pode ser um romance

A elegancia da inveja

b0255992_15191850.jpg
気まぐれな冬鳥たち。
ちょっと暇つぶしに出かけて思わぬショットが撮れる時もあれば、木枯らしの中、終日粘っても空振りの時もある。
毎年、大陸からの冬鳥の渡来は当たり外れがあるようで、特に最近ではかつてのような冬鳥のオンパレードのようなシーンには出くわさない。
寒いし、寂しいし、気分はどんどんネガティブに。
微かな地鳴きに耳を傾けながら、残り少なくなったテルモスのコーヒーで暖を取る。
帰ろうか、帰るまいか…
たぶん、今日はもう出て来ないね。


Nikon D300
Ai Nikkor ED 400mm f/3.5S


by windy1957 | 2017-12-07 15:33 | wild bird | Comments(2)
Commented by やまそだち at 2017-12-07 20:24 x
鳥の写真もいつも綺麗に撮られていますね。私も冬は鳥を狙っていますが、なかなか、こんな綺麗には撮れません。
ミヤマホオジロもしばらく見ていません。
Commented by windy1957 at 2017-12-08 08:32
やまそだちさん、ありがとうございます。
野鳥の撮影は、十分な時間と仲間からの情報が頼りですね。
それでも、勘を掴むまではほとんどが徒労に終わります。
レンズは古い単焦点のマニュアルレンズで、昨今のデジカメ
には対応しません。ですからすべて勘で撮ってます。
この写真は、まぐれで撮れた一枚です。