pode ser um romance

里山逍遥 No10/往く秋を歩くとき

b0255992_23132450.jpg
里山の秋色は、どちらかといえば12月に入ってからその色合いを増す。
もちろん、それは私の住む馴染みの里山の話だが、今シーズンは、楽しみにしていたアオハダやイヌシデの目の覚めるような黄葉をことごとく見逃してしまった。
それでも、こんなふうに木の葉がいっぱいの小道を、密かに渡ってきているであろう冬鳥を探しながら歩くのはなんとなく心躍るもの。

週末、カメラを抱えて小一時間ほど歩いた里山。
こんな感じで、もう往く秋ですね。



b0255992_2334269.jpg
見上げれば、クヌギ、コナラも最後の彩り。



b0255992_23442836.jpg
まだ若い樹齢のアオハダ。
目の覚めるようなレモンイエローの黄葉はとっても印象的だが、ちょっと時期を逸してしまったようだ。



b0255992_23454743.jpg
こちらはお馴染みコバノガマズミ。
酸味が強いせいか小鳥たちはあまり食さないようだが、秋から冬にかけて、ときどきハッとするような被写体になってくれる。



b0255992_2347178.jpg
今秋、森の中ではマユミもあちこちで目に付く。



b0255992_23484926.jpg
秋陽射す点景Ⅰ
b0255992_23515787.jpg
秋陽射す点景Ⅱ
b0255992_23521967.jpg
秋陽射す点景Ⅲ
b0255992_235240100.jpg
秋陽射す点景Ⅳ
b0255992_2353442.jpg
秋陽射す点景Ⅴ



b0255992_23544167.jpg
この小道を辿る時、必ずこの場所でヤマコウバシの葉を、春も、夏も、秋も、こんなふうに見上げてしまう。
この茶褐色の枯葉は、真冬になっても葉を残していることが多い。
別名ヤマコショウ。葉をちぎって揉んでみると、なるほど胡椒のような香りがする。



b0255992_015892.jpg
決して華やかさは無いけれど、この時季の森の彩りは 「惜しみなく、人知れず」 って感じで、控えめで、渋くて、名残惜しさに溢れてる。
と、いつもひとり悦に入っている。
by windy1957 | 2013-12-08 00:12 | memory of Satoyama | Comments(12)
Commented by sizuku at 2013-12-08 09:59 x
往く秋を惜しむ…そんな気持ちがゆっくりと落ち葉の小径を歩かせるのでしょうね。
かさこそと、落ち葉を踏む足音が聞こえてきそうな最初の写真いいですね。聞こえてくるのは去って往く秋の足音でしょうか?
秋陽射す点景、どれも、美しくて見入ってしまいます。とくにⅢが好きです。
そして、最後の写真。森に続く、光差す小径は、やっぱり翼さんの世界だなと感じました。
冬鳥たちの姿を探しながら、こんな落ち葉の道を歩いてみたいです。
Commented by よしころん at 2013-12-08 20:38 x
翼さん、こんばんは^^
この森にはまだ名残の秋が残っていましたね♪
秋の色に会えるのもまた来年ですね。
まもなく冬が来て、また春が・・・
四季のある国に生まれて本当によかったなぁと思います。

体調はいかがですか。
お大事にお過ごしくださいませ♪
Commented by at 2013-12-08 22:11 x
sizukuさん★
いつもありがとうございます。
この時季は落ち葉の小道ですね。主にコナラやクヌギ、アカシデや
イヌシデの落ち葉ですが、これらの落ち葉からは上等な腐葉土が
作れるので、農家では重宝にしていたものです。今では落ち葉掻
きのような作業は見掛けなくなりました。
今秋は森や山で木の実が豊作みたいですね。特にムラサキシキ
ブやガマズミの実は結構目立ちます。
冬鳥たちも少しずつ出会うようになりました。でも未だにエレガン
ス君には出会えませんが…。
Commented by at 2013-12-08 22:18 x
よしころんさん★
いつもありがとうございます。
はい、秋の名残りの森を歩いてきました。あの写真集の森なんですよ。
自宅から車で10分ほどなので、月に2、3回は必ず訪ねる森です。
これからの季節、冬鳥を探しながら冬枯れの森を歩くのも心和みます
ね。
あっという間に年の瀬。そして年が明ければ日に日に春の気配。スミ
レの季節もすぐにやってきます。また、忙しなくなります。
お気遣いいただき、ありがとうございます。お陰様でtuu-fuuも治まっ
てきました。後は飲み過ぎにご用心!だけですね(笑)
Commented by フクシア at 2013-12-09 09:11 x
翼さんの里山風景にうっとりです。
秋陽射す点景どれも素晴らしいです。私もこんな写真が撮りたいと、憧れています。

丸山は自然林が多いのですね。初花から取り付いて丸山、日当山を目指して芦ヶ久保に下りたのですが、植林帯が多い中で、丸山付近は自然林が多かった記憶ですが。
Commented by at 2013-12-09 12:26 x
フクシアさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
高い山は花の時期以外は登らないので、これから春先くらいま
では近場の低山や里山歩きがメインになります。被写体も趣を
変えれば四季折々実に様々ですよね。写真は全くの我流ですか
ら、いつまでたっても自己満足の世界なんです。決して褒めら
れたものではありませんよ。
今回のレポは自宅からほど近い馴染みの里山からですが、植生
は丸山近辺と基本的に似通っていますね。ブナやミズナラはあ
りませんが、これからの里山は冬鳥の飛来が楽しめます。
Commented by てばまる at 2013-12-09 17:03 x
陽だまりの晩秋の小路ですね。落ち葉がサクサクして気持ちいいでしょうね~ 丘陵地はまだ紅葉が残ってる時期ですね。自宅の近くにこれだけの里山があるのが羨ましいです。高尾山は杉林が多いのであまりこういう雰囲気は楽しめません。むしろ、武蔵野の自然公園の方が里山気分が味わえます。

この秋は明るい彗星が来ていて久しぶりに天文少年(今は中年(^^;))の頃の撮影意欲が戻ってしまいました(^^;) 彗星が去れば、ヤマちゃん撮影も本腰です。
Commented by hidamari at 2013-12-09 19:17 x
あ~~~、こんな里山を歩きたい!!!
こちらすっかり雪と枯野原です。
Commented by at 2013-12-10 12:32 x
てばまるさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
基本的にこちらの里山は、かつて武蔵野と呼ばれた落葉広葉樹
の森が主体になってます。奥多摩のような広大なスギ、ヒノキ
のような人工林は小規模ですね。
てばまるさんの住まいは不詳ですが、都下の町田や調布、三鷹
のあたりも武蔵野雑木林の名残が見られますよね。基本的に雪
山はやらないので、秋から冬は落ち葉を踏みしめながらの里山
歩き、そしてバードウォッチングです。
しばし天文少年(?)ですね。そして次はヤマちゃん。私も今
シーズンはナイスショットが撮れるよう頑張りたいです。
Commented by at 2013-12-10 12:41 x
hidamariさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
いわゆる「山」とは一味違った雑木林です。明るい陽だまりの
森、冬枯れの森をご一緒したいですね。冬鳥たちもボチボチ出
始めましたよ。
会津地方の冬は厳しいでしょうね。尾瀬を下りてからのお仕事
も忙しいですか?
今日は寒々しい晩秋の雨です。職場の前に広がる森。
今、コナラの茶褐色の葉っぱが、惜しみなく散ってます。
Commented by at 2013-12-10 20:59 x
こんばんは。
“渋い”晩秋の風景、素敵です。
秋陽さす点景も、どれもいいですね。
木や草の実には、心惹かれます。
自分でも、見つけると、何とか写真にしようと試みるのですが、
なかなかうまく行かないことの方が多いです。
Commented by at 2013-12-10 21:24 x
空さん★
こんばんは。
いつもありがとうございあす。
晩秋の風景、最後の彩りです。渋いと言われればそうかも知れませ
んね。
秋陽射す点景は、木の実に焦点を当てて切り取ってみました。今秋
は森の木の実が豊作なのかも知れません。ムラサキシキブやガマズ
ミ、ゴンズイなど、どこの森に行っても木の実が鈴なりです。
木の実や草の実、心惹かれる場面に度々遭遇しますが、枚数ですよ。
露出を変え、角度を変え、レンズを替え、とにかくバチバチ撮ってます。