pode ser um romance

週末はスミレに会いに revisitado Ⅴ

b0255992_1855399.jpg
シコクスミレ(V.shikokiana) 2015.Apr.26
Nikon Df
AF-S Micro Nikkor 60mm f/28G ED
b0255992_18555461.jpg
DSC-RX 100Ⅱ
b0255992_1856461.jpg
DSC-RX 100Ⅱ


シリーズ5回目はシコクスミレの登場である。このスミレも会いたかったスミレのひとつだったが、それほど難儀することなく出会いは実現した。東京都下、奥多摩の一角にあるその森は、散策道が整備され夏から秋にかけては家族連れやハイカーで賑わう行楽の場でもある。
温帯林の明るい林床では、地下茎を延ばして増えるシコクスミレの葉っぱで埋め尽くされていた。その割には花数は少なく、白い花弁が枯れ葉に埋もれるように点々と覗いていた。初めての出会いはやっぱりトキメクもので、数時間はシコクスミレと向かい合っていたと思う。ソハヤキ要素という観点から、その分布域も特異なものと思っていたが、奥多摩あたりの山地帯には点々と自生地があるようで、予期せぬ森で出会うこともある。
ナガバノスミレサイシンと似たような環境で見掛けることも多いためか、時折 「オヤ?」 っと首をかしげてしまう個体との出会いもあったりする。「シコクスミレ」 という響きがどことなく印象的で、その風貌も個性的。あえて考え過ぎなのか、それとも撮らされてしまうのか…。 このスミレも未だに気に入った写真が撮れないスミレのひとつだ。
by windy1957 | 2016-12-25 19:07 | wild plant | Comments(6)
Commented by yamabousi-28 at 2016-12-25 20:38
こんばんは、スミレシリーズ春が待ち遠しいですね。
私も種類は多く見ていませんが、スミレだけの写真展を開催します。
お近くなら見ていただきたいところですが。
特徴をちゃんと捉えたカットばかりで、見ているだけでソワソワしてしまいます。
Commented by てばまる at 2016-12-26 10:54 x
1枚目ははシコクスミレですが、2枚目3枚目はアレですね(^-^)

Commented by windy1957 at 2016-12-26 15:59
やまぼうしさん、いつもありがとうございます。スミレだけ
の写真展ですか? それは興味津々、そそられますね。ほん
と、近場なら是非伺いたいところです。
年が明ければスミレの開花まであっという間ですよ。また忙
しくもあり、悩ましい日が始まりますね。来季は思い切って
そちらまで遠征したいところですが…。
Commented by windy1957 at 2016-12-26 16:02
てばまるさん、どうもです。
2枚目、3枚目、お察しのとおりです。むしろ、こちらの種の
ほうが優勢かも知れませんが、それはそれで危惧でもありま
すよね。
Commented by NYANです at 2016-12-26 23:35 x
こんばんわ。ずっと、拝見、拝読しております。

このⅤでは、奥多摩の一角でシコクスミレに(初めて)出逢った時のことを思い出してしまいました。
で、どうにもガマンできなくなりまして、コメントをさせていただきました次第。^^
なかなか見つからないまま、ついに、初めて来た山の中で薄暗くなり始めて・・・。やっと出逢えて嬉しかった!!
でも、「あるところにはある」の例に漏れず、同じ奥多摩でも、たくさん見られる場所もあるのですね。
また、四国の愛媛では、足の踏み場もないように、葉っぱがびっしりなのでした。

皆さま、それぞれの出逢いをもっと拝読したいところです。
Commented by windy1957 at 2016-12-27 11:05
NYANさん、いつもありがとうございます。
やはりシコクスミレの思い出はあるのですね。こんなふうに
スミレとの出会いを綴ってみると、出会いの感動とかトキメ
キみたいなものが沸々と甦ってきますね。
今では馴染のスミレとなったシコクスミレも、当時は羨望の
スミレでした。とっておきのフィールドも、最近ではナガバ
ノシコクスミレに押され、本来の純粋種に元気がないのが気
がかりです。