pode ser um romance

週末はスミレに会いに No7 「群馬~新潟県境・麗しの森から/前編」

b0255992_1957127.jpg
そろそろネタ切れですね~って囁かれながらも、まだまだ懲りずに足掻いてる。
谷川岳とか平標山を横目に、群馬と新潟を跨ぎながら残雪のブナの森でたっぷり遊んだ。
ということで 「週末はスミレに会いに」 もいよいよラストスパート。
まずはサラッとまとめた前編からどうぞ。




b0255992_1957770.jpg
関越自動車道の渋川・伊香保ICを下りて、一路県境目指して北へ北へ。
差し当たり馴染みの林道でざっとおさらい。ほんと、息が長いよねぇ~ ということでアカネスミレもまだ元気。



b0255992_19594095.jpg
そして、シーズン終了前にしっかり会っておきたいと思っていたサクラスミレ。



b0255992_2012368.jpg
こちらはエゾノタチツボスミレ(白花タイプ)
スッと伸びたスタイルは、他のスミレより圧倒的に背が高い。全体的に大柄な雰囲気の割には花弁が小さめなのも特徴のひとつ。



b0255992_2065278.jpg
この林道で見られるエゾノタチツボスミレは、ご覧のようにみんな白花タイプだ。



b0255992_208269.jpg
こちらは葉脈に赤い斑の入ったチシオスミレ(サクラスミレの斑入りタイプ)
花弁の大きさといい、花姿(デザイン)といい、なかなか見応えのあるスミレだ。



b0255992_20113885.jpg
特段珍しい植物ではないが、個人的にはちょっと久々のラショウモンカズラ。
ほんとうは斜面いっぱいに咲いていたが、上手くまとめられなかったので単品でご勘弁を。



b0255992_20132984.jpg
某高原へ向かう長閑な道すがら。
田んぼの土手に青い星屑が…。



b0255992_2016494.jpg
もう少し近づくとご覧のとおり。



b0255992_2017868.jpg
ということで、ホタルカズラがちょうど真っ盛りだった。



b0255992_20182388.jpg
ブナやミズナラ、カエデ類、トチノキ等で構成される典型的な冷温帯林の山肌。さぞかし紅葉の時季は見事だろう。



b0255992_20192354.jpg
標高は1500mをちょっと越えたあたり。
ブナの森は、新緑も盛夏も錦秋も、そして武骨で飾り気のない冬も、み~んな美しい。



b0255992_2027279.jpg
初夏の陽射し降るブナの森の林床には、ミヤマスミレが点々と咲いていた。



b0255992_20282026.jpg
登山道から横道に分け入ると、ミヤマスミレは所々で小規模な群落となっていた。



b0255992_2030187.jpg
そこは麗しの森。
ミヤマスミレの群落を撮っているとクロツグミの囀りが聞こえてきた。ブナの森も、夏鳥たちが遊ぶシーズンになってきたようだ。



b0255992_20353621.jpg
こちらはオオタチツボスミレ。
タチツボスミレより心もちスッとした立ち姿で、距が白いのも特徴だ。関東地方では特に珍しいスミレでもないが、かといって、何処でも見られるスミレというわけでもない。



b0255992_20394545.jpg
オオタチツボスミレはこんな感じでパッと見はタチツボスミレ。
スミレ探しに明け暮れる山歩き。ヘロヘロになって集中力が無くなってくると、タチツボでもオオタチツボでもどちらでもよくなってきてしまう。(オオタチツボスミレにはちょっと悪いが…)



b0255992_20424037.jpg
足元のフキノトウにもカメラを向ける余裕が欲しい。



b0255992_2045424.jpg
見上げれば美しくノーブルなブナ。
どうです、何処からともなく夏鳥の囀りとか… 聞こえてきません?



b0255992_20491262.jpg
県境の景色はこんな感じ。
山菜を摘んだり、スミレや夏鳥を探したり、心洗われるよね~って、同行者との会話も弾む。



b0255992_20523746.jpg
長~いトンネルを抜けると、森はまだ芽吹きの時季。
まったく予期していなかったヒナスミレも咲いていたり、なんとも嬉しいやら驚くやらで…。



b0255992_2173569.jpg
こちらはスミレサイシン。
分水嶺を越えた日本海側ではお馴染みのスミレだが、きっとまだ咲き始めて間もないのだろう、瑞々しい感じだ。



b0255992_2110433.jpg
まだ雪の残る林道を登り始めると、ナガハシスミレが目立つようになる。ここには花色のやや薄い上品な色合いのタイプばかりが咲いていた。



b0255992_21161245.jpg
こちらは道端に咲いたナガハシスミレ。(色付きが普通のタイプ)
関東地方ではまずお目にかかれないスミレだと思うが、トンネルを抜け、山ひとつ越えればナガハシスミレもまったくの普通種になってしまう。



〈後編に続く〉
by windy1957 | 2013-05-27 21:26 | wild plant | Comments(19)
Commented by イナ at 2013-05-28 10:17 x
「麗しの森」いい響きですね!
麗しの森でどんな麗しの花が見られるか、
楽しみにしています。
雪融けのトンネルいいですね。
Commented by at 2013-05-28 19:12 x
イナさん★
いつもありがとうございます。
私にしてみればブナの森はみんな「麗しの森」なんです。特に初夏の
ブナの森は飽きさせませんね。花々もさることながら、野鳥、昆虫など、
生き物たちとの出会いは里山とは一味違った感動があります。
ということで、間もなくUPですが、果たしてご期待に添えられるかどう
か…。
Commented by akko-kornblume at 2013-05-28 20:28
翼さん、こんばんは~♪

お~まだまだ続きますね~(^^♪ 
麗しの森とは・・・オサレだこと!
わたしは予期せず、キバナノコマノツメに会えてニッコリな週末でした。
レポ、楽しみにしていますね~!
Commented by よしころん at 2013-05-29 08:01 x
ムムム!?
上越国境の「麗しの森」ですと。
これは見逃せませんな~~(笑)
Commented by at 2013-05-29 16:15 x
矢車草さん★
どうもです。
ええ、もう少し続きますよ~、っていうか諦めがわるいんです
よ。昨年が殆ど消化不良だったものでね。
麗しの森、オサレ~でしょ。要は大好きなブナの森ってことな
んですがね。
キバナノコマノツメ、あの山域にも咲いているんですね。標高
はどんなもんでしょうか、私も意外な印象でした。
Commented by at 2013-05-29 16:21 x
よしころんさん★
いつもありがとうございます。
ムムム、そう麗しの森。私が勝手に名付けました(笑)
どうも膝が痛いなぁ…って思ったら、受診結果は「変形性膝関
節症」とのこと。アイスバーンでの下りは痛くてキツカッタで
すよ。その割には、トキメクようなレポにならなかったような
気がしないでもないけれどね…。
Commented by てばまる at 2013-05-29 21:55 x
 関東から上越へ、マイカーならではのスミレ行脚の仕方ですね。
 ナガハシスミレくらい特徴的になると俄然じっくり見てしまいますが、オオタチツボくらいだと、上から目線で確認して歩いてしまいます(^-^;)
 ここ数年、尾瀬には無いと思っていたふつうのタチツボスミレがポツポツあるのがわかったのでもしかしたらムラカミタチツボスミレがあるのではと今年は期待してます。
Commented by m-kotsubu at 2013-05-29 21:56
こんばんは♪
2枚目のサクラスミレ、美しい色ですね~
ホタルカズラがこんなにたくさん!
可愛らしいですね~
癒しの森…心から癒されそう。
後編も楽しみにしています。^^
Commented by フクシア at 2013-05-30 12:15 x
こんちは。
アップをお待ちしておりました。お陰様で首が長くなりました(笑)

スミレの追っかけ終盤でこれだけのスミレに遇えるなんて、さすが麗しの森ですね。何時までも麗しの森であって欲しいですね。続きも楽しみにしております。
Commented by at 2013-05-30 13:00 x
てばまるさん★
いつもありがとうございます。
お察しのとおり、マイカーを駆使した重宝なスミレ行脚です
よ。この時季、さすがに種類は稼げませんね。それでも上越
との県境では極めて稀種なヒナスミレに会えたり、ナガハシ
スミレもまだまだいっぱい咲いてました。このエリアで期待
していたオオバキスミレは空振りでした。もう少し平野部に
移動すれば見つかったでしょうね。
実は、尾瀬のタチツボですが、私も同じ様なことを考えてい
ました。でも、判別が微妙ですね。至仏山を辿る登山道の前
半が面白いと思いますよ。
Commented by at 2013-05-30 13:06 x
m-kotsubuさん★
いつもありがとうございます。
実はサクラスミレの色合いはとても微妙です。現実はもう少し
赤味が残っているような感じですね。ホタルカズラの群落は、
感動の半分も伝えられない画像になってしまいました。青い☆
を散りばめたような田んぼの土手は、それは見事でしたよ。
ホタルカズラのブルー、これも再現は難しい色合いです。
麗しの森、これからも春夏秋冬の感動と美しさをできるだけ伝
えていきたいと思ってます。
Commented by at 2013-05-30 13:13 x
フクシアさん★
こんにちは。
お待たせしてしまいましたね。その割にはスミレの種類が稼げ
ず、期待倒れではなかったでしょうか?
ブナんも森って、ほんと大好きなんです。花も鳥も虫もキノコ
も、どれをとっても魅力的なものばかりですし、心底癒されて
しまいますね。
スミレの追っかけもラストスパートです。逢いたいスミレはま
だまだありますが、あとは来年のお楽しみです。
続編、ガンバッテ書いてます。もう少しお待ちください。
Commented by 山うさぎ at 2013-05-30 20:12 x
翼さん こんばんは〜☆
麗しの森から もう素敵な題名と残雪の写真とでわくわくして待ってました*\(^o^)/*

ブナの森、イイですね〜♪
見上げたブナの木、抱きついてそっと耳をあててみたい!
そんな衝動にかられます。
遠くには残雪の山なのに、足元では可憐なお花がこんなに・・・
本当に癒しの時間だったのでしょうね。
サクラスミレ、以前の時のより色が濃く思えて、
私をよく観ててね(^o^)とでも語りかけてるのでしょうか?
薄い色合いのナガハシスミレとてもいいですね。これ大好きです。
いつか私も出逢えたらいいなぁ〜!とても小さな花なのでしょうね。

前半でこんなに満足させて頂いたのに、後半はどんな様子だったのか、
またまたワクワクしながら待ってます^_−☆


Commented by at 2013-05-31 08:31 x
山うさぎさん★
いつもありがとうございます。
すみません、タイトルの割には大した内容でなくて…
でも、大好きな初夏のブナの森で遊ぶことができて、個人的に
は満足でした。スミレは関東周辺の高原帯も含めて、ほぼ終了
ですね。残るは高山帯とか、東北、北海道の山地帯になります
が、となると、悲しいかなお金もスケジュールも整わないのが
現状です。
サクラスミレも終盤、最後の彩りといった感じですね。ナガハ
シスミレは、薄らと透明感のあるブルーで素敵でしたよ。
さて、後編ですね。地域的に大体察しがつきますか?そう、大
好きなあのスミレが登場します。
Commented by at 2013-05-31 17:33 x
こんばんは。
おっ、今回は前篇と後編があるのですね。
後編も楽しみ!

ブナの林が、本当に素晴らしいですね。
雪が残る山並みも美しいし…。
こちらからでは、かなり遠出をしないと出会えない風景なので
翼さんのブログで、見たつもりになっておきます。
Commented by vol at 2013-06-01 08:25 x
まだまだすみれの園だったんですね。サクラスミレがにぎやかそうです。これがおしまい間近とは…
エゾノタチツボに今年は会えなさそうなのですが こんなふっくら可愛いのにあって見たいです。
後編のすみれはなんでしょうね〜
楽しみにしてます。
Commented by at 2013-06-01 17:02 x
空さん★
いつもありがとうございます。
そうなんです、今回は前編と後編の2本仕立てなんですが、あまり
期待しないでくださいね。
ブナの森って、ほんと歩いていて飽きません。スミレが咲いていな
ければ夏鳥を探します。残雪をまとった神々しい山並みにも心が
洗われる思いです。そちらからでは遠くてなかなか出会えない風
景なのでしょうか。拙い画像ですが、行ったつもりになって見てい
ただければ本望です。
ただ今後編執筆中、お馴染みの黄色いスミレの登場予定です。
Commented by at 2013-06-01 17:11 x
volさん★
いつもありがとうございます。
はい、名残惜しくスミレを追っかけてます。花弁の大きいサクラスミレ
がまとまって咲いているとなかなか見事ですよね。
エゾノタチツボは背丈が大きくて、その割には花弁が小さくカッコよく
画像に収めるのが難しいです。しかも、陽当りの良い所に咲いてる
場合が多く、ちょっと贅沢ですがピーカンの時などは始末におえませ
ん。このエリア、後編はどんなスミレが登場するかvolさんなら大体
察しがつくでしょう。
Commented by gucci purses at 2013-11-06 18:13 x
TOMS Shoes à la vente, qui n'ont certainement pas l'air bon marché, de la mode à l'égard de moins! Marcher la tête haute cette année et profiter d'une série de magnifiques chaussures à talons hauts pour le jour ou la date particulière jeune fille, plates-formes, des coins ainsi que des sandales de nuit fastueux pour accomplir votre ensemble. Pour 9 jusqu'au 5 croire le confort ainsi que le style avec un ensemble de brogues ou mocassins même gland, pratiques et très cool, se souvenant de ces moments humides et venteux. Il existe différents toms chaussures facilement disponibles pour vous tous à sélectionner.
gucci purses http://www.imodular.com/gucci/index2.asp?id=21