pode ser um romance

週末はスミレに会いに 2014 「高尾山系&外秩父山系」

b0255992_8561680.jpg
何んと言うか、気持ちと行動がまるで空回りしている今日この頃。
なんとも効率の悪いスミレ行脚が続いている。
4月。高尾山系だけでも4回のチャレンジにも関わらず、お目当てのスミレに会えないまま徒労の踏査は続くばかり。
と、まぁ愚痴っても仕方ないので、一応のフィールドワークということでお馴染さんとの再会のレポなんぞ、ちょこっと。



b0255992_9203836.jpg
高尾山3号路。
この日は珍しく家内も同行してのスミレ巡りとなった。タチツボスミレやナガバノスミレサイシン、ヒナスミレがまだまだ見頃で、カメラ片手に遅々として歩の進まない私を尻目に、家内の足取りはいたって軽い。
スミレか?と思ったが、突然目の前にヤマルリソウの群生が現れた。ヤマルリソウの別名は 「山鶯」。花言葉は 「私は考える」 。さっさと先を行ってしまったあの方は、この群生を目の当たりにして何を思っただろう…。
ここでもまた、カメラを取り出してしばらく座り込む。



b0255992_10154326.jpg
このあたりから、ポツリポツリとエイザンスミレが出始める。スミレに興味を持ち始めた頃は、このスミレの地域変異が面白くて、ずいぶんとあちこちの山を歩いた思い出がある。



b0255992_1022244.jpg
こちらはナガバノスミレサイシン。
このあたりの山域では早咲きの部類に入るスミレだけど、まだまだ見頃な状態でいっぱい咲いていた。



b0255992_10244241.jpg
そしてここでもヤマルリソウの群生が。(こちらはやや空色タイプの花弁)
実際は斜面いっぱいに咲いていて、とても見事。ここでも座り込んでカメラを構えていたが、行き交うハイカーや登山者は目もくれず黙々と過ぎ行くばかり。



b0255992_1029627.jpg
ヒナスミレもまだまだ見られたが、さすがに花弁の傷んだものが多い。
ところどころで、ハッとするほど鮮やかなものも出てくるが、やっぱり花の状態がイマイチ。このヒナスミレは比較的無難なタイプかな?



b0255992_10333634.jpg
こちらのヒナスミレも比較的傷みの少ない方だ。
もう少し時期が早ければ、さぞかし美しいヒナスミレロードだったに違いない。



b0255992_10371120.jpg
こちらは葉っぱに薄らと斑の入ったタイプ。
これまでの経験だと、どういうワケか斑入りタイプのヒナスミレは日陰に咲いていることが多いような気がする。正しくここもそんな環境。WBをあれこれ変えて、比較的忠実な色合いになったのがこの画像。



b0255992_10434115.jpg
タチツボスミレの群生もあちこちに。
春真っ先に再会を果たしてくれる愛しいスミレなのに、春も本番を迎える頃にはその印象もだんだんと薄れてしまう。
「初心に帰ろう」 と改心し、この日はタチツボスミレにもいっぱいカメラを向けた。



b0255992_10483413.jpg
ここは外秩父山系の一角。
この時季には必ず訪ねる秘密のフィールドだ。足の踏み場も無いほど咲き揃うヒナスミレやアケボノスミレを期待したが、残念ながらまだまだ閑散とした状態、百花繚乱の花園はこれからが本番という感じだった。
林床を一面に埋めるヤマエンゴサクも、今はまだ点々と咲くばかり。



b0255992_1056199.jpg
気を取り直して次なるポイントへ。
昨年は斜面をピンク色に染めたナガバノアケボノスミレの群生地だが、ここでもやっと数輪が咲き出した程度。それでもこの美しい花色との再会には、やっぱり心が躍る。



b0255992_1113294.jpg
こちらもナガバノアケボボスミレ。
ノイバラの棘と格闘しながら撮った痛恨のカット。



b0255992_1151645.jpg
ご覧のように蕾の状態もあちこちで散見できたけど、昨年ほどの群生規模ではない。辺りの植生遷移も進み、先行きがちょっと心配。



b0255992_1185756.jpg
アズマイチゲもあちこちで花盛りだ。
このあたりでは稀にキクザキイチゲも混生しているらしいが、私はまだ出会ったことがない。



b0255992_11115444.jpg
こちらは林道脇の日陰に咲くナガバノスミレサイシン。
このあたりに咲くのはみんな白花タイプで、日本産のスミレではいちばん長たらしい名前、シロバナナガバノスミレサイシンとも呼ばれる。



b0255992_11175648.jpg
山菜の話をちょっと。
この時季には山菜にも目移りがしてしまうのは毎度のことだが、これはウバユリの若い葉っぱ。山菜のレシピ本などを捲ると 「お浸しや、天ぷらなどで美味しく食べられる」 と書かれているが、私は未だに試したことがない。テカテカとした鮮やかなグリーン、まるで血管のように広がる赤紫色の葉脈。どうしても食べてみたい、というほどのものでもなく、こうした感覚はキノコにも同じようなことが言える。
「毒があるか、無いか」 「美味しいか、不味いか」 まずは食べてみてから…? ちょっと気取って言わせてもらえば、山菜でもキノコでも、少なくとも私はそういうスンタンスじゃないっスね。



b0255992_11525181.jpg
実は密かに期待していた特別なエイザンスミレがある。だけど、残念ながら今日も会えず仕舞い。
エイザンスミレが点々と咲き続く林道。この地のどこかに、憧れの… 麗しの… 花姿がきっとあるに違いない。



b0255992_12532269.jpg
最後を飾るのはスミレ(mandshurica)の登場。
〇〇スミレという名前ではなく、いわゆる 「スミレ」 と呼ばれるスミレである。
このスミレ、一見、なんの変哲もない車道脇の草地に大発生していた。私がはじめて気付いたのは昨年だが、恐らくその前からの現象だろう。所によっては足の踏み場もないほど咲き誇っている。まったくの普通種だが、どういうワケか私の家の周りではあまり見掛けない。
由緒正しいスミレ色、というのは、果たしてこんな色合いのことを指すのだろうか。あまりのピーカンであるが故に、ちょっとドギツイ色合いになってしまったけれど…。


<撮影機材>
Canon EOS 5DMarkⅡ
Tamuron Sp90mmMacro
SONY cybershot RX100Ⅱ

by windy1957 | 2014-04-18 13:15 | wild plant | Comments(12)
Commented by hidamari at 2014-04-18 14:03 x
尾瀬から一番乗り~!!
スミレ天国ですね~!スミレってどこで見分けるの?といつも皆さまが
あっ、これはOOスミレね♪ってすぐにわかるのが不思議です。
でもお花もひとつひとつ違うから、ちゃんと見てあげなければ・・・・
広く浅くから広くちょっと深く、今年の目標です。
翼さん、ぜひ見分け方教えてください!!
Commented by at 2014-04-18 14:48 x
hidamariさん★
こんにちは。
なんと、はるばる尾瀬からですね、有難うございます。これか
ら暫くは、また尾瀬にどっぷり浸かってお仕事ですね。ご苦労
さまです。今夏こそ、お会いして話ができたら、と思います。
尾瀬は7月初旬の至仏山からスタートです。そしてここでスミ
レ行脚の最終章を迎えます。
スミレの見分け方は、まずは共通点が有るか、無いか、もひと
つのポイントだと思います。後はゆっくり、のんびり、丁寧に
、といったところかな。
ま、後でお話ししましょう。
まずは尾瀬から一番乗り。ありがとう、そして頑張ってね。
Commented by cyu2 at 2014-04-18 21:40 x
かーわーーいい!ですね!
翼さんの撮るスミレたちは本当にいきいきとしていて、そして、とびきりカワイイ。
カメラマンとモデルの関係のように、
モデルが心を開いているのか?翼カメラマンの巧みな話術?(技術)がモデルの本来の姿を開かせるのか・・・

ふふふ♪妄想している時間が楽しいです(*^_^*)
Commented by てばまる at 2014-04-19 00:21 x
こんばんは~ 高尾山に3回ですか~ 1回目は目の前を激ニアミス、いや顔は見合わせましたね(^-^;) 
それにしても、高尾山で何を捜していたのでしょう? 捜し物はなんですかぁ~♪

マンジュリカは自宅の前の道沿いに何故か沢山生えてるんですよ~ そこから苗を拝借してベランダで育ててますが今満開になってます。
Commented by フクシア at 2014-04-20 09:08 x
翼さんと植物との語り合いが聴こえてくるようなムードがたっぷりですね。タチツボスミレに対する思いは私も同感で、思わずニヤリ( ̄▽ ̄)しました。

今年は花の咲く時期の読みがかなり難しいですね。事スミレに関すると、とても難しいですね。あの大雪の影響がある場所、無い場所、理由は色々なんでしょうね。
Commented by at 2014-04-20 10:06 x
cyu2さん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
スミレの撮影って、ほんと肩が凝るんです。アングルをいろいろ考え
て撮影に没頭していると、首から肩にかけてコリコリ状態になってし
まいます。ファインダーの中での会話、確かにあるかも知れません
ね。以前、チョウyトンボを撮っている時って、そんな経験がよくあり
ましたよ。
期待しているモデルさんになかなか会えません。昨日も半日森を
彷徨ってしまいましたけど、嬉しい再会がありましたのはせめても
の救いです。
Commented by at 2014-04-20 10:16 x
てばまるさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
今日もどちらかにスミレの追っかけですか?1回目の高尾山、何人
かの人と顔を見合わせましたけど、どの方がてばまるさんだったの
か…?
捜しモノは諦めました。もう一度くらい高尾山を歩いてもいいのです
が、他のフィールドが待っていてくれません。昨日の追っかけが少々
疲れたので、今日は骨休みです。明日は中之条、週末は長野、再
来週も群馬遠征と、ガソリン代やら高速代やら散財が続きます。
Commented by at 2014-04-20 10:28 x
フクシアさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
何処へ行っても真っ先に会えるのがタチツボスミレですが、普通に会
えることが当たり前と思ってはいけないんでしょうね。そんな思いから
最近、タチツボスミレにもカメラを向けるように心掛けています。
確かに、スミレの開花状況を読むには、少々戸惑いがありますね。い
つもと同じように同じ時期に咲いている場合もあれば、2週間近く遅
れて開花するようなフィールドもありますね。特に丘陵帯でそんな傾
向があるように感じます。予期しなかった春のドカ雪、まったく影響が
無いとは言えないでしょうね。
今日はちょっと肌寒いですね。久々に家で残務整理です。
Commented by よしころん at 2014-04-21 10:06 x
スミレの紫の色合いって本当にむつかしくて・・・
いつも帰ってから「あ~あ~~。」と思います。
斑入りのヒナスミレ、私が先日見かけたものもやはり日蔭に咲いていました♪
最後のスミレの群生素敵です~~
私もいつまでたってもムムムのスミレちゃんですが、よろしくご教授くださいませ m(__)m
Commented by at 2014-04-21 16:14 x
こんにちは。
スミレ行脚、始まっていらしたんですね。
どのスミレも、不思議とこちらを向いて笑っているようで…。
林道脇のナガバノスミレサイシンなんか、こちらに向かって歩いてきているような気配さえも。
ちょっと不思議な気がしました。

Commented by at 2014-04-21 18:05 x
よしころんさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
仰るとおり、スミレの色再現は難しいですよね。他の花々も同じような
ことが言えますが、やっぱりスミレは独特です。あの花弁の微妙な色
具合、今日の群馬遠征でも散々悩んできました。
私もやっぱり同じです。いつまでたってもムムムですよ。よしころんさ
ん、この時季、まだまだあちこちの山々に行くでしょ?スミレの画像、
ぜひ見せてください。6月いっぱいくらいまでは楽しめると思います。
ご教示はお互い様です。私も教えていただくことがいっぱいです。
Commented by at 2014-04-21 18:10 x
空さん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
はい、スミレ行脚こっそり始めてました。なにしろ効率の悪いフィール
ドワークなものですから種類が稼げません。もっぱら身近なポイント
から攻めてます(笑)
ナガバノスミレサイシン、去年はもっと沢山咲いていましたけど、今
年はご覧のとおりでした。ちょっと臨場感が出たのは、コンデジの威
力(?)でしょうね。私の所有している一眼デジのレンズでは、中々
あのような効果は出ません。