pode ser um romance

カテゴリ:wild plant( 69 )

週末はスミレに逢いに2014 「 最終章は Superieur な感じで 」

b0255992_20564797.jpg
3月から始まったスミレ巡り。
長い間、拙い文章と画像にお付き合いいただいて、ほんと有り難いです。
いつものことだけど、達成感もあれば後悔も満足感もある。だけど、自分なりの力量と成果だと思い込めば、このシリーズの幕引きとしてはまずまずって感じだ。

さて、今シーズン、ハントできたスミレたちはハイブリットや変種も含めて48種だった。ま、大体こんなもんでしょ。あとは開花の時期が重複してしまったり、思い切った遠出や覚悟を決めた登山でもしない限り逢えないスミレばかりが残ったことになる。つまり、シーズン中にすべてのスミレに逢うことなんて、ほぼ無理に近い話なのである。ならば、毎年同じ場所で同じスミレに逢うのではなく、場所を変えて種類を稼げば良いではないか、って言われそうだが、そもそもの根底は 「 スミレに逢いに 」 なのだから、むしろ待ち焦がれた 「 再会 」 という意味合いのほうが強いのかも知れない。でも、それって、なんか負け惜しみのようだし言い訳っぽい。

「 週末はスミレに逢いに 」 最終章はちょっと拘って 「 会いに 」 を 「逢いに 」 に替えて、エーデルワイスを皮切り画像に、ちょっとエレガントに Superieur な感じでまとめようかなって。
なんか、相変わらず酔ってるよね、自分に(笑)

では、お待たせしました。

More
by windy1957 | 2014-07-12 22:58 | wild plant | Comments(22)

週末はスミレに会いに2014  「 やっぱ最終章はこの山からでしょ 」

b0255992_2023029.jpg
はい、そうです。
この花豆ジェラートを見ればすべて分かっちゃいますよね。
往復約10kmの山行。最近、ウエイトオーバーな私にとっては、やっぱキツイ。滴り落ちる汗、まとわりつくブユ。この時季、雨に遭わなかっただけでもラッキーだが、蒸し暑いことこの上ない。せめてもの救いは夏鳥の囀りが常にに聞こえていたこと。
すっきり涼風流れる森林限界まではなんとか頑張ろうと黙々と登る。3月から始まったスミレハント。彼のスミレを想って挫折もあったり期待もあったり、それなりに楽しい数ヶ月だったけど、そろそろ幕引きということで、この時季、この山に登った。
ということで、まずは予報から。
一両日中にUPできるようガンバッてますので、もうちょっとお待ちを。
by windy1957 | 2014-07-07 20:53 | wild plant | Comments(12)

週末はスミレに会いに 2014 「 Stairway to Heaven 」

b0255992_13592041.jpg
ジミーペイジがあのダブルネックギターで奏でるイントロ。
そうですよね、分かります。状況からして無理もありません。BGMとしてはちょっとミスマッチかも。言いたいこと? つまり、天上の花園に向かう一歩一歩は、私にしてみれば重く長~い、ということなのです。
ファインダーに浮かび上がった麗しのイエロー。恋焦がれたよね、雲間の菫。
スミレハントもいよいよセミファイナル。数こそ少ないけれど、私にとっては充実の一編。
講釈無くして、性格の悪い薀蓄少々。
画像は30枚と、私にしてはちょっと多め。
よろしかったらどうぞ。

More
by windy1957 | 2014-06-24 18:00 | wild plant | Comments(30)

週末はスミレに会いに2014 「上州&信州 Pin Point なスミレハント」

b0255992_2291031.jpg
上州&信州の麗しの森をピンポイントで歩いてきた。
目的はまだまだ懲りずにスミレだけど、さすがにあの山この谷というワケにはいかない。時にはヘロヘロになりながら山道を辿ったけど、やっぱり待っていてくれましたね、可憐で愛しいスミレたちが。
ということで最新レポをどうぞ。
画像は私にしてはちょっと多めの28枚。例によって愚痴ったり、講釈ったりもあるけれど、ま、程々に読み流していただければ、ということで。

More
by windy1957 | 2014-06-17 23:27 | wild plant | Comments(22)

週末はスミレに会いに2014 「 最終章一歩手前の足掻きデス 」

b0255992_12215335.jpg
今年もはるばると行って来ましたよ、ご覧の湖を見下ろすあの山域へ。
なだらかな山容に、湖の周囲の緑がどことなく牧歌的な雰囲気。この感じ、どこだったっけ?って思い巡らしていたら、 「ネッシーが棲んでるあの湖に似てる!」 とは、誰かさんのタイムリーな台詞。
里山では、もうとっくにスミレは終わって田植えも終盤戦。マツ林では、もうハルゼミも鳴きはじめてるんです。気が付けば、木々の花も、道端の花々も、初夏から夏モードに切り替わろうとしている。
だけど、まだまだ追っかけてます。あえて珍しいものや、拘りのハイブリットが見たくないワケでもないけれど、毎年この時季の約束だからね、っていうことで。一汗かいて山道を登ると、背筋をピンとたてた健気な花姿で待っていてくれた。そんな再会、やっぱりジーンンとくるよね。
今回も講釈あり、脱線ありでまとめてみました。
では、篤とご覧ください。

More
by windy1957 | 2014-05-26 16:12 | wild plant | Comments(18)

週末はスミレに会いに 「 性懲りも無く、もう少し続きます 」

b0255992_2234791.jpg
今年もはるばる天上の湖へ。
碧い水面を吹き渡る風はむしろ肌寒いくらい。シラカンバやダケカンバはやっと芽吹きが始まったところだ。
里山のスミレはもうとっくに終わってしまったけれど、ここまで来ればまだまだ旬なスミレに会える。例によって別段珍しいスミレたちではないけれど、まずは再会を果たすことが私のスタンスなので。
ということで、今回の顔ぶれはこんな感じ、といいたいところだが、カウントダウンでもう少しお待ちください。
by windy1957 | 2014-05-25 23:03 | wild plant

週末はスミレに会いに 2014 「奥多摩&上州の山からお届けデス」

b0255992_18452659.jpg


鷹ノ巣山や雲取山を眺めながらひたすら急登を辿った。
登山が目的ではないので、花が無ければ頂を目指すことには拘らない。が、しかし、先日の蕨山の惨敗が幻影となってチラつくものだから、今回は自らのけじめとして1500m弱の頂を恨めしくも目指したのだった。
5月初旬、この山域でも標高1000mを超えたあたりでは木々は芽吹いたばかり。この空気感というか、新緑の息吹が実にいい。
今回はちょっとした手違いで登り始めたのは北斜面。予想どおりスミレはほとんど見当たらなくって、ただひたすら心細い山道を辿る羽目に。

ということで奥多摩と上州、行きつけの山々からのレポです。
特に珍しいスミレたちを紹介するまでもなく、約束どおりの再会が本来の目的なので多分に自己満足&自己陶酔型の仕上がりになってますけど、よろしかったらどうぞ。



More
by windy1957 | 2014-05-12 00:01 | wild plant | Comments(10)

週末はスミレに会いに 2014 「 麗しの山里・中之条WS編 」

b0255992_13362943.jpg
スミレのシーズンともなれば月に2、3度は訪ねてしまう上州エリア。
中でも中之条は植物各種のバラエティに富んだ撮影や、太平洋側要素と日本海側要素の境界線上の植物相が興味深く、何度足を運んでも面白い。
今回は個人的なマル秘データは温存することとして、恒例となったWS(今回で6回目)で観察できたスミレたちを紹介しよう。

More
by windy1957 | 2014-05-06 15:42 | wild plant | Comments(22)

週末はスミレに会いに 2014 「奥武蔵&外秩父山麓/スミレ行脚は頂きを目指さず」

b0255992_1531493.jpg
奥武蔵&外秩父山系はまさに山笑う季節。
だけど、今回は完全にヘバってしまった。スミレを見つけては、膝まづいたり、座ってみたり、かと思えばペース配分もへったくれもなく急登をガシガシと行ってしまえばバテるのも当然。それでも登山道沿いに延々と咲き続くマキノスミレに癒されて、やっとここまで登ってきたものの、体力温存が第一。スミレが無ければ引き返す勇気も必要との判断が結果的には正解だった。
なにを大袈裟な。1000m足らずの山域で、そんな大それたことでもないんですけどね。
ま、よろしかったら続きをどうぞ。

More
by windy1957 | 2014-04-30 17:32 | wild plant | Comments(10)

週末はスミレに会いに 2014 「奥武蔵/外秩父山麓・スミレ行脚は頂を目指さず(予報)」

b0255992_23061645.jpg
予報をお届けします。
相変わらず週末はあっちこっち出歩いてます。
その割には成果がいまひとつなんですが、ま、そこはご想像を。画像を整理する時間も儘ならず、明日からはまたせっせと上州まで遠征です。
ともかく予報です。
この画像をご覧いただき、あれこれ想像してください、大方そんなものですから。
撮り貯めた画像、来週は怒涛のUPとなりますようガンバリますので。

【画像 ナガバノアケボノスミレ:外秩父丸山山麓】

by windy1957 | 2014-04-27 23:21 | wild plant | Comments(4)