pode ser um romance

週末はスミレに会いに No5 「群馬県北西部 吾妻地方の森から」

b0255992_23435931.jpg
そこは、関東、いや東日本でも屈指のスミレの聖地&宝庫だろう。
この地でのスミレ行脚は毎年の楽しみではあるものの、今シーズンはスミレの開花が早めとあって多少の不安もあったがそれは完全に杞憂だった。
まずはトップを飾る画像、スミレの女王と称せられるサクラスミレからどうぞ。




b0255992_19533552.jpg
こちらはご存じエイザンスミレ。
なかなかの美人さんの登場に心ときめいてしまう。



b0255992_1958165.jpg
ご覧のとおり、今回のフィールドはカラマツ林が中心の山地帯だ。



b0255992_1959186.jpg
ちょっと丘を駆け上がると、こんな感じでフモトスミレがあちらこちらで顔を覗かせている。



b0255992_201311.jpg
フモトスミレは思いのほか小さいけれど、とっても端正な面立ちだ。
スミレ図鑑でお馴染みのいがりまさしさん曰く 「ハイセンスな逸品」 とは、実に的確な表現だとひたすら感心してしまう。



b0255992_207363.jpg
何処を歩いても、まずは必ず挨拶をしてくれるのがタチツボスミレだろう。
まったくの普通種だけど、時折、ハッとするほどの美しさを放つ。色合いもスタイルも変異に富んだスミレでもある。



b0255992_20154278.jpg
この森では未だにヒナスミレが見頃をむかえていた。その色合いは千差万別だが、ヒナスミレはどこで出会っても美しいスミレの代表種だと思う。



b0255992_201852100.jpg
同じくアケボノスミレもまだまだ元気だ。ファインダーに浮かぶサーモンピンクの花弁。これもまた捨て難い美しさだ。



b0255992_20214688.jpg
こちらはちょっと珍しい白色タイプのアケボノスミレ。白色だから、「アケボノ」 と呼ぶのは、ちょっと違和感?



b0255992_20241245.jpg
ちょっと一息。
眼下にはこんな感じで西上州の里山風景が。



b0255992_20255878.jpg
針葉樹林と広葉樹林の交差する山道を辿ると、こんなスミレが待っていた。
悩ましいハイブリットの登場だ。マキノスミレ?シハイスミレ?そして、掛け合わせの相手は多分フモトスミレ? 様々な憶測は飛び交うが、結局、結論は出ない。
つまり 「悩ましいスミレ」 ということで、ご勘弁を。



b0255992_20314426.jpg
悩ましいスミレは、こんな感じで足の踏み場も無いほど咲いていた。真面目に考えれば、きっとこれはアカデミックな光景なんだろうね。



b0255992_20325187.jpg
そしてこちらも悩ましいハイブリットが。
このスミレ、こちらのフィールドではかれこれ3年来の付き合いだが、フモトスミレとヒゴスミレとの交雑で、タナオスミレということで落ち着いた。一昨年より昨年、昨年より今年というように、確実に自生の勢いは衰えている。ハイブリットの宿命は、やはり短命であることなのか…



b0255992_20384518.jpg
落葉広葉樹が芽吹く明るい森に腰を下ろし、皆で昼食を摂った。
目先にはヒゴスミレやオトメスミレ、そしてこのサクラスミレが綻んでいた。なんて贅沢な時間なんだろうってつくづく思う。



b0255992_2044404.jpg
今シーズンはなかなか出会うチャンスが無かったね。
ほんのりと香りを漂わせるニオイタチツボスミレもひと際色鮮やかだ。



b0255992_20464612.jpg
そしてオトメスミレ。
このスミレのチャームポイントは、なんと言ってもほんのり薄紫色に染まった距の色合いだろう。真っ白な花弁と相俟って、オトメと呼ばれる所以には思わず納得である。



b0255992_20511682.jpg
こちらがオトメスミレの顔。どうです、楚々として愛らしいでしょ。



b0255992_2053346.jpg
スミレの撮影は、しゃがみこんで無理な姿勢ばかり。
見上げれば、こんな感じで森はまさに新緑の季節だったんだね。



b0255992_20584753.jpg
さて、いよいよ後半戦。
驚いたことに北斜面の山肌にはスミレサイシンがびっしりと。思わず、「ここは新潟か」 と思ったくらい。まさか関東の山間でスミレサイシンに出会うとは… ね。



b0255992_213226.jpg
そして、嬉しいことにエゾアオイスミレとの出会いも。
アオイスミレはお馴染みでも、エゾアオイスミレとなるとそう簡単には出会えない。ということで名残惜しい一枚を。



b0255992_217421.jpg
ヒゴスミレさえもこちらのフィールドではお馴染みだ。
細く切れ込んだ独特の葉っぱを見つけると、やっぱり心が躍ってしまう。



b0255992_2110769.jpg
そして、嬉しい再会はまだまだ続く。
アイスブルーの花弁が清々しいイブキスミレも咲き残っていた。このスミレも、特定の地域を除いてはそう簡単にはお目にかかれない。
ということで、やっぱり名残惜しい。
残り花に想いを寄せて、何枚もシャッターを切ってしまった。



b0255992_21155096.jpg
希少なスミレだけにこんな感じでいつまでも生き長らえて欲しいが、イブキスミレにとってこの自生地もどうやら安住の地ではないようだ。



b0255992_21204071.jpg
そしてお馴染みのフデリンドウ。
林床にポツリポツリと咲く姿も趣があるが、こんな株立ちの姿も、それはそれでちょっとした豪華さもあって美しい。



b0255992_21302573.jpg
そして、今回お目当てだったスミレのひとつ、それがこのゲンジスミレだ。
転げ落ちてしまうような森の斜面に点々と咲いていた。その姿は予想以上に小さかったが、気品のある花弁はやっぱり魅力的。
何年振りだろうか、ずっとこのスミレに会いたかった。



b0255992_21364580.jpg
こちらはたぶんアカネスミレ。
この手のスミレで花柄や葉っぱに繊毛の無いものをオカスミレと呼ぶが、その中間的な種類もあって、アカネなのか、オカなのか、正確な分類となると難しい。現実には曖昧なものや微妙なものもあるので、私は細かい部分は気にしないでほとんどアカネスミレと呼んでしまう。



b0255992_21472611.jpg
むむむ、と思って撮ったスミレ。
花弁はニイタチツボスミレだが、葉っぱはタチツボスミレのよう。ひょっとしてマルバタチツボスミレ?と思ったが、ニオイタチツボスミレの個体差なのか、実際のところはよく分からない。



b0255992_21501819.jpg
こちらは花弁が桜色をしたタチツボスミレ。
半信半疑で図鑑を捲ってみたら、サクラタチツボスミレという画像が載っていた。この画像を撮った斜面には、桜色をしたタチツボスミレが一面に咲いていた。撮影時間が夕暮れ近かったので、あまり綺麗な色再現にはなっていないので、悪しからず。



b0255992_21565397.jpg
とうことで上州武尊岳を望みながら、なんと20種類を超えるスミレ達を観察&撮影することができた。
スミレ好きにはたまらないフィールドだが、この場所がほとんど知られていないというのがまたいい。
スミレの時季に1週間もこの地に滞在すれば、ハイブリットも含めて、いったい何種類のスミレが確認できることだろう。
そんなことを想像しながら、心地良い疲れとともに夕暮れの関越自動車道を経て帰路についた。


The end
by windy1957 | 2013-05-07 23:57 | wild plant | Comments(30)
Commented by 山うさぎ at 2013-05-08 21:19 x
翼さん、こんばんは??
富士山麓で嬉しい出会いがあったように、
今回も ワクワク、ドキドキの嬉しい出会いがあったようですね!
今年は例年になく、気温が上がったかと思うと、雪が降ったりで
開花の予測がむずかしいようですね。
連休前半に子持山付近にアカヤシオを見に行く予定でしたが
まだ蕾らしいとの事で、三頭山でイワウチワを見てきました。
もう終わり頃でしたが可愛らしい姿でした。
残念でしたがスミレの姿はあまり探せませんでした。
翼さんのレポ、楽しみに待っております。
Commented by 山うさぎ at 2013-05-09 10:13 x
翼さん、おはようございます。
今朝、出勤中にiPadでおじゃましましたら、UPされた画像にくぎずけ!
乗り換えの駅を乗り越してしましました(苦笑)

予告のサクラスミレの画像で、楽しみにしてましたが
こんなにたくさんの可愛いスミレ達に出会えていたとは
想像していませんでした。
もうどの子達も素敵で可愛く、私がこんなに興奮するくらいなので
スミレ好きな方々にはたまらない場所でしょうね。

このワクワクをお伝えしたくていま、こっそり会社で
これを書いています。
帰ってまたゆっくり拝見させていただきます。
Commented by cyu2 at 2013-05-09 12:47 x
翼さん、こんにちは。初カキコです(^^;;
素晴らしい菫の数!20種類ですか!
1回でこれだけ見れたらもう、シアワセでシアワセで・・・顔がほころんでしまいますね。
オトメ菫ってホントに乙女っぽいし、
ゲンジもイブキも見たことありません。
去年までは全然だったけど、今年は5種類くらい見分けが付くようになったら(つもり)
すごく面白くて、色々会いたくなる気持ちが少しだけ解るようになりました。
でも自分ではもう探しに行けないから、翼さんの素晴らしい写真で堪能させていただきました♪
本当にいつ拝見しても素晴らしい写真の数々にうっとりデス。
Commented by 翼@昼休み at 2013-05-09 12:48 x
山うさぎさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
そうですか、山うさぎさんも三頭山に行かれてたのですか。実
は私も3日に行ってました。シコクスミレの撮影が主目的でし
たので、登山はしませんでしたけどね。
あらら、乗り換え駅を乗り越してしまいましたか。それは責任
を感じてしまいますね。でも、それほど感激していただいて光
栄です。本当に現地では「こでもかッ」っていう具合にスミレ
達と遊んできました。わずか半日ちょっと20種類を超えるスミ
レに会えるなんて、夢のようなフィールドです。
低平地ではスミレも終って、追っかけ隊も北へ、そして高地へ
と遠征ですね。こちらの里山ではそろそろランの季節を迎えま
す。ランと言えば、苔生した原生林。あの有名なランにも会い
たいのですが、そんなことを考えていると、ほんと、お金と暇
がいくらあっても足りませんよ(笑)
Commented by 翼@感激! at 2013-05-09 12:57 x
cyu2さん★
どうもはじめまして。感激ですね、実はお名前は以前から存じ
ていました。これからも遊びにきてくださいね。
そうなんですよ、わずか半日足らずで20種を超えるスミレに会
えてしまうのです。これはもうスミレファンにはたまらないフ
ィールドだと思います。ですから私はもうかれこれ6、7年く
らい通ってますね。
ゲンジスミレもイブキスミレも画像としてはイマイチですが、
会えただけでとっても嬉しかったので、感動だけでも伝われば
嬉しいです。そうなんですよ、名前が分かってくると、親しみ
が湧いて、何となく会いたくなってきませんか?cyu2さんも、
きっとスミレのファンになってしまうと思いますよ。
またヨロシクお願いしますね。
私も遊びに行かせていただきます。
Commented by m-kotsubu at 2013-05-09 22:47
こんばんは♪
ほんとにスミレってたくさんの種類があるのですね~
ますます覚えられません~(笑)
どの写真も、翼さんのスミレへの愛情がたくさん感じられます。
フデリンドウも美しいですね!^^
Commented by よしころん at 2013-05-10 07:29 x
すごいですね~~(*_*)
もう私には ムムム~~~ だらけ ^^;
翼さんでさえそうなのだから、やはりスミレはお手上げです。
これだけの可愛いこちゃんを撮られたら、それはもうあとで肩やら腰やらが・・・
翼さんの激写シーンを想像してニヤニヤ^^
(はい、自分も同じように撮っているのは分かっています 笑)
Commented by よしころん at 2013-05-10 07:38 x
すみません。お聞きしたいことを書き忘れました。
翼さん、全体の姿を撮られるときの絞りはF7あたりですか?
レンズは100ミリマクロですよね。
参考までに教えてくださ~い ^^;
Commented by akko-kornblume at 2013-05-10 11:05
翼さん、こんにちは~♪

翼ワールド全開ですねェ~❤
こんなに可愛く撮れた麓菫を見たことはありません。
わたしなんて、あまりの小ささに撮影を諦めてしまうくらいです(笑)

それにしても沢山の美人さんが翼さんが来るのを待っていましたね!
次の日に体が痛くなるのが分かっていても頑張れちゃいますね。

スミレもどれもこれも素敵だけれど、筆竜胆がまた美しい。
こんなブーケに会えたら心躍っちゃいますね!

関越までの下道が長いのでなかなか行かない群馬県ですが
この花見たらどうしても行きたくなっちゃいますねー!
ま、今年は翼さんのところで拝見したので満足です(笑)
Commented by sizuku at 2013-05-10 14:41 x
あら?妹ちゃんたちに続きます(笑)
あのフィールドは相変わらず素晴らしいですね。
スミレツアー以来、行けていませんが、行ってみたいです。
美しいスミレたちに癒されました。
本当に、オトメスミレは、美しいスミレですね。
Commented by at 2013-05-10 17:33 x
m-kotsubuさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
ほんと、スミレって似たものが多くってなかなか覚えられない
のが現実ですけど、好きで写真を撮っているうちに何となく名
前を覚えてしまったという感じですね。それと、愛おしいとい
う思いで被写体に接しているのは確かかも知れません。
スミレの追っかけもあと僅か。あと何日会いに行けるか、あと
何種類のスミレに会えるか、そう考えると時間は無駄にできま
せんよね。スミレが終われば、今度は野生ランにも会いたくな
るし…
Commented by フクシア at 2013-05-10 21:03 x
初めまして(こちらでは。)
信州に行かれたのかと思っていましたが、上州だったのですね!一気にこれだけのスミレに遇えるなんて、滅多にないように思いますが、本当にラッキーでしたね。
ハイブリットのスミレ、やはり魅かれますね。又お邪魔させて戴きます。
Commented by さな・花の庵 at 2013-05-10 22:21 x
こんばんは。

まさにスミレの宝庫ですね。
いつか行ってみたいものです。
どのスミレさんも目いっぱい綺麗に撮られ美人さんぞろいです。
Commented by fumifumi at 2013-05-11 19:41 x
こんばんは~
初々しいサクラスミレだこと~♪
一日で20種類ものスミレに出会えるなんて、羨ましいほどのフィールドですね。
やまぼうしさんからもお話を聞くたびに、この地に憧れます。
夢のような世界、どれも可愛く撮られますね。
Commented by at 2013-05-13 12:40 x
よしころんさん★
こんにちは。
ゴメナサイね。所用が重なって返信が遅くなりました。
想像つきます?案の定、後で身体のあちこちが痛くて、痛くて。
おまけに膝の具合が悪化してしまい、右膝に続いて今度は左膝
も手術なんてことになってはと危惧しております。

さて、いくつか撮影のことでお尋ねがありましたよね。
スミレ全体の姿を撮る時の絞りの目安ですけど、F7あたりは
上限ですね。通常はF5.6~7の中間くらいでしょうか。スミ
レの撮影は全体がうまくまとめられればそれにこしたことはな
いのですが、角度、距離、レンズの焦点距離等、様々な要因が
あるので、一概には言えませんが、あまり絞り込むと背景が煩
わしく賑やかになってしまうので、バックがうまく抜けるよう
に被写体との角度は意外と気にしますね。あとスミレを撮影す
る際の常用レンズですが、最近は60mmマクロと24mmの広
角マクロをよく使いますよ。因みに今回の画像はすべてこの2
本で撮っています。あと、カメラがフルサイズなので、シャー
プな感じとか、ボケ具合も多少違うと思います。
Commented by at 2013-05-13 12:47 x
矢車草さん★
こんにちは。
返信が遅くなってしまい、ゴメンナサイね。
スミレの撮影も終盤ですね。まだまだ遠征計画はあるのですが、
左膝の具合が良くなく、あまり無理ができません。3年前に右
膝を手術していますが、もしかして同じ原因かも知れません。
スミレも一日にこれだけ会えれば十分ですよね。あまりのんび
りできなかったので撮影も儘なりませんでしたけど、やっぱり
素晴らしいフィールドであることは確かですね。
ブーケのようなフデリンドウもいっぱいありましたよ。相変わ
らず色再現はイマイチですが、ファインダーを覗いている時は
無心になれますね。
里山では、スミレの季節から初夏の花々の季節に移行しつつあ
ります。
Commented by at 2013-05-13 12:53 x
sizukuさん★
こんにちは。
返信が遅くなってしまいゴメンナサイね。
そう、よくご存じのあのフィールドですよ。機会があったらぜ
ひご一緒したいですね。
オトメスミレもまだまだたくさん見れますし、その他のスミレ
たちもまだまだ健在です。今シーズンはそろそろ終盤ですが、
来シーズンはプライベートなスミレオフ会が開ければと思案中
です。その際は、ぜひまたご一緒しましょう。
Commented by at 2013-05-13 12:58 x
フクシアさん★
こんにちは。
ようこそお出で下さいました。返信が遅くなってしまって申し
訳けありませんでした。
そうなんですよ、当初は信州を予定していましたが、現地情報
を入手しましたら、各種スミレがちょうど見頃とのことでした
ので、急遽上州に変更したということです。
さすがにこれだけのスミレに会えれば感無量ですね。お腹がい
っぱいって感じです。悩ましいハイブリットもあちこちにあっ
て気の抜けない、飽きの来ない素敵な不思議なフィールドです
ね。ですから毎年、魅かれるまま訪ねてしまうのでしょうね。
Commented by at 2013-05-13 13:03 x
さな・花の庵さん★
こんにちは。
返信が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。
正にスミレの宝庫、その通りだと思います。関東に限らず、東
日本でも屈指のスミレの産地だと思います。それだけにいつま
でも大切にしたいフィールドですよね。
機会があればそちらのスミレにも会いたいのですが、なかなか
折り合いがつきません。いつの日かお邪魔させてくださいね。
Commented by at 2013-05-13 14:17 x
fumifumiさん★
こんにちは。
返信が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。
今季初の対面、サクラスミレにもいっぱい会えました。悩まし
いハイブリットも次々と現れ、ほんとうに飽きの来ないフィー
ルドだと思います。偶然、やまぼうしさんともご一緒でき、楽
しい時間を過ごすことができました。
さすがに1日に20種を超えるスミレに会えると、充実感という
か満腹感ですね。それでもまだまだ見たいスミレがいっぱいあ
りますし、そちらのスミレにも会いたいです。シーズンはもう
終盤ですが、機会がありましたらいつの日かお邪魔させてくだ
さい。チャンスがありましたらこちらのフィールドもぜひ案内
させてくださいね。
Commented by at 2013-05-13 22:22 x
こんばんは。
ちょっとバタバタしていてブログを拝見しに来れていない間に、
こんなにたくさんの素敵なスミレが…。
本当に、各地でいろいろなスミレに会って来られたのですね。
それを自宅で拝見できるなんて、ちょっと贅沢!
どのお写真も、花の良さを的確に捉えられていて、素晴らしいですね。
Commented by てばまる at 2013-05-14 17:06 x
噂のフィールドですね。
なかなか遠くて行く機会が出来ないのが残念ですが、一度は訪れて碁盤の目のように歩いてくまなく探索してみたいものです(^^;)

それにしても20種類は高尾山を凌駕しますね。
スミレもいよいよ高山のものを残す感じになってきましたね。
Commented by at 2013-05-14 19:35 x
空さん★
いつもありがとうございます。
今回のスミレ遠征は毎年訪ねているフィールドですが、毎年新たな
発見があって飽きることがありません。今回も20種類を超えるスミ
レに出会えましたけど、そんな感動を少しでも共有でkればと思い
ました。
里山はすでに初夏の気配、スミレの追っかけも場所が限定されて
きましたね。資金計画と合わせて思案中です。
Commented by at 2013-05-14 19:42 x
てばまるさん★
ようこそいらっしゃいました。
はい、よくご存じの噂のフィールドです。いつの日か、機会があれば
ご案内します。今回も紹介していないハイブリットやこれからが旬の
スミレをあわせれば25種を超えるスミレが観察できると思います。
位置的に面白いフィールドなのでしょうね。日本海側要素と太平洋
側要素が混在した地域ならではの植生は実に魅力的です。
植物のみならず、昆虫類もとても面白い地域です。
ところで、今回紹介したハイブリット、てばまるさんはどう判断します
か??
Commented by vol at 2013-05-14 20:12 x
わたしはさらに遅い時期だったので どうかなとちょっと心配でしたが、それはそれで ミヤマスミレやシラユキスミレや他にも珍しいのにあえて とても楽しかったです。全部の時期に行けたらいいのになあと 思いますが^_^;
来年はいつになるのか 楽しみです。参加できたらいいのですが。
Commented by at 2013-05-14 21:10 x
Volさん★
Volさん、ようこそ。
以前ご一緒したエコフィールド、ぜひまたご一緒しましょう。とにかく
魅力的なフィールドですよね。数日間滞在してじっくり歩いたならい
ったい何種類のスミレに会えるのか、そんなことを想像するだけで
楽しくなってしまいます。
実は、来シーズンはエコさんと共同してプライベートなスミレツアー
をできないものかと考えています。少人数ならではの機動的なツア
ーは楽しいと思います。ぜひ、その際にはVolさんにも声をかけます
のでご検討くださいね。
スミレの追っかけも終盤です。どうしても会いたいスミレがひとつふ
たつ… 彼の地に想いを馳せる今日この頃です。
Commented by 山うさぎ at 2013-05-14 23:34 x
翼さん、こんばんは~♪
膝のお加減はいかがですか?
この素敵な写真の陰には、計り知れないご苦労があるんですね。自宅で拝見させていただいてるのが、
なんか申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいます。
お蔭様でこの春は、すっかり菫の虜になりました。
ほんの何種類かでも名前がわかるようになり楽しみも倍増です☆今から来年の為に時期や場所を記載しています。
いつかご一緒させていただけたらと思っております。

スミレは終盤、次はランを・・・・と、想いは尽きないでしょうが、
悪化しますと治るのも時間がかかるでしょうから、
ご無理はなさらないで完治させて下さいね。
お大事になさって下さい。
Commented by てばまる at 2013-05-15 10:23 x
こんにちは~翼さん
うーん、タナオスミレは、たぶん正解でしょうね。
もうひとつのが悩ましいですね。側弁の毛があるならフモトが入ってるのかなと思います。この地にシハイスミレがあればシハイ×フモト。この場合でもミドリミツモリと言うのだろうか? マキノではないような・・・。

これまで見てきたミドリミツモリだとフモトの白が見え隠れするような花色が多いので、これはちょっと違うような感じに見えますのでシハイがあるのなら、単なる、シハイスミレの個体差範囲。

現場と細かな部位を見てないのでなんとも・・・(^^;)
因みにミドリミツモリは不完全稔性が確認されているそうなので群生する可能性もあります。
Commented by at 2013-05-15 14:52 x
山うさぎさん★
こんにちは。
これは余計な心配をさせてしまったようで、ゴメンナサイね。
確かに膝の具合は芳しくないのですが、しばらく無理をせず様子を
みたいと思ってます。
といいながらも、今週末の遠征をどうしようか思案中です。夏には
夏の、秋には秋の愛しい花々が咲きます。想いは尽きない里山歩
き、そうですね、機会がありましたらいつの日かご一緒しましょう。
Commented by at 2013-05-15 15:04 x
てばまるさん★
こんにちは。
タナオスミレは、数年前には大きな株が自生していましたが、先日確
認したところ既に絶えてしまったようです。今回の撮影は3年前に確
認した一株で、山道沿いに細々と生き長らえているものです。
もう一方のハイブリットは、側弁には僅かに毛があります。また、周
辺はフモトスミレも多いです。しかし、純粋なシハイスミレやマキノス
ミレが見当たらないところが不思議です。花弁の形や色合いから判
断すると、シハイスミレのような気もしますが、葉っぱの裏側は紫色
を帯びてはいません。となると、シハイスミレの地域差、個体差とい
う判断が妥当なのか… なにしろ、狭い範囲ですが群生してました。