジミチョウには 「ゼフィルス」 と呼ばれる煌びやかな翅を持つ一群がいるが、そんな中にあってこの蝶は比較的地味な存在と言える。
一方、この蝶は典型的な里山の住人でもある。この蝶が息づくということは、ひょっとして里山が健全であるという証なのかも知れない。



b0255992_17515014.jpg
こちらはウラナミアカシジミ。
先ほどのミズイロオナガシジミと同じゼフィルスと呼ばれるグループに属するが、どういうワケか最近はあまり姿を見かけなくなってしまった。
作業の合い間、久々の出会いにちょっと嬉しい気分。



b0255992_1854016.jpg
森づくりにおいて、「草を刈る」ということは、美化というより更新と呼ぶ方がピッタリくるかも知れない。
メンテの行き届いた道具なら、作業効率が捗るのは言うまでもない。



b0255992_18122899.jpg
ここは数年前までは篠ヤブで鬱蒼としていたが、下刈り、草刈りなど地道な作業を繰り返すことによって、ご覧のようにすっきりと明るく甦った。



b0255992_18171125.jpg
林縁にはひっそりとユウゲショウが。
梅雨の頃から目立ち始めるこの花は、南アメリカ原産のいわゆる帰化植物だが、数年前からこの森にも侵入してきたようだ。それにしてもユウゲショウ(夕化粧)とは、なんて古風で趣のある呼び名なんだろう。



b0255992_18244264.jpg
虫嫌いにはちょっと目を背けたくなる存在だが、その一方で根強いファンも多いのがオサムシの仲間だ。
こちらは森の中で比較的良く見かけるアオオサムシ。怪しげに輝く緑銅色の姿態、私も子供の頃この昆虫に夢中だった。



b0255992_18334279.jpg
草刈りは林縁から日向の斜面へと続く。
6月といえどもすでに炎天下。適度な休憩と水分補給は欠かせない。



b0255992_18481234.jpg
雑草という名の植物は無いが、草刈りの時は知らず知らず 「雑草」 という眼差しになっていることに気付く。



b0255992_18525965.jpg
斜面の草刈りは特に慎重に行う。
ノルマを課さず、時間に追われない、マイペースな作業であることも大切なことだ。



b0255992_18554151.jpg
作業後はご覧のとおり。
植物の中には、刈られることによって勢力を巻き返すという厄介な連中もいる。



b0255992_18575576.jpg
夏の風物詩、ヤマホタルブクロも咲き始めていた。
よく似たホタルブクロとの見分け方は、萼片の湾入部が反り返るか、膨らむか、まずこの点に着目する。



b0255992_1952426.jpg
谷津田の水辺で偶然に捕えられたクロスジギンヤンマ。
サファイヤブルーに輝くハイセンサーな複眼と、美しくスマートな姿態と関節飛翔筋。私は密かに 「里山の宝石」 と呼んでいる。



b0255992_19153292.jpg
ひととおり作業が終わると、女性陣の厚意によってトン汁が振る舞われた。
作業の後のこのような計らいはたまらなくありがたい。すべて完食、とても美味しかったです。



b0255992_1924479.jpg
こちらは刈払機の刃。
ご覧のように作業の道具は一歩間違えば凶器となってしまう。しっかりとしたメンテを施し、正しく安全に道具を扱うのは当たり前のこと。



b0255992_192972.jpg
こちらは先日使用したチェーンソー。メンテと清掃はしっかりと。



b0255992_19303015.jpg
今日も作業は無事終了。
作業の終了が、そのまま本日の成果ということになる。
森は生きている。人それぞれに生き様があるように、森にもそれぞれ生き様がある。放っておけば自由奔放、きっとなるようになる。森にとってそれが善なのか、否なのか… それは森自身が決めること。だから森と語り合おう。
そして、森にとっておせっかいにならない程度の付き合い。そんな森づくりが理想なのかも知れない。
by windy1957 | 2013-06-09 19:55 | work | Comments(22)
Commented by at 2013-06-09 22:42 x
こんばんは。
美しい森は、こうした大変な作業によって守られているのですね。
今まで、風景や花や生き物の写真を撮っても、
そうした環境を守っている方々がおられることには、
なかなか思いが及ばなくて…。
写真に命を吹き込むためのヒントをいただけたような気がします。
翼さんのお写真が、素晴らしい力を持っている理由のひとつも…。

Commented by at 2013-06-10 21:14 x
空さん★
いつもありがとうございます。
森づくりの作業ですが、大変なことは確かですが、参加者それぞれが
苦痛に思ってしまうようでは長続きしません。そのあたりのバランスと
でも言いましょうか、要は好き好きにやっているんでしょうかね。
私たちは大それた事はしてません。ただ、それぞれ夢は抱いている
はずです。
命を吹き込むためのヒント… 少しでもお役に立てれば光栄です。
「画像は想いの透過」常々自分に言い聞かせている言葉なんです。
Commented by sizuku at 2013-06-11 00:19 x
こんばんは(^^)ちょっとご無沙汰でした。
久々に、森のお話ですね。継続は力。その寡黙なひたむきさが素晴らしいですね。いつもお疲れ様です。
一枚目のウルシの葉、翼さんらしい目線だなぁと思いました。
そして、翼さんの撮る蝶やトンボ写真は、スミレや花たちと同じくらい素敵で、小さな命の賛歌が聞こえてきそうです。
ゼフィルスと呼ばれる蝶たちに逢ってみたいし、このしなやかな水色のトンボにも逢ってみたいです。
溢れる緑が鮮やかな森の小道、ホタルブクロやユウゲショウの美しい事…こんな風に撮ってみたいです。
Commented by イナ at 2013-06-11 10:16 x
Topのウルシの緑に引き込まれました。
緑の向こうに希望があるような、そんな
素敵な印象です。
どなたかもおっしゃっていますが、翼さんの
写真からは優しさをいつも感じるのですが、
写真を撮るだけでなくこうして森を守っていこう
と言う活動をされているからなんでしょうね。
危険な場所や、危険な作業もあることでしょう
くれぐれも怪我などなされないよう、頑張って
下さい。
(頑張るとは、ちょっと意味が違うような気も
するのですが、適当な言葉見つからなくて・・)
Commented by at 2013-06-11 12:36 x
sizukuさん★
いつもありがとうございます。
はい。ここのところ、ずーっとスミレだったので、久々に森づ
くりの話題です。とは言ってもほとんど週末は何かしらの作業
はしてますので話題には事欠きませんね。
昔から蝶やトンボをよく撮っていたので、思い入れはあります
ね。ゼフィルス… 今が時季ですね。雑木林に入れば数種類の
ゼフィルスに会えるはずです。梅雨時のこの時季って、実は生
き物がいちばん多い時期なんですよね。時間があればカメラを
持って一日中森を歩きたいです。
Commented by at 2013-06-11 12:46 x
イナさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
写真から優しさを感じていただけるなんて、光栄ですよ。そん
なお褒めの言葉をいただいたことなんて無かったものですから。
私としては、スミレや虫たちにカメラを向ける心根はみんな同
じです。ある種の「想い」でしょうかね。春夏秋冬、自然と対
峙し、植物や樹木、昆虫や鳥たちと会話する。そんな気持ちを
いつも持っていたいですね。
森づくりは未来「あす」への贈りもの。どんな形で届けられる
のか、まだ、誰にも分かりません。将来、きっとかけがえのな
い財産になる、そんなことを信じて汗を流していることは確か
です。
励ましの言葉、ありがとうございます。
Commented by akko-kornblume at 2013-06-11 20:44
翼さん、こんばんは~♪

瑞々しい森・・・きっとここにいるだけで元気がもらえそうな美しい緑ですね。
『森は生きている』ってロシアのお話だったかなぁ、そんなタイトルの話があったような記憶。

こういった手入れが森にも道具にも大事なんですね。
夕化粧とはなんて素敵な名前でしょうね。
そして、この小さな花をこんなに可愛く撮る翼さんってどんな方(笑)

具沢山の豚汁がめっちゃ美味しそうです。
労働のあとのこんなおもてなしは嬉しいものですね。

私も土曜日にホタルブクロに会いに野川公園に行ってきました。
ヤマホタルブクロもあったはずなのだけど、判別は全く出来ませんでした^_^;
立派なトンボ・・・こんなの久しく見ていないです。美しい!
Commented by 山うさぎ at 2013-06-11 21:05 x
こんばんは
暑い日の作業、翼さん、皆さんお疲れ様でしたm(_ _)m
更新する。ただ刈り取るのではなく、次のステップの為に退いてもらう・・・
それは里山の未来「あす」に向けての地道な作業の一旦でしかないんですね!
皆さんの努力が、想いがこの森をこんなに輝かせているのだろうと改めて感じました。
今日の雨は手入れがされた林床に恵みの雨となって、植物をさらには
そこに集う昆虫をも夏の森へといざなってくれるのでしょうんね。
豊かな森に心より拍手喝采です(((o(*゚▽゚*)o)))

Commented by m-kotsubu at 2013-06-11 23:28
こんばんは♪
暑い中、お疲れさまでした。
山を歩いていて、登山道の整備をされている方に出会ったり
綺麗に整備された場所をみると 頭がさがる思いです。
気づかないところで 登山者たちの安全を守ってくれているのですよね。
森づくり、大変でしょうが シテキな作業だと思います。
がんばってくださいね。
森は生きている… 本当にそう思います。^^
Commented by 翼@昼休み at 2013-06-12 12:39 x
矢車草さん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
そうですね、瑞々しい森に身を置くと、何となく元気が貰えた
ような気持ちになりますよね。実はこれって、本当にそうなん
ですよ、根拠がある話なんです。そのあたりはまた別の機会に
じっくりとお話ししましょう。
ユウゲショウって、名前も花姿もとっても粋だと思います。だ
けど未だに上手く撮れてませんね。群れて咲いていることが多
いので、狙いが絞り難いのかも知れません。な~んて、偉そう
なこと言ってますが、私はただのオジサンですよ。
いいでしょ、このトンボ。昆虫少年だったあの頃、トンボでも
チョウでもバッタでも、毎日毎日陽が暮れるまで追っかけてま
したよ。その頃の経験や感動が今の活動にも通じているような
気がします。ま、今も同じ様に追っかけしてますけどね(笑)
Commented by 翼@昼休み at 2013-06-12 12:51 x
山うさぎさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
森づくりに対する山うさぎさんの意見、考え方、共感してます。
ある意味、その通りだと思いますよ。森が輝いて見える、とい
うことは、森が生き生きとしている、ということでもあると思
います。私たちが森に手を入れること、樹木を伐採し、草を刈
るということは森にインパクトを与えることでもあります。そ
の結果が森にとって良い方向に誘導できれば良いのですが、未
来のこと、結果は誰にも分かりません。私たちのやっているこ
と、してきたことを信じるしかないのだと思います。
ちょっと堅苦しい言葉になってしまいましたね。機会があった
らお声掛けください。こちらの森で良かったらいつでも案内し
ますので。
Commented by 翼@昼休み at 2013-06-12 12:59 x
m-kotsubuさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
「ご苦労様」と声を掛けられると、とても嬉しくなりますし、
どこかで救われた、という気持ちになりますね。作業は決して
楽しいことばかりではありませんし、辛いこともたくさんあり
ます。だけど不思議ですよね、単なる使命感とか、ボランティ
ア精神だけではなくて、「惹きつけて止まない何か」がありま
すよね。森づくりの成果が現れるのはまだまだずっと先のこと。
子供の世代、孫の世代での話になるでしょう。私たちも未来に
贈るために汗を流しています。
森は生きている… そんな言葉を実感している今日この頃です。
Commented by fumifumi at 2013-06-12 19:48 x
翼さん、こんばんは~。
ウルシの緑がこんなにも綺麗だったとは~(@_@)
翼さんらしい一枚で素敵です。
あの写真集の森でしょうか。
整然と並んだ刈払機からこの日の一日の始まりを感じます。
暑くって大変でしょうが、日々の労働と違って、目的に向かっての作業はなんだか楽しそうです。
いつもお疲れさまです。
そんな時に現れたゼフィルスの美しさは格別ですね^_^
Commented by mie at 2013-06-12 23:57 x
我が街の山、「荒島岳」。
百名山ブームで登山者が増え、ブナの根の露出が深刻化しています。
数年前から、「小枝のダム計画」と称して、荒島岳愛好家の方々が
ボランティアで保全活動をして下さっています。
小枝やウッドチップを登山道に敷きこんで、
土石や落ち葉の流出を塞き止めようという計画です。

数年前までは、登るだけで精一杯(なかなかハードな山です)だったけれど
登る回を重ねる毎に少し余裕も感じられるようになったので
チャンスがあればわたしも参加してみたいなと思っています。
荒島岳自慢のブナの森。
その森と、もっと仲良くなるために。
Commented by 翼@就業中ですが… at 2013-06-13 09:40 x
fumifumiさん★
いつもありがとうございます。
「天生の森」のレポを読んで、高層湿原の花巡りが恋しくな
ってしまいましたよ。
見上げればウルシの緑… そうです、今回のカットもすべて
あの森からです。ズラッと並んだ刈払機の数が、これまでの
森づくりの歴史を物語ってます。最初はほんの2、3台でス
タートした作業でしたから。
今の時季はゼフィルスですね。キラキラ煌めきながらの飛翔、
あの小さな蝶たちは昔から垂涎の的でした。
ホトトギスも鳴いてます。今日はしっとりと雨に濡れた息吹
きの森です。
Commented by 翼@就業中ですが… at 2013-06-13 09:56 x
mieさん★
こんにちは。
ようこそお出でくださいました。
味わいと趣のあるレポ、いつも楽しく拝見しています。
小枝のダム計画。なるほど、土砂流失防止のための策だったの
ですね。荒島岳を愛するが故の「せめてもの行動」なのでしょ
うね。何かしなければ… 何をすべきか… いつの時か必ず考
える時が来ると思います。気持ちさえ持続していれば、参加の
機会は必ず訪れます。「怪我と弁当は自分持ち」そんなポリシ
ーで汗を流し、携わる森づくり。
里山もブナの森も大好きです。そして、もっともっと知り合い
たいし、仲良くなりたいです。
スミマセン、ちょっと偉そうなコト言ってますね。
今日はこれにてドロン…!?(笑)
Commented by cyu2 at 2013-06-13 16:08 x
翼さんこんにちは。
この記事を拝見していると、本当に人は森と共に生きている、生かされているんだなぁ、
と強く感じます。

以前、主人の実家の三陸の話で牡蠣が以前ほど取れなくなった時の話を思い出しました。
海を綺麗にする為には山から流れる水も大変重要だということに気づき、
まずキレイな水が注ぐように森を整備したら、きれいな海が戻って牡蠣も取れるようになった、という話。
まさに翼さんの仰るとおり「あす」への森づくりなのですね。
それからトンボや蝶の生き生きとした写真のなんてキレイなこと!
図鑑のようです(*^_^*)
Commented by at 2013-06-13 18:03 x
cyu2さん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
森づくり共感していただき、ありがとうございます。
仰るとおり、森と共に、自然と共に人は生きている、生かされ
ているということになると思います。もっと大きく言えば人は「生態系の中で生かされている」と、思うのです。
三陸での牡蠣栽培の話ですね。「森は海の恋人」という著書の
中で、海にとって森は命の源、切っても切り離せないパートナ
ーというお話だったと思います。あとはcyu2さんの仰ってる
とおりだと思います。清冽な水も、清浄な空気も、森が関わっ
てる部分は甚大なものです。そして、なによりも森を育むのは
「土である」ということも意外と知られていません。豊かな土
壌から豊饒な森が生まれます。では、豊かな土壌とは?つまり
樹木であり、菌類であり、微生物であり、様々な働きの融合と
いうことになります。つまり「系=生態系」ということだと思
います。少し難しく感じると思いますが、それぞれの生き物が
それぞれの役割を果たしているということです。その結果、出
来上がるのが土壌であり、森である、ということだと思います。

Commented by mrkgen at 2013-06-14 15:27
草刈、お疲れ様です。
登山道整備で熊笹刈をしたことがありますが、結構ストレス解消になりますよね。
普通の草と違って熊笹はバリバリとなぎ倒す感じ。腰を入れて草刈り機を振り回すのがコツ。
翼さんも、ストレス解消したかしら。
スッキリと刈られた道を見て、そして素敵な蝶にも出会えて、一石二鳥どころじゃないんじゃないかしら!(^^)!
Commented by at 2013-06-14 17:41 x
mrkgenさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
そうなんですよ、たっぷり汗を流してスッキリした気分になれ
ます。クマザサとなると手強いですね。確かに刈払機は腰使い
がポイントですよね。marikkaさんのそんな作業風景、想像し
ちゃいますよ。ストレスの解消もありますが、やっぱり達成感
ですかね。目的に向かって一歩ずつって感じですよ。
こちらの森でもゼフィルスの季節です。キラキラにはなかなか
会えませんが、赤いのには比較的会えますよ。この週末は雨が
上がりそうなので、ゼフィルスが期待できます。久々にカメラ
抱えて会いに行ってみようと思ってますが、時期ですから長い
ニョロニョロが出てきそうなのでね…大の苦手なんですよ。 
Commented by さな・花の庵 at 2013-06-18 05:51 x
おはようございます。
素晴らしい森に蘇りつつあるのですね。

こちらにもそうすればいいのになぁと思える見捨てられた山があります。
非力過ぎてどうすればいいのか、わからない私です。
Commented by at 2013-06-18 08:47 x
さな・花の庵さん★
おはようございます。
いつもありがとうございます。
森づくりって、人それぞれの携わり方があると思いますが、ま
ず、出来ることは何なのか… と考えます。私たちのように仲
間がいて、定期的に作業を繰り返す方法もありますが、散歩の
ついでにゴミを拾うとか、野鳥、植物、昆虫との出会いを記録
するとか、自分なりの森づくりという考え方もあります。まず
は小さな一歩です。非力なんてことはありませんよ。ひとりひ
とりの心の在り方が大切だと思います。まずは自分ひとりでも
できること、規模の大小に関わらず、それも立派な森づくりの
ひとつだと思います。