pode ser um romance

<   2015年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ゆるやかに時 「季節」 が…

b0255992_20293309.jpg
嬉しいことも、悲しいことも、辛いこともあって、そんな一年は悲喜交々でした。
でも、こんなふうに里山を歩いていると、やっぱりそんな懐の中で不思議と癒されている自分がいます。ゆるやかに時(季節)は流れてゆくのであれば、逆らわずに馴染むのがいちばんかと。そんな想いって、もう若くないのかも知れませんね。でも、その一方でまだまだ沈みたくないっていうのも確かなことなのです。

年末年始は、例によっていろいろありますので、blogはこれにてドロン!
また、少し春めいた頃にお会いしましょう。


SONY Cyber-shot RX 100Ⅱ

by windy1957 | 2015-12-29 21:06 | memory of Satoyama

週末の朝

b0255992_21523855.jpg
久々に off の土曜日です。
のんびり起きて、買いためてあったJazzなんぞ聴きながら、まったりと。
最近、ちょっと腰痛もあって、右大腿部が少し痺れてる感じ。冬鳥の便りも気になるところだけど、ま、今日はゆっくり休むことにしましょう。
それにしても、2曲目の 「Wes Bound」 渋い&カッコいい。


SONY Cyber-shot RX 100Ⅱ

by windy1957 | 2015-12-26 22:09 | in my life

AI gostaria de John Lennon

b0255992_023190.jpg
これ、ご存じですか?
ジョン レノンの自筆画 「Borrowed Time」 です。ご心配なく、お察しのとおり複製ですから。当時からとっても気に入っていて、家を新築してから玄関フロアにずーっと掛けてあるんです。
so this is…  質素なイブ、もう明けましたね。
Merry Christmas


SONY Cyber-shot RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2015-12-25 00:13 | in my life

リバーサイドカフェの午後

b0255992_23572411.jpg
鳥を見ながら多摩川沿いを歩き、約束通り立ち寄った隠れ家のようなカフェ。
古風な空間に、お洒落な時間がゆっくり流れていて、ちょっといい感じ。
多摩川の流れを見下ろす窓辺。別に特別な風景じゃないけれど、たとえばマスターから星野道夫のとっておきの話を聞きながら、移りゆく季節を眺めるのもいいもんだろうね。


SONY Cyber-shot RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2015-12-24 00:20 | in my life

今日も森に居ます。 No4

b0255992_1641487.jpg
今日は森での定例調査会。
冬鳥の渡り状態やカラ類の混群を観察、カウントしようといった内容だ。森の木立の様相は晩秋から初冬の佇まいで、林床の落ち葉には霜が降りている。
朝の陽射しがミツバアケビの黄葉を透かして、こんな点景も森が見せてくれる何気ない彩りだろう。見上げれば、コゲラに交じってヤマガラ、シジュウカラ、エナガたちが忙しなく枝から枝へと過ぎて行った。


Nikon D300
SP AF 28-75mm f/2.8 XR Di LD Aspherical [IF]Macro TAMRON

by windy1957 | 2015-12-20 17:02 | work

今日も森に居ます。 No3

b0255992_21102811.jpg
チェンソー片手に今日も森へ入る。
気付けば冬鳥の声も聞こえる。いつの間にかそんな季節になっていたという現実に、作業一辺倒だった時間を振り返る。花も咲きチョウも舞う、そして鳥も囀る傍ら (時間を共有する中) での森づくり、そんな携わり方こそが本来なのかも知れない。


Nikon D300
SP AF 28-75mm f/2.8 XR Di LD Aspherical [IF]Macro [TAMRON]

by windy1957 | 2015-12-19 21:31 | work

来ないね…

b0255992_2115318.jpg
銀座の真ん中ですっぽかされたかな、携帯は通じないし…
外は薄らといい感じに暮れてきたね。ならば、その先の居酒屋で仕切り直しといきますか。


SONY Cyber-shot RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2015-12-17 21:08 | in my life

Estudo de caso !  酔って候

b0255992_19462073.jpg
どんどんいきましょう。
続くね、忘年会。ほどほどにすれば良いのに、ほんと、懲りないんですね。
「明日は誰にもあるんじゃい!」 が口癖の誰かさん、知らないよ。これじゃフーフー・ガンガンは必至だねって。

「 人が賢くなれるのは昨日にたいしてだけで、今日と明日にたいしては、永遠に無知である、馬鹿である 」

開高さん、仰るとおりです、はい。


SONY Cyber-shot RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2015-12-16 19:57 | in my life

白谷沢・初冬

b0255992_21212154.jpg
麓の集落ではまだ見頃だった紅葉だけど、小一時間も山道を登るとすっかり初冬の佇まいに変わった。九十九折の急登に、思わずへたり込んだ渓のほとり。
流れ溜まりに浮いたり沈んだり、思い思いに集まったモミジの葉が冬を呼んでる。


Nikon Df
SP AF 28-75mm f/2.8XR Di LD Aspherical [IF] Macro [TAMRON]

by windy1957 | 2015-12-15 22:05 | mountaineering

A historia acima mencionada

b0255992_19394996.jpg
Chapter 1
こう見えてもいろいろ諸事を抱え込んでますんで、時には 「山に逃げよう」 なーんてこともあるんです。といっても、奥多摩とか奥武蔵あたりのせいぜい1000m足らずの山域がメイン。このエリア特有のスギ、ヒノキの鬱蒼とした急登は結構キツくって、ヨロヨロ喘ぎながらてっぺんを目指す。挫折した羅臼岳、へたり込んだ白神岳もこんなにキツかったかなぁって、毎度のように呟きながら。

Chapter 2
「背中が語ってるね」 って、妻がポツリ。
その真意をどう取るかはともかく、てっぺんのテーブルから眼下の山並みを堪能しつつお気に入りのカップラーメン食べて、少なくとも満足の一時だったけどね。汗と一緒に雑念もモヤモヤも心中、体内から蒸散しちゃったもの。そんなふうに背中が言ってると思うけど、如何?
★本来の 「蒸散」 とは、植物の生理において主として葉から水分が水蒸気になって出ていく現象のこと。

Chapter 3
ということで、珠玉の一節を。
Life is what happen to you while you are maiking other plans
「 人生とは 何かを計画している時に起きてしまう 別の出来事のこと 」
深いね、星野さん。


SONY Cyber-shot RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2015-12-10 20:16 | mountaineering