pode ser um romance

尾瀬 No3 「錦秋一歩手前の気まま散策」 (゚ー゚☆キラッ

b0255992_10533912.jpg
一日と同じ彩りを持たないといわれる紅葉(黄葉)だが、ブナの黄葉を楽しみに今回は大清水から尾瀬沼を目指した。
ということで、取り急ぎUP。今シーズン最後(かな?)の尾瀬散策レポをどうぞ。

More
# by windy1957 | 2012-10-16 22:22 | mountaineering | Comments(18)

里山保全体験学習 「短大生は果敢に鎌を振り、鋸を引くのだった」 

b0255992_143104.jpg
10月3連休の初日、某短期大学の体験学習の一環として開催された「里山保全体験学習」の作業指導を依頼された。短大だけに参加者50名のうち、ほとんどが女子学生。「怪我だけは絶対にさせないこと!」 これを合言葉に、緊張の作業開始である。
ところがだ。この学生(娘)たち、ふだん鎌や鋸なんてほとんど手にしたことは無いだろうに、それはそれで意外と器用に草を刈り、木を伐るではないか… これはちょっとした驚きだった。

ということで、今回はこんな活動レポをどうそ。

More
# by windy1957 | 2012-10-08 14:08 | work | Comments(6)

里山逍遥 No3 「 移りゆく 里の色に秋は来ぬ… 」 (゚ー゚☆キラッ

b0255992_1330331.jpg
ちょっと油断していたら、通い慣れた森もすっかり様変わり。
カンカン照りだった夏は往き、秋になればなったで、風物は一様に感慨深いもの。
ということで、今回は秋薫る森の小径のひとコマをレポしよう。

More
# by windy1957 | 2012-10-02 17:36 | memory of Satoyama | Comments(14)

尾瀬No2 「夏が過ぎても想い出す~」 ('-'*)ヨロシク♪

b0255992_1121447.jpg
前回の尾瀬行はアクシデント続きで止む無く途中断念。
夏の喧騒は過ぎて、錦秋のちょっと前。そんな尾瀬を思い巡らしながらひとり歩いてきた。
いつも通り、画像キャプションは多分に独りよがりで自己満足だけど、よろしかったらレポをどうぞ。

More
# by windy1957 | 2012-09-23 21:27 | mountaineering | Comments(20)

奥多摩御岳山 「晩夏の花逍遥をどうそ」 (ё_ё)キャハ

b0255992_10133741.jpg
晩夏の花たちに逢いたくなり、奥多摩の御岳山に登ってきた。
登山口は予想通りの混雑だったが、山の上は初秋の雰囲気も漂い、晩夏の花々を愛でながら楽しい時間を過ごせた。
ということで、今回は晩夏の花々を中心にレポしよう。

More
# by windy1957 | 2012-09-14 13:32 | mountaineering | Comments(10)

北横岳 「夏の行方は雨とともに…」 C=(^◇^ ; ホッ!

b0255992_10302193.jpg
白駒池以来の北八ツは、もう夏も終わり?って感じの雨模様。
それでも北横岳あたりは、人・ひと・ヒトの人気エリア。
ということで、今回は北八ツ「北横岳」のちょい登りレポです。

More
# by windy1957 | 2012-09-08 12:22 | mountaineering | Comments(10)

尾瀬 「その道程はかくも遠く そして長く… 」 ☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック

b0255992_12431294.jpg
今回は妻と二人で久々の尾瀬行。
この長~い隧道を抜けたその先には、尾瀬(御池)へと通じる風景が広がっているはずだったが…

More
# by windy1957 | 2012-08-31 08:41 | mountaineering | Comments(16)

高峰山(2106m)&高峰高原は晩夏の装い (*゚◇゚)yヽ~ ポロッ 

b0255992_13521084.jpg
前夜は気合を入れて早寝はしたものの、目が覚めたのは AM6:00!!
愛車のJeepを駆って1時間ちょっと。前方の懐かしい山容、浅間山がやっと見えてきた。

More
# by windy1957 | 2012-08-23 18:03 | mountaineering | Comments(12)