pode ser um romance

<   2016年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

落ち葉の言い分

b0255992_17234880.jpg

落ち葉の行方… 落ち葉の言い分…
漂って、彷徨って。つまり、行き着いた果ては土壌であり、沃野であり、大地ってこと。言い分はいろいろあるだろうけど、森の物質循環において、君たちの働き(功績)は誰にも否定できないし、議論の余地も無い。
「必然」 というより、思い通りだね、私はそう思ってる。そして、この森で季節鳥を探し、四季の花々と会い、木々の芽吹きから落ち葉までの生き様を辿るために森へ通う。
君たちのお蔭だよ、そして… 思い通りだね。


DSC-RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2016-11-28 17:44 | memory of Satoyama | Comments(2)

落ち葉の行方

b0255992_19481942.jpg

落ち葉サクサクの森歩き。
何が楽しいって? 枯れ葉でも、木の実でも、冬芽でも… 理屈じゃなくって、それぞれの在り様が自己主張だし、発見だし、なによりもただ単にそれらに触れることのできる時間、これが私にとって大切なこと。
で、落ち葉の行方? 本当はアカデミックな題材だけど、たぶん自己満足の講釈になると思うので、またの機会にゆっくりとね。


DSC-RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2016-11-23 20:03 | memory of Satoyama | Comments(0)

em 1976, sentimento

b0255992_11203757.jpg

もう、40年前になるんだね。
「エリックの青春」 今さらだけど…


Nikon D200
17-70mm F2.8-4 DC Macro SIGMA

by windy1957 | 2016-11-21 11:26 | in my life | Comments(0)

さて、冬鳥です。

b0255992_144423.jpg

微かに地鳴きが聞こえてる。
探し当てた鳥影はカメラで追えないほど素早い。でも、確かに待ってた憧れ色の肢体だ
ありがとう、約束どおり今季もこの森に来てくれて。


Nikon D300
SP AF 28-75mm f/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] Macro

by windy1957 | 2016-11-19 14:21 | wild bird | Comments(0)

comitiva em novembro

b0255992_10572625.jpg

11月、誕生日に登った山。
新調したザックに愛用のカメラと明るい大きなレンズを詰め、大汗かいて急登を小一時間。腹ペコで辿り着いたてっぺんで、おむすびふたつとカップラーメンをペロリと平らげ、下界のカミサンに i-phone から画像付きメールを送る。
この時期にしては陽射しも秋風も心地良くって、つい、ウトウト。1時間も経って、忘れた頃にメールの返事が届く。

「お誕生日のひとり登山は、いかがかな?」

はい、お蔭様で muito bom!  me sinto bem! (笑)


Canon EOS 5D MarkⅡ
EF 70-200mm f/2.8L USM

by windy1957 | 2016-11-17 11:20 | mountaineering | Comments(0)

森人に続こう

b0255992_15235083.jpg

学生たちはクリッとした目を輝かせて森の話を聞いてくれた。
汗を流しながら真剣にノコギリを挽き、緊張しながら刈払機を操った。道具の使い方ひとつとっても 「そうだよ、それだよ」 って、何度君たちと歓び合っただろう。それが将来何の為になる、何の価値がある、なんてことは考えないし、想像しない方がいいよ。
木が倒れる瞬間のあの音と風の動き、草を刈っている時のむせ返るようなあの匂いを覚えておくといい。そして、いつの日かフラッシュバックのように森の記憶が甦ったときは躊躇わずここへ来ればいい。きっと手応えのある何かが待ってるはず。そして、たぶん、相も変わらず私たちはそこで木を伐り草を刈っているだろうから。


DSC-RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2016-11-15 15:41 | work | Comments(0)

ほんと、カッコ いい。

b0255992_19535468.jpg

でもね、気持ちは分かるけど、少しでも近づけます?
修練と、意地と、根気でしょ。
ね、Mさん、そういうこと。


Nikon Df
AF-S VR Zoom ED 70-200mm f/2.8G (IF)

by windy1957 | 2016-11-14 20:03 | in my life | Comments(2)

pensamentos sobre a floresta de faias

b0255992_9105180.jpg

いいね、ほんと。
こうしてブナの樹肌に触れていると、木霊の囁きさえ聞こえてきそう。


DSC-RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2016-11-09 09:20 | in my life | Comments(2)

ところで里山では…

b0255992_17295646.jpg

山では紅葉も終わりかけているというのに、マイフィールドの里山ではご覧の塩梅。木の葉たちは色付きも儘ならず、このまま葉を落とし冬を迎えてしまうのか。
ともかくファインダーの中は、夏のような秋の気配のような曖昧な空間なのですが、目先のコナラのてっぺんではモズだけはしっかり主張しているんです。
モズの高鳴き75日、もうすぐ霜が降りるというのにね。


Nikon- Df
SP AF28-75mm f/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] Macro TAMRON

by windy1957 | 2016-11-07 17:38 | memory of Satoyama | Comments(4)

麗しのレモンイエロー

b0255992_98234.jpg

マルバカエデ (ヒトツバカエデ) は大好きなカエデ類のひとつ。その上品な色合いの黄葉はまさに絶品。ここ数年、馴染のフィールドではマルバカエデの黄葉の見頃とタイミングが合わず、その度に惜しい思いをしていたが今シーズンは落葉寸前でぎりぎりセーフ、辛うじて間に合った。
里山ではアオハダ、山地ではマルバカエデ、この2種は理屈抜きに魅入ってしまう黄葉の代表選手として挙げたい。
「麗しのレモンイエロー」 どうです、タイトルもちょっとシャレてるでしょ。


Nikon Df
AF-S VR Zoom ED70-200mm F/2.8G [IF]

by windy1957 | 2016-11-04 12:02 | memory of Satoyama | Comments(2)