pode ser um romance

里山逍遥 No17 「水無月の蜻蛉たちに想う」

b0255992_9492768.jpg
週末の町を抜け出して、広い耕地に伸びる農道をしばらく走ると、河畔林の向こうに沈下橋が見え始める。
まとわり付くような川風の匂い、早瀬を逃げる小魚の群れ、川面すれすれに散ってゆくカゲロウたち。
何年振りだろう、陽射しが燦々の河原でトンボたちと過ごす時間なんて…。





b0255992_10155080.jpg
6月の河原は夏の一歩手前。
フィ フ ィ フィ フィ フィ と、カジカガエルの鳴き声はこの時季の風物詩だ。この日は珍しく遠くからもその存在が確認できたので、コンデジ片手に一歩、二歩とすり寄って撮る。普段ならいち早く覚られてしまい、撮影はいつも空振りだが、今日はとりあえず1枚押さえたのでニンマリ。



b0255992_2340316.jpg
最初の一枚はセスジイトトンボ。
イトトンボといわれるくらいだから、とても細くて小さい。トンボはとてもハイセンサー。数多い昆虫の中でもとりわけ気配の察知に長けていいる。実はこのトンボの撮影も失敗の連続だった。わずか数センチのトンボにここまで近寄り、ブルーの肢体を捉えた時はやっぱり胸の奥に響くものがある。



b0255992_23393810.jpg
こちらは一眼デジでマクロレンズによる撮影。
長靴を履いて水に浸かり、中腰での撮影は、あ~シンド。



b0255992_2339520.jpg
茂みでの逢瀬を失礼!
イトトンボの仲間はこんなふうに連結して交尾する。油断したワケではないだろうが、この時ばかりはコンデジでも余裕で撮影。(上が♂で下が♀)



b0255992_2325383.jpg
こちらはアオハダトンボ。
清冽な水辺であることの指標種でもあるが、こんなふうに抽水植物があって、サラサラ流れるような水域がお気に入りのようだ。
よく似たトンボでハグロトンボというのがいるが、メタリックグリーンの肢体や青藍色の翅の輝きが全然違う。よく見られるハグロトンボは10月過ぎくらいまで見られるが、アオハダトンボは7月中旬くらいには姿を消してしまう。まさにこの時季限定のトンボなのだ。
今回もその 「自慢の輝き」 を捉えたくて散々粘ったが、不満はあるもののご覧のようなカットに納まった。



b0255992_23435043.jpg
近くの水辺では、密かに恋人も待っていた。
アオハダトンボの♀は♂に比べてぐっとシックな色合いになるが、ご覧のように翅の先端の白い偽縁紋が特徴である。ハグロトンボの♀にはこの紋が無い。



b0255992_11401715.jpg
かくして、カメラ片手にトンボ探しの川歩き。
小鮒釣りし彼の川は、いつまでもサラサラと、どこまでも清いままで在ってほしいのです。


<撮影機材>
Canon EOS 5DMarkⅡ
tamuron sp90mm Macro
SONY cybershot RX100Ⅱ

by windy1957 | 2014-06-02 11:58 | memory of Satoyama | Comments(16)
Commented by イナ at 2014-06-02 22:14 x
1枚目が一番笑えます!
結構しんどい姿勢ですね!
もう一台のカメラでセルフタイマーでということもないでしょうから、
どなたが撮ったんでしょうね?
Commented by akko-kornblume at 2014-06-03 09:48
翼さん、おはようございます!

爽やかな水辺の小さな生き物たちとの風景、とっても素敵ですね。
トンボにしろ小さなこういう虫を撮るのって難しいし、忍耐が要りそう。
スジイトトンボの青が輝いていて美しい!

この川は翼さんの家の近くの川なのですか?
こんな川が身近にあるとしたらとっても素敵ですね。
翼さんの着ていらっしゃるTシャツはモンベルのかな~?
どんな柄なのか気になります(笑)
Commented by cyu2 at 2014-06-03 11:30 x
すごい!
こんなピントがばっちりあったトンボの写真を撮られるには、
どれほどの忍耐と技術が必要なのでしょうか!・・・愛ですかね♪
貴重なトンボ夫妻のアクロバットシーンまで見せて頂きありがとうございます。
本当にきれいな川ですね、矢車草さん同様、身近にあったら素敵だなって思うフィールドです。
Commented by at 2014-06-03 12:27 x
イナさん★
こんにちは。
今日も暑いですね、外気温は35度に届こうとしてます。猛暑日です
ね。
1枚目、笑えるでしょう。アングルファインダーがあればなんの苦労
もしませんが、改めて自分で見ても滑稽だな、って思います。本人
はいたって真面目なんですが、傍から見れば、河原で悶え苦しんで
るように見られちゃいますね(笑)
それにしても、ほんと、誰が撮ったんでしょうね…。
Commented by at 2014-06-03 12:38 x
矢車草さん★
こんにちは。
爽やかな水辺からのカットをお見せしたかったのですが、トップの笑
える画像は失礼しました。これ、水面を飛び交うトンボを流し撮りして
るところなんですよ。
この河原は自宅から車で20分ほどのところにあります。浅瀬が続く
綺麗な川で、以前からトンボの撮影には通っていました。懐かしくも
あり、川辺の原風景を残すような場所なのでいつまでも大切にした
いフィールドです。
さすが目敏い!Tシャツはモンベルです。背中のプリントはドングリ
の図柄を並べたものです。もしかして、ご存じでした?
今月2回の信州遠征でスミレハントも終わりです。そろそろ高山植
物も恋しくなってきましたね。ほんと、貧乏暇無しです。
Commented by at 2014-06-03 12:48 x
cyu2さん★
こんにちは。
今日も暑いですね。桧洞丸のレポ、読ませていただきました。今季は
ヤシオツツジはもう無理っぽいので羨ましかったです。
トンボの画像ですが、以前はトンボやチョウばかり撮ってましたから、
それほど苦にはなりませんけど、それでもやっぱり応えますね、足腰
がキツイくて。 「愛」 それもありますね、それと 「想い」 ですね。これ
はどんな写真を撮るにも通じることと思います。
童謡に出てくるような、原風景のような川原。サラサラの流れ、川は
やっぱり生きていないとダメですよね。トンボがたくさんいるのも頷け
ます。仰るとおり、こんな川原が近くにあるなんて素敵だと思います。
Commented by てばまる at 2014-06-03 13:29 x
川原で中腰でトンボの撮影。なかなか大変な作業なのはお察しできます。それでもこれだけ成果が得られれば筋肉痛もなんのそのですね?
トンボの流し撮りは野鳥より大変そうですね~ 
うちの方でトンボがいて綺麗な小川は・・・やっぱり八王子付近になるのかな~
Commented by at 2014-06-03 13:40 x
てばまるさん★
こんにちは。
てばまるさんも守備範囲が広いし、動植物の造詣も深いのでトンボ
撮りの苦労は察していただけましたね。
どの道にも達人はいるようで、トンボの流し撮りをノーファインダーで
見事に捉える人もいますし、マルチストロボで飛翔の連続写真を難な
く撮る人もいます。私はオーソドックスなスタイルなので効率は良くあ
りません。だから自己満足の域です(笑)
八王子付近もいいけれど、多摩川の中・上流域も河原が綺麗で広く
って雰囲気のある写真が撮れそうな気がしますよ。
今月は白いスミレをいくつか見てスミレハントも幕引きです。
Commented by かぜくさ at 2014-06-03 23:53 x
こんばんは♪
想いの強さが伝わる素晴らしいトンボの写真に心打たれています。
水に浸かっての撮影は、やはりそれだけの雰囲気がでるものですね!
良い写真を見せていただき、ありがとうございました。
アオハダトンボも出会いたいトンボです。
Commented by at 2014-06-04 08:46 x
かぜくささん★
おはようございます。
ご無沙汰しておりますが、お元気でしょうか。
植物も、虫も鳥も、写真は想いだと思ってます。かぜくささんの心に
響くものがあったならば嬉しいです。実はこの川原、最近工事された
ばかりでトンボの生息が懸念されてましたけど、上流域はご覧のよう
にいい感じの川風景が残っています。梅雨から真夏にかけての景色
も良いものがありますので、また季節の被写体を収めたいと思ってま
す。アオハダトンボはどこの川にもいる訳ではありませんが、たぶん
かぜくささんのお住まいの近くの川なら見つけられるでしょうね。煌び
やかな肢体と翅が目を惹きます。とても美しいトンボです。
Commented by at 2014-06-05 19:55 x
こんばんは。
糸トンボをこんなに綺麗にとられて、スゴイですね。
私は、どうしても小さすぎて、ピントがあいません。
それにしても、1枚目のお写真、微笑ましい…。
2枚目のカジカガエルと何やら似ているような気も(失礼)。
この努力が、素晴らしい成果となっているから、いいですよね。
Commented by at 2014-06-06 10:02 x
空さん★
おはようございます。
イトトンボは細くて小さいので確かに撮影はシンドイです。ご覧の画像
も決して褒められた出来ではありませんが、きりがないですからね。
一枚目の画像は笑いを狙ったものではないのですが、河原で水面を
飛ぶトンボを撮ると必然的にこんな恰好になるんです(笑)他人が見
たら悶え苦しんでいるように見えるでしょうね。そう言われれば、カジ
カガエルとかぶっている感じもしますね。なるほど、そういう見方もあ
りますね、ありがとうございます。
Commented by bjynp at 2014-06-07 07:41
おはようございます♬
アオハダがいるなんてとても清流なんですね。羨ましい。
カジカガエルの涼しげな歌声は大好きですが、撮影したことはなっかたです。さすがですね。
コメント頂いた山、いつかご一緒しましょう♬
アッキーマッキー
Commented by at 2014-06-07 20:48 x
アッキーマッキーさん★
いつもありがとうございます。
精力的に活動されているのでさすがだなぁって、いつも拝見してます。
アオハダトンボはこちらでもどこの河川でも居るワケではなくて、むし
ろ局地的ですね。アオハダトンボにカメラを向けたのは数年ぶりです
が、当時の感動はあっという間に戻りますね。カジカガエルとの対峙
も久しぶりです。何気ないようなこういう自然、大切にしたいですね。
あのランが咲く山、ぜひご一緒しましょう。楽しみにしてます。
Commented by m-kotsubu at 2014-06-07 22:06
こんばんは♪
イトトンボ、美しいですね~
本当に綺麗な色。
カジカガエルくん ユニークですね~♪
なんだかほのぼのしました。 ありがとうございます~^^
Commented by at 2014-06-08 15:05 x
m-kotsubuさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
実はイトトンボの撮影って、ほんとしばらくぶりだったんですよ。5月
から7月くらいまでは生まれたての綺麗なトンボが各種撮れるので、
以前は近くの河原によく通ったものです。
週末は生憎の雨ですね。ちょっとした山にでも登ろうと思ってました
けど、これでは呆気なく断念です。スミレハントも今月が最終ですが、
とりあえず来週、再来週と信州遠征を予定してますので、また報告
しますね。