pode ser um romance

<   2013年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

里山逍遥 memorandumⅤ 「君を待つ時間」

b0255992_128898.jpg
これからの時季、里山は色とりどりの冬鳥たちで賑う。
あの頃は、そんな美しい冬鳥たちの撮影に嵌り、毎週末は日が暮れるまで森の“定番ポイント”でカメラを構えた。

狙いは、ミヤマホオジロ、ベニマシコ、ルリビタキといった冬の里山のスターたちだ。バードウォッチャーからは死角になるそのポイントでは、一日中自分のペースで誰にも邪魔されずに過ごせるのも嬉しかった。が、必ずしも撮影は満足する時ばかりではなかった。
山間の小さな陽だまりに陣取り、ただひたすら彼らを待つのだが、シャッターチャンスはそう簡単には訪れない。吹き荒ぶ北風の中、ただ待つだけの時間。まったくあてが外れてしまい、1度もシャッターを切らずにトボトボ帰る日もあった。

この日は予報に反して小春日和になった。
まだ霜の残る畦道から山道を辿り、いつものポイントにカメラを据える。テルモスの温かいコーヒーを飲み始めて間もなく「チッ チッ」っと微かに地鳴きが聞こえた。
「来た!?」
その途端、背後を素早く鳥影が横切る。
狙い通りの小枝に姿を現したのはアオジだった。
オリーブグリーンの肢体は微かに震え、ほんの数メートル先の私に気付く気配もないのだが、数枚シャッターを切ると、パタパタっと羽音とともに飛び去ってしまった。

場所が場所だけに、そのポイントは昼下がりにはすっぽりと日陰になってしまう。すっかり冷や飯になった弁当を食べながら、いつものように「君を待つ時間」と題した記録ノートを執る。
時刻は15時過ぎ。
時折、上空を猛禽類が風に乗って横切っていく。日が陰ってから、急に風向きも変わったようで少し冷え込んできた。
この日は、それっきり彼らが現れることはなかった。
by windy1957 | 2013-11-29 12:46 | memory of Satoyama

里山逍遥 memorandumⅣ 「落ち葉のコンチェルト」

b0255992_12304075.jpg
足元には 「たった今落ちました…」 と言わんばかりにイタヤカエデが西陽に透けていた。

樹木にとって葉を落とすということ。
それは、厳しい冬を凌ぐための手段であり、春からの躍動のために備える掛けがえのない生理でもあるのだ。
落とされた葉っぱは、少しずつ時間をかけて土に還り、樹木が生きてゆくための養分となって再び樹体に取り込まれる。樹木(植物)は、私たちのように食を頼って生きる消費者とは違って、自ら養分を生成し、自らを切り削ぎながら成長し、生きてゆく生産者なのだ。
と、まさかそんな理屈を頭に置きながらこのイタヤカエデを撮ったワケではなくて、何故か、アルバート・ハモンドの「落ち葉のコンチェルト」を鼻歌交じりでファインダーを覗き、この被写体と向き合っていた、ということ。
たとえば、こんな感じで。
   
   You turned me on
   so bad that there was only
   one ahing on my mind
   an overnight affair
   was needed at the time



さて、里山逍遥 memorandum も4回目。
HPの頃からお付き合いしていただいている方はすでにお気付きでしょうね。そう、UPしている画像は基本的にリバイバルです。が、まつわるキャプションはすべてリニューアルです。要するに昔の画像を引っ張り出して、再び想いを吹き込んで… っていうことかな。
by windy1957 | 2013-11-27 13:38 | memory of Satoyama

外秩父山系・丸山 (960m) 逍遥 o(^▽^)oキャハ

b0255992_1654415.jpg
★ミズナラ、イヌシデ、コアジサイを主体とした黄葉の森。

外秩父山系でも、個人的に数多く登る山といえば丸山(960m)だろう。
春の各種スミレに始まり、夏と冬は渡り鳥ウォッチング、そして秋は黄葉の森という感じで、軽登山ながらオールシーズンのフィールドワークがしっかり楽しめる。
今秋も密かに期待していた彩りを求めて登ってみたが、残念ながら黄葉(紅葉)はもう終盤だった。やや意気消沈気味に周辺を彷徨ったが、それでも思いがけないトキメキってあるものだ。
ということで丸山逍遥。画像はざっと20点ほど。よろしかったらどうぞ。

More
by windy1957 | 2013-11-22 13:56 | mountaineering | Comments(10)

One Day 奥多摩 in秋色 (☆。☆) キラーン!!

b0255992_1063862.jpg
晩夏の奥多摩に続き、秋色の奥多摩を楽しんだ。
多摩川沿いの色付く小道を散策したり、愛車Wrangrerを駆って日原林道の奥地まで詰めたが、11月も中旬、さすがに山間の紅葉はややピークを過ぎた感じだ。

今シーズンのフィールドワークは、スミレの観察から始まり、意欲満々で山行計画もたてたが、夏場から予期せぬ持病が再発し、消化不良のまま迎えた秋。
これから来春にかけてのフィールドワークは森での作業が中心になってくる。私は雪山はやらないので、山登りはこの時季の紅葉登山でほぼ終了。
ということで、カエデ類の観察も含めて錦秋煌びやかな山登りの計画も無くは無かったが、ちょっとした手違いもあって、あえなく予定変更。晩夏以来の奥多摩散策と相成ったワケである。
以下、サラサラっと書きあげたレポだけど、よろしかったらどうぞ。


More
by windy1957 | 2013-11-16 21:15 | in my life | Comments(20)

想いはグラスのふちを回る No6 Dedicated

b0255992_20361880.jpg
気が付けば。山歩きも里山散歩もほとんどやってません。
森づくりはそこそこガンバッてますが、最近の作業はやや玄人的な匂いもあって、ブログネタとしてはちょっとね…。なので、もう少し垢抜けた、それでいて夢のあるネタが出てきたらまたじっくり書きますんで。
そんなワケで、週末は森づくり以外はあまり遊びに出なかったので、いくつか読んだ本もあります、久しぶりに古いJazzなんかも聴いてます、評判の美味いラーメン屋にも行きました。

想いはグラスのふちを回ります、グルグルと、ユラユラと。
そして、つらつらとそんな想いを辿ってみると、ポロポロと、キラキラとこぼれ落ちてくる言葉たちがあるのです。
ほら、だんだん乗ってきましたね。
ということで4編の珠玉の想い、篤と読んでみてください(笑)

More
by windy1957 | 2013-11-10 20:59 | in my life | Comments(10)

未来「あす」への森づくり No8 ★道具の使い方★

b0255992_16361448.jpg
「鎌は主の首も取る」
森づくり、とひとことで言ってもその取り組みや方法は実に様々だ。しかし、森に関わる作業となれば何らかの形で共通し、関わりを持っている、いや、無くてはならない必需品が「道具」である。
その道具について、今回は森づくりの三種の神器である、鎌(カマ)について、ちょっと。

森づくりに登場する主な鎌は、草刈鎌、下刈鎌、鉈鎌、地こしらえ鎌などであるが、一般的なのは草刈鎌と下刈鎌である。
画像は作業前に下刈鎌を砥いでいるところだが、まず知っていただきたいのは、道具の手入れは作業効率の悪し良しを端的に顕してしまうということ。これは鉈でも刈払機でもチェーンソーでも同じことだ。

さて、その道具の使い方だが、総じて言えることは道具の使い方、扱い方にはみんな意味があるということ。鎌について言えば、刃の払い方、振り方、角度、というように草や小枝がいちばん良く刈り払えるコツというものがある。先人たちはそのコツを良く知っていて、絶妙のタイミングで作業に強弱をつけ、作業の進捗を見極めながら鎌の刃を砥ぐのである。

道具は、使い方を知らずに野手をすれば、たちまち凶器にもなってしまう。私にもそんな経験が二度、三度とある。あと一歩のところで腕を落としてしまいそうになったり、首を切ってしまいそうになったこともあった。
「鎌は主の首も取る」 とは、森づくりの指導者から厳しく教えられた戒めの言葉である。道具に罪があろうはずもない。すべては使い手の技量が道具の機能を左右する。力を入れればそのとおりに、力を抜けば、無茶をすれば、野手をすれば、そのとおりに忠実に道具は働く。
ついでに言えば、森づくりとは道具の使い方如何によっては、一歩間違えば命取りにさえなりかねない作業ともいえるのだ。
by windy1957 | 2013-11-07 17:24 | work

未来 「あす」 への森づくり No7 ★森の動植物調査★

b0255992_1319253.jpg
それも、未来「あす」への森づくり…。

カッコつけて言えば、木を伐る、間引く、草を刈る、枝を打つ… それだけが森づくりではない。
そこにどんな生命が息づき、どんな生活が育まれているかじっくりと対峙し理解すること、それも森づくりに繋がる大切な作法である。いくら森づくりとはいえ、動植物の生活環に入らせていただき騒ぎ立てる訳だから、当然、彼らへの気配りも必要であり、なによりも動植物と私たち、そして 「森との共生」 ということをしっかり理解すべきなのである。

そこは、首都圏近郊の森。
私たちが小さいころから慣れ親しんできた小さな生命たちにとって、今まさに聖地になりつつある森だ。
森づくりには様々な形態、手段があるが、残念ながら里山を愛し、森を愛する人たちすべてが Messiah であるとは限らない。森の生態系は、ほんの些細なインパクトでさえ崩れ、歪んでしまう繊細なバリアで覆われている。

私たちのやってきたことなんて、本当に地道だし、微力だし、拙策かも知れない。
だけど、こうやって毎回集まる仲間がいる。そして、調査と称して今日も同じように、ひとつ、ふたつと鳥を数え、虫や花の記録をとる。
きっとみんな心に秘めている。そんな作業の繰り返しだけど、それも未来「あす」への森づくりなのだから… と。
by windy1957 | 2013-11-05 14:04 | work