pode ser um romance

想いはグラスのふちを回る No7 mono version

b0255992_9325080.jpg
これ、いいでしょ。
自然保護協会のグッズカタログから手に入れた、今、お気に入りのロックグラス。
Jack Daniel にぷかり浮かんだ水草と、カエルさんの脱力加減がたまりません。飲むたびに、手にするたびに、かざして眺めたくなるのです。
ということで、今回は mono version でトキメク話題を2つ、3つ。
ただし、サラッと流して欲しいんです。引きずる読みものでもないはずですから、念のため。





b0255992_1032585.jpg
予てからお気に入りの作家、開高健は数々の名言、格言を残しているが、たとえばこんな感じ、
 “ 賢者は海を愛し 聖者は山を愛す ”

微力ながら私たちは森づくりに精を出し、その成果を未来(あす)へ届けようと汗を流しているんです。そこで、こじつけだけどね、開高健にあやかって、たとえば “ 拙者は森を愛す ” なんてのは、どう?
この日はチェーンソーを携えて伐倒作業。ちょっとした手違いで、ヒヤッとした場面もあったけれど、無事作業終了ということで、とっておき? スマイルの1枚。

「賢者は海、聖者は山、拙者は森…?」
ほう、アハハ。なんか、いいじゃん。

スンマセン、お後がヨロシイようで…(笑)



b0255992_10134545.jpg
〈みんなちさこの思うがままさ〉
池田知沙子 著/2003年.浦和浪漫山岳会出版局発行

もう、ずっと前だけど、読んでほしいなぁ… って、当ブログでも紹介したことがある珠玉のエッセイ集。
相変わらず反響があるみたいで、嬉しいことに2013年1月に復刊されていた。
2003年に浦和浪漫山岳会から刊行された本書。当時は私家版として刊行されたレアもので、直接山岳会に連絡して入手したものだったが、この復刻版、なんと、amazonでもお手軽入手できる。
ということで、別段、関係者ではないのだが、今回も宣伝デス。

51歳で急逝するまで、彼女は浦和浪漫山岳会に18年間在籍し、渓を愛し、ブナの森を愛し、そして酒を友に、ついつい読み返してしまうような煌めく文章をたくさん残した。

ご覧の画像は、本書の冒頭を飾る一節だ。

満天の星である。遠く稲光もする。
焚き火が燃えあがると、ひととき星の数が少なくなる。
美しい闇のただなかに沢音が確かなリズムをきざむ。
みんなちさこの思うがままさ。
月もだしてみせると有言してしまったさ。
多分、私たちが寝静まった頃、
なんといっていいかわからないお月様が
静かに静かにめぐるのだろう。


魅力的な女性だったんだろうな、って思う。
夜の渓で、となりに座る彼女からこんな一節を呟かれたら… もう、ね。



b0255992_1123019.jpg
Room No680

遥か北の、最果ての地のホテルの一室。
またしても意味深でしょ。さてさて、おやおや、中ではとんでもないコトが起こってますか?
明日はガッツリ登るんでしょ、羅臼岳。

案の定、頂は遠かった… 遥か続く雪渓では、バテバテの私なのでありました。



The end
by windy1957 | 2013-12-11 11:20 | in my life | Comments(16)
Commented by よしころん at 2013-12-11 22:10 x
翼さん、こんばんは^^

あれ? この方、この文章・・・ 知ってる。
なにかの山雑誌で読んだのか。

みんなちさこの思うがままさ。 

いいね~^^ わたしも言ってみたい(笑)
Commented by sizuku at 2013-12-12 00:51 x
翼さん、こんばんは。
このグラス、いいですね。かざしてみたくなる気持ちわかります。
みんなちさこの思うがままさ。
以前、翼さんの紹介を読んで、ずっと読んでみたいと思っていましたが、入手方法が大変そうで躊躇してました。

ところが、8月になにげにamazonを見ていて、復刻版を見つけて、早速注文!やっと手にすることが出来ました。
素敵な本でした(*^_^*)
Commented by fumifumi at 2013-12-12 01:49 x
こんばんは~
拙者は森ですか~、勇姿の翼さん登場!!
あの写真集の森ですね。
モノクロのグラスも素敵、琥珀色の至福の時間でしょうね。

「みんなちさこの思うがままさ」
一言一言が、心優しい響きです。
いいですねぇ~^_^

Commented by hidamari at 2013-12-12 10:58 x
「みんなちさこの思うがままさ」の第2章に南会津というタイトルがあり、
アマゾンで即ポチしました。
カエルグラスも素敵だけど、気になります、680号室の中・・・・・。
Commented by at 2013-12-12 13:35 x
よしころんさん★
こんんちは。
いつもありがとうございます。
あ、そう?知ってました? でしょうね。結構、ファンがいら
っしゃるみたいですからね。奥利根、会津などの渓や山をこよ
なく愛した彼女の文章は、ほんと今でも生き生きしてますよね。
よしころんさん、いいねぇ。「みんな…」今度、言ってみたら。
ぜひ、聞かせてほしいです。その前に、一緒に山に行かないと
ね。そんで、持病も治さないとね(笑)
Commented by at 2013-12-12 13:45 x
sizukuさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
いいでしょ、このグラス。カエルとオタマジャクシのデザイン
がなんとも素敵で、滑稽で。
みんなちさこの… もう入手されてましたか。実は、amazon
で入手できるって話、つい先日知ったばかりでした。第3版目
は表紙に写真使っているんですね。初版は表紙が赤、私が持っ
てる第2版は表紙が黄色です。元々は私家版の遺稿集というこ
とのようですが、あの文章、今でも生きているんですね。
Commented by at 2013-12-12 13:57 x
fumifumiさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
拙者とは、武士が自分をへりくだって使う言葉みたいですね。
それほど大した意味は無いのですが、「賢者は海、聖者は山」
という開高さんの言葉好きで、なんとか森に使えないかなぁ
って思案したのが「拙者」でした(笑)
モノクロなら出してもいいかなぁ… って感じでカットを使い
ました。そうです、よくお分かりですね、あの写真に登場する
森です。紅葉も終って、コナラ、クヌギの葉っぱが惜しみなく
散り始めてます。冬枯れの森、今度は陽だまりに冬鳥探しです。
Commented by at 2013-12-12 14:06 x
hidamariさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
早速、amazonですね。
生き生きと煌めく文章、きっと感慨深いと思いますよ。
第2章、南会津ですよね。この巻頭を飾るエッセイがまたグッ
ときちゃいます。それから、私の好きな、林 明輝さんってい
う写真家も、写真集の出版に向けて会津に密着取材で入ってま
すよね。ご存じでしたか?
会津はこれから長い雪の中ですね。機会があれば、ぜひこちら
の冬枯れの明るい森にも来てみてください。
Room No.680 気になります??
Commented by 山うさぎ at 2013-12-13 19:43 x
翼さん、こんばんは~♪
森を愛する方のご登場、かっこいいです!
里山の作業はやはり、ちょっとしたことも危険につながるんでしょうね。
どうぞお気をつけて作業をなさって下さいね。
秋にはこの里山に行けませんでしたので、これからの季節
双眼鏡をもって鳥たちに会いに行ってみたいと思ってます。

翼さんは本にも造詣が深いんですね。
今回も早速手にとってみたい本を紹介していただきありがとうございます。
届くのを楽しみにしているところです。
Commented by at 2013-12-14 10:42 x
山うさぎさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
カッコイイなんてものではありませんが、作業後のカットの初
登場です。この日は伐倒を担当しましたが、ちょっとした気の
緩みでケガをする一歩手前でした。作業は心して取り組まなけ
れば、という戒めでしょう。
造詣が深いワケではありませんが、本はよく読みます。特に釣
行記は好きで、一時期たくさん読みましたね。今回紹介した書
物は、山の読みモノとしては一味変わった面白さがあると思い
ますが、もともとは私家版だったので手軽な入手というワケに
はいきませんでした。
すでに絶版ということでしたけど、要望が多かったのでしょう
ね。復刻版の再登場、しかもamazonで入手できる、というの
が嬉しいですよね。
初冬の里山、冬鳥たちが見られるようになりました。機会があ
ればぜひお出でください。ご案内しますよ。
Commented by m-kotsubu at 2013-12-16 01:07
こんばんは♪
ご無沙汰しています。
ちさこさんの本だ・・・! ^^  私の憧れです。
羅臼、登られたのですか?
レポ、楽しみにしています。
Commented by at 2013-12-16 09:56 x
m-kotsubuさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
知沙子さん、私も憧れです。あんなふうに山や森、渓を歩き、
あんなふうに素敵な言葉で語られたら、グッときちゃいます
よね。
星野道夫を彷彿とさせるような苔生した屋久島の森、とても
感慨深い画像が紹介されてましたね。先ほど拝見させていた
だきました。
Room No.680のレポ。これは5年ほど前の追憶のレポなん
ですよ。ゴメンナサイね、紛らわしくって。
Commented by てばまる at 2013-12-16 15:14 x
池田知沙子。
いい詩を書きますね~山男ならたしかにグッときそうですね。
それに、苗字は私と同じ池田。ちょっと興味をそそるなあ~とググったら旦那さんの名前が池田俊樹。じぇじぇ!! 漢字は違えど同姓同名・・・もう何か因縁めいたものを感じちゃいましたよ!!
絶対読めっ! と言わんばかりの衝撃でした(^^;)


Commented by 翼@17時になりました! at 2013-12-16 17:06 x
てばまるさん★
こんにちは。
おっと、そうでした。てばまるさんって「池田」さんでしたっ
けね。しかも、そうでした名前まで!
冬の夜長?温かい部屋でミカンなんぞ頬張りながら読むにはも
ってこいって感じですよ。でも、こういうの読んじゃうと、彼
の地へ想いは馳せるんですよねぇ~。春のあの山、初夏のあの
谷、夏のあの湿原… まずはスミレからですね。てばまるさん、
来シ-ズンはぜひご一緒しましょうよ。
Commented by てばまる at 2013-12-18 10:21 x
スミレのシーズンが待ち遠しいですね。
確認したい雑種もいくつもあるので忙しい季節になりそうですが、それもまた楽しみです。定年になったらスミレの時期はほとんどうちにいないでしょうね(^^;)
是非、ご一緒にスミレ散策したいですね!
Commented by 翼@業務終了前 at 2013-12-18 16:51 x
てばまるさん★
こんにちは。
私のスミレシーズン開幕は、いつも高尾山(裏高尾)からスタ
ートします。次いで奥武蔵、外秩父山系、奥多摩、上州、尾瀬
といったパターンですが、来季も恐らくそんな計画になるでし
ょうね。
私も確認したい種がいくつかありますし、山梨、信州あたりも
気になるポイントがあります。奥武蔵なら、いがりさんの著書
「日本のスミレ」の撮影ポイントも案内できますし、上州なら
中之条も面白いですよ。
シーズンともなれば、お互いあの山、この山って感じで忙しく
なりますがご都合がつきましたら、是非ご一緒しましょう。