pode ser um romance

週末はスミレに会いに No2 「外秩父山系 丸山山麓の森から」

b0255992_22101699.jpg
さて、週末のスミレ巡り第2弾だが、新潟の興奮覚めやらぬまま再び外秩父山系の森へ。
予想どおり、スミレたちのこんな光景が待っていてくれた。



b0255992_22473714.jpg
林道の空き地に車を止め、30分ほど詰め上がると秩父市内を見下ろすいつものポイント着く。
標高はざっと800mといったところだが、平地から山地性のポピュラーなスミレたちが一通り観察できる。



b0255992_2255191.jpg
イカリソウも見頃をむかえていて、あちこちで目に付く。
ほんのりピンク色のものから紅色まで、様々な色合いが楽しめる。



b0255992_2321990.jpg
この山域ではちょっと珍しいエンレイソウ。
どちらかと言えばシロバナエンレイソウの方が多い。



b0255992_235168.jpg
山水の染み出ているような所では、必ず見かけるのがネコノメソウだ。



b0255992_23744.jpg
カタクリはもう終盤。
この山域では、恐らく今シーズン最後になるであろう1枚。



b0255992_23111367.jpg
先週歩いた時はまだ見かけなかったヒトリシズカ。
たった1週間で林床のあちこちから顔を覗かせていた。



b0255992_23144367.jpg
ヒトリシズカには、こんな感じの明るい森がよく似合う。



b0255992_23171299.jpg
斜面はほんのりピンク色に染まっていた。
ナガバノアケボノスミレのこの光景が見たくって、毎年この森に通っている。三年前に初めてこのポイントを見つけた時はそれほど花数は多く無かったが、年々その規模は広がっているようにも感じる。
ともかく今シーズンも見頃の時に会えてよかった。



b0255992_23305861.jpg
ナガバノアケボノスミレは、アケボノスミレとナガバノスミレサイシンとの掛け合わせ、つまりハイブリットである。



b0255992_23364196.jpg
こちらは純粋なアケボノスミレ。
スミレに興味を持ち始めた頃は、この美しいスミレに会いたくて、ただ当てもなく野山を歩いたものだった。前画像、ナガバノアケボノスミレの母種でもある。
花弁の色合いを 「曙色」 に例えたのが名前の由来だが、その色合いも濃いものから薄いものまで実に様々である。
このスミレは、花弁が開いていてもご覧のように葉っぱが展開していないことが多い。



b0255992_23494765.jpg
春早くから楽しませてくれたヒナスミレもそろそろ終盤。こちらの森では比較的珍しい葉っぱに斑が入ったタイプ。



b0255992_2353623.jpg
こちらもヒナスミレ。
森の北向き斜面ではまだ比較的見頃な株も残っていたので、名残のワンショット。



b0255992_23571344.jpg
こちらはナガバノアケボノスミレのもう一方の母種、ナガバノスミレサイシンだ。
このスミレもこちらの森ではそろそろ終盤だが、前画像のヒナスミレと同じ北向き斜面でまだ咲き残っていた。



b0255992_002141.jpg
こちらはシンプルなタイプのエイザンスミレ。
深く切れ込んだ葉っぱといい、形の良い大型の花弁といい、とても印象的なスミレだと思う。今季はこのスミレにはあまりカメラを向けなかった。というより、あまり出会いがなかった気がする。



b0255992_0314.jpg
こちらはややピンク色に染まったエイザンスミレ。
このスミレの花弁の色合いも実に多彩で、特に濃いピンク色の花弁のものは人気がある。



b0255992_074411.jpg
緑萌え出す山の木々。
スミレの開花も高標高地から北の地域へと移ろいでゆく。
彼の地へ思いを馳せて、週末は天気と睨めっこ。スミレの追っかけはまだまだ続く。


The end
by windy1957 | 2013-04-21 00:22 | wild plant | Comments(26)
Commented by 深谷 at 2013-04-21 09:07 x
翼さんこんにちは。
スミレ逍遥が続いていますね。
やっぱり翼さんの歩かれる山は素晴らしい!
ナガバノアケボノスミレの群生は是非是非一度見てみたいものです。
こちらは昨日から静岡山梨方面を攻めています。
昨日は思いがけない野草に出会って少々興奮気味でしたが、
今朝は雨の中、車の中で待機中です。
昼前には雨が上がるのを信じて待ってるところなんですよ。
車を停めている場所の近くには、パラパラとですがアケボノスミレが咲いています。
そして、イブキスミレも見つけました。
だいぶ明るくなってきたのでもうちょっとかなというところです。
翼さんが撮影されたような素敵な林ののかではありませんが・・・
Commented by sizuku at 2013-04-21 10:19 x
翼さん、おはようございます。スミレ逍遥第2弾、素晴らしい画像にうっとりでした。
本当に、綺麗な写真ですね~♪
ヒトりシズカもイカリソウも素敵に撮れていてすごいなぁ~と…
アッケボノナガバノスミレのふっくらした花びら、そして何とも言えない花の色…
やはり逢ってみたいスミレです。来年は翼さんの森にお邪魔させてくださいね。
そして、ヒナスミレさんのシェルピンク、本当に可愛らしいです。
最後の緑萌え出す山の木々、明るい木々の色に心が湧きたちますね!
翼ワールドを堪能させていただきました。
第3弾も楽しみ~♪
Commented by 山うさぎ at 2013-04-21 14:02 x
翼さん、こんにちは。
またまたおじゃましましたが、翼ワールド素晴らしいです
とても同じ山域を歩いているとは思えません。
これは歩いている回数よりも、山や花に対する愛情の
違いなんでしょうね☆
背比べをするような、ヒオリシズカ
水滴を湛えた、ナガバノスミレサイシン
どれも美しい写真でうっとりです。

この春、新しい山歩きの楽しみを教えてくれたスミレですが、もうこの山域は終盤なんでしょうね。
週末の電車で行ける場所しか歩けませんが、まだもう少し楽しめる所があるんでしょうか?
もう来年までお預けで、違う花の出番でしょかね。
もしありましたら差し支えない範囲で、教えていただけますか。宜しくお願い致します。

Commented by at 2013-04-21 19:57 x
深谷さん★
遠征先からありがとうございます。
あのあたりかな… 大方察しはつきますが、収穫があるといいです
ね。イブキスミレに出会えましたか、羨ましいなぁ私も何とか今シー
ズン中に再会したいです。
深谷さん、今度はぜひプライベートでスミレツアーを企画しませんか。
北関東でも長野でも山梨でも、何処でもOKです。
私も来週からスミレの追っかけを再開します。まずは山梨、長野方面
ですね。季節はどんどん進んでしまい、少々焦ってますが、どんなに
足掻いても観察できるスミレは限られてますものね。トホホ。
Commented by at 2013-04-21 20:07 x
sizukuさん★
いつもありがとうございます。
まずはヒトリシズカとイカリソウですね。スミレを目当てに出かけても
やっぱり他の花々にも目が移ります。イカリソウもヒトリシズカもそれ
なりに難しい被写体だと思いますが、シャッターを押す時は、いつも
背景の色合いとか、露出を考えます。それでも失敗の連続ばかり。
フィルム時代のカメラから比べれば、ほんとシャッター回数は変わり
ましたね。写した画像はすぐモニターで確認できるし、ほんと、いい
時代になりましたね。
新緑も紅葉もその色合いはすべて一瞬。だからこそ出会えた時間
を大切にしたいですね。
Commented by at 2013-04-21 20:28 x
山うさぎさん★
山うさぎさん、いつもありがとうございます。
いつでも待ってますよ、いつでもお出でくださいね。
季節の花々に寄せる愛情って、きっとみんなそれぞれの想いを抱い
ていると思います。
スミレたちにカメラを向ける時は、少しでも雰囲気を忠実に再現して
あげたいと思ってます。それは好き好んでその場所に息づいている
からです。うまく言えませんが、植物たちを撮影する時は、いつもそ
んな事を漠然と思ってます。
外秩父山麓の森では、四季を通じて色々な植物が楽しめますが、
私はスミレのポイントしか知りません。それでも丸山とか山麓の森
では初夏から秋までいろいろ楽しめますよ。機会がありましたらぜ
ひご案内しましょうね。個人的にはスミレの季節の他は、様々なカ
エデの紅葉が楽しいですよ。
Commented by m-kotsubu at 2013-04-21 22:24
こんばんは♪
先日芦ケ久保に出かけた時、丸山にも行こうかと思ったのですが
次の日も山予定だったので諦めたのですよね~^^;
今度は是非行ってみたいです。
イカリソウ、昨日たくさん見かけました。
可愛らしいですよね~
色もとっても綺麗。
スミレにもたくさん出会いましたが 名前はいまだにわからず…です。^^;
花を撮るときは、できるだけ花が咲いている場所や雰囲気がわかる写真を撮りたいな~といつも思っています。
その場所に咲いているからこそ、花は美しいと思うから…^^
今日も素敵な写真に癒されました。
Commented by at 2013-04-21 22:42 x
こんばんは。
たくさんの可愛いスミレにほれぼれしながら進んでいき、
最後に、「おおっ~」と…。
足元の小さな花々から一気に視界が広がって、若葉が目に鮮やか。
心憎い構成ですね。
緑萌える風景が好きなので、見とれてしまいました。
スミレの群生も素晴らしいです!!
ヒトリシズカも、楽しげで…。
Commented by at 2013-04-22 20:31 x
m-kotsubuさん★
いつもありがとうございます。
kotsubuさんとは意外と近い話題になるので親近感が湧きますね。
丸山は私の家からは車で30分程度で麓の駐車場に着きます。です
から、その日の気分次第で出かけることが多いですね。特にスミレの
時季はそんな感じです。
スミレは種類が多いので、覚えようと意気込むと行き詰ってしまいま
す。まずは、いつも見かけるスミレから覚えることをおすすめします。
タチツボスミレ、エイザンスミレ、マルバスミレ、アケボノスミレ、この
4種類を覚えただけでも山歩きで出会うスミレに馴染みを覚えると
思います。あまり構えずに花々を楽しむ気持ちを大切に、出逢うこ
とが喜びにつながるようであれば、自然と名前を覚えるようになる
と思いますよ。
「その場に咲いているからこそ、花は美しい」その気持ち、とっても
大切だと思います。
Commented by at 2013-04-22 20:40 x
空さん★
いつもありがとうございます。
スミレを探して足元ばかり見ていると、森の回りの移ろいに気づきに
くいものです。この日もそうでした。ふと、目線を上げてみたら、この
時季特有の木々の芽吹きの色合いに気が付きました。
スミレも森の一員、自然界の一員なんですよね。
ヒトリシズカのカットは空さんのいうとおり、楽しげな様子を写したい
と思いました。森を歩いていて寄り添いながら咲いているヒトリシズ
カを見つけた時、楽しげな雰囲気を切り取りたいと思いました。
Commented by よしころん at 2013-04-22 21:00 x
あら~~~♪
本当にうっとりと何度も何度も拝見しました。
紫のイカリソウ、賑やかなヒトリシズカ、スミレちゃんたちはどのこもこの子もなんてかわゆい♪
翼さんのスミレを想う気持ちがにじみ出ているように感じました。
たくさんの可愛いこちゃんを堪能させていただきました♪
Commented by akko-kornblume at 2013-04-22 21:33
翼さん、こんばんは~♪

どの子もベッピンさんばかりですね~!
翼さんの愛情いっぱいの写真の数々、いつもながらうっとりです。
ナガバノアケボノスミレのお顔の可愛いこと~❤
今年はまだまだ会ってないスミレが多すぎます。
週末毎にお天気悪くて本当に泣きたいです。
GWは雪山前半、後半はお花探しもいいかな~って思ってます。
イカリソウもこんな風に撮ってもらったら本望でしょうね!
新緑の美しい木々にも癒される季節ですね。
Commented by 翼@就業前 at 2013-04-23 08:19 x
よしころんさん★
おはようございます。
いつもありがとうございます。
ナガバノアケボノスミレの群落地は私もうっとりしてしまい、
しばらくその場から離れられませんでした。でも、画像では
その感動の半分も伝えられなかったと思います。
イカリソウもヒトリシズカも何とか雰囲気だけでも伝えよう
と思っていましたが、やっぱり難しいですね。
週末のスミレ巡りはまだまだ続きます。昨年がやや消化不良
気味だったので、今シーズンは惜しみなく会いに行こうと思
ってます。さて、今週は何処へ…
Commented by 翼@就業前 at 2013-04-23 08:26 x
矢車草さん★
ほんと、べっぴんさんを上手に撮ってあげるのは、いつもなが
ら難しいと思ってます(笑)
とくにかくナガバノアケボノスミレの群落は凄かったです。そ
の感動をできるだけ素直に伝えたかったのですが、これもまた
難しいですね。先週は冷たい雨の肌寒い週末でしたので、終日
自宅でボンヤリしてました。今週末からまた始動です。今度は
圏央道から中央道を走ってこようと思ってます。
雪山に花巡り、矢車草さんも果敢に遠征ですね。私もそろそろ
夏山の花巡り計画なんぞ思案中です。
Commented by イナ at 2013-04-23 19:39 x
はぁ~、何度見ても溜め息の出る画像と、
周りの雰囲気。
一歩でも翼さんに近づきたい。
それにしても、なんと心安らぐ場所なんでしょう。
Commented by 山うさぎ at 2013-04-23 21:45 x
翼さん、こんばんは。
いつも返信、ありがとうございます。
まだまだ、ブログをアップできるような写真は撮れませんが
自分の記録として撮っていくうちに上手になっていけばと思ってます。
でも一番は、花に出会えた喜びを、その場で感じれることです。
いままでも出会っていて、スミレだ、で終わっていたのが
腰をかがめて、膝を突いて覗き込むだけで、更にこんなに可愛い姿を見せてくれる事を、知れて良かったです。

それから、翼さん方はスミレを求めて遠征なんですね。
私は最近、奥多摩方面に行ってないのでそちらも行こうと思ってます。
芦ヶ久保には、これからも定点観測のように、季節の移ろいを
楽しみに出かけていきます♪
見かけたら宜しくお願い致します。
Commented by vol at 2013-04-23 22:03 x
おひさしぶりです m(__)m
埼玉県も楽しそうな山がいろいろありそうですね。
埼玉県民ですがなかなか埼玉県の山は遠くて(^_^;)
いつか行ってみたいです。
ナガバノアケボノの群生 すばらしいですね~
群落をつくることが多いと思いますがこんなに密生してるのに逢えたらいいだろうなあ~~~
すみれを前にして じっくり時間をかけて すみれのいいとことを引き出そうと撮影している翼さんを想像してます。
せめてその姿勢だけでも見習いたいのですが つい ぱっぱっとシャッター押してしまいます。
また そっと覗かせていただきます(^^ゞ
Commented by Non at 2013-04-24 00:36 x
 こんばんは。遠征にも出かけられて、花行脚を楽しんでおられるご様子で何よりです(^^)
会いたかった花に会えると、遠出の疲れも飛んでしまうのでしょうね。

 先日、群馬南部の山へ出かけて、いつの間にか萌黄が鮮やかになったのだなと思いました。
これから山桜も北上し、続いてツツジも山を彩りそうです。楽しみです(^^)
Commented by at 2013-04-24 08:33 x
イナさん★
おはようございます。
愛用のレンズは2本、広角系のマクロと中望遠系のマクロです。
この2本のレンズをどういう場面で使おうか、その選択が当っ
た時は気に入った画像が得られる気がしますが、それが全てと
は言い切れませんね。なかなか難しいです。今週末もちょっと
出掛けてきます。
Commented by at 2013-04-24 08:43 x
山うさぎさん★
おはようございます。
いつもありがとうございます。
スミレの追っかけは、ポイントを探し当てるという楽しみと、
会いたかったスミレに辿り着ける、という楽しみがありますね。
スミレは季節限定ですから、毎週のように出向かなければ旬な
状態には出会えません。
奥多摩もとっておきのフィールドですね。GWには三頭山あた
りをウロウロしているかも知れません。しゃがみ込んで、じっ
とスミレを撮っているオジサンがなたなら、たぶんそれは私で
しょうから遠慮なく声を掛けてください(笑)
写真の方も楽しみながらガンバッテください。自己満足な画像
が撮れればそれでOKだと思います。ブログを開設しましたら
真っ先に伺いますよ。
Commented by at 2013-04-24 08:53 x
Volさん★
おはようございます。
ようこそお出で下さいました。
久しぶりですね、確か、中之条でのスミレワークショップ以来
ですね。お元気そうでなによりです。埼玉の山も魅力的なので
すが、隅々まで知っている訳ではないので、いつも馴染みのフ
ィールド通いになってしまいます。たぶん、外秩父山系には隠
れたスミレの花園があると思いますが、そんな事を思い巡らす
のもロマンですよね。
いつの日か、機会があったら奥武蔵のフィールドをご案内しま
しょう。いがりさんと見つけたナガバノアケボノスミレの群生
地のほか、穴場が結構ありますよ。
今週末はまた遠征です。今季は精力的にスミレを追っかけてま
す。
Commented by at 2013-04-24 09:50 x
Nonさん★
おはようございます。
いつもありがとうございます。
北関東あたりの山々も、だんだん緑が濃くなってきたでしょう
ね。スミレは季節限定なので、少々焦ってますが群馬県北部の
スミレポイントも気になっています。
ツツジといえば、数年前に奥日光(半月山あたり)で見掛けた
ヤシオツツジ(白)が見事だったのが忘れられません。ぜひチ
ャンスがあればまた訪ねたいと思っています。
Commented by fumifumi at 2013-04-24 19:09 x
こんばんは^
ナガバノアケボノスミレ、素晴らしいです。
舞い上がってしまいそうな群生、いいなぁ~~(*^。^*)
私も一度でいいから、こんな光景に出会ってみたいです。
最後の新緑の一枚も素敵ですね。
やはり翼ワールド、緑陰の風の頃から変わりなく魅力的です。
いよいよGW、楽しい週末が送れそうですね。
Commented by at 2013-04-25 08:39 x
fumifumiさん★
おはようございます。
いつもありがとうございます。
この時季、ナガバノアケボノは私もとっても楽しみにしている
んです。今シーズンは昨年よりも花付が見事だった気がします。
確かに、私も舞い上がってしまいましたよ、こんな興奮、ぜひ
分かち合いたいですね。
「緑陰の風」懐かしいです。覚えていただいているんですね。
fumifumiさんとは長い知り合いになってます、これからもよろ
しくお願いします。
Commented by さな・花の庵 at 2013-04-29 06:07 x
おはようございます。
翼さんもスミレ逍遥ですね。

やはりこちらとはスミレの分布が違います。
それにしてもけぶる山並みが素晴らしいところですね。
Commented by at 2013-04-29 09:40 x
さな・花の庵さん★
おはようございます。
スミレの追っかけも低平地では終り、これからは山地帯へと移
行していきます。スミレの分布ですが、たとえばシハイスミレ
とかマキノスミレについては、こちらのフィールドではマキノ
スミレがメインで、シハイスミレは隔離的な分布になると思い
ます。そちらではシハイスミレがメインですよね。後は日本海
側と、太平洋側の要素の違いでしょうかね。さなえさんのお住
まいの辺りですと、どちらかといえば植生は日本海側要素にな
ると思いますがいかがでしょうか。