pode ser um romance

カテゴリ:in my life( 114 )

駅ビルのカフェで。

b0255992_13185011.jpg

あまり会話も無いけれど、とりあえず二人でカウンターに。
「美味いね」
「ほんと、美味しい」
ほんのひとこと、ふたことだけど、ふたりの時間。
バケットサンドの予想以上の味に舌鼓。


DSC-RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2017-05-02 13:27 | in my life | Comments(0)

adeus abril

b0255992_1143502.jpg

あれも、これも…
あの渓も、この森も…
4月はあっという間に過ぎてしまい、相変わらず、振り返る間もなく violetas たちを追っかけてる。
どこかの山裾で、そして杣道で、こんな姿を見掛けたら声を掛けてください。たぶん、私ですから…


DSC-RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2017-04-28 11:56 | in my life | Comments(0)

彼の渓

b0255992_9482877.jpg

カメラと三脚抱えて彼の渓へ。
やっぱり落ち着くね、ここは。


DSC-RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2017-03-29 10:04 | in my life | Comments(0)

フワフワ・WOW WOW

b0255992_15293257.jpg

ナズナ、オオイヌノフグリ、タネツケバナ、ヒメオドリコソウ… 春霞の耕地を歩いて出会った花たち。
花粉症の特効薬が効いてきて、ファインダーの中はなんとなくボンヤリ。オート任せに撮った一枚だけど、これがなかなか気に入っている。
遠くで学校のチャイムが鳴っている。どっぷりと、長閑な昼下がり。BGMは石川セリ。そう、そういうことなんです。


Canon EOS 5D MarkⅡ
SP AF90mm f/2.8 Di Macro TAMRON

by windy1957 | 2017-03-22 15:47 | in my life | Comments(2)

白黒の心

b0255992_1351696.jpg

6月にちょっとした検定がある。
今日はそのためのガイダンス。はじめての駅、はじめてのホームで電車を待つ。心情は白か黒だけど、本当は中間をとってグレーって感じかな…
by windy1957 | 2017-03-16 13:16 | in my life | Comments(0)

desejo o melhor 翼君…

b0255992_9311436.jpg

不覚にも、ほろっとしてしまった。22年間、思いを綴ったメッセージ。
野球、学生生活、アルバイト… 特に反抗期もなかったけど、手は掛かったかな。
そして、いっぱいの思い出。

居なくなって気付くことって、あるんだね。


DSC-RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2017-03-14 09:45 | in my life | Comments(0)

新宿の片隅で

b0255992_16113191.jpg

久々の都会は、やっぱり疲れる。
カメラのメンテも終わり、摩天楼の街はしっぽり暮れて気の向くまま地下街へ。呑みたいなぁって思ってると、タイミングよくこんな店があったりする。
まずはビール。で、看板娘さんのオススメどおり串揚げでやおら呑む。
凝りませんね、今夜も終電コースかな…


DSC-RX 100Ⅱ

by windy1957 | 2017-03-08 16:30 | in my life | Comments(0)

historia de prisma

b0255992_10573283.jpg

ロマンスは星めぐり。
こんなビルの谷間で、懐かしい君にばったりだなんてね。


DSC-RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2017-02-15 11:05 | in my life | Comments(0)

no28° andar de preto e branco

b0255992_9321579.jpg

無機質ということで、モノクロ?
ではなくて、憂いを呑み込んでくれるこの視野は、あえてモノクロ。
イメージセンサーのクリーニングを待つ間、28階の窓から、ふとそんなことを。

ありがとう、とっても素敵な写真展でした。


DSC-RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2017-02-14 09:50 | in my life | Comments(0)

読書の時間

b0255992_9193610.jpg

「語彙が貧弱だよ、本を読まないと頭が空っぽになっちゃうよ」
そんなことを猪瀬さんに言われてハッとした。小説、学術書、月刊誌、手当たりしだいに読み漁っていたあの頃から比べれば、最近はほとんど本を読んでいない。そうでなくとも近頃は物事を頭で考えなくなってきている。これはある意味、日々の生活の中に少しずつ侵略し始めた 「老化」 なのかも知れない。
そんな折、出会った一冊がこれ。
夕立のあとに蒸気沸き立つ田畑の風景や、蝉しぐれの屋敷林、裏山に続く草いきれの農道など… 里山の情景の中に織り込まれた主人公の生き様がリアルに映し出されている。読みながら、何度か 「いいなぁ…」 って呟いている。決して本書を推薦しているワケでもなく、書評を書いてるつもりもないということは誤解の無きように。ただ、あえて感想を言わせていただくと、最近、ちょっと心が潤っているような気がするけどね…。


DSC-RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2017-01-31 10:06 | in my life | Comments(2)