pode ser um romance

里山逍遥 memorandum 「風薫る河原で」

b0255992_23030262.jpg
アオサナエ(サナエトンボ科)

まるで、忘れ物を探すかのように、急に思い立って訪ねた河原。
ところが、沈下橋の下流は護岸工事で見るも無残な光景になっている。幸いなことに橋の上流域はあの頃のままの河原が残っていて、密かに期待しながらも水際を歩きはじめる。
遠くではカジカガエルも鳴いている。そういえばあの時もそうだった。
5月、風薫る川辺。こんなふうに明るい河原でそのトンボが来るのをじっと待った。水面を目にも止まらぬスピードで往来し、見失ったかと思うといつの間にかお気に入りの場所に戻っている。そんなことを何度か繰り返しているうちに彼らの飛翔パターン、つまり縄張りの範囲が読めてくる。
あとはポイントを決めてひたすら待つ。トンボの撮影は50%以上の確率でまちぶせ型が成功する、というのが私の持論だ。



b0255992_23455546.jpg
それから十数分後、思いどおりの場所に止まった。1mまで近づければしめたもの。あとは匍匐前進でパチリ、パチリとシャッターを切りながらにじり寄る。
トンボの目玉は複眼といって、小さな目玉がいっぱい寄り集まったようになっている。視野は恐らく180度以上で超広角。おまけにとてもハイセンサーときている。だから、どんなに慎重に近づいてもとっくに察知されているはずだ。いったん飛び去ればまたしばらくは戻って来ない。トンボの撮影は一進一退、じーっと我慢くらべなのだ。



b0255992_23560910.jpg
気が付けばもう小一時間もここに座っていた。その間、訪れた撮影チャンスはほんの数回だけど、久しぶりにあの頃のトキメキでアオサナエを待った。
対岸の草地の向こうでは、家族連れや若者たちで賑わっている。こんないい時季に、いいオジサンが水際で這いつくばってトンボを撮っているなんて、きっと滑稽だろうね。それにしてもファインダーに浮かぶアオサナエの肢体は端正で美しい。この一時だけは、頭の中からスミレモードは完全に消えていた。

<撮影機材>
SONY cybershot RX100Ⅱ



by windy1957 | 2014-05-19 00:11 | memory of Satoyama | Comments(8)
Commented by てばまる at 2014-05-19 09:33 x
昆虫写真家の海野さんみたいな写真ですね~
トンボやチョウは複眼ですからどこから近づこうが見えてますよね。なのでいかに慎重に近づくかです。保険と思いつつ1歩近づいてはパチリ、また1歩でパチリでとりあえず撮れなかったというのは防げますね。
かなり近づければしめたものです。

週末は連日の急登降でさすがに膝がお疲れです・・・。
Commented by イナ at 2014-05-19 10:34 x
おはようございます、トンボの撮影は忍耐養成講座みたいですね。
その点植物は逃げていかないからいいですね。
でも、誰もいない河原で一人じっと動かないでいたら、
怪しいヒトと思われかねないですね(笑)
Commented by at 2014-05-19 12:47 x
てばまるさん★
こんにちは。
今回はトンボです。それも、以前、恋焦がれてたアオサナエです。
そもそも私はチョウやトンボの撮影が大好きで、草花の撮影は二の次
でした。ま、その後いろんな経緯があってスミレや草花に嵌ってしまっ
たワケですが、久々のアオサナエはトキメキましたね。つい、あの頃の
想いが甦りました。
海野さんですか?私もあんな感じで環境を差し込んだ画像づくりは興
味がありますが相手は生き物、なかなか難しいです。今回はコンデジ
で撮影しましたけど、最近のコンデジはなかなかやりますねぇ。
相変わらず果敢にスミレ行脚ですね。さすがに疲れたでしょう?私も
来週、そして6月にはまた遠征してきます。
Commented by at 2014-05-19 12:55 x
イナさん★
こんにちは。
今日もいい天気ですね。
これからの季節は植物と併せて昆虫(特にトンボ、チョウ)の撮影も面
白くなります。昔はトンボやチョウばかり追いかけていましたから、今
回は久々のトンボ撮影です。
ほんと仰るとおり忍耐ですよ。ある種、野鳥撮影に通じるものがありま
すね。でも彼らの習性をなんとなく掴めば撮影の成功率は格段に上が
りますね。トンボはほとんどが縄張りを持っていて、水辺を行ったり来た
りパトロールします。そして、大体が気に入った場所に戻ってきます。
今回のアオサナエの撮影も待ち伏せで撮りました。
河原でじっと・・・ きっと怪しい人と思われていたかも知れません(笑)
Commented by cyu2 at 2014-05-21 09:01 x
翼さん、おはようございます。
先日記事拝見してさっそく真似っこして行ってきたのですが、
シコクスミレに会うことはできませんでした、全然違うルートかな?(*^_^*)

トンボの写真、すごいですね~植物を撮るのもですが、
それ以上に昆虫類は難しいですよね!でも図鑑のようです!
縄張りがあるなんて知りませんでした。
今週も知識が一つ増えました、ありがとうございます♪

Commented by at 2014-05-21 12:25 x
cyu2さん★
こんにちは。
今日はしっとり初夏の雨ですね。
三頭山登られたようですね。そうですね、シコクスミレは少し遅かった
かも知れません。私が登った頃が最盛期でしたから…。観察コースと
しては微妙ですが、若干外れていたようです。また、来年の楽しみで

すね、機会があったら、今度はぜひご一緒しましょう。
昔はトンボやチョウばかり撮っていたものですから、久しぶりにワクワ
クした気持ちで時間を過ごしました。撮影は、最近重宝にしているコン
デジなんですよ。最近はコンデジの機能も素晴らしいですよね。
広く浅くなので専門的ではありませんが、感心を頂けるなら幸いです。
スミレ行脚も最終章。あと2、3の遠征を残して夏の花々モードに切り
替わります。
Commented by at 2014-05-23 00:36 x
こんばんは。
風薫る河原、いいですね。
爽やかな風が伝わってきそう。
キラキラ光る川面も、トンボも美しい…。
トンボを狙っている翼さんは、大変だったようですが、
拝見する写真には、そんな大変さは感じられなくて、ただ爽やか。
それが素晴らしいですね。
Commented by at 2014-05-23 09:03 x
空さん★
おはようございます。
風薫る河原、何となく雰囲気が伝わったでしょうか。最初はしんどか
ったですけど、撮影しているうちにだんだんんと気分よくトンボと時間
を過ごすことができました。今回はコンデジ撮影ですが、最近のコン
デジは性能が良いですね。たぶん、あの時の一眼カメラとレンズでは
今回のようなカットは撮れなかったと思います。
爽やかな画像、お届けできて良かったです。来週はまた別のトンボを
撮りにいこうかと思ってます。