pode ser um romance

想いはグラスのふちを回る No10 「旬を見る、食べる、そして考える」

b0255992_21190122.jpg
カエルのロックグラスを傾けて、あれやこれやいろいろと勉強を始めたけれど、やっぱ呑んじゃうとダメ。
週末が待ち遠しいこの時季は、あの山裾に、あの渓に、あの谷に… 
思いのほか 「 想いはグラスのふちを回る 」 なのです。
そしてもう一杯。
とっておきの焼酎を注ぎ、ちっとも頭に入らないけれどパラパラと愛用の図鑑を捲りつつ…



b0255992_21501943.jpg
別に専門家でもないし、その道に造詣が深いワケではないのだけれど、たとえば観察会などで参加者から 「 これって、なんですか 」 と聞かれれば、なんの躊躇もなくサラリと涼しい顔で答えたい。
ということで、イネ科植物のページを開いては眉間にシワを寄せてる。
つまり、そういうこと。だけど「 ワカリマセン 」ってはっきり言えることって、素敵だと思うけどね。




b0255992_22020715.jpg
今夜は絶品のからし菜に舌鼓を打った。
質素だけど、とっておきの旬の味に、当然、お酒もすすむすすむ。



b0255992_22085653.jpg
今日のフィールドワークは、ちょっとした植物観察会だった。
休耕田では、今が旬のセリが一面に蔓延っていた。お浸しにしたセリをつつきながら、キューッと一杯いきたいね。というのは男連中の共通の話題だ。水辺のセリを摘む時は、ヒルが付着していることがあるのでちょっと注意が必要。



b0255992_22170000.jpg
こちらはツリガネニンジンの若芽。
山菜名はトトキとよばれ、田舎では「山でうまいはオケラにトトキ」と親しまれている。ご覧のような新芽を摘み、茹でてから水にさらしてお浸しや和え物にしても美味しいし、天ぷらにしても絶品だ。



b0255992_22253984.jpg
ルーペで覗きながら 「葉の裏側に繊毛がありますよ」 という感じで話しが始まる。
野山で覚えるということの早道は、鳥でも虫でも植物でもなんでもそうだけど、名前だけでなく匂いとか、味とか、手触りとか、特徴を見つけ、ともかく五感を活用して印象付けることが大事。もちろん、親しむということもね。



b0255992_22384812.jpg
ヤマアカガエルの受難。
先日の裏高尾では、あちこちの水辺でヤマアカガエルの恋の儀式が始まっていたが、こちらの森ではちょっと異変が起こってる。
この時季には、ヤマアカガエルが山間の休耕田に毎年産卵していたが、今季はまったくその気配がない。どうしたことか。断定はできないが、そうした要因のひとつにアライグマの森への進出が挙げられているという。この時期、アライグマにとっては貴重なタンパク源になるのだろうか。各地の里山でサンショウウオやアカガエルを食い荒らすアライグマの生態が報告されている。
今日のフィールドワークでもヤマアカガエルの卵はまったく確認できなかった。根絶してしまったのだろうか。
初夏の頃。山間の休耕田に響くヤマアカガエルの鳴き交わしが聞けないのはちょっと淋しい。
<画像は裏高尾・日影沢林道で撮影>



b0255992_22581866.jpg
楽しくもあり、悩ましくもあり、忙しくもあり、スミレ行脚は今年もアオイスミレとの嬉しい再会から始まった。
透きとおるような薄いブルーの花弁がファインダーに浮かぶと、スミレシーズンの到来を実感せずにはいられない。
さぁーて、軽トラ全開で林道を駆け上がろう。長靴履いて、カメラぶら下げて、あの薄紅色の花弁に想いを馳せつつ…


<使用機材>
Nikon D800E
60mmED F2.8Macro

SONY cybershot RX100Ⅱ

by windy1957 | 2014-03-30 23:19 | in my life | Comments(14)
Commented by てばまる at 2014-03-31 10:03 x
土曜日に日影沢でしたか? 私も行っていたのですが、長靴をはいた人みかけましたがもしかして?? 

日影沢もやっとスミレが咲きはじめましたね。よーく見るとタカオスミレの新芽も出てきてます。4月10日くらいには見ごろになりそうな感じです。まだまだ春の高尾通いは続きます(^^;)

植物の名前って覚えようと思っても覚えられませんよね。ましてや図鑑だけでは無理・・・ 現地で見て写真撮って帰ってきたから図鑑を見て確認して、ということを繰り返しているうちにいつのまにか覚えてます。何かひとつ特徴を掴むと覚えやすいですね。
イネ科は難しい・・・
Commented by hidamari at 2014-03-31 10:29 x
会津に戻ってみると、あら春だわっ♡
まだお花たちは雪の下ですが、少しずつ融けたところから
フキノトウが顔を出し始めています。
日影沢が翼さんのフィールドなのですね!
来年の春一番は日影沢に遠足だな~♪
山うさちゃんとの偶然の出会いも素敵!

あらいぐまが悪いわけではないけれど、在来の生き物たちの生活がおびやかされるのは困りますね。何かいい方法はないものか?
やっぱりそういうことを考えるとすべて私たち人間のおこなってきたことの過ちに気付かされ、いや~な気持ちになります。

スミレの季節、てばまるさんもソワソワしてますね!!
Commented by よしころん at 2014-03-31 11:39 x
スミレも咲き始めたのですね~
そして今年もまた一から覚えなおし(笑)
よろしくご指摘お願いします^^;
Commented by at 2014-03-31 12:44 x
てばまるさん★
こんにちは。
今日はまたポカポカ陽気になりましたね。これでグーンとスミ
レたちも目覚めが加速するでしょう。
はい。土曜日は日影沢から林道を詰めて城山へ。そして4号路
からいろはの森を抜けてまた日影沢に戻りました。スタイルは、
長靴にグリーンのノースフェイスのショルダーバック、カメラ
をぶら下げていました。先ほどてばまるさんのブログにお邪魔
しましたけど、確かに携帯で連絡をとっていました。仲間とは
ぐれて探している途中だったと思います。だとすると、ニアミ
スがあったのは、日影沢のキャンプ場あたりでしょうか?あの
あたりは人がたくさん居ましたよ。私は大分急ぎ足だったと思
いますが…。
私ももう少し裏高尾で楽しみたいです。城山までの林道、今回
はじめて歩きましたけど、結構、ダラダラと長いですね。収穫
はほとんどありませんでした。
Commented by at 2014-03-31 12:53 x
hidamariさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
手作りバザー、お疲れ様でした。生憎、午後から仕事だったも
ので応援に駆け付けられず残念でした。また、今度の機会です
ね。そして九十九里での休日、のんびりできましたか?
会津にも遅い春がやって来たようですね。もう、こちらは春全
快。なのにスミレとの再会はやや消化不良気味です。花めぐり
はこれからが本番、待ち遠しい週末がまたやって来ます。
ぜひ、来年は裏高尾でスミレオフをしましょう。多少時季はズ
レるかも知れませんが、4月初旬くらいがいいかも知れません。
アライグマには困ったものです。彼らも生態系の一員ですが、
今のところこちらの森では一歩はみ出してしまった感じです。
カエルもサンショウウオも、ほとんど姿を消してしまいました。
Commented by at 2014-03-31 13:00 x
よしころんさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
百花繚乱の春ですね。今月中旬くらいには、スミレも他の花々
も爆発的に咲き出しますよ、きっと。
すでに6月下旬までの週末は、スケジュールがビッシリです。
このスケジュールを正直にこなしては体がもちませんね。
ご指摘なんて、とんでもない。こちらこそ、いろいろ勉強させ
てもらってますよ。山の花に関してはよしころんさんの山行レ
ポがとても刺激的なのと同時に羨ましくってね。
ということで山々からの花の写真、今年もバチバチ撮ってくだ
さいな、上手いんだから。
Commented by てばまる at 2014-03-31 22:31 x
はわわわ、やはりそうだったようですね(^-^;) キャンプ場のY字分岐のところです。 超ニアミスというか目の前をいろはの森からやってきて日影沢林道を携帯で話しながら急ぎ足で歩いてました。ショルダーバック! まさにその人です!!
高尾山で長靴の人は珍しいのでもしかしたらと思ったのですが・・・
その後を追うように歩いたのですが追いつきませんでした・・・。

日影沢林道はとってもダラダラ長いです(^-^;)
まだちょっとスミレと野草には早いので4月5日~中旬の頃をお薦めします。
Commented by フクシア at 2014-04-01 08:54 x
漬物とカエルに目が注がれました。
美味しそうな漬物ですね。漬物大好きですので、こんな綺麗な色をした季節ものには目がありません。

それとカエルですが、視点がスイミングからきています。【こんな足の開き方をしていたら、コーチからダメ出しを喰いますよ。】と、今平泳ぎにチャレンジしている私のコメントでした(笑)。

次回のアップはスミレかな?
Commented by at 2014-04-01 09:29 x
てばまるさん★
おはようございます。
残念でしたね。この時期、てばまるさんなら裏高尾に来ていて
もまったく不思議ではないけれど、あの時は予想すらしていま
せんでした。あの時は、いろはの森の手前で仲間とはぐれてし
まい、キャンプ場まで戻ってきた所だったと思います。そのま
ま林道を城山まで詰めましたけど、結局、途中のゲートの所で
仲間と合流することができました。そのまま一丁平から4号路、
いろはの森を下って、再び日影沢まで戻りました。
私は、大抵、ショルダーバックに長靴というスタイルで単独が
多いです。今度見掛けたら迷わず声を掛けてください。
今週末は新潟遠征を予定してますが、天気が微妙なので思案中
です。
Commented by at 2014-04-01 09:51 x
フクシアさん★
おはようございます。
実はあれ、摘んできたからし菜をさっと湯がいて、水でさらし
たものなんですよ。お浸しっていう感じですね。ピリッと辛く
て、この時期お薦めの一品ですよ。
それとカエル君。確かに平泳ぎですね(笑)っていうか、背泳
ぎとかクロールってできませんよね(爆)コーチからダメだし
ですか?画像からは「もう勘弁してくださいっ」っていう声が
聞こえてきそうな…。
フクシアさん、スイミング行ってるんですか?私もちょっと通
ったけど、長続きしませんでした。ま、私の場合メタボ対策で
したけどね。
Commented by 山うさぎ at 2014-04-01 21:44 x
翼さん  こんばんは〜
休耕田のセリ、また一段と繁殖しましたね。収穫したら春の香り満載で酒がすすみますね(笑)
サンショウウオやカエルは、やはり姿を見かけることはないんですね。残念なことです。
いちど崩れた生態系が戻るにはどれだけの時間がかかるのか、また戻ることができるのか
ちょっと憂鬱な気分になります。

さあ4月春本番、翼さんのスミレ行脚を拝見させていただきながら今年は何種類
自分で名前を確認できることか・・・五感を使って勉強あるのみですね!





Commented by Non at 2014-04-02 01:07 x
 こんばんは。お話よりも気になってしまった… からし菜の乗ったお皿、すきれいですね~(^^)
昨年のGW中、復興支援もかねて、初めて益子焼の陶器市に出かけたのですが、
混雑した場所が好きではないNon夫がけっこう気に入って、今年も行きたいと話していました
(私はもちろん異存なし)。で、益子で見たものに近い雰囲気のがあったなぁって思い出して。
 セリ、祖母と田んぼで摘んだ想い出の野草。子供の私はよくドクゼリを摘んでいました(笑)
Commented by at 2014-04-02 17:25 x
山うさぎさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
先日、ご案内した森の散策道の一角。休耕田があったかと思い
ますが、画像のようにたくさんのセリが生えてきました。以前
は大きな袋を持参でセリ摘みをする方を見掛けましたけど、最
近はそんな光景も見掛けなくなりましたね。所詮、地主さんの
厚意によるものですからね、多少気が引けたのかも知れません。
先日、サンショウウオの卵をやっとひとつ見つけました。あの
時、成体を見つけたあの田んぼ池です。無事、孵化すると良い
ですけどね。ヤマアカガエルの卵は依然として見掛けません。
たぶん、今季はもう無理でしょうね。
スミレ行脚、今週末もいろいろ思案中ですが遠征は天候次第
ですね。場合によっては三度、裏高尾かも知れません。
Commented by at 2014-04-02 17:33 x
Nonさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
からし菜を寄せたお皿、なかなか良いでしょう。特に山菜を寄
せると映えるような気がします。もともとお皿とか、茶碗、器
には興味があるのですが、高価なものは買えません。なので、
ホームセンターやデパートの掘り出し市などで物色してきます。
セリ、こちらの森では今が旬ですね。もう少しすると、ヤブレ
ガサ、モミジガサ、タラの芽、コシアブラ、ウルイ等々、山菜
の最盛期になります。
これからの時季は、スミレ観察の傍ら山菜にも目を凝らす山歩
きが始まります。山菜、スミレ、バードウォッチング、これか
らの季節はどこを歩いても、何を見ても心躍る季節ですね。