pode ser um romance

週末はスミレに会いに 2014 「 Stairway to Heaven 」

b0255992_13592041.jpg
ジミーペイジがあのダブルネックギターで奏でるイントロ。
そうですよね、分かります。状況からして無理もありません。BGMとしてはちょっとミスマッチかも。言いたいこと? つまり、天上の花園に向かう一歩一歩は、私にしてみれば重く長~い、ということなのです。
ファインダーに浮かび上がった麗しのイエロー。恋焦がれたよね、雲間の菫。
スミレハントもいよいよセミファイナル。数こそ少ないけれど、私にとっては充実の一編。
講釈無くして、性格の悪い薀蓄少々。
画像は30枚と、私にしてはちょっと多め。
よろしかったらどうぞ。




b0255992_1427324.jpg
草地の斜面が、所々で薄ら青く染まって見えた。
その正体はタテヤマリンドウだった。蕾がいっぱい。花開けばきっと見事だっただろうね。



b0255992_14325919.jpg
リーダーのFさんが遠くで呼んでいる。
小走りで寄ってみると、木道の下に咲く青紫色のシックな花弁が目に飛び込んできた。ミヤマナガハシスミレとの初対面はあまりにも呆気なかった。笹が茂るわずかな隙間に一株だけ咲いていた。撮影条件はご覧のとおりちょっと冴えないけれど、それでも満足。のっけから、初対面のスミレにすっかり気を良くしてしまった。



b0255992_14481596.jpg
ところ変われば花姿も違って見えるもの。オオタカネバラにもスルーすることなくカメラを向ける。



b0255992_1451928.jpg
Raindrops Keep Fallin On My Head 
ツクバネソウ (ブナの森で)



b0255992_14544458.jpg
Raindrops Keep Fallin On My Head
ハウチワカエデの花 (雪の残る林道で)



b0255992_14562991.jpg
Raindrops Keep Fallin On My Head
ノウゴウイチゴ (登山道脇の沢沿いで)



b0255992_1532379.jpg
オオバミゾホオズキも久しぶり。
林道沿いに群れて咲いていたので、はやる気持ちからか、遠目にも 「オオバキスミレ!」 と思ってしまった。



b0255992_1562322.jpg
この時季、山地帯の林道でよく出会うのがノビネチドリだ。
同じチドリでも、ハクサンチドリとかテガタチドリはもう少し高い山に行かないと見られない。



b0255992_1593639.jpg
葉上のオトシブミ。
僅か1cmたらずの甲虫に息を止めてカメラを向ける。酸欠寸前で撮れた1枚がこれ(笑)
最近は歳をとったせいか、マクロ撮影もお手のものだったこの手の被写体だが、近頃めっきりカメラを向ける機会が減ってしまった。
栗色の上翅にユニークな体型、おまけにとってもひょうきんもの。ところで、オトシブミとはいわゆる “落とし文” のことで、 「 相手に拾わせるように、通り道にわざと落としておく恋文 」 という意味のこと。つまり、オトシブミが木の葉を巻いて作った揺籃 ( 幼虫が入った巻物のようなもの ) を枝から切り落とす習性を、“恋文を落とす” と比喩したものらしい。
観察会でそんなことを話したりすると、妙に感心されたりする。



b0255992_1631670.jpg
ピンク色が瑞々しいタニウツギも、ここまで来れば普通に見ることができる。関東の平野部や、私の身近なフィールドではまず見ることのできないウツギ。



b0255992_1684886.jpg
ニリンソウも今朝からの雨で塞ぎがち。



b0255992_1610048.jpg
ほんのり紅差す花弁に、やっぱりカメラを向けてしまう。



b0255992_16115271.jpg
キヌガサソウも沢沿いや登山道沿いにいっぱい。だけど、個人的にはこの花は単独で咲いているほうが存在感があっていいと思う。



b0255992_16172996.jpg
朝から雨が降っていたので、期待通りのガラスのサンカヨウに出会う。



b0255992_16192817.jpg
最近、どこの山でもシラネアオイは減少傾向にあるという。原因は諸説あるようだが、シカによる食害が有力との話をよく聞く。でも、果たして真意どうなのだろうか。
ここでは登山道沿いの斜面にいっぱい咲いていた。



b0255992_16235779.jpg
こちらはヒロハヘビノボラズという木本類。
棘がいっぱいあって、ヘビも上れないという意味らしい。ミヤマシロチョウの幼虫がこの葉を食べるので名前だけは以前から知っていたが、ご覧のようなシチュエーションなので観察する機会はほんとうに少ない。



b0255992_16291543.jpg
ムシトリスミレとの再会も実に久しぶり。
スミレという名前を持っているけど、スミレの仲間ではなくてタヌキモ科の食虫植物である。登山道脇でこの画像を撮ったが、その距離からして90mmマクロでは少々辛いものがあった。



b0255992_164101.jpg
リフトに乗っている時はたくさん咲いていたユキワリソウも、登山道を歩き始めるとなかなかいい感じのものが咲いていない。こちらが本家本元のユキワリソウ。スハマソウやミスミソウもユキワリソウと呼ばれるがあちらは別名(俗称)で正式名ではない。
やや濃い目の花弁を探し、マクロでボカしてみたが…。



b0255992_1643023.jpg
ミヤマズマギクはちょうど時期が合ったようだ。花弁の色合いは濃いのから薄いのまでまちまちだが、比較的濃い目の花を探して撮影する。バックの雪渓がいい感じに映ってイメージも湧いたが、想いはなかなか表せないないものだ。



b0255992_16474464.jpg
3輪の花弁をどんなふうに切り取ろうか迷ったが、結局はその色合いに負けてコンデジで真上から。



b0255992_1649484.jpg
こんな場所で、こんな感じにフキノトウと出会えば、きっと誰かさんはこんな感じに撮るんだろうね。



b0255992_16512518.jpg
あえて場所は書きませんけど、こんな感じです。
ムムム? 分かる人はすぐに分かっちゃう。



b0255992_16523211.jpg
嬉しかったことに、雪渓脇の笹の中にはミヤマキスミレがまだ咲いていた。さすがに雨に打たれて花弁は萎み気味だけど、再会できただけで十分。



b0255992_1656688.jpg
キバナノコマノツメはまだまだ旬だ。
こちらも嬉しい再会。数こそ多くはないが、いい感じの花姿で点々と咲いていた。



b0255992_1721114.jpg
そして、お目当てのクモマスミレにやっと会えた。
「 雲間の礫帯に咲く孤高のスミレ 」 という印象を持っていたが、果たして画像からはそんな独りよがりの想いが伝わるだろうか。
ここでは愛用のコンデジが大活躍。自生地の状況からして、キバナノコマノツメとは明らかに一線を画している感じだ。



b0255992_17125879.jpg
こちらは一眼デジでの撮影。重宝にしている90mmマクロで狙ってはみたものの、もう少し絞った方がよかったかも。



b0255992_1718275.jpg
噂に聞いていたオオサクラソウにも会えた。
遠目にもはっきり認識できるほど鮮やかな色合い。雪の消えた小さな疎林に比較的多くの株が息づいていた。どの株も花付きは良く、皆で思い思いに撮影した。柵もロープも看板も無い天然な装いの良さをつくづく感じた。



b0255992_1726533.jpg
オオサクラソウは意外と背丈があるので、縦構図にするとしっくりくるだろうと思って撮った1枚。サクラソウの仲間としては掌状の葉っぱは独特。何となくカッコウソウと似ている。



b0255992_1743012.jpg
ということで、出会い、再会、ふれあい、そして感動を反芻しながらのビール。これがまた美味いのなんのって。tuu-fuuなんて吹っ飛んじゃう(笑)
さて、スミレハントもいよいよ最終章。残すは、お決まりのあの山で、お決まりのあのスミレに会わないとね。

<撮影機材>
Canon EOS 5DMarkⅡ
TAMURON sp90mmMacro
SONY cybershot RX100Ⅱ

by windy1957 | 2014-06-24 18:00 | wild plant | Comments(30)
Commented by yamabousi-28 at 2014-06-24 19:21
まだまだ鮮明な印象が残っていますが、改めて拝見し、自分も見てきたんだなあと、感慨深いものがあります。
お世話になりました。ありがとうございました。

それにしても早いですね。ひょっとして、もう心は今週末に向けられているのでは。
まさしく「天国への階段」、私は初日が大変でした。帰りのゴンドラ内では、足が攣っていました。
つくづく体力をつけないとと考えさせられました。

どの画像も素晴らしい。花姿、咲いている環境が見事に表現されています。
先陣を切るにはすご過ぎます。
残念なことに、私の見ていない花が一つありました。
後塵を拝していたので、見落とした花があったのでしょうね。
Commented by やまそだち at 2014-06-24 21:06 x
さすがに奇麗に撮られていますね。
ミヤマナガハシ、帰りに撮り直そうと思ったのですが、心残り!
キバナノモマノツメも見落としました。
私も少し横位置も撮るようになりました。
最後のスミレ楽しみにしています。
Commented by bjynp at 2014-06-25 06:46
おはようございます。
2カ所行かれたんですね。あそこまで行かれたならもう少し足をのばせば、幻のスミレを見れたかも。
クモマスミレにも逢えて良かったですね。この時期ならあそこでやっぱり見れるんですね。やっぱり、これからは高山の季節ですね。こちらもワクワクしてきました。こちらも来週は尾瀬の花案内です。
アッキーマッキー
Commented by てばまる at 2014-06-25 09:22 x
憧れのクモマスミレ出ましたね~
こいつを見ればタカネスミレ系はコンプリートなんですが、なかなか実現出来ません。このあたりは遠いので昨年アッキーさんが行った山にしようかな・・・

ミヤマナガハシスミレは色が濃いですね~
見てみたいスミレに入れたいです!!
今週末は憧れのお花の予定なんですが、天気が良くないです・・・
Commented by cyu2 at 2014-06-25 11:16 x
ん~~~素晴らしい。
どれもこれも美しく切り取られ、うっとりと、ただただ見入ってしまいます。
私にはここがどこなのか?解りませんが、
憧れの雲間菫に会えてよかったですね、喜びが画面から伝わってくるようです。
Commented by 山崎 at 2014-06-25 12:40 x
素晴らしいお写真にため息です。
初めてお会いしたのに初めてではないような楽しい時間をご一緒させていただきありがとうございました。
また何処かでお会いできる時を楽しみにしております。
Commented by at 2014-06-25 15:25 x
yamabousi-28さん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
2日間、お世話になりました。気が合う同好者との撮影行は、やっぱ
り楽しいですね。今回は登山要素もあって私も多少キツかったですけ
ど、憧れのスミレが見れたのでニンマリ満足です。
見落とした花?たぶん、ノウゴウイチゴでしょう。沢沿いの目立たない
草地にありました。画像は撮りすぎるくらい撮ってしまいましたので、
整理が大変です。
週末はちょっと予定が入ってしまいましたので、遠出はできません。
来週末に尾瀬を予定しているので、馴染の里山を歩いてみようかと
思ってます。
Commented by at 2014-06-25 15:32 x
やまそだちさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
2日間、お世話様でした。やまそだちさんとはその前の週でもご一緒
しましたので、ずーっと一緒に過ごした気分でした。
ミヤマナガハシスミレは、私ももう少しじっくり撮っておくべきでした。
雨んい打たれての下山は思いのほかシンドかったので、気持ち的な
余裕が無かったのかも知れません。私も残念です。
最後のスミレですか?もうお気付きでしょうけど、白いアレですよ。
昨年、至仏山で新たなポイントを見つけたのでちょっと楽しみなんで
すが、果たしてどうなりますやら。
Commented by at 2014-06-25 15:41 x
アッキーマッキーさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
クモマのポイントは大体知っていましたが、なかなかタイミングが合わ
ずいつも残念な思いをしていました。それに、この時季は遠出が重な
り費用面でも大変ですものね(笑)
場所は察しがつくでしょうけど、花数が多くて楽しいですね。7月にな
れば別の意味でバラエティに富んでいるでしょうけど、現在、別の山
も思案中なんです。ほんと、行きたい所ばかりで困りますね。
私も来週末は尾瀬(至仏山)を計画中です。
Commented by at 2014-06-25 15:49 x
てばまるさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
クモマスミレは憧れのスミレでしたが、やっとタイミングが合いました。
以前登った時は完全に時期を逸してましたし、そう度々出かけるワケ
にもいかず、今回はバッチリでした。
ミヤマナガハシは思っていたとおりの色合いでした。ただ1株しか見当
たらず、撮影条件(木道の下)も良くなかったので、じっくり撮れません
でした。今回はCanonだったので、やっぱり青紫系は色再現がいい感
じですね。
スミレハントも最終章。来週末はお決まりの尾瀬んおあの山です。
てばまるさんは「憧れの花?」さてさて、何処のどんな花でしょう?
Commented by at 2014-06-25 15:54 x
cyu2さん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
今回はスミレばかりではなくて、他にも色んな花々に会えて満足な撮
影行になりました。もうちょっとガンバッテ雪渓を詰めればもう少し珍し
い花にも会えたでしょうね。でも、今回はクモマが見れたので大満足
です。画像はみんな自己満足ですが、共感いただき励みになります。
さて、今度は来週末。スミレハントもいよいよ完結です。
Commented by at 2014-06-25 16:04 x
山崎さん★
こんにちは。
今回は2日間、たいへんお世話になりました。楽しい時間を過ごすこ
とができて感謝してます。なんと言ってもクモマに会えたことが一番
ですね。また、来年もFさんに企画していただきましょう。今度はもう少
し高い所もいいなぁって思ってますが、いかがでしょうか?
山崎さんも結構熱心に撮影されてましたので、後ほどじっくり拝見させ
てください。私は来週末の尾瀬でスミレハントは御仕舞です。里山の
花々も気になってますし、高山植物も恋しいです。貧乏暇無しですね。
そういえば、ヨーグルト。ほんと、あれは美味しかったですよ。
Commented by よしころん at 2014-06-26 16:34 x
おぉぉ~! ミヤマナガハシスミレなんてスミレちゃんがあるのですね!
美しいスミレちゃんですねぇ❤
咲いているお花と残雪具合から推測するに、あのあたりかしらん・・・
なんて想像しています。
クモマスミレはザレ地に咲いているのですねぇ。
翼さんはスミレのためならエンヤコラ~!ですね。
尾瀬のスミレちゃんも翼さんを待ってますね♪


※ガラスのサンカヨウの画像が見られないのです・・・ わたしだけかしらん (><)
Commented by 翼@業務終了前 at 2014-06-26 17:05 x
よしころんさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
よしころんさんなら分かりますよねぇ、咲いてる花々と残雪の感じで。
ミヤマナガハシスミレはあまり期待してなかったので、サプライズでし
た。撮影条件の悪い場所でしたけど、会えただけで大満足、証拠写
真程度の出来ですけどニンマリでした。
クモマスミレはザレ場でよく見られるようですが、なんせこちらも初対
面なものですから感極まって完全に撮らされてしまった感じですね。
スミレハントも幕引き間近です。来週末あたり、至仏のあの白いスミ
レに会って、夏の花モードに切り替えます。
ギョギョ!またまたそそっかしい。HTML(タグ)がおかしなことになっ
てましたよ。ガラスのサンカヨウ、今度はOKでしょ。
またまた「 Thank you for Yoshikoron 」さんですね。
Commented by akko-kornblume at 2014-06-26 20:26
翼さん、こんばんは!

翼ワールドにうっとりです(^^♪
白馬は雨交じりの天気だったのですね。
でも、これだけのお花に会えて、会いたかった子にも会えて良かったですね!

オトシブミくん、結構可愛い虫なんですね(^^♪
最後のお皿がまたまたおいしそうだこと。お酒が進んじゃいそうですね。
Commented by at 2014-06-26 21:02 x
こんばんは。
苦労なくして出会えない花々を見せていただいて、ありがとうございます。
ガラスのようなサンカヨウ。一度でいいからこの目で見てみたい…。
でも、努力を惜しむ私には無理っぽいです。
翼さんの写真で見た気分になっておきます。
オトシブミの写真、とってもいいですね。
名前も味わい深いですね。

Commented by at 2014-06-27 12:27 x
akkoさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
今回の撮影行は小雨交じりの天候でしたが時折晴れ間も見えて、ま
ずまずの状況だったと思います。むしろ花々ではピーカンの時より優
しい色合いが期待できますよね。
長い間憧れていたスミレに会えた時は、本当に感無量でしたよ。その
他にも懐かしい花々や再会の花々がいっぱい。楽しい時間はあっとい
う間でした。
この手の昆虫にカメラを向けるのは久しぶりです。以前は昆虫ばかり
撮っていたのにね。さて、来週末は今のところ至仏山にTryの予定で
す。スミレハントの締め括りの、あの白いスミイレ。そして、咲き始めた
高山植物たちに会ってきたいと思ってます。
Commented by at 2014-06-27 12:39 x
空さん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
憧れのスミレに会えるのなら、多少の苦労は惜しみません((笑)
独りよがりで撮った画像の数々ですが、共感いただき嬉しいです。
サンカヨウは、降雨の時とか、雨の後には花弁がガラスのような質感
になります。でも、少し高い山に登らないと出会えない花なので、天候
と開花のタイミングと併せて出掛ける場所を選ぶ必要がありますね。
努力を惜しまず、ぜひ一度ご覧になってください。
オトシブミには私も久々にカメラを向けました。恥ずかしがり屋な昆虫
なのか、この後、くるっと向きを変えてしまいました。名前も何となく味
があるでしょ。私もそう思います。
Commented by Non at 2014-07-03 00:34 x
 こんばんは。山バカの私は、お花たちに会って、そのまま山頂に到達せずに、山を下りられたのかな?
と、そればかりが気になっています(笑) ただ、これだけの残雪、装備だけでなく、経験も必要そうですね。
 「ガラスのサンカヨウ」、驚きました。こんな風に見えるんですね! いつもより、ずっと魅惑的に見えました。
Commented by sizuku at 2014-07-03 01:03 x
翼さん、こんばんは(^^)
天場に咲く憧れの花との出逢いは、感動だった事でしょうね。
クモマスミレ、孤高の気高さと、一瞬の輝きをまとった儚さとを持っているように見えました。
花開く時期に合わせ、遥々と雪渓を登り逢いに行く、ロマンですよね。

キバナノコマノツメ、わたしにとっての出逢いを思い出しました。

他のどのカットも素晴らしいのですが、ツクバネソウとハウチワカエデの花、雪渓をバックのニリンソウに、ドキッとしました。
Commented by at 2014-07-03 09:13 x
Nonさん★
おはようございます。
そうですよね。山に登られる方は花々の撮影の後、どのように辿った
か気になりますよね。ご覧のとおりの雪渓、装備も準備もありません
し、撮影が目的だったのでここで引き返しました。こういう山域は未知
の領域ですが、たぶん高山植物が咲き乱れた天上の楽園のようでし
ょうね。
ガラスのサンカヨウは、雨が降った後なら必ず逢えます。この日も予
想どおり、ガラスのサンカヨウがあちらこちらで目に付きました。
Commented by at 2014-07-03 09:23 x
sizukuさん★
おはようございます。
今回の一押しはクモマスミレでした。宿の夕食時での自己紹介でも
「もうこれで十分、あとは飲むだけ」と笑いを誘ったほどです。
そうですね、キバナノコマノツメとの出逢いは雲取でしたか。それぞ
れの想いに残る花々との出逢いってありますよね。キバナノコマノ
ツメは、今回、私にとっても思いも寄らぬ出逢いでした。
ツクバネソウとハウチワカエデの花は、雨の林道歩きでの撮影です。
雨には雨の日の一期一会、これも再認識でしたね。いろんな意味で
刺激的な信州の花旅でした。
Commented by fumifumi at 2014-07-03 18:35 x
こんばんは~
何度も拝見しているのに、今頃になってコメントしていますm(__)m
憧れのスミレはクモマスミレだったんですね。
初めてクモマに出会ったのは、翼さんが撮られた場所から更に登ったお山のてっぺんでしたが、翼さんの旬のクモマスミレを見ていると、あの時の感動が蘇ってきます。
ガラス細工のようなサンカヨウ、大好きなシラネアオイも美しく、静かなこの時期の信州は感動がいっぱいですね。
お花にも恵まれ、大勢の花友さんにも恵まれ、最高の旅になりましたね。
今週末は尾瀬ですか? こちらも楽しみにしています。
Commented by フクシア at 2014-07-04 07:46 x
スミレの追っかけをまだ続けているって凄いです!
今年は尾瀬に出かけようと思っていましたが、まだ痛めた足が回復していないので今年は諦めました??

翼さんの素晴らしいカットを見させて戴きながら、楽しませて戴きました。次回も楽しみにしております。
Commented by at 2014-07-04 09:47 x
fumifumiさん★
おはようございます。
いつもありがとうございます。
憧れのスミレはやっぱり高嶺や北海道に咲くスミレたちに偏ってます
ね。クモマスミレもそのうちのひとつでした。今回の撮影地は比較的
楽に逢える場所でしたが、これまでなかなかタイミングが合いません
でした。今回は花友さんに誘っていただいたお蔭です。
そうですか、fumifumiさんはさらに登られてクモマに逢ったのですね。
さすがですね、その熱意には敬服してしまいます。
この時期は比較的人も少なく、それでいて旬の花々が多いのが嬉し
いですし、多少の雨もまたいいものです。
今週末、天気がイマイチですね。さすがに雨の山登りはそれほど喜
ばしいものではありません。ま、無理しない程度の計画で何か撮って
きたいと思ってますが…。
Commented by at 2014-07-04 10:01 x
フクシアさん★
おはようございます。
いつもありがとうございます。
スミレの追っかけもボチボチ息切れです。高い山に登ればまだまだ
旬なスミレにも逢えるでしょうけれど、他の花々もそろそろ気になって
きました。ということで、今週末か来週あたりでスミレハントも幕引きで
す。
今シーズンは美人なスミレさんにもたくさん逢えましたけど、撮影は今
ひとつなものばかりでした。逢いたくて仕方なかったクモマスミレもしっ
かり撮ったつもりでしたけど、やっぱり多少の心残りがあります。
とりあえず今週末ですね。雨の登山は気乗りがしないので計画変更も
ありますが、この時期、再会したいスミレがもうひとつあります。もう少
し待っていてくれますかね。できれば雨でない日に逢いたいです。
Commented by meo_7 at 2014-07-05 00:23
MIURAです。こんばんは。
 
トップの写真のアングルにドキッとしました。
花の撮影にも、いつも、心を捉えられるのですが、こうしたスナップにもセンスが表れるのですね。
 
さて、その山域、白馬から唐松岳を経て八方尾根を下る計画が、過去にあったのですが、剱岳登山の充足感で止めてしまいました。
こんな写真を見ると、秋ではなく、花の季節に限るな、と思い、また、計画してみようと思いました。
 
ガラス細工のサンカヨウ、雨の続く日にしか見られませんものね…。
それが見られれば、雨の山行も後悔無しでしょう。
 
Commented by at 2014-07-05 16:38 x
MIURAさん★
こんにちは。
トップの画像、私にしては馴染み薄いアングルだと思います。本当は
クレバスのような割れ目に入り込んで、もっと切迫感のある画像をね
らいたかったのですが、さすがに危険だと感じました。あの雪渓の下
は雪解け水が沢のように流れているんですよ。
私は山屋さんでもピークハンターでもないので、花々が無くなればそ
こでUターンです。この日も唐松岳あたりまで登ればもう少し花の種
類も稼げたでしょうけど、なんと言ってもクモマスミレですね。この憧
れのスミレを見たとたん「今日はこれで終わり」と思いました。
MIURAさんから見れば全くの軟弱モノですけど、たぶん明日は至仏
山に登ってくると思います。あの白いスミレとホソバヒナウスユキソウ
に逢いに…。
Commented by keitann at 2014-07-13 22:57 x
翼さん、こんばんは

最初は私がまだ登ったことのない至仏?と思いながら拝見していたんですが、クモマスミレやオオサクラソウが出てきたので、白馬方面かな?と考え直しました。
やはり白馬方面だったようですね。
ツクモグサが咲いている方面へは行かれませんでしたか?
出来ることなら白馬~雪倉~朝日岳と歩かれると、素晴らしいですよ。
Commented by at 2014-07-14 23:07 x
keitannさん★
こんばんは。
ようこそお出でくださいました。
え?至仏はまだ登ったことありませんでしたか?それは意外でしたね。
そうですね、クモマスミレ、オオサクラソウとくれば大体察しはついてし
まいますよね。正確には八方尾根です。ツクモグサにも逢いたいので
すが、未だに実現してません。仰るような縦走も私には荷が重い感じ
ですが、行きたい気持ちはあるんですよ。でも最近は衰えましたね。
体力もあまり自信がありません。この日は白馬尻まで行って、雪渓を
目の前に溜め息の連続でしたよ(笑)