pode ser um romance

カテゴリ:in my life( 107 )

historia de prisma

b0255992_10573283.jpg

ロマンスは星めぐり。
こんなビルの谷間で、懐かしい君にばったりだなんてね。


DSC-RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2017-02-15 11:05 | in my life | Comments(0)

no28° andar de preto e branco

b0255992_9321579.jpg

無機質ということで、モノクロ?
ではなくて、憂いを呑み込んでくれるこの視野は、あえてモノクロ。
イメージセンサーのクリーニングを待つ間、28階の窓から、ふとそんなことを。

ありがとう、とっても素敵な写真展でした。


DSC-RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2017-02-14 09:50 | in my life | Comments(0)

読書の時間

b0255992_9193610.jpg

「語彙が貧弱だよ、本を読まないと頭が空っぽになっちゃうよ」
そんなことを猪瀬さんに言われてハッとした。小説、学術書、月刊誌、手当たりしだいに読み漁っていたあの頃から比べれば、最近はほとんど本を読んでいない。そうでなくとも近頃は物事を頭で考えなくなってきている。これはある意味、日々の生活の中に少しずつ侵略し始めた 「老化」 なのかも知れない。
そんな折、出会った一冊がこれ。
夕立のあとに蒸気沸き立つ田畑の風景や、蝉しぐれの屋敷林、裏山に続く草いきれの農道など… 里山の情景の中に織り込まれた主人公の生き様がリアルに映し出されている。読みながら、何度か 「いいなぁ…」 って呟いている。決して本書を推薦しているワケでもなく、書評を書いてるつもりもないということは誤解の無きように。ただ、あえて感想を言わせていただくと、最近、ちょっと心が潤っているような気がするけどね…。


DSC-RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2017-01-31 10:06 | in my life | Comments(2)

E beber esta noite…

b0255992_1014875.jpg

調査データの打ち込みもひと段落したので、久々の EZRA BROOKS で一杯。
それにしても、奥ゆかしい人でした… 呑めば辿る想いもいっぱいあって、行きつくところは 「恋」

ところで 「奥ゆかしい」 の意味、知ってました?
控えめな態度で、従順なこと、だと思ってたら、「奥ゆかしい」 とは 「奥行くし」 であり、 「行くし」 とは知りたい、という意味とのこと。故に 「奥ゆかしい 」とは、心根を知りたい、その先を知りたい、深い心づかいに惹かれる… そんなことを意味するらしいのです。大和言葉って、なんて雅で美しく、奥が深いんでしょうね。
グラスのカエルが揺れる、揺れる… ほろ酔いにまかせて、ほんの薀蓄でした(笑)


DSC-RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2017-01-13 10:43 | in my life | Comments(0)

em 1976, sentimento

b0255992_11203757.jpg

もう、40年前になるんだね。
「エリックの青春」 今さらだけど…


Nikon D200
17-70mm F2.8-4 DC Macro SIGMA

by windy1957 | 2016-11-21 11:26 | in my life | Comments(0)

ほんと、カッコ いい。

b0255992_19535468.jpg

でもね、気持ちは分かるけど、少しでも近づけます?
修練と、意地と、根気でしょ。
ね、Mさん、そういうこと。


Nikon Df
AF-S VR Zoom ED 70-200mm f/2.8G (IF)

by windy1957 | 2016-11-14 20:03 | in my life | Comments(2)

pensamentos sobre a floresta de faias

b0255992_9105180.jpg

いいね、ほんと。
こうしてブナの樹肌に触れていると、木霊の囁きさえ聞こえてきそう。


DSC-RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2016-11-09 09:20 | in my life | Comments(2)

ご満悦でしょ。

b0255992_930573.jpg

予報どおり天気は今ひとつだったけど、連れ合いとは今シーズン二度目の高尾山。普段の運動不足が祟ってか、緩い登山道でさえ息切れしては立ち止まり、恨めしいやら、照れ笑いやら、そんな面立ちで私を見てる。
やっとの思いで辿り着いた薬王院。祈願を済ませ、お札を買う頃にはポツリポツリと雨が。 「もう、歩けない」 と泣きつかれる前にケーブルで下ろうと切り出す。麓に着いた頃には雨も本降りになって、山の半分が雨雲で隠れている。
登り始める時の約束だった蕎麦屋の暖簾をくぐり、いちばん隅のテーブルでホッとひと息入れる。「冷えたからね、食べるなら天ぷら蕎麦。それも温かいヤツ」 ということで即決。で、ご覧のとおり。お疲れさん、ご満悦でしょ?連れ合いは、何も言わず笑っていた。


DSC-RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2016-10-31 10:13 | in my life | Comments(0)

川辺のアルバム revisitado Ⅱ

b0255992_13435155.jpg

光と影のストーリー。
それは、日向と日陰のモザイクのような風景で、ちょっと眩しくもあって。
遥かに遠く、時としておぼろげだけど、確かに早瀬と秋の陽はサラサラと流れ、そして淡く降り注いで。


Canon EOS 5D MarkⅡ
SP AF90mm f/2.8 Di Macro TAMRON

by windy1957 | 2016-10-24 13:55 | in my life | Comments(0)

川辺のアルバム revisitado Ⅰ

b0255992_20301390.jpg

それぞれの想いがあるように…
「川辺のアルバム」 そのタイトルに、そんな想いを込めて。


Canon EOS 5D MarkⅡ
EF 70-200mm f/2.8L USM

by windy1957 | 2016-10-11 20:51 | in my life | Comments(0)