pode ser um romance

尾瀬 「その道程はかくも遠く そして長く… 」 ☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック

b0255992_12431294.jpg
今回は妻と二人で久々の尾瀬行。
この長~い隧道を抜けたその先には、尾瀬(御池)へと通じる風景が広がっているはずだったが…

More
# by windy1957 | 2012-08-31 08:41 | mountaineering | Comments(16)

高峰山(2106m)&高峰高原は晩夏の装い (*゚◇゚)yヽ~ ポロッ 

b0255992_13521084.jpg
前夜は気合を入れて早寝はしたものの、目が覚めたのは AM6:00!!
愛車のJeepを駆って1時間ちょっと。前方の懐かしい山容、浅間山がやっと見えてきた。

More
# by windy1957 | 2012-08-23 18:03 | mountaineering | Comments(12)

里山逍遥 No2 「コバギボウシ咲く秘密の小湿地へ」

b0255992_1393034.jpg
この時季、作業の合間にこっそり足を延ばしたい秘密の花園がある。
そこは、数年前、動植物調査の折に偶然見つけたコバギボウシが咲き乱れる山間の小湿地だ。知る人ぞ知るその場所は、普段私たちが作業をしている森のさらに奥、杣道のような微かな踏み跡を探しながら十数分も歩けば辿り着く。

More
# by windy1957 | 2012-08-20 15:06 | memory of Satoyama | Comments(10)

外秩父山系・丸山(960m)山麓を歩く 「出迎えてくれたのは晩夏の愛しい花々たち」

b0255992_2011524.jpg
歩き慣れた外秩父山系丸山(960m)山麓。エゾヒグラシが鳴きしきる中、森の小道で、ふと、ツユクサのブルーに魅かれる。
僅かな風に揺れる蕊、息を止めてじっとファインダーを覗く時間。吹き出す汗は止まらない。気にかけていた空模様は、思っていたより明るくっていい感じだ。町場はうだるような暑さだが、季節の移ろいはとっても密か。山麓では、予想どおり愛しい晩夏の花々が出迎えてくれた。
1枚撮ってはまた1枚、人気のない山道に、シャッター音だけが響いてる。

More
# by windy1957 | 2012-08-11 23:20 | mountaineering | Comments(8)

里山逍遥 「真夏の午後の森は汗・あせ・アセなのです」

b0255992_22739.jpg
ここは、かれこれ5年ほど前から手を入れ始めた森。
メンバーはほぼ毎週末、手弁当で猛暑の中の下刈り、寒風吹く中での伐倒作業、小雨の中での動植物調査等に取り組んだ。その甲斐もあって、鬱蒼として荒れ始めていた森がとっても明るく親しみやすい森になった。
真夏の午後、暑い盛りだったが久々に妻を連れ立って馴染みの森の小道を辿った。

More
# by windy1957 | 2012-08-06 23:02 | memory of Satoyama | Comments(14)

想いはグラスのふちを回る

b0255992_2195260.jpg
一時期凝ったEZRA BROOKS。
何年ぶりかな、久々に飲んでみたくなり、棚のグリーンラベルを手にとりレジへ。
さて、今日は金曜日。悪魔の誘いを巧みにかわし、今夜はのんびり飲みたくってまっすぐ家路に就く。

More
# by windy1957 | 2012-08-03 22:27 | in my life | Comments(0)

未来(あす)への森づくり (・_・")/\(・_・") ナ カ マ ! !

b0255992_17591479.jpg
「未来(あす)への森づくり」大そう立派なタイトルだけど、これは我がNPOが活動していく上での合言葉であり、価値ある里山の美しさ、素晴らしさを可能なかぎり損なうことなく未来へ贈り届けようとする壮大なテーマでもある。

そして、賢者は今日も道具や機材を担ぎ、せっせと里山(フィールド)へ分け入って行くのだった。
メンバーの条件は、老若男女問わず森づくりで汗を流したい、という意気込みさえあれば誰でもOK。そして、肝心なのは作業への参加はあくまでも自主的が基本ということ。個人のレベルや技量に合った作業や活動への関わり、というのが我がNPOモットーである。

More
# by windy1957 | 2012-07-31 19:06 | work | Comments(4)

やっぱり パスタでしょ (゚∇^*) テヘ♪

b0255992_11404635.jpg

昨日、知り合いのお宅にお邪魔したところ「今が旬のキノコがあるけど、持って行く?」と差し出されたのが香り高いレモンイエローのこのキノコ。その名は「タモギタケ」というらしい。
実はこのキノコ、植菌による栽培品で、農産物直売所等に出荷するなどすでに商品化されているとのことだ。
ということで、せっかくのご厚意なので遠慮なくいただくこととし、早速手持ちの図鑑で調べてみると「北海道では一般的な野生の食用キノコとして知名度はあるが、本州以南では馴染みが薄い」と記されている。どうやら東北、北海道あたりでは優秀な食菌のようだ。

More
# by windy1957 | 2012-07-24 13:08 | in my life | Comments(4)