pode ser um romance

週末はスミレに会いに revisitado Ⅱ

b0255992_963331.jpg
ナエバキスミレ(V.brevistipulata) 2006.3.Jun
Nikon D200
17-70mm f2.8-4 DC Macro [SIGMA]


関東エリアのスミレファンにとって、黄色いスミレは憧れだ。春先からスミレを追いかけはじめ、ひと段落がつく頃になると、奥秩父とか群馬あたりの山から黄色いスミレの便りが届きだす。同じ頃、県境の長いトンネルを抜けた豪雪地帯では、雪解け間もない道端や田んぼの土手は黄色いスミレでびっしり埋め尽くされる。
6月。すでに初夏の装いとなった里山では、遅咲きのスミレが僅かに残るのみだが、山地帯のスミレたちはまだまだ見どころ十分だ。まだ雪の残る天神平。ナエバキスミレが咲くという尾根道には、予想どおり点々と黄色いスミレが風に揺れていた。
ずっと憧れていたこんな光景との出会い。里山のスミレとはちょっと趣の違う立ち姿、紅紫色の茎も図鑑どおりだ。はじめて見るそのスミレに、時間を忘れてシャッターを切った。
by windy1957 | 2016-12-16 10:00 | wild plant | Comments(0)