pode ser um romance

舞い降りた鬼女に想う

b0255992_13101858.jpg

これは、白髪を振り乱す鬼女に例えたというキジョランの種子についた綿毛だ。風に運ばれどこから飛んできたものだろうか、極寒の高尾山表参道に点々と舞い降りていた。
アサギマダラが産卵するというキジョランは、冬でも枯れることはない。そのことがアサギマダラの非休眠越冬幼虫にとっては好都合であり、冬でもせっせと葉を食すことができるというワケだ。蝶の生態に興味を持っていた頃、アサギマダラの繁殖を調べるため幾度となく外秩父の山間を歩いたが、結局見つけることはできなかった。高尾山に登れば、普通にキジョランを見つけられると知ったのはその後のことだった。
知識も情報も無く、ただがむしゃらに歩き回って調べることはなんて徒労なことか。高尾山を歩き、キジョランを見掛けるたびにあの頃のそんな想いが甦る。


DSC-RX 100Ⅱ
by windy1957 | 2017-01-18 13:50 | wild plant | Comments(2)
Commented by イナ at 2017-01-23 09:22 x
ただがむしゃらに歩き回って・・・・
それは楽しいことだと思います、ただ効率ばかり追い求め探し当てたものは、
後から考えて何となく空しいものに思えてなりません、
がむしゃらに、しかし結果は出なかった・・・
それはいつまでも心に残るものだと思います。
「奥ゆかし」ですね。
Commented by windy1957 at 2017-01-24 13:48
こんにちは。
いつもありがとううございます。
なるほど、イナさんの仰ることも一理ありますね。ただ、
今と違って、あの頃はこちらでアサギマダラが見られる
なんて、ちょっとニュースでしたからね。謎解きへの挑
戦みたいな気分でキジョランを探してましたよ。