pode ser um romance

カテゴリ:in my life( 114 )

想いはグラスのふちを回る No6 Dedicated

b0255992_20361880.jpg
気が付けば。山歩きも里山散歩もほとんどやってません。
森づくりはそこそこガンバッてますが、最近の作業はやや玄人的な匂いもあって、ブログネタとしてはちょっとね…。なので、もう少し垢抜けた、それでいて夢のあるネタが出てきたらまたじっくり書きますんで。
そんなワケで、週末は森づくり以外はあまり遊びに出なかったので、いくつか読んだ本もあります、久しぶりに古いJazzなんかも聴いてます、評判の美味いラーメン屋にも行きました。

想いはグラスのふちを回ります、グルグルと、ユラユラと。
そして、つらつらとそんな想いを辿ってみると、ポロポロと、キラキラとこぼれ落ちてくる言葉たちがあるのです。
ほら、だんだん乗ってきましたね。
ということで4編の珠玉の想い、篤と読んでみてください(笑)

More
by windy1957 | 2013-11-10 20:59 | in my life | Comments(10)

湘南 September (*゚.゚(゚.゚*)ピトッ♪

b0255992_1310524.jpg
「湘南」という言葉には、なんとなく甘酸っぱいような、洒落っぽいような、センチメンタルだったり、ちょっと甘く危険な香りだったり、大人になっても、ふとそんな想いに駆られてしまう不思議な響きがある。
「連休は海でも見に行かない?」 ということで、妻を誘い目的もスケジュールもなく、電車に揺られて2時間ちょっと。
「車窓から海が見え始めたら降りようか」 って感じで。
たまにはいいよね、こんな時間も。

More
by windy1957 | 2013-09-23 16:00 | in my life | Comments(8)

想いはグラスのふちを回る No5

b0255992_21571043.jpg
Blogネタの救世主、久々の 「想いはグラスの…」 の登場です。
ここしばらく山にも行ってないし、里山歩きもできなくて、森づくりもちょっとご無沙汰だし… 
拙いBlogでも、せっかく訪ねていただくのですから、当たり外れはともかく、苦肉の策で懐からネタを引っ張り出しましょう。
ところで 「想いはグラスのふちを回る」 って、「?」 と思ってる方、居ません? 白状しますと、私の大好きな無頼派作家 開高 健 の 「地球はグラスのふちを回る」 のパクリなのでした。やっぱり… っていう声が聞こえてきそうですが、堪忍してくださいな。浅学菲才な私には、とてもこんな小洒落たタイトルは思い付きません。ということで、 “すっかりコピー” はさすがに気が引けたので、多少モジってみたりして、酒飲みの戯言にしては我ながら的を得たタイトル 「想いはグラスの…」 と相成ったワケなのです。
さて、今回はNo5。早速、ポチッと開いてみてください。ま、そんなに期待させるものでもないですけどね。

More
by windy1957 | 2013-09-11 00:30 | in my life | Comments(16)

霧ヶ峰/花逍遥 -後編- ┌|-_☆|┘キラーン

b0255992_21263342.jpg
霧ヶ峰の花逍遥も遅れ馳せながらの後編。
画像の良し悪しを別にすれば、本当は紹介したい花々もいっぱいある。だけど、白飛びした白い花びらや、炎天下でベタベタに潰れてしまった黄色い花びらの画像を並べるのはどうにも忍びない。
ということでトップはアサギマダラ。
久々にたくさんのアサギマダラに会えて、ちょっと興奮です。

More
by windy1957 | 2013-08-17 23:10 | in my life | Comments(14)

ふらっと霧ヶ峰で花逍遥 -前編- (-_☆)キラーン

b0255992_22254653.jpg
「二人とも休みだし、何処か涼みに行かない?」
ということで、まず思い浮かんだのが霧ヶ峰。
それほど歩くこともなく、しかもそれなりに夏の花々が楽しめるということで、思うままに歩き難い今の私にとっては有り難いフィールドだ。
出会えた花々は中信越の高原帯あたりではお馴染みのものばかりだが、それでもわざわざ出向かなければ想いは叶わない。画像の出来栄えはともかくとして、今回は記録として収めた多くの花々たちの一部を前編、後編に分けて紹介したい。

More
by windy1957 | 2013-08-11 23:46 | in my life | Comments(12)

One Day 奥多摩 (☆Д☆)キラリーン♪

b0255992_22344862.jpg
思い立って奥多摩の渓谷を歩いた。
そこは、初めて訪ねる海沢渓谷。
端境期とあって、晩夏の花が数輪見られる程度だが、渓谷特有の匂いと光、空気感はやっぱり歩いてみて伝わるもの。
山間の小洒落たCafeでのひと時も、奥多摩ぽくっていい感じ。

More
by windy1957 | 2013-08-05 23:37 | in my life | Comments(18)

小説家と結ばれる方法 How to marry the novelist

b0255992_21573699.jpg
Jenny won't you come along with me
耳たぶより白い 月の下のランデブー
描写はロマンチック
その男はサウスポー 君にささやくのさ
"Jenny don't you wanna marry me"

自然な出会いのあと 食事を楽しんで
粋なあらすじと 華麗な恋の時間
モデルと小説家は親密になるものさ



トホホ 持病が悪化しちゃってフィールドワークができません
なので あれやこれや講釈めいたレポが書けず 久々にイメージ系
小説はとっても長いLove letter 
物語のモデルが小説家と結ばれるっていう話でした

words by Masamichi Sugi

by windy1957 | 2013-07-17 22:19 | in my life | Comments(4)

想いはグラスのふちを回る No4

b0255992_21195223.jpg
ちょっと大きめのロックアイスがほどよく溶けて、カラン、コロンと。
今宵も想いはグラスのふちを、ゆるりゆるりと回るのです。
白状すれば、スミレや春の花々をUPするにはちょっとネタが揃わなくってね。ということで、趣を変えてあれやこれや書きますんで、よろしかったらどうぞ。

More
by windy1957 | 2013-03-25 22:30 | in my life | Comments(33)

想いはグラスのふちを回る No3

b0255992_963293.jpg
森に分け入って作業したり、そんな合間に冬鳥と目が合ってしまって 「再会」 を実感したり、まったりとそれなりの冬の里山を楽しんでる。
もうすぐ訪れるであろうスミレの季節。彼の地に想いを馳せ、今夜もとっておきの一杯をちびちびと。
ということで、第3弾。
飲みながらにはうってつけの一冊とBGM。
そんなこんなを綴りながら、想いはグラスのふちを回るのです。
単なる駄弁りだけど、よろしかったらお付き合いくださいませ。

琥珀色の誘惑転じて、今宵は限りなく透明な誘惑で…

More
by windy1957 | 2013-01-29 13:02 | in my life | Comments(8)

八ヶ岳山麓 Driving Day (*'-'*)エヘヘ

b0255992_21315010.jpg
愛車を駆って、妻と出掛けた八ヶ岳山麓。
「来てよかったかも…」
でしょ。

ということで、ちょっとしたDriveレポですが、よろしかったらどうぞ。

More
by windy1957 | 2012-11-07 22:31 | in my life | Comments(12)