pode ser um romance

<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

遅れ馳せながら 尾瀬 Shot デス

b0255992_20503138.jpg
まずは尾瀬沼山荘をトイモードでパチリ。
遅ればせながら尾瀬散策のレポです。
感動覚めやらぬ至仏山から下山して1週間。噂のワタスゲにズルズルと惹かれ、再び関越自動車道を愛車のJeepで飛ばす。
いつもと同じラジオ深夜便を聴きながらの3時間。マイカーで行き慣れているとはいえ、尾瀬はやっぱり 「遥かな、そして心の尾瀬」 なのです。
本編はあっさりです。
よろしかったら、どうぞ。

More
by windy1957 | 2014-07-22 22:52 | mountaineering | Comments(22)

One Day奥多摩 「想いの森からのひとりごと」

b0255992_12512256.jpg
大きなトチノキの根元で、ふと想う。
今日この森で、木霊や森の精霊たちは果たしてどんなサプライズを用意してくれているだろう。そればかりか、せっかくの梅雨の晴れ間、きっと気分しだいでは雨も降らしてしまうだろうし、かと思えば、気まぐれのようにファンタジックな光芒も見せてくれるだろう。
さてさて楽しみな森歩き。心はいつも謙虚に、森のすべてを感受しよう。
久々の 「One Day奥多摩」 は、三頭山の麓からどうぞ。

More
by windy1957 | 2014-07-18 14:09 | wild plant | Comments(14)

週末はスミレに逢いに2014 「 最終章は Superieur な感じで 」

b0255992_20564797.jpg
3月から始まったスミレ巡り。
長い間、拙い文章と画像にお付き合いいただいて、ほんと有り難いです。
いつものことだけど、達成感もあれば後悔も満足感もある。だけど、自分なりの力量と成果だと思い込めば、このシリーズの幕引きとしてはまずまずって感じだ。

さて、今シーズン、ハントできたスミレたちはハイブリットや変種も含めて48種だった。ま、大体こんなもんでしょ。あとは開花の時期が重複してしまったり、思い切った遠出や覚悟を決めた登山でもしない限り逢えないスミレばかりが残ったことになる。つまり、シーズン中にすべてのスミレに逢うことなんて、ほぼ無理に近い話なのである。ならば、毎年同じ場所で同じスミレに逢うのではなく、場所を変えて種類を稼げば良いではないか、って言われそうだが、そもそもの根底は 「 スミレに逢いに 」 なのだから、むしろ待ち焦がれた 「 再会 」 という意味合いのほうが強いのかも知れない。でも、それって、なんか負け惜しみのようだし言い訳っぽい。

「 週末はスミレに逢いに 」 最終章はちょっと拘って 「 会いに 」 を 「逢いに 」 に替えて、エーデルワイスを皮切り画像に、ちょっとエレガントに Superieur な感じでまとめようかなって。
なんか、相変わらず酔ってるよね、自分に(笑)

では、お待たせしました。

More
by windy1957 | 2014-07-12 22:58 | wild plant | Comments(22)

週末はスミレに会いに2014  「 やっぱ最終章はこの山からでしょ 」

b0255992_2023029.jpg
はい、そうです。
この花豆ジェラートを見ればすべて分かっちゃいますよね。
往復約10kmの山行。最近、ウエイトオーバーな私にとっては、やっぱキツイ。滴り落ちる汗、まとわりつくブユ。この時季、雨に遭わなかっただけでもラッキーだが、蒸し暑いことこの上ない。せめてもの救いは夏鳥の囀りが常にに聞こえていたこと。
すっきり涼風流れる森林限界まではなんとか頑張ろうと黙々と登る。3月から始まったスミレハント。彼のスミレを想って挫折もあったり期待もあったり、それなりに楽しい数ヶ月だったけど、そろそろ幕引きということで、この時季、この山に登った。
ということで、まずは予報から。
一両日中にUPできるようガンバッてますので、もうちょっとお待ちを。
by windy1957 | 2014-07-07 20:53 | wild plant | Comments(12)