pode ser um romance

Whisper Of Acer (奥多摩・外秩父の森から)

b0255992_12513426.jpg
そこは、黄葉の森だった。
森に一歩踏み入ると、コアジサイが、ミズナラ、サワシバが、そしてカエデの仲間が思い思いに彩り輝いていた。
今回はカエデの仲間にスポットをあて、それぞれがアピールしている黄葉・紅葉をお届けしよう。
題して「Whisper Of Acer」 ちょっとカッコつけ過ぎかな…

More
# by windy1957 | 2012-11-13 17:19 | memory of Satoyama | Comments(23)

八ヶ岳山麓 Driving Day (*'-'*)エヘヘ

b0255992_21315010.jpg
愛車を駆って、妻と出掛けた八ヶ岳山麓。
「来てよかったかも…」
でしょ。

ということで、ちょっとしたDriveレポですが、よろしかったらどうぞ。

More
# by windy1957 | 2012-11-07 22:31 | in my life | Comments(12)

想いはグラスのふちを回る No2

b0255992_18522759.jpg
週末、楽しみにしていた観察会は雨でお流れ。
めずらしく山登りも里山歩きもせず、物憂いな週末は読書と酒で “たぶん ロマンかもね…”
読書の秋ということで、今回はインドアなレポを。
新刊、温存、リバイバルから、珠玉のエッセイ3冊をどうぞ。

More
# by windy1957 | 2012-10-28 21:27 | in my life | Comments(10)

尾瀬 No3 「錦秋一歩手前の気まま散策」 (゚ー゚☆キラッ

b0255992_10533912.jpg
一日と同じ彩りを持たないといわれる紅葉(黄葉)だが、ブナの黄葉を楽しみに今回は大清水から尾瀬沼を目指した。
ということで、取り急ぎUP。今シーズン最後(かな?)の尾瀬散策レポをどうぞ。

More
# by windy1957 | 2012-10-16 22:22 | mountaineering | Comments(18)

里山保全体験学習 「短大生は果敢に鎌を振り、鋸を引くのだった」 

b0255992_143104.jpg
10月3連休の初日、某短期大学の体験学習の一環として開催された「里山保全体験学習」の作業指導を依頼された。短大だけに参加者50名のうち、ほとんどが女子学生。「怪我だけは絶対にさせないこと!」 これを合言葉に、緊張の作業開始である。
ところがだ。この学生(娘)たち、ふだん鎌や鋸なんてほとんど手にしたことは無いだろうに、それはそれで意外と器用に草を刈り、木を伐るではないか… これはちょっとした驚きだった。

ということで、今回はこんな活動レポをどうそ。

More
# by windy1957 | 2012-10-08 14:08 | work | Comments(6)

里山逍遥 No3 「 移りゆく 里の色に秋は来ぬ… 」 (゚ー゚☆キラッ

b0255992_1330331.jpg
ちょっと油断していたら、通い慣れた森もすっかり様変わり。
カンカン照りだった夏は往き、秋になればなったで、風物は一様に感慨深いもの。
ということで、今回は秋薫る森の小径のひとコマをレポしよう。

More
# by windy1957 | 2012-10-02 17:36 | memory of Satoyama | Comments(14)

尾瀬No2 「夏が過ぎても想い出す~」 ('-'*)ヨロシク♪

b0255992_1121447.jpg
前回の尾瀬行はアクシデント続きで止む無く途中断念。
夏の喧騒は過ぎて、錦秋のちょっと前。そんな尾瀬を思い巡らしながらひとり歩いてきた。
いつも通り、画像キャプションは多分に独りよがりで自己満足だけど、よろしかったらレポをどうぞ。

More
# by windy1957 | 2012-09-23 21:27 | mountaineering | Comments(20)

奥多摩御岳山 「晩夏の花逍遥をどうそ」 (ё_ё)キャハ

b0255992_10133741.jpg
晩夏の花たちに逢いたくなり、奥多摩の御岳山に登ってきた。
登山口は予想通りの混雑だったが、山の上は初秋の雰囲気も漂い、晩夏の花々を愛でながら楽しい時間を過ごせた。
ということで、今回は晩夏の花々を中心にレポしよう。

More
# by windy1957 | 2012-09-14 13:32 | mountaineering | Comments(10)