pode ser um romance

週末はスミレに会いに No6 「奥多摩・三頭山麓の森から」

b0255992_17382150.jpg
週末はスミレに会いに…
このシリーズも、最終章が見え隠れする6回目を迎えた。
だけど、飽きるどころか、まだまだ会いたいスミレが目白押し。そうはいっても、季節は過ぎゆくばかり。毎週末都合がつくとは限らないし、雨が降っていては出掛けることを躊躇ってしまうし…
さて、この日は限りなく晴天に近い花曇りといった感じで、絶好のスミレ日和。
ということで、この時季としてはやっぱり外すことのできない奥多摩の観察ポイントへ颯爽と出向いたのだった。

【画像:シコクスミレ】



b0255992_17552124.jpg
今シーズンはやっぱりスミレの開花が早い。
いつもの山道にはほとんどスミレの姿はなくて、ひとつふたつとエイザンスミレに出会うくらい。葉っぱは少し傷んでいたので、ほんのり桃色美人をアップで1枚。



b0255992_17575360.jpg
スミレばかりに目を奪われがちだが、時はあたかも山菜の時期。
こちらはハリギリ。別名はセンノキと呼ぶが、山菜の中でもその美味しさは屈指。ごま和え、酢みそ和え、煮浸し、どれでもOKだが、天ぷらがいちばん美味しいだろう。
ウコギ科の樹木の新芽は、ハリギリのほか、タラの芽、コシアブラ、ウコギなど美味しいものがいっぱいある。



b0255992_18195457.jpg
こちらも山菜の定番、モミジガサ。
山菜名はシドケと呼ぶが、新潟あたりではキノシタという名前で売られていることもある。こちらも茹でても、和えても美味しいが、やっぱりおすすめは天ぷらだろう。食する場合は、もう少し若いものを摘んだほうが良い。



b0255992_18325754.jpg
標高は1200m程度。
山肌は、若葉を過ぎてすっかり新緑の頃。沢音を聞きながら、まずは目当てのスミレを探し歩く。



b0255992_18371711.jpg
タチツボスミレは、いつでもどこでも真っ先に出会うスミレだ。
ということは、生きていくうえで適応性、順応性に優れ、スミレの中ではいち早く生存戦略を身に付けたエリートなのかも知れない。と、こんなふうにあれこれ想像するのも楽しい。



b0255992_18434870.jpg
再会を楽しみにしていたのが、このシコクスミレ。
この山域で見られるのは、上弁がねじれて先が尖って反り返ってるタイプ。太平洋側のブナ林を中心とした落葉広葉樹林に見られる。
ソハヤキ要素と呼ばれる植物の一群であることも魅力的だ。ハート型の葉っぱを伴って、斜面に点々と咲いていたが、花数は昨年より少ない気がする。



b0255992_18591165.jpg
こちらもシコクスミレ。
この独特な花姿。どこでも見られるスミレではないので、愛しさのあまりなかなかその場を離れられない。



b0255992_1941394.jpg
葉っぱがいっぱい見えると思うが、こんな斜面にシコクスミレは咲いていた。空中湿度の高い環境を好むらしい。



b0255992_1973776.jpg
緑色のマントをまとったようなシロバナエンレイソウもあちこちに咲いていた。



b0255992_19101058.jpg
こちらはミツバツチグリ。
錯覚ではあったが、一瞬キスミレに見えてしまった(笑)



b0255992_19112099.jpg
エイザンスミレ、タチツボスミレとくれば、やっぱりこんな感じでマルバスミレも咲いていて欲しい。



b0255992_19432283.jpg
ナガバノスミレサイシンもまだ咲き残っていてくれた。たぶん、今季最後の出会いだろう。



b0255992_19503343.jpg
沢沿いには、至る所にネコノメソウがびっしりと。



b0255992_19522443.jpg
これはチドリノキというカエデの仲間。
秋になると黄茶褐色の上品な黄葉になるが、新芽の時季はまるでブナのような装いになる。



b0255992_1957559.jpg
スミレの追っかけは楽しいけれど、逢いたいスミレは同じような時期に咲いて、同じような時期に散ってしまう。だから、目当てのスミレに旬な時期に出会うには時間的にもスケジュール的にも無理や制約がある。ならば、どうしても逢いたいスミレをターゲットに遠征することになるが、今季は植物界の動きが早いようで、スミレの開花にもそんな傾向が現れていた。
ということで、遠征の達成感は今のところ7割程度といったところだ。
もうワンチャンス、どうしても逢いたいスミレがある。たぶんこのシリーズの最終章は6月下旬の頃だろう。
なので 「週末はスミレに会いに」 をもう少しお付き合いしていただければ幸いである。
by windy1957 | 2013-05-15 20:13 | wild plant | Comments(24)
Commented by m-kotsubu at 2013-05-15 22:10
こんばんは♪
三頭山には、秋と冬に行ったことがあります。
今の季節、新緑が美しいでしょうね~^^
翼さんは、山菜にもお詳しいのですね!
私の知らないことばかり。
とても勉強になります。^^
シコクスミレ、愛らしいですね~
出会えてよかったですね。
6月下旬のスミレの旅はどちらかしら?
楽しみにしています。^^
Commented by at 2013-05-15 22:40 x
m-kotsubuさん★
いつもありがとうございます。
三頭山をはじめ奥多摩の山々はお馴染みでしたよね。この他にも
高水三山、御前山、川苔山など、スミレの豊富な山々がありますが、
今シーズンはまだ三頭山しか登ってません。
山菜はポピュラーなものしか知りませんが、最近はあまり採取はし
ていません。少し北へ行けばまだまだこれからが旬な山菜もたくさ
んありますが、やっぱりこの時季はスミレが中心になってしまいま
すね。シコクスミレはなんとか間に合いました。6月のスミレ行脚、
さてどうなりますやら。
Commented by vol at 2013-05-15 23:16 x
ミツバツチグリが一瞬キスミレに見えてしまったところで 思わずにやりとしました。
わたしも ないとわかっているのにキスミレ?と思ってしまったことが何度か^_^;
どうしても会いたいすみれ 何かなあと気になります♪
関東へ戻るのは6月になってからの予定なので・・・
Commented by フクシア at 2013-05-15 23:43 x
こんばんは。
私もvolさん同様、ミツバツチグリが黄スミレに見てしまった所で、【あらら、私だけではなかった!】と思いました。よくありますよね(笑)。
山菜の話題も良いですね。今夜コシアブラの天麩羅を食べましたが美味しかったです。ハリギリも食べてみたいと思っていますが、結構いけるそうですね。
Commented by at 2013-05-16 12:41 x
Volさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
ミツバツチグリでニヤリ… 分かっていらっしゃいますね。
以前、天神平に登った時、一面のジョウエツキジムシロがすべ
てナエバキスミレに見えてしまいました(笑)
どうしても逢いたいスミレですか?それは、奥日光、高峰高原
八ヶ岳あたりかな。Volさんなら察しがつくでしょう。
因みに上州の方から新たな情報が入ってきましたもので、さて
今週末どうしたものか…
Commented by at 2013-05-16 12:48 x
フクシアさん★
そうでしたか、皆さん同じ様なことしてますね(笑)
いつもなら山菜もボチボチ嗜んでいるのですが、今シーズンは
スミレに没頭してましたね。すでにこちらの里山では山菜は終
了です。コシアブラは絶品ですよね。北関東とか、東北方面な
らまだ間に合いますね。ハリギリも美味ですよ。ただ、タラの
芽のような新芽を探すのが一苦労かな。
天ぷらといえば、ニセアカシア、ウワミズザクラ、ハルジオン、
ヤブレガサなども美味しいですよ。ま、天ぷらならば大体のも
のは食べられちゃいますけどね。
Commented by fumifumi at 2013-05-16 23:26 x
こんばんは~
新緑が美しい季節になりましたね。
チドリノキも初めて聞きますが、透過光の葉が眩しいほどです。
シコクスミレ、可愛くって良いですねぇ~。
このオフホワイトの花色も好きです。
そちらのは上弁がねじれてとってもユニークな花姿ですね。
どうしても逢いたいスミレって何でしょう~?
標高が高い場所に咲くのかしら、楽しみにしています
Commented by at 2013-05-17 09:00 x
fumifumiさん★
おはようございます。
いつもありがとうございます。
この時季の樹木は瑞々しい葉っぱが逆光に映えて素敵ですよね。
私が出掛けるフィールドではシコクスミレはこのタイプがほと
んどですね。地下茎で増えるので葉っぱは斜面にいっぱいある
のですが、花数が意外と少ないのが気掛かりですが。
逢いたいスミレ… いくつかありますね。苔生した原生林、白
い清楚なスミレに逢いたいです。
Commented by てばまる at 2013-05-17 09:38 x
こんにちは~
奥多摩のシコクスミレ。以前は憧れでしたけど、最近は生育地が何か所もあることがわかったので、普通に見れるスミレになってしまいました(^^;) でも、葉っぱは沢山なのに花付は意外と悪いですよね。 地下茎で増えるから無理に花咲かせる必要性がないのかな?

逢いたいスミレ。6月下旬と書いてたのでシリトコスミレかと思いましたが。苔むした原生林の白いスミレならウスバスミレですね(^-^) そういえば僕も久しく見てないですね~  チシマウスバスミレなら毎年見てるのですが・・・

Commented by at 2013-05-17 11:38 x
てばまるさん★
どうもです。いつもありがとうございます。
シコクスミレ、今でこそ逢いたい時には逢いに行けますが、ス
ミレを始めた頃はちょっとした希少種でしたよね。奥多摩あた
りの渓谷沿いで偶然見つけた時は有頂天でしたよ。葉っぱの分
だけ花が付けば見事な群落になるでしょうけれどね。
さすが、てばまるさん。察しがつきましたね。シレトコスミレ
は遠いし、熊は怖いし、リベンジはもうしばらく先ですね。
Commented by 山うさぎ at 2013-05-17 18:43 x
こんにちは~
スミレの遠征、続けられるようで良かったです。
私もブログで一緒に楽しませていただきます。

三頭山、私も4/28に行ってきたんですよ。
シコクスミレ・特徴があって可愛いですね~♪
残念ながら私は出会えませんでした。(撮った写真を確認しましたが
やはり写ってませんでした。苦笑)
きっと咲いていてくれたのに、気づいてあげれなかったのですね!
今度はもっとキョロキョロして探してみます。

連休後半は田舎に帰って山菜の天ぷらを食べてきましたが、
例年よりも寒さが長引いた為に、種類も収穫量も少なかったです。
北の方はこれからがいい時期ですので、遠征した際は、お酒のお供に
山菜も採ってはいかがですか?
次回の遠征地は何処か楽しみにしております。








Commented by akko-kornblume at 2013-05-17 21:18
翼さん、こんばんは~♪

ドレスを着たみたいなシロバナエイレンソウがとっても素敵です。
シコクスミレって上品で綺麗ですねー!
今年は全然スミレに会えてないけど、翼さんのところで楽しめてるから嬉しいなぁ(^^♪
Commented by keitann at 2013-05-17 22:06 x
翼さん、こんばんは。

そちらにもシコクスミレが咲くんですね。
私のほうも今週、愛媛の山でシコクスミレを見てきましたよ。
標高1200m程度のその山はやはりスミレの多い山ですが、この時期はすでにスミレ以外の花が多くなっていて、咲いているスミレはシコクスミレぐらいだろうと予想していたのですが、その予感は半分ほど当たっていました。
シコクスミレの顔がこちらのとはちょっと違っていて、まじまじと拝見しました。
チドリノキもやはり撮影してきましたが、グリーンの花がぶら下がって咲いていましたよ。翼さんの登られて山は、ブナの山なんでしょうか?
Commented by イナ at 2013-05-18 10:19 x
こんにちは。
スミレはスミレで、まったく区別がつかないので、
勉強させて貰っております。
この時期ちょっと上を見上げると素晴らしい光景
が広がっていますね。最後の2枚にとても惹かれます。
私もつい先日こんな光景を目にしたばかりです。
植物たちの芽吹きの姿はとても生命力に溢れ、こちらも
元気になります。
Commented by sizuku at 2013-05-18 21:59 x
こんばんは、清楚なシコクスミレ素敵ですね。
花もそうですが、ハート形の葉っぱも魅力的です。
わたしは、今期もこのスミレに逢えませんでしたが、奥武蔵の山域で出逢った日の事を、いつも思い出してます。
あの頃も、ほんの一輪二輪でしたから、もう、絶えてしまったかもしれません。
わたしにとって、シコクスミレとフジスミレは逢いに行きたいスミレです。翼さんも、逢いたいスミレに逢って来てくださいね。
Commented by at 2013-05-18 22:08 x
こんばんは。
シロバナエンレイソウ、本当にマントをまとったよう。
マントをまとった両手を広げて、どこかへ飛ぼうとしてる?

スミレもとっても可愛いですが、緑がまぶしい。
山菜の写真も、山肌の写真も、いいですねえ。
明るい光に満ちていて、幸せな気分になります。
Commented by at 2013-05-19 10:35 x
山うさぎさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。群馬、新潟方面へ遠征してきましたの
で返信が遅くなりました。
そうですか、山うさぎさんも三頭山へ行かれましたか。4月28日です
とシコクスミレが咲き始めたくらいでしょうね。三頭山もスミレが豊富
なフィールドですから、早春から晩春まで楽しいスミレ探しができると
思います。
帰郷されての山菜、美味しかったでしょうね。今シーズンはスミレの
追っかけが中心になってしまったので、山菜の美味しい時期を逸して
しまいました。また来シーズンの楽しみにとっておきます。
Commented by at 2013-05-19 10:45 x
矢車草さん★
こんにちは。
群馬、新潟と遠征していましたので返信が遅くなってしまいました。
シロバナエンレイソウもあちこちで見かけたのですが、もう少ししっか
り撮ってあげれば良かったですね。
今シーズンはいつもよりしつこくスミレの追っかけをしてます。という
のは、逢いたいスミレに可能な限り逢うためですが、これがなかなか
難しくって、天候の問題、スケジュールの問題があって思うように全
うできないのが現状です。
スミレシーズンも終盤ですが、もう少しガンバって追っかけを続けて
みたいと思ってます。少しずつUPしていきたいと思ってますのでお
楽しみにね。
Commented by at 2013-05-19 10:58 x
keitannさん★
こんにちは。
群馬、新潟方面をウロウロしていましたので、返信が遅くなりました。
こちらにもシコクスミレは咲きますが、自生地は隔離的です。ソハヤ
期要素の植物は、関東、東海地方から四国、九州の太平洋側に点
々と分布しているようですが、シコクスミレもその一群ということです
よね。そちらでの分布も隔離的なのでしょうか?
シコクスミレを撮影した山域は、基本的には冷温帯林です。従って、
ブナやミズナラ、カエデ類が中心です。
スミレはもう終盤ですので、これからは夏の花々が出始めますね。
こちらの里山は春の植物から夏の植物に入れ替わる端境期の感じ
です。
Commented by at 2013-05-19 11:04 x
イナさん★
こんにちは。
スミレの追っかけもいよいよラストスパートって感じです。昨日は群馬
新潟方面を歩いてきました。
そうですね、ぜひこの時季は目線を上にあげて周りの雰囲気も堪能
すべきですね。スミレを探していると下ばかり見ているので、木々の
芽吹きや透過光に映えた新緑の美しさをつい見逃しがちです。
昨日の新潟でもブナの新緑の美しさに改めて感動してしまいました。
Commented by at 2013-05-19 11:13 x
sizukuさん★
こんにちは。
昨日は群馬から新潟あたりをウロウロしてました。新潟の山はまだ
雪が残っていて、もう少し先までスミレたちが楽しめるようです。
奥多摩、奥武蔵地域におけるsizukuさんのシコクスミレの情報には
とても興味がありますが、なかなか現地確認に行けません。フジスミ
レも同様で、ポイントを掴んではいるものの未だに出向くことができず
にいます。
スミレの追っかけもそろそろ終盤ですね。逢いたいスミレはあと2、3
ありますが、来月中旬くらいまでにはなんとかスケジュールを調整し
て逢いにいきたいですね。
Commented by at 2013-05-19 11:19 x
空さん★
いつもありがとうございます。
昨日は群馬、新潟あたりを歩いていましたので、返信が遅くなりまし
た。今シーズン、シロバナエンレイソウにはたくさん出会ってますが、
なかなか気に入ったように撮れず、ご覧のようなカットになってしま
いました。
今シーズンは山菜も時期を逸してしまいました。それだけスミレの
追っかけに没頭していたのでしょうね。山菜は来シーズンの楽しみ
にとっておきます。里山も夏の花々に様変わりしていきますね。こ
れからは、のんびりと里山の夏植物などを紹介していきたいと思い
ます。
Commented by inprevi at 2013-05-20 09:29
きれいなお顔のすみれさんたちを魅せていただきました
ほんとにいろんな個性ある美人さんたちで楽しいです♪
シコクスミレさん、動物の耳のようで~葉っぱはハート形!なんてかわいいのでしょう(^^

コシアブラの天ぷら好きです
郡山のおそば屋さんでは山菜の天ぷら食べられます、数値はクリアしているようです
Commented by 翼@就業中 at 2013-05-20 09:54 x
inpreviさん★
いつもありがとうございます。
この場所で見られるシコクスミレの花姿は独特です。丸くて
ふくよかな花弁もあるようですが、こちらではなかなか見当
たりませんね。ま、一種の地域差(個体差)なんでしょうね。
コシアブラはGoodですよね。私も大好きです。ただ、今季
はスミレばかり追っかけていたので山菜の次期を逸してしま
った感があります。
そちらも春本番でしょうか?スミレとか、いっぱい咲いてい
るでしょうね。