pode ser um romance

里山逍遥 No12 「水辺の冬影」

b0255992_10233197.jpg
夜半から吹いていた北風は朝になってもおさまらなかった。
大寒の一日。
どうしようか迷っていたけど、予定していた家事は思いのほか順調に済んだので、「冬鳥に会えるかな?」と、仄かな期待に後押しされて、彼のフィールドへ愛車の軽トラを走らせた。


「冬影:とうえい」とは即席で考えた造語なのでご容赦を。
寒い日は寒いなりに、そんな便りを里山から届けられないものかとレポった次第だけど、さてどんなものでしょう。
8枚の自己満足。
よろしかったらどうぞ。



b0255992_10335592.jpg
「風」 を画像に表現するにはどうしたものか…
そんなことを考えながら、ふらっと行き着いた池のほとり。
寒さの色合いはモノトーンだね、とカメラを向けた水面。氷の割れ目には、風に騒ぐ冬木立ちが映っていた。



b0255992_10572432.jpg
この時季、ドライフラワーと化した植物たちは、思いもよらぬ被写体になってくれることがある。
水辺のアメリカセンダングサ、これもふと感じた 「冬影」 のひとつだ。



b0255992_1143429.jpg
風と水と寒気の合作。
氷った水面の不思議な幾何学模様に色を乗せていくと、なんとなくピカソのゲルニカっぽく見えてきません?
ほんのりとブルー。これも 「冬影」 を感じた一枚。



b0255992_11103233.jpg
題して 「水鳥たちの目線」
たぶん、彼らはこんなふうに見ているんだろうね。
人の目線も、レベルやアングルを変えてみると意外な面白さと発見がある。



b0255992_111854.jpg
陽は翳り、いっそう冷たくなった北風。
不覚にも、手袋を忘れた手はすっかりかじかんでしまった。
ため池に倒れ込んだ木、そして、冬の陽を映した水面。この日、この時、この時間ならではの、そんなシチュエーションに素直に感動してしまった。



b0255992_1133499.jpg
そんな余韻に浸っていると、ピョコンっとキセキレイがファインダーに割り込んできた。
興味はあっと言う間にすり変わった。忙しなく氷上を跳ね回る彼を追うズームレンズの操作も心許ない。どうやら寸前で私の存在に気付いたのだろう。その時押さえた一枚がこれ。



b0255992_11523241.jpg
さすがにしんどくなったので撤収することに。
寒風の中、それなりに楽しく遊ばせてもらったフィールドの陽も傾いてきた。
今日の最後を飾る心ばかりのフィナーレか、頭上ではカラの群れが忙しない。そんな梢を見上げれば、コナラの新芽も陽春への準備を密かに始めていた。



<使用機材>
Canon 5D MarkⅡ
EF17-40 F4L USM
EF70-200 F2.8L USM

by windy1957 | 2014-01-21 12:29 | memory of Satoyama | Comments(10)
Commented by akko-kornblume at 2014-01-21 22:16
翼さん、こんばんは~♪

寒いけど澄んだ空気がすーっと気持ちよく私の中を通り過ぎていったような
そんな気持ちになりました。
あ~~~ん、どれもこれも素敵なショットですね!
4枚目の氷・・・ステンドグラスのように見えました。
自然の作り出す造形は想像を超えますね!

5枚目の野鳥の目線・・・翼さん、氷の池に寝そべってとったのかしら?
キセキレイの目線ばっちりいただきましたね!

あ~~~いいレンズをお持ちだこと!
F4でも腕が痛くなってしまったのにF2.8だなんて・・・!
広角レンズも羨ましいです。まずは腕を磨かないとだけど、私は(^-^;
Commented by at 2014-01-22 08:54 x
akkoさん★
おはようございます。
早速お出でいただきありがとうございます。
久々の3連休、奥多摩か奥武蔵、雪の無い山登りを考えていま
したけど、結局行動に移せないままお決まりの里山歩きです。
冬枯れの森も、氷った水面のため池も、それなりに響いてくる
被写体はあるものですが、やっぱり気持ちの在り様なんでしょ
うね。ファインダーの中の世界は奥が深いです。
4枚目、5枚目は、撮りながら私もウケてしまいましたよ。
キセキレイのレモンイエローは思いのほか素敵です。ただ忙し
なくって、まともにモデルさんにはなってくれませんでした。
キャノンの純正レンズはこの2本しか持ってませんが、広角ズ
ームはぜひ1本揃えたいですよね。

Commented by かぜくさ at 2014-01-22 20:10 x
翼さん、こんばんは♪
久しぶりに翼さんの心を通して見た自然の写真を拝見し、すばらしいなぁと感激しています。
冬影・・っていいですね。
静かな感動でいっぱいです。
ありがとうございました。
また見せていただきますね。
Commented by sizuku at 2014-01-22 22:18 x
翼さん、こんばんは。
冬影、影なのに、冬の日差しを感じます。
モザイク模様の薄氷の上にぼんやりと落ちた影、パステルカラーの朝の光が降りて来たようですね。
アメリカセンダングサの白い光の中のシルエットは、里山逍遥の頃からの翼さんらしいカットですね。
幾何学模様の氷の造形も、冷たさをほんのりと包む冬陽の演出も、
まだ色を残した落ち葉が沈む水辺からの水鳥の視線、
美しいキセキレイの柔らかな羽根の色、
最後の陽射しを留めた池の水面に、静かな時間がうずくまっているみたいです。
かぜくささんの感想の静かな感動って言葉がぴったりだと思いました。
静かな森を歩き、見つけた静寂の時を、丁寧に切り撮ったカット素晴らしいですね。
Commented by at 2014-01-23 13:13 x
かぜくささん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
冬影はファインダーを覗いている時に咄嗟に思いついた言葉で
すが、「的を得ているかな?」と自負しています(笑)
私の拙い画像でも、感動を提供することができたならこの上な
い嬉しさです。
かぜくささんには、かぜくささんの視点があるように、それぞ
れの視点(思い)を自分なりに表現するということは素晴らし
いことだと思います。
かぜくささんからもいっぱい刺激を頂いてます。これからもよ
ろしくお願いします。
Commented by at 2014-01-23 13:21 x
sizukuさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
今回は偶然ながら氷(氷面)の面白さに気付きました。何気な
く向けたカメラの先、ファインダーの中には不思議な世界が待
ってました。今はお蔵入りとなってしまった「里山逍遥」です
が、久々にあの頃の「想い」が湧いてきた感じでした。
それにしてもキセキレイ(セキレイ)って忙しないですね。少
しも落ち着いてくれませんでした。氷の上を飛び跳ねながら歩
く姿はちょっと滑稽でしたよ。
Commented by hidamari at 2014-01-24 17:06 x
寒い朝ほど心躍るのは私だけかと思ったら、
ここにもお一人いらっしゃいましたね!!
光と影、寒さと暖かさが相まった1枚1枚がとても素敵ですね♡
今度水鳥目線、撮ってみます(*^^)v
Commented by イナ at 2014-01-25 10:40 x
翼さん、おはようございます。
「水鳥の目線」こういう広がりのあるシーンが好きです。
池ではなくて沢のようですから、ひょっとして水鳥の気
持ちで、翼さんのも水の中?!
キセキレイの目線が面白いですね、
「ん、なんか変なやつがいる・・・」っていう感じです。
Commented by at 2014-01-26 19:33 x
hidamariさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
そして、寒さ厳しい桧枝岐からようこそ。
私、実は寒いのが苦手で、まして雪山なんてチャレンジする術もあり
ません。なので、冬場は専ら里山を徘徊してますが、里山に降る雪
は格好の被写体になりますよね。そして、ため池に張った氷も意外と
面白い被写体になることが分かりました。今回は、その一例の紹介
ということですね。
水鳥の目線は、最近、結構撮ってるアングルなんですよ。カメラを氷
の上に乗せたり、落ち葉の上に置いてシャッターを切ってます。これ
が意外と面白いアングル(画像)になるんですよ。
3連休でしたが、珍しくフィールドには出向きませんでした。ま、充電
ということで(笑)
Commented by at 2014-01-26 19:45 x
イナさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
水鳥の目線、カメラアングルをこんなふうに下げてみると意外と面白
いものですね、新たな発見です。
この画像は、ため池で撮ったものなんですよ。それも氷の上にカメラ
を置いてシャッターを切りました。ですから、水平感の多少のズレは
愛嬌っていうことでご容赦を。
キセキレイはオマケです。ふだんはなかなかカメラを向けませんが、
運よく至近距離まで来てくれたのでシャッターを切りました。イナさん
もお気付きですね、何となく目線が語ってますよね。「おやッ」ってい
う感じです。
この時季の里山、その気になれば被写体探しも面白いのですが、
北風吹きすさぶ中ではちょっと辛いものがありますね。