pode ser um romance

週末はスミレに会いに 2014 「 麗しの山里・中之条WS編 」

b0255992_13362943.jpg
スミレのシーズンともなれば月に2、3度は訪ねてしまう上州エリア。
中でも中之条は植物各種のバラエティに富んだ撮影や、太平洋側要素と日本海側要素の境界線上の植物相が興味深く、何度足を運んでも面白い。
今回は個人的なマル秘データは温存することとして、恒例となったWS(今回で6回目)で観察できたスミレたちを紹介しよう。



b0255992_13585229.jpg
まずはマルバスミレ。
純白のふくよかな花弁に丸味を帯びた葉っぱ。個人的に思い入れのあるスミレなので素通りはできない。必ずカメラを向けてしまうスミレだ。



b0255992_144065.jpg
こちらはウスアカネスミレ、ということだが、果たして何が基準なのかイマイチ悩ましい。



b0255992_1481550.jpg
悩ましついでにもうひとつ。
こちらはシラユキフモトスミレ。フモトスミレの唇弁から紫状線が消えた白花品。はじめて見るタイプのスミレだが、なんとも小さい。環境も差し込んで撮るとなるとこれが精一杯。



b0255992_14122052.jpg
今シーズンはフイリフモトスミレに縁がある。
今のところ、何処を訪ねても 「 斑入り 」 と出会う。ひょっとすると、憧れの斑入りに出会える前兆なのか、と勝手に思い込んだりして…。



b0255992_14172323.jpg
ヒカゲスミレ。
今シーズンは裏高尾のスミレ観察では出鼻を挫かれてしまい、ヒカゲスミレとの再会はこの日が今季初。



b0255992_14205346.jpg
渓流沿いの草地には、ヒカゲスミレが足の踏み場も無いほど咲いていた。



b0255992_1422314.jpg
ここではヒゴスミレにも普通に会える。
きれいに花開いた個体にはなかなか会えないけれど、こちらは比較的見栄えのするタイプだと思う。



b0255992_14262776.jpg
仲良く揃ったヒゴスミレ。スミレに興味を持ち始めた頃はこのスミレに会いたくて仕方がなかったが、今では毎年こうして会えることがなにより嬉しい。



b0255992_14302773.jpg
エゾアオイスミレとの再会もなんとか間に合った。
アオイスミレならばともかく、このスミレは私の身近ではまずお目にかかれない。そう思うといっそう惹かれてしまう。



b0255992_14324439.jpg
麗しのイブキスミレ。
今回は思わぬ場所で出会ってしまった。さすが、中之条!



b0255992_1435979.jpg
ある意味でイブキスミレは特異な分布を示すスミレだが、こんなふうに竹林の中でも咲いていたのは驚きだ。



b0255992_14383237.jpg
こちらはヒラツカスミレとしたが、紛らわしくもあり悩ましくもあって、イマイチよく分からない。
確かにエイザンもヒゴも多く自生しているし、ハイブリットのようなスミレがゴロゴロ出てくるので特別に不思議なことではないのだが、ひとつひとつきっちり分類するとなると、とても一筋縄ではいかない。



b0255992_14481195.jpg
アケボノスミレも目を引くスミレのひとつ。ピンクというか、薄紅色というか、この微妙な色合いはなかなか再現が難しい。



b0255992_14534339.jpg
ヒメスミレサイシン! と言いたいところだが、その正体はシロバナアケボノスミレ。
いわゆるアケボノスミレの白花品だが、その清楚さにハッとした。初めて目にするスミレだが、本来のアケボノスミレと共に切り開かれた斜面にいっぱい咲いていた。



b0255992_14583255.jpg
こちらはスミレサイシン。一般的には日本海側に多く見られるスミレで、個人的には国境の長いトンネルを抜けてから出会うスミレという印象がある。ところが中之条でもこのスミレに会える。植物の分布域(境界)はきっちりと線引きができるものでもないが、中之条はその曖昧さが当てはまっているエリアなのかも知れない。



b0255992_1574248.jpg
オカスミレのブーケもあちらこちらで目に付く。



b0255992_1591297.jpg
ほんのり桜色の花弁が美しいサクラタチツボスミレ。
控えめというか、奥ゆかしさというか、とても上品な色合いが印象的。



b0255992_15185257.jpg
こちらは別の株のサクラタチツボスミレ。
その色合いに見惚れてしまい、細かな配慮もないまま撮らされてしまった一枚。



b0255992_1520516.jpg
サクラタチツボスミレは伐採された斜面の一部に占有的に見られたが、その一角以外の周辺は不思議なことにみんな普通のタチツボスミレばかりだった。



b0255992_1527259.jpg
ゲンジスミレもなかなか良い状態のものに出会えない。
ここでも時期は少々早めか。崩れ落ちそうな斜面に点々と咲いていたが、どれを見てもあまり目を引くような状態ではなかった。また、来年のお楽しみ。



b0255992_1531495.jpg
草地ではヒメスミレもいっぱい。
まるで足の踏み場もないほどの群生だが、こういう状態って意外とまとめにくい。一応 「いっぱい咲いている」 といった状況報告まで、といったところでご容赦を。



<使用機材>

Canon EOS 5DMarkⅡ
Tamuron sp90mm Macro
SONY cybershot RX100Ⅱ

by windy1957 | 2014-05-06 15:42 | wild plant | Comments(22)
Commented by 深谷 at 2014-05-07 06:17 x
翼さん、ご無沙汰してます。

やっぱり中之条のスミレはいいですね。
綺麗な写真にうっとりしながら拝見しました。
種類も多いし、咲いている情景もいい場所ですね。

ご一緒したかったのですが、休みが取れずに断念しました。
来年こそはと今から思っています。
Commented by at 2014-05-07 08:52 x
深谷さん★
おはようございます。
お久しぶりですね、深谷さんの精力的なフィールドワーク、いつも楽し
く拝見していますよ。
中之条の素晴らしいところは、いつ行っても期待を裏切らないというこ
とだと思いますが、今回もそれなりの収穫に満足でした。来年はぜひ
ご一緒しましょう。
画像の色合いはPCによって多少のバラつきがあるようで、自宅のPC
と職場のPCでは微妙に変化してますね。特にサクラタチツボスミレの
繊細な色合いですが、これはなかなか再現が難しいですね。
来月、信州での花めぐり楽しみにしてます。
Commented by てばまる at 2014-05-07 15:52 x
ネット知り合いの皆さんがこぞって参加していると知ってちょっとビックリです。
中之条、相変わらず種類が豊富なエリアですね。しかもかなりまとまって咲いているというのがまたハーフハンターの心をくすぐります(^^;)
一番驚くのはやはりイブキスミレが自生している点でしょうね。群馬県でも数か所しかないらしいですから貴重なエリアですね。

私もヒゴは憧れでしたけど最近では近隣のあちこちで見れるようになったので毎年会いに行ってしまいます。なんといってもあの高貴な香りが好きです。
Commented by at 2014-05-07 17:32 x
てばまるさん★
こんにちは。
中之条WS、ほんとお知り合いの方が多かったみたいですね。私もこ
れまで全6回のうち4回参加してますが、知り合いの人は少ない方だ
と思います。来年も開催の方向で検討されるようですから、ぜひ次回
は中之条のスミレ探しに、持ち前の「勘」で一役買ってください。
群馬のイブキは貴重でしょうね。しかも自生地が何の変哲もない道路
脇だったり竹林だったりして、それ以外にも日本海側要素の植物がひ
ょっこり出てきたり、本当に面白いフィールドだと思いますよ。
てばまるさんが探し歩けば、きっと新たなハイブリットが見つかると思
います。もしでしたら、来年はプライベートでご一緒しますか?
Commented by フクシア at 2014-05-07 23:48 x
今度は上州でスミレハントでしたか!行く先々外れが無さそうで良いですね。
サクラタチツボスミレなるものを初めて知りました。随分綺麗な色で、よく見かけるタチツボさんとはイメージが違いますね。スミレも個性派が多いですよね。というか、翼さんが個性的なスミレをアップしているのかも知れませんね。
Commented by at 2014-05-08 08:18 x
フクシアさん★
おはようございます。
いつもありがとうございます。
「スミレハンント」 これはいいフレーズですね、早速使わせていただき
ますね。
サクラタチツボスミレは昨年も撮影しましたが、夕暮れ時の出会いだ
ったため、あの素敵な色合いが今一つ再現できませんでしたけど、今
回は花曇りのベストコンディションでした。でも、感動というか感激に
は逆らえませんね。悪戯にシャッターをバシバシ切ってしまい、自分の
力量の無さを実感しました。嬉しい出会いの時こそ冷静さは必要です
ね。スミレハントの後半戦は、そんなことも気に留めながら仕切り直し
です。
Commented by てばまる at 2014-05-08 21:29 x
プライベートで何人かで集まってスミレ探索もいいかもしれませんね。
きっとろいろ発見あると思います!

高尾山もコミヤマスミレも咲いてそろそろ終わりのようです。何だかあっという間にスミレシーズンが過ぎてゆきますね。週末たけだとなかなか廻りきれなくてもどかしい限りです。
Commented by やまそだち at 2014-05-09 07:40 x
中之条ではお世話になりました。
さすが奇麗に撮られておりますね。私は横位置ではあまりと撮っていないのでとても勉強になります。
群馬はいつも新しい発見があり楽しみです。

てばまるさん
私も中之条は今回で4回目なのでお会いしているかもしれませんね。尾瀬は年1、2回ですがそのうち竜宮小屋で会えるかもしれません。今後ともよろしく。
翼さん、ここお借りしました。
Commented by at 2014-05-09 08:30 x
てばまるさん★
おはようございます。
中之条でのプライベート探索、スケジュールが調整できれば段取りま
すよ。時期としては4月下旬がベストでしょうね。条件しだいですが、
ハイブリットも含めればかなりの種類が稼げると思います。
てばまるさんの「勘」に期待したいです。こちらはちゃっかりおこぼれ
を頂戴しますので(笑)
Commented by at 2014-05-09 08:41 x
やまそだちさん★
おはようございます。
こちらこそやまそだちさんの写真には刺激を受けてますよ。いつもこ
っそり拝見しているんですよ(笑)
ほんとですね、中之条は必ず何か新しい発見があります。スミレに限
らず、他の植物も昆虫も野鳥も興味を惹くものがいっぱいです。
スミレ行脚もいよいよ後半戦ですね。やまそだちさんはどのようなス
ケジュールでしょうか?私はあと1回くらい群馬に行きたいですね。6
月は長野遠征を予定してます。高山性のスミレが狙いです。
Commented by sizuku at 2014-05-09 09:13 x
翼さん、中之条ではお世話になりました。古い仲間が集まれば、同窓会のようで楽しかったですね。
翼さんのレポ、待ってました!!
どのスミレも、美しい花姿で、綺麗な写真にうっとりです。
同じフィールドを歩いていたのに、こんなに綺麗なスミレたちを見つけ出す目とカメラワークには脱帽です。
ヒカゲスミレの美しいこと!!オカスミレのブーケも、綺麗なマルバスミレも、わたしは見損なってました。
どの写真からもスミレを愛する眼差しがすごーく感じられました(*^_^*)
Commented by 翼@執務中(笑) at 2014-05-09 10:47 x
sizukuさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
中之条ではお世話になりました。実はこっそり撮った画像もありました
が、やっぱり細かな配慮に欠けてますね。「撮らされてしまう」とはこう
いうことなんでしょうね。
ヒカkゲスミレは凄かったですね、何処をどんなふうに切り取っていい
ものか迷ってしまうほどでした。
久しぶりに会えた仲間たちとの楽しい時間。以前のスミレオフやキノコ
オフを思い出してしまいましたよ。また機会があったら集まりたいです
ね。
スミレ行脚もいよいよ後半戦。今月と6月は数か所の遠征も考えてま
すが、あっという間のシーズンでしたね。今夏は高山植物も撮りたい
と思ってます。
Commented by やまそだち at 2014-05-09 17:47 x
私は素浪人ですので、行きたくなると即でかけますが、今年はフジスミレがそろそろかと思っています。ナエバキスミレも見たいと思っています。6月は白馬にでも・・・
Commented by fumifumi at 2014-05-09 21:40 x
こんばんは~
一度にこれだけのスミレが見れるなんて、中之条って魅力的なフィールドですね。
私だったら舞い上がってしまいそう~~。
素敵に撮られたスミレの数々、楽しく拝見しました。
遠くて迷っているうちに、すぐ定員になってしまいました^_^;
いつかきっとと想いを馳せています。
明日は長野方面で、スミレウォッチングの予定です。
Commented by bjynp at 2014-05-10 05:22
翼さん、おはようございます♬
本当にきれいに撮れてますね。ブログの構成上、最近は縦位置写真が多いので、大変参考になりました。
最初に行った場所のフモト、葉っぱが長かったですよね。あれは気になってましたが、多様性の範疇でしょうか?
皆さんが騒いで僕が見逃していた、シラユキフトモスミレ、拝見しました。どうも古くなって紫状紋が薄れてきたようにも思いますが、どうでしょうね。
サクラタチツボスミレがあんなに群生している場所は初めてでしたね。それも周囲にはタチツボスミレばかりで、不思議でしたね。ずっと残ると良いのですが。
シロバナアケボノにもびっくりでした。
来年は、エゾアオイ、イブキ、ヒナ、ゲンジ、アケボノ、ヒメスミレサイシン、キバナノコマノツメなどが見れる別のエリアでいがりさんのWSを計画中です。具体化したらお知らせしますね。これからはちゃんと書き込みしますね。それでは、またの機会にお会いしましょう♬
アッキーマッキー

Commented by at 2014-05-11 10:57 x
やまそだちさん★
こんにちは。
風薫る5月。今日は最高の日和ですが、家でのんびり寛いでます。
昨日は北風が強かったのですが、また上州路を流してきました。まだ
残雪の残る新芽の森ではミヤマスミレが咲き始めてました。
フジスミレいいですね、私は未だに機会に恵まれず、このまま今シー
ズンもフジスミレには会えず仕舞いかも知れません。6月は私も白馬
です。
Commented by at 2014-05-11 11:08 x
fumifumiさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
今頃、信州あたりの山や森でスミレ巡りの真っ最中でしょうね。今日は
絶好の日和ですが家のおとなしくしてます。来週末には新潟あたりを
検討中ですが、今ひとつポイントが絞りきれてません。
中之条、いつか訪れるチャンスが来ることを期待してます。なにしろ、
一度にあれだけのスミレが見れるのですから飽きることがありませ
んね。昨日は北風が吹く肌寒い高原でミヤマスミレと会ってきました。
まだまだアオイスミレが全盛だったり、オオタチツボスミレがやっと咲
き出したり、残雪のブナの森も素晴らしかったですよ。
Commented by at 2014-05-11 11:26 x
アッキーマッキーさん★
こんにちは。
ようこそお出でくださいました。
今頃、どちらのフィールドを物色中でしょうか(笑)
写真の構図、私は圧倒的に横位置が多いですね。ブログでも縦位置
の写真は数えるほどしかありませんが、私の場合、単に馴染みの問
題だと思います。
そうですね、フモトの葉っぱは私も気になりました。多様性、地域変異
の範疇だと思いますが如何でしょうか。とにかく中之条は興味が尽き
ないフィールドだと思います。奥が深いですし、なんと言っても植生が
バラエティに富んでますよね。
来年のいがりさんのWS、とても楽しみです。スミレラインナップだけで
もワクワクしてきますね。ぜひ、参加しますので実現してください。
これからは気兼ねなく遊びに来てください。そして、幅広い知見からい
ろいろご教示いただければと思います。
本当は今日も遠征したかったのですが、出足が遅れてしまいましたの
で家でのんびりすることにしました。
Commented by アメフ at 2014-05-12 18:56 x
こんばんわ。

中之条ではお世話になりました。写真綺麗ですね。私の場合、芸術性はないので、最初から記録と割り切ってます(^_^;)。その後は高知と走り回ってます。
前から興味のあったWSですがなかなか参加できず、今回も途中からの参加でシラユキの所は分からないながらも行ってみたのですがやっぱり見つかりませんでした。来年も参加したいとは思ってますが・・・。
気が向いたら、私のページ(アメフで検索)にもお出かけください。
Commented by at 2014-05-13 08:58 x
アメフさん★
おはようございます。
お出でいただきありがとうございます。
アメフさん?とは、ゲンジスミレを見た後、やまそだちさんと一緒に
下って来た方でしょうか?うる覚えでスミマセン。確か、バスでは最
前列に座っていた方?でしょうか?
WSはこれまで6回開催されてますが、私はそのうち4回参加させて
いただいています。中之条は本当に面白いフィールドだと思います。
スミレに限らず、他の植物も、昆虫や野鳥も面白いですよね。
シラユキは私も帰り際に教えていただき撮影しましたが、あまりよく
撮れませんでした。
アメフさん、早速検索させていただきお邪魔させていただきます。
Commented by アメフ at 2014-05-17 22:41 x
はい、その通りです。やまそだちさんとは、時々一緒に出かけています。
蕎麦屋からいきなり参加して一番前に乗ってました。WSはすっと参加したかったのが、やっと今回かないました。
Commented by at 2014-05-18 18:37 x
アメフさん★
納得です。
これを機会にいろいろ教えてください。
スミレ行脚もひと段落。来週末からまた遠征に繰り出そうと思って
ます。黄色いスミレも気になりますし、そろそろ他の花々会える時季
になってきました。