pode ser um romance

<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

週末はスミレに会いに 2014 「 Stairway to Heaven 」

b0255992_13592041.jpg
ジミーペイジがあのダブルネックギターで奏でるイントロ。
そうですよね、分かります。状況からして無理もありません。BGMとしてはちょっとミスマッチかも。言いたいこと? つまり、天上の花園に向かう一歩一歩は、私にしてみれば重く長~い、ということなのです。
ファインダーに浮かび上がった麗しのイエロー。恋焦がれたよね、雲間の菫。
スミレハントもいよいよセミファイナル。数こそ少ないけれど、私にとっては充実の一編。
講釈無くして、性格の悪い薀蓄少々。
画像は30枚と、私にしてはちょっと多め。
よろしかったらどうぞ。

More
by windy1957 | 2014-06-24 18:00 | wild plant | Comments(30)

週末はスミレに会いに2014 「上州&信州 Pin Point なスミレハント」

b0255992_2291031.jpg
上州&信州の麗しの森をピンポイントで歩いてきた。
目的はまだまだ懲りずにスミレだけど、さすがにあの山この谷というワケにはいかない。時にはヘロヘロになりながら山道を辿ったけど、やっぱり待っていてくれましたね、可憐で愛しいスミレたちが。
ということで最新レポをどうぞ。
画像は私にしてはちょっと多めの28枚。例によって愚痴ったり、講釈ったりもあるけれど、ま、程々に読み流していただければ、ということで。

More
by windy1957 | 2014-06-17 23:27 | wild plant | Comments(22)

未来 「あす」 への森づくり No12 “ 山仕事閑話 ”

b0255992_2041193.jpg
この時季は、森づくり作業の書き入れ時だ。
枯損木の除去や伐倒、草刈りや下刈りなど人出はいくらでも欲しい。でも、雨には勝てない。所詮、我々の作業は怪我と弁当は自分持ちのボランティアなのだから、危険な作業を強いるワケにはいかない。作業道具として刃物を使う機会が多いのだから、雨で手元が滑ったり、斜面から滑落したり、取り返しのつかない怪我をしてしまっては何にもならない。
昨日からの雨は弱まるどころか本降りになってしまった。
ということで今日の作業は迷わず中止ということに。予定していたレポは先日の作業の合間に撮ったひとコマを並べ、お茶を濁しちゃいますんで。
<画像はヤブヘビイチゴの果実>

More
by windy1957 | 2014-06-08 16:47 | work | Comments(12)

未来 「あす」 への森づくり No12 “ 下刈りの合間でのこぼれ話 ”

b0255992_16362742.jpg
この時期は、アセ、あせ、汗の下刈り作業だけど、辛ければ自分の判断で休息すればいい。所詮、“ 怪我と弁当は自分持ち ” のボランティアなのだから、辛い、苦しいでは長続きはしない。熱中症にならない程度に頑張ろう、というのが我々の合言葉なのだ。
活動範囲は40haにも及ぶ広大な森。どう足掻いたって、20人程度の人力で回りきる作業ではない。森づくりとは、完成を目指すことではなくて、循環、回転、更新の繰り返しなのだから、その作業の進捗が1ヶ月で10坪であり、1年で10haに広がっていく、と考えれば気楽なもの。
ということで、下刈りの合間でのこぼれ話、もうちょっとお待ちください。
by windy1957 | 2014-06-06 17:16 | work

里山逍遥 No17 「水無月の蜻蛉たちに想う」

b0255992_9492768.jpg
週末の町を抜け出して、広い耕地に伸びる農道をしばらく走ると、河畔林の向こうに沈下橋が見え始める。
まとわり付くような川風の匂い、早瀬を逃げる小魚の群れ、川面すれすれに散ってゆくカゲロウたち。
何年振りだろう、陽射しが燦々の河原でトンボたちと過ごす時間なんて…。

More
by windy1957 | 2014-06-02 11:58 | memory of Satoyama | Comments(16)