pode ser um romance

週末はスミレに会いにFinal Chapter 「やっぱり至仏は至福の山だね/後編」

b0255992_2013042.jpg
山開きの至仏山。
天気は薄らと花曇りで、撮影にはすこぶる条件がいい。ザックに付けたクマ避けの鈴の音も軽やかに、えぐられた登山道をひたすら辿る。
撮影したい花々がチラホラ出始めるけれど、ここは我慢、ガマン、まずは先を急ごう。森林限界を過ぎれば、麗しの花たちとの対峙に遅々として歩が進まないことを知っているからだ。




b0255992_2025488.jpg
まずはエンレイソウ。
スミレを追っかけて登る山。そういえば、その道すがらマントを羽織ったようなエンレイソウに必ず出会った。



b0255992_20272736.jpg
休みも程々に頑張って、一気に高度を稼いだ。
シナノキンバイが目立ち始めると、山に来たなぁ… って実感する。



b0255992_20303811.jpg
今季は時期を逸したかな、と思ってたシラネアオイだったがチシマザサの中に隠れるように咲いていた。



b0255992_2032035.jpg
タテヤマリンドウの透き通るようなブルーにはいつも見入ってしまう。



b0255992_2034997.jpg
時折ガスが湧き、靄が覆う天然林の山肌。ダケカンバの新緑が一際目を惹く。



b0255992_20371456.jpg
ウラジロヨウラクもあちこちにいっぱいだ。
息を整えてじっくり撮ればいいのに、気持ちは先へ先へと急ぐ。



b0255992_20403141.jpg
はるか遠く、尾瀬ヶ原の牛首あたりが見える。あの木道の分岐のベンチから、この至仏山を何人が眺めているだろうか。



b0255992_2044579.jpg
お馴染みのハクサンイチゲもほんのり靄の中。



b0255992_20481228.jpg
ひとやすみの点景Ⅰ

b0255992_20494986.jpg
ひとやすみの点景Ⅱ

b0255992_20501214.jpg
ひとやすみの点景Ⅲ

b0255992_20504438.jpg
ひとやすみの点景Ⅳ

b0255992_20513962.jpg
ひとやすみの点景Ⅴ



b0255992_20521027.jpg
クモイイカリソウもちょうどいい頃だ。
最初の頃はキバナイカリソウだと思い込んでいた。もう、ずいぶん昔のことだけどね。



b0255992_20563417.jpg
大きな蛇紋岩の岩をいくつか越えた頃、目の前の窪みで待っていてくれたのはジョウエツキバナノコマノツメだ。
キバナノコマノツメとは、葉っぱに多少の違いを見ることができるらしいが、私にはその違いがよく分からない。至仏山や谷川岳に咲くものをジョウエツキバナノ… と呼ぶが、スミレという名前を持たないのも面白い。だけど、ちょっと長いよね、この名前。



b0255992_2135826.jpg
これは比較的まとまった群落。登山道脇の光景なので、ご覧になった方も多いのでは?



b0255992_2171763.jpg
念のため、ジョウエツキバナノ… の葉っぱを。ぼってりと丸い感じで、キバナノコマノツメより肉厚だと言うが…。



b0255992_2193081.jpg
目指すは頂だが、その前に小至仏を越えなければならない。ガスも湧いてひんやり気持ちいいが、ここまで来て何となく左膝に違和感が…



b0255992_21112015.jpg
楽しみにしていた岩肌の彩り。ユキワリソウはいつ見ても、何度見てもいい花だ。花弁の色合いも、濃いもの、薄いものいろいろあって楽しい。このユキワリソウは、比較的濃い色合いのタイプ。



b0255992_21141096.jpg
ハート型の花弁がハクサンコザクラとの見分けポイントだ。
ハクサンコザクラの方はまだ咲き始めで、遠くの斜面にチラホラと。撮影しやすいポイントにはほとんど咲いていなかった。



b0255992_21161493.jpg
Tea Time の点景Ⅰ

b0255992_2118463.jpg
Tea Time の点景Ⅱ

b0255992_21192297.jpg
Tea Time の点景Ⅲ



b0255992_21201548.jpg
小至仏の手前には、数ヶ所チングルマの小群落がある。ズームで撮ろうか、マクロで撮ろうか、で、結局広角で狙う。



b0255992_21234293.jpg
図鑑でよく目にしていたマルバヘビノボラズ。なかなか美しい花を付ける木だが、なんとも奇妙な名前だ。ヒロハヘビノボラズというのもある。



b0255992_2128473.jpg
やっと小至仏を越えたところで、まずは見返りの一枚。



b0255992_21314342.jpg
ジョウエツキバナノコマノツメの花姿は、こんなふうに蛇紋岩の懐に抱かれたシーンがよく似合う。



b0255992_21363681.jpg
ホソバヒナウスユキソウも今が旬って感じ。
いっぱい咲いているけれど、バックがゴチャゴチャしていたり、撮影となると意外と難しい。



b0255992_21391752.jpg
ちょっと地味だけど、意外とカメラを向けてしまうのがホソバツメクサ。
星型の美しい小さな花を付けるのだが、ちょっと時期が早かったようだ。稜線に、涼しげに佇んだ感じがいい。



b0255992_2142511.jpg
諦めの点景Ⅰ

b0255992_21432923.jpg
諦めの点景Ⅱ

b0255992_2144574.jpg
諦めの点景Ⅲ



b0255992_21443095.jpg
至仏の頂を目の前にして、「引き返そう」 と決めた。最後のキツイ登り、そしてひたすら長い下山路に膝が耐えられるかどうか心配だった。勇気ある下山、というほどのカッコイイものでもないが、ここから頂上までの登り、これまで以上に目新しい花々が現れないだろうということも、昨年の経験から知っていた。それに、この愛しい黄色いスミレにもこうして会えたことだし…。



b0255992_21553357.jpg
そして、もうひとつ。
下山の時にじっくり撮ろうと思ってたいたのが、このチシマウスバスミレだ。



b0255992_21563093.jpg
チシマウスバスミレはとても撮りにくい所に咲いていた。皮肉なもので、なんの変哲もない湿った草地に咲いて、なんの苦労もなく撮影できるはずだったもうひとつの株の方はまだ蕾の状態。残念ながら時期が合わなかった。



b0255992_2215728.jpg
それでもなんとか面影程度の画像を収めることができた。
尾瀬、至仏に咲くチシマウスバスミレが、今季のスミレの追っかけを締めくくるページを飾ってくれた。会いたいスミレはまだまだいっぱいあるけれど、そう簡単には目的は達成できない。そして、またひとつずつ、時には馴染みのスミレにもまた会いに行くだろう。そんな繰り返し。だから、スミレの追っかけは、きっといつまでたっても終わらない。



b0255992_2215168.jpg
エピローグ ★(*^-゚)v Thanks!!★彡
登りで出会ったのだから、当然、下山でも出会ってしまうミヤマキスミレ。
諦めが悪い… 惜別だもの… 愛しくて… また来年まで… 



「週末はスミレに会いに」 これまで読んでいただいて感謝してます、ありがとうございました。
お陰様で、通い慣れた森をほったらかしにして、今季は身近な花々の旬な姿をいくつも見逃してしまった。
それはまるで sense of wonder
なので、これから晩夏に向けて、少し歩き慣れた森の小道で宝探しでもしよう。

おしまい

 
by windy1957 | 2013-07-09 22:33 | wild plant | Comments(26)
Commented by yamabousi-28 at 2013-07-09 23:35
見たことのない花のオンパレード、どの花も傷みがなく美しい。
点景、点景ではもったいない。
登りで膝に痛みが?下山の時は大変だったのでは。

至仏山かあ、大変そうな山ですね。強力がチャターできないのかな。
苦労するから出会える花たちなのでしょうね。
こんなにスミレが残っているなんて、うらやましい限りです。
Commented by てばまる at 2013-07-10 09:48 x
お疲れ様でした。
ちょっときついですけど機会があれば東面ルートからも登ってみてください。普通のキバナノコマノツメもございます。だいたい2000mくらいから上はジョウエツキバナノコマノツメに変わるようです。

稜線に、カラフトヒメシャクナゲ咲いてませんでしたか? 
Commented by cyu2 at 2013-07-10 10:15 x
翼さん、おはようございます。
先週、行く前に記事を拝見していて続きを楽しみにしておりました♪
ちょうど山開きの日だったのですね。
シラネアオイは見つけられませんでした・・・マルバヘビノボラズって初めて知りました。
面白い名前に似合わずカワイイ花なんですね。
スミレもそんなに咲いていたとは・・・歩くのに夢中で・・・まだまだ修行がぜーんぜん足りません。
でもまた行きたいな、と思います。
今回もまた、翼さんの腕で引き出された生き生きと輝くお花たちの写真、
堪能させていただきました(*^_^*)
Commented by at 2013-07-10 18:02 x
yamabousi-28さん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
今回の至仏、それほど珍しいものではありませんが、みんな
新鮮な感じでしたね。たぶん、種類なら今頃がちょうど良い
時期かも知れません。山では登りよりも下りですよね。用心
したせいか、心細い下りでしたが膝へのダメージはそれほど
なくて一安心でした。
至仏山はそれほどキツイ山ではありませんよ。うんざりする
ほどの急登がそれほど続く訳でもなく、花々を撮りながらの
んびり登れる山だと思います。黄色いスミレは今が旬でしょ
うね。あちこちで見れますし、例年よりも数も多い気がしま
す。
Commented by at 2013-07-10 18:09 x
てばまるさん★
いつもありがとうございます。
そうですね、至仏山の東面ルートはしばらく登ってませんでし
た。いちばん最近でも、もう10年近く前だっと思います。しか
も時季がもう少し後だったように記憶してます。東面ルートは、
ジョウシュウアズマギクやランの仲間が多かったように思いま
すけど、やっぱり手軽な鳩待からのルートに偏ってしまいます
ね。来季は、ぜひ東面ルートも考えてみたいと思います。その
場合は山ノ鼻で一泊のゆったりスケジュールですね。それから
カラフトヒメシャクナゲ、ちょっと気が付きませんでしたね。
というか、見逃したのかも知れません。
Commented by at 2013-07-10 18:23 x
cyu2さん★
いつもありがとうございます。
はい、今回は山開きの日に登ってきました。今季は各地の情報
から花々が例年より早く開花していると踏んだのですが、実際
はそれほど大差は無かったのかも知れませんね。スミレは小至
仏から至仏に至る稜線あたりにずらずらっと咲いてますね。チ
シマウスバスミレはちょっと分かり難いですし、目立たない小
さなスミレなので見逃すことが多いと思います。シラネアオイ
はちょうど隠れるように咲いていて、ちょっと分かり難い場所
でしたね。返す返すも惜しいのが、例のピンクのミヤマカタバ
ミですね。たぶん、私が登った時はまだ蕾だったのかと思いま
す。それでなくても開いた状態のものがあまりありませんでし
たから。
そうですね、尾瀬、またまた計画中です。今度は晩夏の原を訪
ねる予定です。サワギキョウとか、ソバナとか、大好きな青紫
系の花々が咲き出します。カメラ片手にゆっくり、のんびりが
良いですね。その前に膝の故障を完治させなければいけません
よね。
Commented by akko-kornblume at 2013-07-10 18:52
翼さん、こんにちは~♪

至仏山・・・前篇見てからドキドキしておりました。
翼ワールド全開ですね~(*^_^*)

春先から続いたスミレ探しの旅もこれにて終了なのは
ちょっと寂しいですね~!沢山の素晴らしい写真にうっとりさせていただきました。

実は来週末、夜行バスで至仏に行きます。
翼さんが見せてくれて素敵な世界に浸ってきたいと思います。
でも、きっとへろへろになりそうだから無理かな~~~(+_+)

水滴いっぱいのホソバウスユキソウ・・・夢のような画像ですね。
は~~~一日の疲れを取らせていただきました。まだ仕事中ですけどね。

これからはまた近くのフィールドにも行かれるのかしら?
それも楽しみにしていますね(*^_^*)
Commented by at 2013-07-11 08:45 x
矢車草さん★
おはようございます。
いつもありがとうございます。
スミレの追っかけも最終章を迎えました。まだ肌寒い頃、外秩
父あたりの林道をスミレを探しながら彷徨っていたのが懐かし
いですよ。最終章に辿り着く頃は夏、そして最後のフィールド
は至仏山と決めていました。
そうですか、今度は至仏ですね。今がいちばんいい頃ですよ、
きっと。たくさんの花々と感動、レポが楽しみです。黄色いス
ミレもホソバヒナウスユキソウも、そして、ピンク色のコミヤ
マカタバミもみんな待っていてくれてますよ。
はい、少しは身近な里山を歩き馴染みの生き物たちとも会って
おかないと、「何か忘れ物」をしたようで…。
Commented by mie at 2013-07-11 12:57 x
昨年カメラをフルサイズに新調したのですが
レンズにまで予算がまわらなくって(笑)
旦那から借りた単焦点でがんばってました。
手振れ防止もなし、マクロもなし。
揃えようと思ったら大変なとても良いレンズの数々なんですけどね・・・
わたしにはやはり難しすぎました(笑)

で、、、今週末の山行に向け、とうとう新しいレンズをゲット!
今度はオマケマクロも付いているので、お花ももう少し上手に撮れるかな?
マクロレンズが欲しいなんて思ったのは、何を隠そう翼さんのせいですよ(笑)
お写真はもちろんですが、花を追いかける姿がとても楽しそうなんだもの。
日曜日は、花曇り(笑)期待したいです~!
Commented by フクシア at 2013-07-11 16:14 x
なんて素晴しい世界!と、溜息が出るほどでした。翼さんの文章がとても魅惑的なで、それを裏付ける写真がさっと現れて、とてもワクワクします。

9、10日一泊で苗場山に登りましたが、宿泊表にコースを記入した所、小屋のスタッフに、【マニアックですねぇ。】と、言われました。お陰様でスミレに遇えました(^^♪

北岳編を完成しないままに苗場にいきましたので、急いで苗場編をアップする予定ですが・・・。
Commented by sizuku at 2013-07-11 23:10 x
スミレの追っかけの〆は至仏山で…なんとなく想像してました。
前回のレポから、美しい写真の連続に、目を奪われ、素晴らしいなぁとため息ばかりで言葉がでませんでした。

今回、ハッとしたのは、シナノキンバイです。こんなに美しかったかなぁという思いでした。
雫を飾ったウラジロヨウラクも、ホソバヒナウスユキソウも、美しいですし、大好きなタテヤマリンドウも、透き通った水色の花に魅せられました。
もう、何年も前、至仏山の山開きの日に、大雨の中、登ったことを思い出しました。

スミレの追っかけの最後を飾ったのは、ジョウエツキバナノコマノスメと至仏に咲くチシマウスバスミレでしたか。
翼さんらしいなと思いました。今度は里山の点景、魅せてくださいね(^^)
Commented by 山うさぎ at 2013-07-11 23:45 x
翼さん、こんばんは~♪

七夕の日に至福の山を歩いてきました(*^ー^*)
尾瀬ヶ原を歩こうと思い、夜行バスを予約しましたが
翼さんの前編を見て、至仏山に変更してしました。

雨が降ったり、止んだりの天気でしたが、登山道からの尾瀬ヶ原の景色も、
たくさん種類の可愛いお花も、本当に至福の時間でした。

今こうして翼さんの写真をを拝見していると、歩いていた時の光景が
はっきりと甦ってきます。翼さんが咲いてるその場の雰囲気までも
写し取って下さるからでしょうね。もう自分が見ていた場所より素敵場面がいっぱいです!
発見できなかったお花も何種類かあります。

今回、コンデジから新しいカメラになっての撮影でしたが全然ダメでした。
前もっての練習も少なかったのですが、操作も???が多く、
もう使って覚えていくしかないようです。
勝手ですが、どうぞこれからもこの場で勉強させて下さい。
スミレは来春までお休みですが、新シリーズの翼ワールドを楽しみにしております♪
Commented by at 2013-07-12 13:47 x
mieさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
そうでしたか、フルサイズですね。しかも同じ5D markⅡ。
Canonは初めて使いますが、色合いが忠実ですよね。特に青系
紫系が良いと思います。因みに「週末はスミレに会いにNo9」
の画像はmarkⅡなんですよ。今は従来のNikonと併用してます
が、今回の尾瀬シリーズはNikonでまとめました。今回Getした
レンズもいいですね。標準域がカバーできて、しかもマクロ付
きとはね。これ、私も欲しいです。
mieさん、第一印象で迫ってください。あとは絞って、開いて
、アンダーで、オーバーで、どれか一枚は当りますよ。私はい
つもそんなもんです。ただ、基本は絞り優先で撮ってますね。
そうですか、誰かさんも罪な奴ですね。カメラ談義はそろそろ
ボロが出ますんで、今日はこの辺でドロン!
Commented by at 2013-07-12 13:58 x
フクシアさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
これはこれは嬉しいお言葉をいただき、益々その気になっちゃ
いますよ。おお苗場山ですか。ってことは、あの黄色いスミレ
かな…。
北岳といい苗場山といい、羨望の山の花旅ですね。今月はちょ
っと野暮用が重なっていますので、山行は8月に入ってからで
すね。晩夏の花でも訪ねて、あの高層湿原でも歩きましょう。
それまでは、馴染みの里山をブラブラしながら思い付きのレポ
でも書くとしましょう。
苗場山のレポ、楽しみにしてますね。
Commented by at 2013-07-12 17:02 x
sizukuさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
ご想像のとおり、追っかけの最後は至仏山でした。この時季、
スミレに会える馴染みの山域となれば、やっぱり至仏になって
しまいます。他ので山はちょっと不安なもので。
シナノキンバイやウスユキソウ、アズマイチゲなどに出会うと
一気に山の空気を感じますね。sizukuさんの至仏の山開きの話
私も覚えてますよ。もう、懐かしい話ですね。またいつの日か
登れる日がきっと来ますよ。
かつての里山逍遥のようにはいきませんけれど、また少しずつ
綴っていきたいと思います。約束はできませんけれど、気長に
お待ちいただければと思います。
Commented by at 2013-07-12 17:19 x
山うさぎさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
誰かさんのせいで計画変更でしたか。でも至福の時間を過ごせ
てなによりです。山うさぎさんの目で見た風景や花々、私の画
像よりきっと素晴らしかったはずです。時間が経って思い巡ら
せば、きっとそう感じると思いますよ。
新しいカメラでの画像、ぜひ拝見させていただきたいですけど、
残念ですね。撮影は回数、機材は慣れですね。大丈夫、近いう
ちにハッとするような作品がきっと撮れますから。
来月の中頃までは所用が重なっているので、しばらく登山はお
休みです。私の自然感の原点は里山ですから、また馴染みの里
山でも歩きながら出会いや想いを綴ってみたいと思います。
Commented by fumifumi at 2013-07-14 09:13 x
翼さん、こんにちは~
毎日暑くってバテバテですっかり伺うのが遅くなってしまいました。
「週末はスミレに会いに」の最後を飾るのは、やはり想像通りあの黄色いスミレと至仏に咲くチシマウスバスミレだったんですね。
ジョウエツキバナノコマノツメは未見のスミレですから、こちらで拝見出来て嬉しいです。
ピンクの可愛いウスユキソウにもうっとり。
この花の咲く八方尾根に今週末は計画していたのですが、天気が悪いので止めにしました。
翼さんの素晴らしい語りで、すっかり至仏に登った気分になれました。
ありがとうございます^_^

Commented by よしころん at 2013-07-14 17:27 x
翼さん、こんにちは^^

毎年恒例の7月1週目の至仏山、そんな訳で(どんな訳だ!)
私は今年は訪れることができませんでした。
雫のドレスを纏ったホソバヒナ、うっとりするほど素敵です。
礼文でもウスユキソウを見ることができましたが、
個人的には華奢の雰囲気のホソバヒナウスユキソウが好きかも♪

チシマウスバスミレはまた来年の楽しみに。
そして「週末はスミレに会いに」シリーズ、来年も楽しみにしています(笑)
Commented by m-kotsubu at 2013-07-14 23:16
こんばんは♪
開山式の日に行かれたのですね。
私はその1週あとに行きました。
鳩待から入ったのでしょうか?
私は前日から宿泊したので、山の鼻から入りました。
雨が降ったり止んだりで 山頂付近では強くなり風もあり
なかなか花の撮影ができなかったのが残念です。
こんなにたくさんの花には 気づけなかったような気がします。
今度は晴れた日に登りたいな。
膝、お大事になさってくださいね~^^
Commented by at 2013-07-16 10:16 x
fumifumiさん★
おはようございます。
いつもありがとうございます。
レス、遅くなってしまってごめんなさい。この3連休は野暮用
が重なってしまって、なかなかPCが開けませんでした。
スミレ行脚の最後を飾るのは、もう見抜かれてましたね。ご想
像の通りあのスミレたちです。やっぱり黄色いスミレは格別で
すね、特別の思い入れがあります。
拙文ですが、至仏山の雰囲気が伝わったでしょうか?機会があ
れば、ぜひ尾瀬にご一緒したいですね。
Commented by at 2013-07-16 10:27 x
よしころんさん★
おはようございます。
いつもありがとうございます。所用が重なってレスが遅れてし
まい、ごめんなさいね。
至仏はできれば今月中にもう一度登りたいですが、ちょっと時
間がとれないのが残念です。
礼文のレポ拝見しましたが、やっぱり素晴らしいですね。後ほ
どお邪魔させていただきますね。ホソバヒナウスユキソウは、
あちこちに咲いていますが、撮影となると難しくて、上手くま
とめにくい被写体だと思います。
「週末はスミレに会いに」来季はさらにスケールアップしてお
届けしたいですね。今からいろいろ考えているんですが、ぜひ
今度は高嶺の黄色いスミレにも会いたいですね。
Commented by at 2013-07-16 10:37 x
m-kotsubuさん★
おはようございます。
いつもありがとうございます。
すっかりレスが遅くなってしまい、ごめんなさいね。
はい、開山式を横目に至仏の登山道を辿りました。時季として
は、ほぼ狙い通りで楽しい山行でしたね。kotsubuさんは、
1週遅れで入山でしたね。ちょうど花々の良い時期だったと思
いますが、天候はどうにも仕方ありませんね。至仏にはここ数
年は鳩待峠からの入山が圧倒的に多いです。その理由は手軽で
登り慣れているからです。ただ、山ノ鼻からの東面ルートも花
々が多く多少趣が異なるので魅力はあるのですが、行程的に少
しキツくなりますよね。でも、来季は少し余裕を持って、東面
からのルートを考えてみたいと思ってます。
Commented by hidamari at 2013-07-22 18:54 x
遅ればせながら・・・・・
雨の至仏山でのたくさんの花々との出会い、素敵な写真の数々
尾瀬で働いていても近くて遠いお山です(@_@。
もう5年くらい登ってませんが、翼さんの写真を見たら
行きたくなってしまいます。
足の調子が悪くなってしまったようですが、
無理せず、治して、また素敵な写真を撮って見せてください♡
Commented by at 2013-07-22 22:51 x
hidamariさん★
ようこそいらっしゃいました。
「近くて遠い山」 なんとなく分かるような気がします。至仏山は毎年
必ず訪ねる山ですが、7月1日の山開きに登るのは初めてです。
予想通り、花々の開花状況は順調でしたが、8月には晩夏の花狙
いでもう一度登りたいですね。
足の具合、お気遣いいただき恐縮です。膝の関節炎+持病の再発
で、ここのところフィールドワークがお預けになっています。また機会
があれば尾瀬沼VCも訪ねたいと思ってます。今度はお会いできると
いいですね。
Commented by MIURA at 2013-07-24 20:24 x
ご無沙汰していました。
たくさんの人のコメントに埋もれて気付かないかもしれませんね。
相変わらずの人気に、ちょっとだけ嫉妬もしたりして…。
 
至仏山の花巡りと聞けば、黙ってはいられません。
久しぶりの、瑞々しい雫を抱くホソバヒナウスユキソウに、うっとりです。
色んなところで、ウスユキソウと出会いましたが、至仏山の感動には至りません。
 
翼さんも、故障で、あまり自由に動けないようですが、僕も違った理由で山へ向かう回数が減りました。
ま、年齢に相応しくなっただけの理由ですが…。
 
今年、夢の一つに挑戦し、それが叶えば、もう、冒険の領域から遠ざかることにします。 
来年あたり、孫と娘を連れて、尾瀬を歩きたいな、と思ったりしています。
当然、至仏山は狙います。
 
この花々を、改めて見せてもらい、その想いは、いっそう深くなり、まだ、衰えたくはないなと…。

翼さんも、身体を労りながら、のんびりと、楽しみましょう。
Commented by at 2013-07-25 13:13 x
MIURAさん★
竜宮十字路あたりの木道で撮影していると「おーいッ」って呼
ばれた感じです。
懐かしくって… そして、暫くでしたね。コメントの中に埋も
れていても、やっぱり煌めいていますからね。至仏に登る時に
いつも思うのは、ホソバヒナウスユキソウとリンネソウです。
未だにリンネソウには出会えませんが、MIURAさんとの出会い
と併せて、いつの日か必ずって思ってます。
「冒険の領域から遠ざかる…」これからは、穏やかな時間の中
に「山」がある。ってことかな。いろんな事がありすぎて、話
すこともいっぱいだけど、いつの日かのために、大事ににとっ
ておきますね。
来月になればひと段落です。
サワギキョウで紫色に染まる湿原、晩夏の木道を、またのんび
り歩こうと思ってます。