pode ser um romance

ちょっと怖かったです。

b0255992_1132130.jpg

山笑う季節とは、こういう時期のことを言うんだろうね。
5月の空はこれほどまでに青く、浅緑の山肌はどこまでも続く。新潟の山村でスミレを追いかける時間。カメラを抱え、次々と出会う花々に小躍りしながら林道を詰めてゆく。
どこまで歩いてきただろう。気が付けば、人里離れた山中にぽつんとひとり。ここは山菜採りのメッカでだが、毎年、熊の被害が発生しているエリアでもある。 「ガサ!」っと、 笹の葉っぱが揺れた時、ふと、我に返った 。はるか手前で見掛けた 「熊が出没してます!」 のあの看板が脳裏を過り、急に心細くなって林道を振り返る。約束の時間まで妻は迎えに来ないし…

風薫る5月。
麗らかな連休の最終日、ちょっと怖い一幕だった。


DSC-RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2017-05-09 11:34 | in my life | Comments(2)
Commented by meo_7 at 2017-05-09 23:11
ツキノワグマは好奇心が強く、ヒグマより危ない存在だと言いますね。
普通の登山だと熊はやり過ごしてくれるそうだけど、山菜採りなどで、道から外れて林内を歩いたりして、そこが餌場だったりしたら「ちょっとどけや」というわけで、とても怖いですね。
 
札幌の近郊の里山で、熊出没情報が出始めました。
毎年、山菜採りの人が襲われています。
 
心細さ、分かります…。
 
Commented by windy1957 at 2017-05-10 10:40
MIURAさん、こんにちは。
久々に我に返りましたよ。心細くって、ドキドキして。以前、羅臼岳に登った時も同じような心境でした。「ヒグマ
に注意」という立札がとても現実的で、染み入るような怖
い思いをしました。
地元の里山では味わうことのない「感覚」でした。妻に連
絡しようにもスマホは圏外だし。変なものですね、この時
ばかりは、妙に妻が愛おしかったです(笑)