pode ser um romance

週末はスミレに逢いに2014 「 最終章は Superieur な感じで 」

b0255992_20564797.jpg
3月から始まったスミレ巡り。
長い間、拙い文章と画像にお付き合いいただいて、ほんと有り難いです。
いつものことだけど、達成感もあれば後悔も満足感もある。だけど、自分なりの力量と成果だと思い込めば、このシリーズの幕引きとしてはまずまずって感じだ。

さて、今シーズン、ハントできたスミレたちはハイブリットや変種も含めて48種だった。ま、大体こんなもんでしょ。あとは開花の時期が重複してしまったり、思い切った遠出や覚悟を決めた登山でもしない限り逢えないスミレばかりが残ったことになる。つまり、シーズン中にすべてのスミレに逢うことなんて、ほぼ無理に近い話なのである。ならば、毎年同じ場所で同じスミレに逢うのではなく、場所を変えて種類を稼げば良いではないか、って言われそうだが、そもそもの根底は 「 スミレに逢いに 」 なのだから、むしろ待ち焦がれた 「 再会 」 という意味合いのほうが強いのかも知れない。でも、それって、なんか負け惜しみのようだし言い訳っぽい。

「 週末はスミレに逢いに 」 最終章はちょっと拘って 「 会いに 」 を 「逢いに 」 に替えて、エーデルワイスを皮切り画像に、ちょっとエレガントに Superieur な感じでまとめようかなって。
なんか、相変わらず酔ってるよね、自分に(笑)

では、お待たせしました。




b0255992_21151142.jpg
この時期、毎年この山のこの登山道を登ってるけど、まずはここまでがキツイ。上州の山々を遠目に、久々に雲を見下ろす。


b0255992_211736.jpg
アカフタチツボスミレとの再会にもなんとか間に合った。


b0255992_2118153.jpg
早くもへばってしまったので、休憩のついでにハリブキのトゲトゲにカメラを向ける。


b0255992_21193951.jpg
絵になり難いし、苦手意識はあるし、ミツバオウレンは雰囲気重視で。


b0255992_21211690.jpg
コミヤマカタバミのピンク花。
尾瀬でも時折見かけるが、圧倒的に多いのは白花タイプばかり。去年は見過ごしてしまったけど、今回はなんとかカメラに収めることができた。


b0255992_21272866.jpg
振り向くと、さらにピンク花の別の株が。


b0255992_21283195.jpg
お決まりのマイヅルソウにも挨拶ついでにカメラを向ける。


b0255992_21302185.jpg
こちらはノウゴウイチゴ。
この植物、意外にもカテゴリーは高山植物の範疇に入るらしい。そう思うと、ちょっと愛おしい。


b0255992_21322822.jpg
今回は比較的良い状態のツマトリソウに再会できた。
螺旋状に重なった花びらは7枚、対に並ぶ雄蕊も7本、つまり7数性の植物ということだが、こうした形態は意外と珍しい。


b0255992_21385965.jpg
チシマザサの藪の中で出会ったエンレイソウの3兄弟。


b0255992_21405151.jpg
ミヤマキスミレの再会もギリギリセーフ。


b0255992_21413341.jpg
お目当てのチシマウスバスミレにはちょっとタイミングが合わなかった。開花状態としてはこんな画像が精一杯。


b0255992_21452093.jpg
こちらは別の株のチシマウスバスミレ。


b0255992_21472439.jpg
こちらは一昨年のチシマウスバスミレ。
せめてこんな感じに撮れればと期待したが、また来年のお楽しみ、ということで。


b0255992_21484928.jpg
ここまで登ってくると、ミツバオウレンに代わってバイカオウレンが目立つようになる。


b0255992_21495052.jpg
ちょっと気なったカット。
茎の色といい、出で立ちといい、このエリアで見つかっても不思議ではないナエバキスミレのような気もするけれど…。


b0255992_21524588.jpg
蛇紋岩地の山ではお馴染みのクモイイカリソウ。


b0255992_21545728.jpg
たぶん、牛首のあたりから至仏山を眺めてる人もいるだろうね。


b0255992_21561521.jpg
先方の登山者が何やら騒いでいた。その正体はご覧のとおりで納得。


b0255992_2158265.jpg
稜線のPhotogenic その1


b0255992_2159971.jpg
稜線のPhotogenic その2


b0255992_21594614.jpg
稜線のPhotogenic その3


b0255992_2203073.jpg
稜線のPhotogenic その4


b0255992_221059.jpg
稜線のPhotogenic その5


b0255992_2213970.jpg
いつもの岩の上で見掛けるユキワリソウ。


b0255992_2235523.jpg
今季はいつもよりユキワリソウが多いように思ったが、気のせいかな…。


b0255992_225496.jpg
こちらはハクサンコザクラ。色鮮やかなので遠くからでも目に付く。ユキワリソウも美しいが、ハクサンコザクラは花弁も大きく立派に見える。群れて咲いていればさぞかし見事だろう。


b0255992_22111877.jpg
一瞬にしてガスが晴れた。その先に聳える燧ケ岳。


b0255992_2213517.jpg
至仏山のホソバヒナウスユキソウは、どんな天候でも、何度見てもいいなぁ… と呟いてしまう。


b0255992_22154429.jpg
小至仏を越えたあたり、そろそろ引き返そうかと思い始めた頃にタカネシオガマと再会した。至仏山ではお馴染みの花だが、この色合いがなんともいい。高山植物としては珍しい1年草だ。


b0255992_22191823.jpg
キバナノコマノツメに会うまでは、やっぱり引き返せない。今回もいい感じに咲いていてくれた。


b0255992_22214817.jpg
ここもお馴染みの場所。毎年こんな感じで、同じように縦位置で押さえる。


b0255992_22241347.jpg
ここで見掛けるのはユキワリソウとキバナノコマノツメばかりだ。


b0255992_2226383.jpg
なんとなく雲行きが怪しくなってきたので、ゴロゴロが心配。このあたりで引き返すことに。


b0255992_22295235.jpg
イワハタザオはちょうどピークって感じ。富士山の特産種フジハタザオの変種だが、ここまで登ってくると至る所に咲いている。


b0255992_2233157.jpg
下山はあっという間だ。結局雷雨には遭うことも無かったが、ここまで下ってくると一安心なので、ちょっと腰を据えてズダヤクシュにカメラを向ける。この植物、漢字で書けば 「 喘息薬種 」 ということ。実に分かりやすく素直で飾り気のない名前だと思う。つまり、喘息の薬になる種類、という意味だ。


b0255992_22392990.jpg
タニギキョウを撮っていたら、若い二人組の男性登山者に 「 何ですか? 」 と尋ねられた。 「 タニギキョウです 」 と答えると、カッコいいリングストロボを装着した立派な装備の一眼デジカメでバシバシ撮り始めた。そんなに珍しい花でもないと思うけれど、これにはちょっと圧倒されてしまった。


<撮影機材>
Canon EOS 5DMarkⅡ
Tamuron SP 90mmMacro
SONY cybershot RX100Ⅱ

by windy1957 | 2014-07-12 22:58 | wild plant | Comments(22)
Commented by sizuku at 2014-07-13 00:03 x
こんばんは(*^_^*)待っていました~♪早いでしょ(笑)

どのお花も美しいですね♪その中でもホソバヒナウスユキソウは、特別ですね。
わたしが一度だけ訪ねた時は、そぼ降る雨と、稜線を吹き抜ける谷風に、絶え間なく揺れ続けていました。
過酷ななかに、健気に咲く孤高の花という印象で愛おしかったです。

稜線のPhotogenic シリーズは、とっても素敵でした。
ピンクのミヤマカタバミや、マイズルソウ、ハクサンコザクラ、憧れのスミレたち…
そして雪渓越しの燧ケ岳や、光る池塘を散りばめた尾瀬ヶ原は胸キュンでした。素敵なレポ楽しませていただきました。
Commented by MIURA at 2014-07-13 02:10 x
まさに、花の楽園に行ってきましたね。
7月の上旬といえば、一斉に咲き出す時季で、最も瑞々しいのではないでしょうか。
一昔前なら「尾瀬通」だった僕も、今は過去の人。
また、ゆっくりと歩き回りたくなりました。
 
かんらん岩の剥き出した登山道のショット、アポイ岳の登山道にも似ています。
アポイにも特産種を含め、花々が咲きますが、至仏山の種類の多さには、到底敵いません。
 
色々と訪ねてみましたが、一山で花の種類が多いのは、至仏山、白馬岳、早池峰山辺りではないでしょうか。
なんか、お得な感じです。
でも、季節毎に変わりますからね。
それを思うと、僕には時間が足りなくなりましたよ。
 
最近、ニコンDf のカタログばかり眺めています。(笑)
 
Commented by hidamari at 2014-07-13 06:01 x
お待ちしてました~♡
ようやく翼さんの尾瀬が始まったのですね!!
それにしても、いつも以上に素敵な写真ばかり。
このブログを見てあ~至仏山に行ってみたいな~!と
思う方も多いはず。
私も久しぶりに至仏山のお花に会いに行きたくなりました♡
Commented by cyu2 at 2014-07-13 07:43 x
おはようございます、お待ちしてました~♪
まず驚いたのがワンシーズンでスミレ48種ですか?凄い!
出会えた数もそうですが、それだけの種類が関東近郊だけで見れるということ、
スミレの奥深さを感じました。

稜線のPhotogenic はどれも本当にウットリです♪
蛇紋岩の黄土色は花の美しさをより一層引き立てているような気がして、
山一帯すべてがとても美しく愛おしい、そんな感じを受けました。
やっぱりいい山ですよね~(*^_^*)




Commented by よしころん at 2014-07-13 12:20 x
翼さん、こんにちは^^
はい、みなさん同様お待ちしていました ヽ(^o^)丿
あぁ~正真正銘、至仏山だぁ♪(笑)
いつもの至仏山、翼さんの画になんだかホッとするようなそんな気持ちがしました。
岩手のあのお山にもチシマウスバスミレ、咲くようです。

春先からのスミレシリーズありがとうございました m(__)m
でも来年再会する頃にはまたきっとムムム・・・(笑)
Commented by てばまる at 2014-07-13 22:31 x
おっと出遅れました(^-^;)
やはりこうして並べられると至仏山のお花に会いに行きたくなりますね。特にホソバヒナウスユキソウとジョウエツキバナノコマノツメ!! ユキワリソウもいいなぁぁ~ 困った者です・・・。
チシマウスバスミレ、至仏山某所は木道工事で潰されないかとヒヤヒヤしてしまいます。

至仏山の花もこれからまたいろいろ咲き出すので何とか訪れたいです。
 
Commented by at 2014-07-14 14:18 x
sizukuさん★
こんにちは。
返事が遅くなってスミマセン。
早々と書き込みありがとうございます。ホソバヒナウスユキソウはど
んな気象条件でも、どんな時間帯でも美しい姿を披露してくれますね。
それはきっとsizukuさんが書いてくれた理由からなのでしょう。
至仏山の植物たち、大方予想はしていましたが、やっぱり会えた時の
喜びは大きいですね。稜線のphotogenicシリーズは一括りでまとめ
てしまってはもったいなかったですが、思い当たるコメントが多すぎて
収拾がつきませんでした。雪渓越しの燧ケ岳はちょっとした閃きで撮り
ました。白馬での経験からなのかも知れません。
Commented by at 2014-07-14 15:55 x
MIURAさん★
こんにちは。
この時期は、毎年恒例の至仏参りになってます。スミレ巡りの最後を
飾る意図もありますが、一斉に咲き出す高山植物との再会も楽しみ
のひとつなものですから。
かっては「尾瀬通」のMIURAさん、至仏への想いも一入でしょうね。
いつの日かご一緒できることを楽しみにしてます。
リンネソウも相変わらず探し出せずにいます。てばまるさんや、他の
方は探し出したそうですが、今のところ私には縁が無いようです。で
きれば8月の始め、もう一度至仏に登りたいですね。そして、秋には
燧裏林道をもう一度歩きたいです。
ニコンDf、実は私も同じです。機能とか画素数って二の次なんです。
あのスタイル、あのカラー(シルバーボディ)で肩から下げて歩きたい
ですね。あの頃のカニ爪のレンズが使えるのも嬉しいし、そそられま
す。先日は某カメラショップで手にしてみました。軽いですね、それに
シャッター音が静かですが歯切れがいい感じでした。
Commented by at 2014-07-14 16:13 x
hidamariさん★
こんにちは。
昨日は記念すべき初対面の日でしたね。私もお会いできて楽しかっ
たです。今度はもう少しゆっくりお話でもしましょう。先週、今週と立て
続けに尾瀬を歩きました。やっぱりワタスゲの大豊作は一見の価値
はありましたね。hidamariさんの仰るとおり大江湿原の光景は素晴
らしかったですね。
至仏山は花の山ですから、この時期は外せない、というのが私の想
いなんです。そんな想いが皆さんにも通じればこんな素敵なことはあ
りませんね。
また、夏の終わりの頃お邪魔します。大清水から一之瀬までの試験
運行、あれは助かりますね。なにしろ10分ですから。歩けば1時間は
要する林道歩きですものね。それにしても2週連続の尾瀬歩き、今日
は少々筋肉痛です。
Commented by at 2014-07-14 16:41 x
cyu2さん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
この時期の至仏山は特に外せません。たとえ雨でも期待を裏切ら
ない光景が待っています。
スミレの確認種は決して自慢できる種類数ではないんですよ。ただ、
私の場合は南の島や高山帯、北海道の山々は最初からあきらめて
いますので、どんなに頑張ってもあと10種類くらいが限度でしょうね。
ま、今後も楽しみながら行ける範囲のスミレ行脚を続けたいと思って
ますけど、仰るとおり関東一円及びその周辺エリアでの確認種なの
で、その点から判断すると決して少なくない種類数だとは思いますけ
どね。
できればもう一度、来月の初旬の頃にも登りたいですね。シャジンの
仲間とか、いくつか気になる見たい花々がありますので。
Commented by at 2014-07-14 16:53 x
よしころんさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
ご期待させてお待たせをさせるほどのレポでもないのでえすが、いざ
書き始めると想いは巡りますね。至仏山はスミレ巡りの最終章の山と
決め込んでいましたけれど、図らずもこの時期は他の花々も一斉に
咲き出すので、レポをまとめるにも収拾がつきませんね。
なるほど、岩手のあの山にもね… 考えてみれば同じような地質岩で
あり組成ですからね。
3月からのスミレシリーズは一応終結ですが、夏から秋にかけても逢
いたい花々が目白押しです。少し高い山にも登りたいと思ってますが
こちらはなかなか腰が重いです。なにしろいつも単独ですからある程
度の覚悟も必要ですしね。尾瀬あたりを歩くのがせいぜいかも知れま
せんけどね(笑)
ムムム・・・ 私もきっと同じですよ。最近、物忘れが多くってね。同じス
ミレを何度も調べたりしてますよ(笑)
Commented by at 2014-07-14 17:09 x
てばまるさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
この時期の至仏はやっぱり魅力的ですよね。当たり外れがあまり無い
のが嬉しいですよね。今回も黄色いスミレはバッチリでしたけどチシマ
ウスバは時期が合いませんでした。蕾もあれば散ってしまったものも
ありました。
てばまるさんの危惧は私も同じです。三平下からの木道整備の件、
チシマはまったく見れませんでした。ただ、葉っぱは残ってましたね。
3月からのスミレレポは一応終結ですが、いくつか新たな知見も得ま
したので来季はぜひご一緒しましょう。中之条のハイブリットはぜひ
観察して欲しいです。
Commented by fumifumi at 2014-07-15 00:55 x
こんばんは~
思い立ったら尾瀬っていうのがいいですね。
あの山を登れば、こんなに素敵な花々に出会えるんだと思うと、一度は行きたい至仏です。
そんな気分にさせてしまう翼ワールドも凄いです。
特にホソバヒナウスユキソウの美しさに見入ってしまいました。
ピュアなツマトリソウも~♪
スミレシリーズも楽しませていただきました(*^。^*)
Commented by at 2014-07-15 09:43 x
fumifumiさん★
おはようございます。
いつもありがとうございます。
はい、尾瀬は自宅から車で2時間半で鳩待峠に着きます。ですから、
時間とお金があれば毎週でも通いたいくらいなんですけどね。
至仏は登山解禁となる7月初旬から8月いっぱいくらいまで、百花繚
乱の花めぐりが楽しめます。この時期、スミレ巡りの最終章はいつも
至仏山と決めていますが、他の高山植物にも目移りがしてしまい、
通常登山の倍近くの時間を要しての登山となってしまうため、登頂を
断念することもあります。ま、それでも十分花々は楽しめますけどね。
fumifumiさん、機会がありましたらぜひ至仏にもお出でください。
その際には、ぜひ私もご一緒できればと思います。
Commented by yamabousi-28 at 2014-07-15 20:05
圧巻の最終章ですね。
翼さんは本当に膝の調子が悪いのでしょうか。
それとも、花の精が忘れさせてくれるのでしょうか。

いつかは行ってみたい湿原です。山までは難しいですが。
何種類の花を見ることができたのでしょう。
ご一緒した山とは、また違った趣がありますね。
ツマトリソウ、魅入ってしまいました。
こんなに花弁と蕊が対になったのも、珍しいのではないでしょうか。
Commented by yamausagi-sa at 2014-07-16 00:00
こんばんは〜、今年はまだ至仏山に登ってないので、こちらで楽しませていただきました♪
もうどれも素敵でうっとり眺めては、美しさにため息が出そうです。
お花の山、今頃はまた違った花がさいているんでしょうね〜!

今シーズンのスミレハント、お疲れ様でした。
48種類とはすごいですね。それだけの種類を私も楽しませていただけ、ありがとうございました。
Commented by bjynp at 2014-07-16 07:37
翼さん、お花も花風景もバッチリですね(*^_^*)こういう日に登りたかった。帰りに、これからもう一度登ろうか?と提案しましたが、全員バテテ却下されました。
ハイキング部なのに、体力が足りんなぁ(^^;;
アッキーマッキー
Commented by at 2014-07-16 11:58 x
yamabousi-28さん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
圧巻というほどでもありませんが、花の至仏、それなりにタイミングが
合いましたね。スミレは大体予想した通りでしたけど、チシマウスバは
少しあてが外れました。ま、自生が確認できただけでもヨシとしたいと
思います。
ツマトリソウは綺麗な個体が多かったですね。時期が良かったのでし
ょね。いつの日か尾瀬にもお出かけください。その時はぜひご一緒さ
せてください。因みに、夏の終りと秋の頃、尾瀬にはあと2回ほど予定
してます。
Commented by at 2014-07-16 12:26 x
山うさぎさん★
こんにちは。
おッ、blog始められたのですね。山うさぎさんらしい優しい、素敵な時
間が流れていますね。今後の更新がとても楽しみです。
至仏山、まだ登られたことがありませんでしたか。それほどきつくあり
ませんし、盛夏から晩夏の頃、まだまだ楽しめます。花の名山ですか
らおすすめですよ。
今シーズンのスミレハントもこれで終了です。山うさぎさんと約束した
丸山山麓のスミレ巡り、来季はぜひご一緒しましょうね。厳密に言え
ばたぶん50種くらいは数えますが、曖昧な種や紛らわしい種は除き
ました。素人なので、研究ではなくあくまでも楽しめれば良いので。
さて、夏本番ですね。あの山、この山、いろいろ計画中でしょう。来月
の上旬、私も少し高い山に登ろうと計画中ですが、果たしてどうなりま
すやら…。
Commented by at 2014-07-16 12:39 x
アッキーマkッキーさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
今回の至仏はまずまずでしたね。高山植物は概ね予定どおりでした
けど、チシマウスバはイマイチでした。ま、自生が確認できただけでも
ヨシとしましょうか。アッキーマッキーさんも仰ってますが、最近は私も
小至仏あたりでも十分と思ったりしてます。ただ、東面の登山コースは
若干種類の違う花が咲いてますがね…。
それにしても今回の山行計画は凄いですね。きっと私ならバテてまし
たよ(笑)八木沢新道の下りなんて、たぶんヘロヘロでしたね。ハイキ
ング部の皆さんも気持ち、よ~く分かりますよ(笑)
夏本番ですね。今月はいろいろ所要が詰まってますので大人しくした
いと思いますが、来月上旬には少し高い山にでも登りたいと計画中で
す。いつも単独行ですがカミナリが大嫌いなものですから、夏山はな
かなか踏ん切りがつかなくて。一方で、信州あたりの高原巡りもいい
なぁ…な~んて思ったりしてます。
Commented by やまそだち at 2014-07-17 20:21 x
奇麗な花達、素晴らしいですね。
昨年、至仏山に登ったのですが、ちょっと時期が遅く、ホソバヒナウスユキソウは終盤でした。15、16日尾瀬に行ってきました。てばまるさんの着生ランに刺激され着生ラン探しをしてきました。
Commented by at 2014-07-17 20:50 x
やまそだちさん★
いつもありがとうございます。
相変わらず旺盛なフィールドワークですね。スミレ巡りの幕引きは、い
つも7月初旬の至仏山になってます。この時期はスミレの他にもたく
さんの高山植物たちが咲き始めるので楽しい登山ができます。
着生ランの成果は如何でしたか?私は13日に大江湿原のワタスゲ
に逢ってきました。何十年ぶりかの大豊作は見事でしたよ。
8月の初旬も山登りを予定してますが、まだ行き先が決まりません。
信州あたりの高原巡りも気になってます。