pode ser um romance

里山逍遥No16 「春、麗かです」

b0255992_11173845.jpg
ずっと待っていた。
春まだ浅い頃、星の瞳をみつけては何度カメラを向けたことだろう。

息を潜めてファインダーを覗いていると、じんわりと汗ばんでくるような陽気。
こんな時をずっと待っていた。
昨日も今日もポカポカ陽気で畦道の向こうはぼんやり春が霞んでる。耕作地の小さな斜面では、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、ナズナやタネツケバナもどんどん伸びてきた。こうなると、毎週末が待ち遠しくて仕方が無い。




b0255992_11362634.jpg
畑一面がピンク色。
ホトケノザは、麗かな春を演出する里山の代表種だと思う。
広角、標準、望遠、マクロ… レンズ選びに迷いがあるということは、きっと気持にも迷いがあるのだろう。



b0255992_1144087.jpg
畑の小さな土手にはタネツケバナが伸びていた。ほんの数日前まではなんの変哲もなかった枯れ色が、少しずつ小さな生命の躍動感で広がってゆく。



b0255992_11473093.jpg
オオイヌノフグリをこんなふうに撮ったことは無かったが、バックが抜けて、いい感じにボケた… かな?



b0255992_11512835.jpg
ぐっと引いてみると、実はこんな感じの畦道。
バードウォッチングをしたり、お弁当をひろげたり、セリ摘みをしたり、麗かだね。思い思いの里山の時間。



b0255992_11574369.jpg
小さな丘を登り詰めると、スーッと滑空するように蝶影が視界を横切った。
この時期に見られる蝶といえば、越冬から目覚めたばかりのタテハチョウたちであることが多い。その蝶は赤褐色の翅をひらめかせ、忙しなく森の空間を往来していたが、ようやく陽溜りに止まった。
近づいてみると… 「やっぱり」
自慢の緋色の翅は厳しかった冬をやり過ごした証なのか、多少色褪せて傷んではいたが、昆虫少年だった私を虜にした、あのヒオドシチョウだった。
ヒオドシチョウは初夏の頃に羽化し、そのままずっと生き長らえて冬を越す。長い眠りから覚めた春本番の頃に恋の相手を探し、子孫繁栄の営みを済ませてその一生を終るというとても長生きな蝶だ。遠いあの日、垂涎の的だったヒオドシチョウ。敏感な蝶というイメージがあったが意外だった。今日はこんな感じでじっくり撮らせてくれた。



b0255992_12412090.jpg
ある写真集のカットがずっと頭に残っていて、こんな感じでナズナを見掛けるとついカメラを向けてしまう。どのナズナにピントを合せるかはその時の心模様、というより、気分しだいなんだろうね、きっと。



b0255992_1253407.jpg
で、気になっていた小さな谷のオオミスミソウ。
もうちょっとだね。あと2、3日もすればきっと舞い降りた妖精になってるはず。
ということで、オオミスミソウのレポはもう少しお待ちを。



<使用機材>
Canon EOS5D MarkⅡ
EF70-200mm f2.8L USM
Tamuron sp90mm Macro

SONY cybershot RX100Ⅱ

by windy1957 | 2014-03-17 12:56 | memory of Satoyama | Comments(14)
Commented by akko-kornblume at 2014-03-17 17:31
翼さん、こんにちは!

いやはや翼ワールド全開ですね。
どの写真からも愛情がいっぱい伝わってきます。
ホトケノザがこんな絨毯みたいに咲いてるなんて!素敵ですね。
ナズナのショットいいですねェ。こんなの見ると野原に駆けていきたくなります。

オオミスミソウ・・・いよいよですね。うわぁ~次の更新も楽しみです。
Tamuron90mmマクロってホントいいですね。100mmあるから買えませんが(^^ゞ
人気のレンズなのをここで改めて実感しちゃいます。
Commented by fumifumi at 2014-03-17 18:14 x
こんばんは~
わぁ~、もうすっかり春ですねぇ~。
見慣れた里山の植物が一番輝く頃
こんな花が咲く頃かなぁ~と思いながら撮影に行っても目が行くのは周辺の野辺の花(^O^)
オオイヌノフグリの咲く里の引いた一枚も大好きです。
タテハチョウも目覚めたばかりのオオミスミソウも登場し、週末が待ち遠しい毎日ですね(^^♪
Commented by kazematikado at 2014-03-17 23:42
こんばんは(*^_^*)素晴らしいショットばかりですね~♪
里山の春が満載で、その清冽で、陽射しの温もりに映し出された世界に浸らせていただきました。
オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ナズナ、タネツケバナ…もう、こんなに咲き出していたのですね。
わたしも昨日、越冬明けのアカタテハに出逢いました。
枯れ葉の中で、オオミスミソウの小さな蕾が膨らみましたね。
こちらの渓谷では、ハナネコノメの蕾が膨らみ始めました。
Commented by cyu2 at 2014-03-18 10:24 x
こんにちは~
ふわぁ・・・春ですね!素敵なショットの数々!
オオイヌノフグリの透けた感じ素敵ですね。
あのアングルでとるのは・・バリアングルのカメラじゃなければ地面に這いつくばり系?
私が見つけるオオイヌノフグリはだいたい民家の脇とかなので、
バックに構築物が入ってしまうことが多くて、なかなかこんなアングルで決めの一枚は撮れませんが(技術はおいといて)、
こんな風に撮ってもらうとフグリちゃんも主役になれて嬉しいでしょうね~。
Commented by at 2014-03-18 12:24 x
矢車草さん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
待ち望んでいた季節の到来って感じですね。週末が待ち遠しい
今日この頃です。
ナズナ、ホトケノザ、タネツケバナ等はこの時季の撮影のメイ
ンですが再会の嬉しさのあまり、バシバシ撮らされてしまうの
が正直なところです。
タムロンの90mmマクロは昔から絶賛されていたレンズですが、
草花の撮影にはちょうど手頃な焦点距離で重宝してます。開放
のボケ具合もいいですよね。ちなみに、オオイヌノフグリの横
顔は90mmマクロ、ナズナは70-200mmズームです。
Commented by at 2014-03-18 12:31 x
fumifumiさん★
こんにちは。
いよいよ春本番、ここ数日でスミレも一気に咲き出しますね。
「見慣れた里山の植物がいちばん輝く頃」ほんと、そのとおり
だと思います。だからその一瞬をできるだけ大切に切り取って
あげたいと思ってますけど、これがなかなか難しいです。
タテハチョウもオオイヌノフグリもコンデジで思いっきり広角
で撮りました。環境も差し込めて、何となく雰囲気のあるカッ
トになったと思いますけど、自画自賛ですね。
オオミスミソウ… きっともう咲き出してますね。
Commented by at 2014-03-18 12:37 x
sizukuさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
いつも見慣れた感じのカットばかりで目新しくありませんが、
共感していただき恐縮です。
ナズナやタネツケバナ、ホトケノザは、この時期の里山ならど
こを歩いても被写体になってくれるので撮影が楽しいですよね。
あまり細かなことは気にしないで、思いのまま被写体に接する
のが成功率が高いような気がします。
ハナネコノメ、ここ数日の温かさで蕾もほころぶことでしょう。
今週末と来週、様子を見に行って来ます。その前に小さな谷の
オオミスミソウとの待ち望んでいた再会がありますね。
Commented by at 2014-03-18 12:46 x
cyu2さん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
この時期ならではのカットを並べたつもりですが、今ひとつし
っくり来ないのは被写体として撮りきれていないからでしょう
ね、反省です。
バリアングルのカメラ、正解です。オオイヌノフグリの引いた
カット、タテハチョウのカットはソニーのサイバーショットと
いうコンデジで撮りました。このカメラ、コンデジでありなが
ら中々の優れモノで、画素数は2000万を超えてますし、レン
ズは、あのカール・ツァイスです。ま、腕が伴わなければ何を
使っても同じなんですがね。自己満足ということでご理解くだ
さい。いよいよ忙しくなりますね。これからはスミレのレポが
多くなりますが、呆れることなくお付き合いくださいね。
Commented by at 2014-03-18 21:59 x
こんばんは。
ようやく春ですね。
畑一面のピンク、素敵です。
昔は、一面、菜の花と蓮華とシロツメクサのコラボなんていう風景に出会ったものですが、
今では、そんな光景は見なくなってしまいました。
ホトケノザで、こんな綺麗なピンクが見られるなんて…。
ピンクの中のナズナもいいですね。
最初の、オオイヌノフグリは、とても迫力を感じます。
こんな小さな花でも、こんな風に撮れるんですね。
Commented by 山うさぎ at 2014-03-19 12:18 x
こんにちは~
もう素敵なショットばかりで、何度もスクロールして見入ちゃいました。
ホトケノザの中にたたずむナズナ! 普通は見過ごされてしまうような地味なお花がこんなに素敵にレンズに納まる・・・翼さんだからですね。
これから春本番、忙しい日々が続くことでしょうが持病はおとなしく引っ込んでくれてますか?
Commented by at 2014-03-19 16:44 x
空さん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
畑一面のホトケノザは、望遠レンズならではの効果だと思いま
す。密度が濃く納まっているので群落のように見えますよね。
そうですね、畑一面の菜の花やレンゲ、そんな風景も珍しくな
ってしまいましたね。こちらの里山でもほとんど見ることがで
きないと思います。
ホトケノザの中のナズナも望遠効果です。ほど良くホトケノザ
がボケてくれたので、地味なナズナも浮き立ってくれたと思い
ます。これからの季節、カメラを持って里山を歩くのが楽しく
なりますね。花粉症対策として鎮静剤を飲むとボンヤリしてし
まうのがたまにキズですけどね。
Commented by at 2014-03-19 16:55 x
山うさぎさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
麗かな春のひと時が伝わってくれたのなら嬉しいです。撮影し
ている本人は、花粉症対策のマスクでファインダーを曇らせな
がらの奮闘です。それでもオオイヌノフグリを散りばめた田ん
ぼの風景とか、ファインダーの中に浮かび上がると、気持ちが
スーッと穏やかになりますね。
地味な花々をできるだけ素敵に撮ってあげたい、っていうのは
いつも心に抱いていますけど、なかなか思うようにはいかない
ものです。これからの時季、スミレやオオミスミソウなど、撮
りたい被写体が目白押しです。週末が待ち遠しいですね。
持病のご心配、ありがとうございます。お陰様で鎮静化してま
す。昨年は夏から秋まで悩まされましたからね。また遊びに来
てください。今度はこちらの里山に咲くオオミスミソウをお見
せしたいと思います。

Commented by Non at 2014-03-21 01:30 x
 こんばんは。この辺もようやく紅梅白梅が咲き始め、Non夫の仕事もわずかながら
落ち着いてきて、やっと心から春らしさを感じられるようになってきました。
自然を愛でるのも、心の平静が大切ですね。
 2枚目の写真、私にはとても新鮮でした。どう撮影すべきか悩まれたようですが、
私から見ると、とてもステキな1枚だと思います。
Commented by at 2014-03-21 17:44 x
Nonさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
春本番は嬉しいのですが、今季は例年になく花粉症に悩まされま
す。今日も風が強かったのですが気になるスプリングエフェメラル
の様子を見てきました。
2枚目の写真、ありがとうございます。望遠で遠景を捉えるとこん
な感じになりますね。畑一面がピンク色に染まるようなホトケノザ
の群落は、こちらではそう多くは見掛けませんが、春本番を実感
する光景ですよね。
今日から久しぶりに3日間の連休ですが、いくつか出会いたい、
再会したい妖精たちがいます。鼻炎薬をしっかり飲んで撮影をし
てこようと思ってますので、乞うご期待を。