pode ser um romance

週末はスミレに逢いに DEDICATED Ⅵ

b0255992_12212865.jpg

毎週末というワケにはいかないけれど、今シーズンのスミレハントはそこそこ功を奏してる。
勿論、会いたいスミレを挙げればきりがないが、時期的に、時間的に、金銭的に「どしても今は無理」というのもあって、そういう難物のスミレは退職でもしてからのんびり会いに行ければいいと思ってる。
さて、今シーズンンも6回目のレポを迎えた。10回くらいは書ける、と思っていたけれどやっぱり無理そうだ。せいぜいあと1、2回のレポで締め括りになるだろう。
ということで、今回は上越、上州の里山歩きを中心にまとめました。よろしかったらご覧ください。

                        *******************

PC(機種)によっては、ずいぶんとスミレの色再現(色合い)が違うもんですね。自宅のSONYと職場のEPSONでもかなり雰囲気が違う。元画像をたどれば、カメラメーカーの性能も多少は影響しているようだけど、良くも悪くも、特に青系、紫系の色合いにそれが顕著です。加工はあまり好きではないので、できるだけ画像はダイレクトだけど、前回のフジスミレといい、ご覧のミヤマスミレといい、みなさんのPC画面にはどんなふうに映し出されているんでしょうね。





b0255992_18321547.jpg
上越のこんな里山を気の合った仲間とそぞろ歩いた。オオバキスミレやナガハシスミレにカメラを向けては溜め息ひとつ。それでもやっぱりいいよね、こんな時間って。



b0255992_197431.jpg
まずはスミレから。
スミレっていう名のスミレなので、観察会などでは話が通じない時があったりする。田んぼの畦にはスミレがいっぱい咲いていて、五月雨の里山風景にしっくり溶け込んでいた。本来、スミレは私たちの生活と付かず離れずの植物だったのかも知れない。



b0255992_19173737.jpg
休耕田の一角ではサワオグルマも咲いていた。
一見、何の変哲もない植物に見られがちだが、なかなかどうして、私の住む町では第一級の珍種である。どこの里山でもそう簡単に見られる植物ではないが、今回もごく限られた小範囲の湿地で運よく出会うことができた。



b0255992_20252292.jpg
お目当てのスミレが早速登場した。
関東に住むスミレファンにとって、黄色いスミレには少なからずの思い入れがあるだろう。県境の長いトンネルを抜ければ田んぼの畦ではほとんど雑草に近いオオバキスミレだが、わざわざそんなスミレに逢いに行く、というか、今年もこうして逢いに来てしまった。



b0255992_20395095.jpg
こんな点景、ほんと、いいね。



b0255992_20402135.jpg
位置、向き、露出、レンズを替えていっぱい撮る。文句無しに 「 気に入った 」 という画像はほとんど無いが、それでも満足、マンゾク。



b0255992_20443154.jpg
エンゴサクなのは確かだけど。
ヤマなのか、エゾなのか、はたまたミチノクなのか… やっぱり 「 ヤマ 」 だと思うけど…。



b0255992_2047689.jpg
先月末に新潟の某所で出会ったナガハシスミレだが、今回も密かに出会いを期待していた。うす暗いスギ林の中、こんなシチュエーションもナガハシスミレには似合っていた。これは意外な発見。



b0255992_2051231.jpg
ナガハシスミレって、やっぱり横顔も撮っておかないとね



b0255992_20524950.jpg
ざっとこんな感じでいっぱい咲いていた。



b0255992_20534887.jpg
ところ変わって、美しくノーブルなブナの森からスミレハント。



b0255992_2056210.jpg
今が旬だね。オオタチツボスミレも気持ち良さそうに揃い咲き。



b0255992_20574280.jpg
マントを翻して、エンレイソウもちょっとポーズ。



b0255992_20585493.jpg
約束の場所で、約束どおりミヤマスミレも出迎えてくれた。
この微妙な花弁の色合い。本来はもう少し赤味が強い感じ。



b0255992_2112832.jpg
ミヤマスミレは不思議な魅力がある。山道や登山道で咄嗟に出会ったりすると、とても得をした気分になってしまう。こちらのすましたカットもなかなかでしょ。



b0255992_2171111.jpg
雪解け間もない斜面に咲いていたタチツボスミレ。ほんのりサクラ色の花弁はなんとも色再現が微妙だ。ま、雰囲気だけでも、ということで。



b0255992_2113275.jpg
馴染みのフィールドでは、もうとっくに終わってしまったアオイスミレも今が旬だ。
あれこれいろいろ話しかけてはファインダーを覗く。清々しいブルーの花弁に改めてその美しさを再認識。この時期になっていっぱいいろんなスミレたちと会って、今さらながらのアオイスミレだけど、やっぱりいいね。


<撮影機材>
Nikon Df
Nikkor 60mm2.8G ED Macro
SONY Cyber shot RX100Ⅱ

by windy1957 | 2015-05-11 12:59 | wild plant | Comments(8)
Commented by NYANです at 2015-05-12 23:33 x
改めて見るミヤマスミレ、とてもいいですね。

長いトンネルを抜ける少し手前で、畳で何畳かという群落を見たことがあります。
そうかと思うと、林下にポツンと咲いていたりすることもありますね。
NYANは、岩手県で杉林の下にポツンと咲いていたフイリミヤマスミレに魅入られたことがありました。
いろいろな姿を見せてくれるすみれです。

ナガハシスミレをはじめ、とても魅力的なすみれたちが揃っていて、とても楽しい時間を過ごされたのだろうと羨ましく思います。
一連の自生地の様子が、NYANの故郷である岩手から秋田に抜けるエリアに似ているようです。
(実は、若い頃には余り意識して見ていなかったのですが…)
長いトンネルの向こうと、奥羽山脈付近の様子が、一連の写真を拝見して、本当によく似ていると改めて感じました。

PS:台風(熱帯性低気圧になったようです)がビュービューと音を立てて、通り過ぎようとしています。
Commented by cyu2 at 2015-05-13 13:02 x
またまたうっとりと画面に釘付けになってしまいました。
愛情たっぷりのスミレたち、撮ってもらってしあわせそうです。
翼さんのスミレたちはみんな大きな株が多いですね!
私も最近スミレを見るようになって気づいたのですが、そう簡単には大きな株にはお目にかかれないように思います。
(タチツボ以外)
やはり自然が濃い場所じゃないと無理なんですかね?
私は今年も見たかったスミレ3種類会えずじまいでした。
ミヤマスミレもまだ会った事がありません(*^_^*)
Commented by windy1957 at 2015-05-13 17:40
NYANさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
ミヤマスミレはいいですよね、私も大好きです。ただ、斑入り
タイプのものは未だ逢えずにいるので今後の楽しみです。
今回の観察地、NYANさんの故郷周辺に似てますか?実は私も
初めて訪ねたエリアなのですが、典型的な雪国の里山って感じ
で、しかもオオバキスミレやナガハシスミレが至る所に咲いて
いて、ほんと羨ましい限りです。
スミレ巡りも終盤戦。残すところは高山域のスミレが中心にな
ってきました。来月は信州あたりの少し高い山を歩こうと思っ
てます。
Commented by windy1957 at 2015-05-14 07:26
cyu2さん★
おはようございます。
いつもありがとうございます。
スミレの撮影でいつも気にしているのは、カッコイイ花姿
と株がまとまっていることですが、フィールドではなかな
かそうは簡単にいきませんね。「いい被写体を探し歩く」
というのはいがりさんの教えでもあります。
会えず仕舞いの3種ですか? 私もいっぱいありますよ。
でも、念願のスミレに会えた喜びもありました。
ミヤマスミレ、まだ間に合いますよ。ガンバッテください。
Commented by てばまる at 2015-05-16 00:40 x
ミヤマスミレを初めて見たのは、尾瀬でした。当時はそれほど関心が無かったものですが、最近は尾瀬でミヤマスミレを見るのが楽しみです。というのも花弁の違いなど個体差があるので見ていて面白いです。広範囲に生育しているけどフイリはないですね。僕もフイリミヤマスミレは憧れです。
あとは高嶺の黄色いスミレ、クモマスミレを今年こそはと思ってますが、どうなることやら・・・
久しぶりにシロスミレも見てみたい。
あと、タチスミレもかなり久しぶりに見に行きたいです。
Commented by windy1957 at 2015-05-16 09:19
てばまるさん★
おはようござます。
確かにミヤマスミレは変異が結構あるようですね。花弁の色
合いとか形態とかは自生地によって様々な違いがあるようで
す。何故か、尾瀬ではミヤマスミレとの縁があまりないよう
な気がします。というのも、その時期に尾瀬入りしているの
が少ないからでしょうね。斑入りタイプのミヤマスミレは私
も未見なので、ぜひいつの日か逢いたいものです。
スミレ巡りもラストスパートですね。軍資金次第ですが、6
月は信州あたりを中心に歩きたいです。
Commented by at 2015-05-19 20:52 x
こんばんは。
雪の残る里山、いいですねえ。
しっとりと濡れたスミレたちの可憐なこと。
一番印象に残ったのが、マントを翻すエンレイソウです。
なんて素敵なポーズ。
今にも動き出しそう!
Commented by windy1957 at 2015-05-20 08:29
空さん★
おはようございます。
雪の残る里山、こんなロケーションの中でスミレと出会えた
時間は至福の時でした。なかなか埼玉では捉えられない風景
の連続で、それだけでも長いトンネルを抜けて行った甲斐が
ありました。
マントを翻すエンレイソウ。ぴったりの題名でしょ。ほんと、
ファインダーを覗いている時は今にも動き出しそうな感じで
した。