pode ser um romance

comitiva em novembro

b0255992_10572625.jpg

11月、誕生日に登った山。
新調したザックに愛用のカメラと明るい大きなレンズを詰め、大汗かいて急登を小一時間。腹ペコで辿り着いたてっぺんで、おむすびふたつとカップラーメンをペロリと平らげ、下界のカミサンに i-phone から画像付きメールを送る。
この時期にしては陽射しも秋風も心地良くって、つい、ウトウト。1時間も経って、忘れた頃にメールの返事が届く。

「お誕生日のひとり登山は、いかがかな?」

はい、お蔭様で muito bom!  me sinto bem! (笑)


Canon EOS 5D MarkⅡ
EF 70-200mm f/2.8L USM

# by windy1957 | 2016-11-17 11:20 | mountaineering | Comments(0)

森人に続こう

b0255992_15235083.jpg

学生たちはクリッとした目を輝かせて森の話を聞いてくれた。
汗を流しながら真剣にノコギリを挽き、緊張しながら刈払機を操った。道具の使い方ひとつとっても 「そうだよ、それだよ」 って、何度君たちと歓び合っただろう。それが将来何の為になる、何の価値がある、なんてことは考えないし、想像しない方がいいよ。
木が倒れる瞬間のあの音と風の動き、草を刈っている時のむせ返るようなあの匂いを覚えておくといい。そして、いつの日かフラッシュバックのように森の記憶が甦ったときは躊躇わずここへ来ればいい。きっと手応えのある何かが待ってるはず。そして、たぶん、相も変わらず私たちはそこで木を伐り草を刈っているだろうから。


DSC-RX 100Ⅱ
# by windy1957 | 2016-11-15 15:41 | work | Comments(0)

ほんと、カッコ いい。

b0255992_19535468.jpg

でもね、気持ちは分かるけど、少しでも近づけます?
修練と、意地と、根気でしょ。
ね、Mさん、そういうこと。


Nikon Df
AF-S VR Zoom ED 70-200mm f/2.8G (IF)

# by windy1957 | 2016-11-14 20:03 | in my life | Comments(2)

pensamentos sobre a floresta de faias

b0255992_9105180.jpg

いいね、ほんと。
こうしてブナの樹肌に触れていると、木霊の囁きさえ聞こえてきそう。


DSC-RX 100Ⅱ
# by windy1957 | 2016-11-09 09:20 | in my life | Comments(2)

ところで里山では…

b0255992_17295646.jpg

山では紅葉も終わりかけているというのに、マイフィールドの里山ではご覧の塩梅。木の葉たちは色付きも儘ならず、このまま葉を落とし冬を迎えてしまうのか。
ともかくファインダーの中は、夏のような秋の気配のような曖昧な空間なのですが、目先のコナラのてっぺんではモズだけはしっかり主張しているんです。
モズの高鳴き75日、もうすぐ霜が降りるというのにね。


Nikon- Df
SP AF28-75mm f/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] Macro TAMRON

# by windy1957 | 2016-11-07 17:38 | memory of Satoyama | Comments(4)

麗しのレモンイエロー

b0255992_98234.jpg

マルバカエデ (ヒトツバカエデ) は大好きなカエデ類のひとつ。その上品な色合いの黄葉はまさに絶品。ここ数年、馴染のフィールドではマルバカエデの黄葉の見頃とタイミングが合わず、その度に惜しい思いをしていたが今シーズンは落葉寸前でぎりぎりセーフ、辛うじて間に合った。
里山ではアオハダ、山地ではマルバカエデ、この2種は理屈抜きに魅入ってしまう黄葉の代表選手として挙げたい。
「麗しのレモンイエロー」 どうです、タイトルもちょっとシャレてるでしょ。


Nikon Df
AF-S VR Zoom ED70-200mm F/2.8G [IF]

# by windy1957 | 2016-11-04 12:02 | memory of Satoyama | Comments(2)

comitiva Mt.TAKAO

b0255992_15374649.jpg
(oxidus gracilis)

不快害虫なんて呼ばれてほんと悲しいけど、彼らも一生懸命。
生態系を支える立派な一員なのです。


DSC-RX 100Ⅱ
# by windy1957 | 2016-11-02 15:40 | insect | Comments(2)

ご満悦でしょ。

b0255992_930573.jpg

予報どおり天気は今ひとつだったけど、連れ合いとは今シーズン二度目の高尾山。普段の運動不足が祟ってか、緩い登山道でさえ息切れしては立ち止まり、恨めしいやら、照れ笑いやら、そんな面立ちで私を見てる。
やっとの思いで辿り着いた薬王院。祈願を済ませ、お札を買う頃にはポツリポツリと雨が。 「もう、歩けない」 と泣きつかれる前にケーブルで下ろうと切り出す。麓に着いた頃には雨も本降りになって、山の半分が雨雲で隠れている。
登り始める時の約束だった蕎麦屋の暖簾をくぐり、いちばん隅のテーブルでホッとひと息入れる。「冷えたからね、食べるなら天ぷら蕎麦。それも温かいヤツ」 ということで即決。で、ご覧のとおり。お疲れさん、ご満悦でしょ?連れ合いは、何も言わず笑っていた。


DSC-RX 100Ⅱ
# by windy1957 | 2016-10-31 10:13 | in my life | Comments(0)