pode ser um romance

裏高尾、再び 「往く3月 at 日影沢」

b0255992_19272469.jpg
裏高尾、再び。
募る想いが遂げられず、またまた愛車を駆って来てしまった。
渓流沿いの小道で、まず出迎えてくれたのはヨゴレネコノメ。
植物の命名者がどれほどの権威を持っているのか知る術もないけれど、ちょっと哀れな気もする。と思いつつも、何故か毎年カメラを向けてしまう不思議な魅力がある植物だ。
ということで、ネタは少ないけれど裏高尾です。よろしかったらどうぞ。



b0255992_19481042.jpg
渓流の対岸にはニリンソウの群落が。
本日持参したレンズは2本。ニリンソウの群落を前に、すかさず広角のズームマクロレンズをカメラに装着したが…。



b0255992_19584034.jpg
遠目にもスミレと思える青い塊が見えた。
その正体はタチツボスミレだと分かってはいても、やっぱり心は躍ってしまう。



b0255992_20105162.jpg
ユリワサビはこの時期の旬な山菜のひとつだ。
そのまま生でサラダにしても辛みがイケるし、サッと湯がいてお浸しにしてもとても美味しい。



b0255992_20171087.jpg
渓流沿いの南向きの斜面ではナガバノスミレサイシンが咲き始めていた。
どのスミレもこの時季ならではの再会だが、このスミレには特別の思い入れがある。




b0255992_20222114.jpg
こちらは別の株だが、ナガバノスミレサイシンにしては比較的青みが強く、雪国などで見られるスミレサイシンを彷彿とさせる。



b0255992_2027073.jpg
こちらは白花タイプのナガバノスミレサイシン。
場所によっては白花タイプばかり見られる地域もある。時として、シロバナナガノスミレサイシンと呼ばれることもあるが、系統としては一緒だ。



b0255992_20412885.jpg
裏高尾に足繁く通う目的は、このスミレに会うためだ。
その名はタカオスミレ。
名前のとおり、このスミレは最初に高尾山で発見されたらしい。ご覧のように葉っぱが焦げ茶色に染まるものをタカオスミレと呼ぶが、曖昧な色合いのものも多く、厳密な意味での分類は微妙だと思う。



b0255992_2048505.jpg
ご覧のように、焦げ茶色に染まる葉っぱの色合いがポイント。
特に高尾山での特産種ではないので、裏高尾に限らず高尾山界隈やその他の場所でも似たような色合いのスミレを見かけることがある。



b0255992_20523194.jpg
こちらはヒカゲスミレ。
花弁はタカオスミレと同じだが、葉っぱが緑色なのでタカオスミレとは分別されている。



b0255992_20545440.jpg
こちらは別アングルのヒカゲスミレ。
タカオスミレとの違いは葉っぱの色合いだけ、と大雑把に覚えておけばいいと思う。



b0255992_20574438.jpg
こちらはコスミレ。
このスミレも悩ましいスミレのひとつだ。花弁の色合いといい、葉っぱといい地域変異が顕著。この画像のコスミレは比較的素直なタイプだと思う。



b0255992_210753.jpg
里山で見られる白いスミレの代表種といえばマルバスミレだろう。
時にはハッとするほど美しい姿で咲いている。名前の由来は葉っぱが丸いことだが、果たして誰もが納得するほど葉っぱが丸いだろうか…。



b0255992_2153052.jpg
さて、本日の昼食は、ここのところお気に入りの爆弾おむすびと、バケットサンド。
渓流のせせらぎとミソサザイの囀りを聞きながら… これだけでも十分な昼食メニューだ。



b0255992_21111255.jpg
普段はほとんどカメラを向けないコチャルメルソウ。
じっくり眺めて見ればなかなか愛嬌もあって面白い花姿だが… やっぱり難しい被写体だ。



b0255992_21163673.jpg
ニリンソウも蕾が弾ける頃は、こんな色合いをしているのをご存じだろうか。



b0255992_2119171.jpg
特に気に留めていなければ、まずは見過ごしてしまうだろう。
小さくてもその花弁はとっても上品。この時季の隠れた旬、トウゴクサバノオはそんな植物だ。



b0255992_21233640.jpg
裏高尾を歩く楽しみのひとつにカントウミヤマカタバミとの出会いがある。
図鑑によれば夏の山歩きで見掛けるミヤマカタバミとは異なる種のようだが、私は厳密な分類にはそれほど拘らない。まずは今年も出会えたこと、再会できたこと、それが嬉しい。



b0255992_21313099.jpg
午後になってから雲行きも怪しくなり、そろそろ帰路に就こうかと思ってた頃、名残惜しそうに見つめるアオイスミレが目に入った。そういえば、まだ風も冷たい3月も間もない頃、この渓流沿いの林道で目覚めたばかりのアオイスミレにしばらくカメラを向けていたっけ。
「忘れないで…」 気のせいだろうか、アオイスミレのそんな囁きが聞こえた気がした。


The End
by windy1957 | 2013-04-02 21:49 | mountaineering | Comments(22)
Commented by 深谷 at 2013-04-02 22:11 x
翼さんこんばんは。
やっぱり裏高尾はいいですね。
ナガバノスミレサイシンがお気に入りです。
愛知県に咲くものは白い上に花が一輪二輪しかつきません。
もう一度出かけたくなりました。
今週末は天気が微妙ですね。

それから写真集ありがとうございました。
食い入るように見せていただきました。
Commented by at 2013-04-02 22:39 x
深谷さん★
早速にありがとうございます。
実はこの時季、裏高尾も三度目です。まだまだ思いは果たせません
が、季節はどんどん進んじゃいますね。
今季の裏高尾ですが、いつになく青味のナガバノスミレサイシンが多
い気がします。今週末は、残念ですがNPOの作業日になってます。
またどこかでご一緒できる機会がきっとあることと思いますので、楽
しみ待ってます。
写真集、届きましたね。拙作ですが気に入っていただければ幸いで
す。第二弾、第三弾も作りたいですね、お金があれば…(笑)
Commented by m-kotsubu at 2013-04-02 22:48
こんばんは♪
ニリンソウの群生、凄いですね~
スミレの種類は全然わからないのですが
実にたくさんのスミレがあるのですね。
タカオスミレの茶色の葉、不思議な魅力があります。
いいですね~
花を愛でながらの裏高尾。^^
メールのさせていただきましたが、写真集本当にありがとうございました。
見る度に感動です。^^
応援しています。森づくり頑張ってくださいね! ^^
Commented by at 2013-04-02 23:42 x
m-kotsubuさん★
こんばんは、いつもありがとうございます。
写真集が無事に届いたようですね。拙作ですが、気に入っていただ
えれば光栄です。
この時季、高尾山や裏高尾へは何度通っても飽きません。それだけ
バラエティに富んだ花々に会えるからです。今度、機会があったらぜ
ひ訪ねてみてください。これから夏の盛りまで、様々な植物たちとの
出会いが楽しめます。
森づくりへの応援、ありがとうございます。今週末の作業の励みにな
ります。里山もこれからしばらくの間、小さな仲間たちで賑やかになり
ます。
Commented by Non at 2013-04-03 01:22 x
 こんばんは。色んな花たちに会えて良かったですね(^^)
 そういえば、トウゴクサバノオなどは名前を調べるまで全く知らなかったので、
「変わった名前だなぁ」と強く印象に残ったのを覚えています。
 ニリンソウの群生で思い出したのが、山歩きを始める前に初めて行った上高地です。
もちろん当時は知らなくて、あとでニリンソウだと知って。今でも忘れられない景色です。
Commented by at 2013-04-03 08:29 x
Nonさん★
おはようございます。
いつもありがとうございます。
この日はトウゴクサバノオの美しい花姿を撮ることも目的のひ
とつでしたが、生憎の曇り空。花弁をしっかり開いてはくれま
せんでした。
高尾山周辺ではニリンソウがあちこちで見られますね。群落地
も少なからずあったりして、上高地を彷彿とさせる散策ができ
ます。晩春から初夏、そして盛夏へと、渓谷の植物たちがまだ
まだ楽しめますね。週末が待ち遠しいこの頃です。
Commented by marikka at 2013-04-03 12:54 x
う~~~ん、どれもこれも素敵な写真で唸ってしまいました。
こんなふうに撮りたい!ニリンソウもスミレも、一味もふた味も違って見えますね。

平年の札幌であれば、積雪ゼロ宣言が出る日ですが、今年はまだ60㎝以上あり、あと10日以上かかりそうです。春が遅いのは悲しいけど
それなりに楽しむことにしています。早い春は、ここでた~っぷり堪能しますね。

下の写真集、翼さんのしゃしんもいっぱいですか?
誰の写真かわかるのですか?
Commented by at 2013-04-03 15:46 x
marikkaさん★
ようこそ、いつもありがとうございます。
実はデジイチ新調しました。見栄えがいいのは多分そのせい
でしょう、腕は大したことありませんから。
そちら、まだまだ銀世界ですよね。雪山遊びまだまだガッツ
リ楽しんでください。そのうち春は嫌でも来ますから。
写真集は、当NPOが民間企業の助成金を頂き作成したもの
です。画像は私も6割程度提供してます。お陰さまで好評で
すよ。ご希望であればお譲りしますので、ご検討ください。
Commented at 2013-04-03 19:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2013-04-03 21:02 x
こんばんは。
スミレにも、いろいろな種類があるのですね。
翼さんのブログでは、楽しみながら、勉強もさせていただけます。
お得ですね!
どの花も可憐で素敵ですが、
なぜか、カントウミヤマカタバミの清楚なたたずまいに、目が離せない…。
Commented by 矢車草 at 2013-04-03 22:06 x
翼さん、こんばんは~♪

またまた素敵な翼ワールドだこと~!
どのお花もとっても可愛く撮ってもらって嬉しいこと!
私もこんな風に撮りたいんです!!
来週末、この辺りをうろうろする予定なのだけど、まだスミレちゃん達残っているかしら?

お昼ごはんはもしかして、入間SAのものですか?
いつか立ち寄らなくてはですね~お洒落で美味しそうです。
Commented by at 2013-04-04 17:19 x
非公開コメントさん★
用件は了解しました。
早速手配しますので、もう少々お待ちくださいね。
正にスミレの季節ですね。この時期は週末が待ち遠しいのです
が、今週末の天気はどうも怪しいです。雨を覚悟で出掛けるか、
それとも家の近くをウロつくか…。さてどうしましょう。
Commented by at 2013-04-04 17:32 x
空さん★
ほんと、スミレはたくさんの種類があって、しかも悩ましいも
のもあったりして興味が尽きません。憧れのスミレもいっぱい
あって、しかも時季が重なっていたりするものですから、多少
の年月を掛けなければベストコンディションでの撮影は難しい
かも知れません。
勉強だなんてとんでもないですよ。ただ、図鑑を眺めていて覚
えていることだけを書き綴っているだけなんです。
カントウミヤマカタバミ、私も大好きです。森の中での佇まい
とか、雰囲気というか、実に魅力的な花だと思います。近いう
ちにもう一度会いたいと思っているのですが…。
Commented by at 2013-04-04 17:46 x
矢車草さん★
いつもどうもです。
せっかく咲いてくれたのだから、なんとか素敵に撮ってあげた
くってね。この時期は東奔西走、毎週末カメラ抱えて歩き回っ
てます。ひょっとして今週末は裏高尾あたりですか?大丈夫ま
だまだスミレ達が咲いていてくれてますよ。他の花たちも咲き
始めているでしょうし、賑やかになっていると思いますよ。
ただ、天気がイマイチみたいですね。私も考えている場所があ
るのですが、さて、どうしましょう。
はいはい、あのバケットサンドは圏央道狭山SAで仕入れたも
のです。その他、美味しそうなおむすびもいっぱい売っている
ので高尾方面に行く時は重宝なんですよね。
Commented by fumifumi at 2013-04-04 19:24 x
翼さん、こんばんは~
わぁ~、気になるスミレがいっぱい(@_@)
やはり高尾はスミレの宝庫、一つの山でこれだけ見れるなんて素晴らしいです。
広角撮りのナガバノスミレサイシン、いい雰囲気で撮られていますね。
憧れのタカオスミレも紹介してくださってありがとうございます。
葉っぱがシックな色合いでなんともいい感じです。
スミレ以外にも春のお花の大合唱ですね。
今回も爆弾おむすびだったんですね、美味しそう~(^O^)

写真集、ありがとうございました。
すっかり気に入って何度も拝見しています。
この撮り方はきっと翼さんの写真だろうなぁ~と思いながら。
Commented by 山うさぎ at 2013-04-05 05:23 x
こんにち( ´ ▽ ` )ノ
ブログを拝見させていただいたら、どれも素敵な写真ばかりでうっとりです。3/20に私も行ったのですが、咲いているスミレの種類もまだ少なく、ニリンソウもほとんどまだでしたのに、もうこんなに春が進んでいたんですね(~_~;)
早く会いに行きた〜い!でも週末の天気が…
勉強不足で名前のわからなかったスミレも、こちらの写真を参考にさせていただきます。
これからも楽しみにしております
Commented by at 2013-04-05 08:11 x
fumifumiさん★
いつもありがとうございます。
お陰さまで写真集も好評いただいており、携わった者として胸
を撫で下ろしております。
高尾山はなかなかベストシーズンに出くわすことがなくて、今
回も百花繚乱という訳にはいきませんでした。狙いのスミレも
まだまだ花を開いておらず、ヒナスミレやエイザンスミレには
出会えず仕舞いでした。
それでもナガバノスミレサイシンだけは元気いっぱいで迎えて
くれましたよ。
Commented by at 2013-04-05 08:19 x
山うさぎさん★
ようこそお出でくださいましたね。ありがとうございます。
裏高尾に行かれましたか、3月の20日頃ですと、スミレたちの
開花にはまだ少し早かったでしょうね。日溜まりでアオイスミ
レが咲き始めている程度でしょうか。でも、渓流の岩場ではハ
ナネコノメが元気に咲いていませんでしたか?
私も今週末はあれこれ計画を立てていたのですが、天気が荒れ
模様のようですね。久々に家でおとなしくしていましょうかね。
山うさぎさん、よろしかったらこれからも遊びに来て下さい。
できるだけタイムリーに里山の自然をお届けしたいと思ってい
ますので。
Commented by やまぼうし at 2013-04-08 21:00 x
写真集、ありがとうございました。
武蔵野の森に生息する動植物、それらを育む豊かな自然、これからどんな世界に移り変わっていくのでしょう。
皆さんの活動を陰ながら応援します。
掲載されている写真も優しい雰囲気があります。
ただ一つ、どうしても見たくない頁がありましたので、クリップで開けないように止めました。
これでいつでも写真を楽しめます。
ありがとうございました。
Commented by at 2013-04-08 22:14 x
やまぼうしさん★
こんばんは。
写真集、届きましたか。写真集の作成にあたって、ただ一つ心残り
だったのは、画像の選別に時間が割けなかったことでした。画像は
すべて私がセレクトしましたが、季節感を再現する画像って、意外と
難しいものですね。
見たくない頁は大方察しがつきますが、千載一遇のチャンスにカメラ
を持っていたこと、もう一度撮りたくてもそう簡単に出会える被写体で
はありません。あの画像はなんの迷いもなくセレクトしました。
いよいよ忙しくなりますね。あの花、この花、想いは彼の地です。
今週末は少し遠出をしようかと思ってます。
Commented by inprevi at 2013-04-09 09:17
こんにちは
とても美しいすみれ色ですね
たくさんの種類、知っていたら楽しさ倍増なんでしょうね
私は実家の庭の割れたコンクリの端っこからでてきた根性といわれそうなすみれしか知りません(^^;

ところで、、すみれのような低い被写体はどのようなスタイルで撮影されているのでしょうか?
腹ばい?膝折り?ライブビュー?なんとかアングルファインダー?

カントウミヤマカタバミのような寄って広角の写真・・・撮ってみたいです!
翼さんのブログではいつも感動と刺激をいただいています、感謝です
それとプロフィールの写真、決まってますね!手がめっちゃきれい♪
Commented by at 2013-04-09 12:58 x
ステラさん★
こんにちは。
この時季はスミレ巡りで東奔西走です。毎週末が待ち遠しくて
仕方ありません。
スミレの撮影ですか?最初はしんどかったですよ、アクロバッ
トのような姿勢で(笑)でも今はアングルファインダーでスイ
スイです。地面すれすれから狙う被写体は、ある意味新鮮です
よね。広角で目いっぱい寄って撮る技術は、チョウの撮影で会
得したものなんですよ。
プロフィールの画像、寝室のドレッサーに向かって撮ったもの
なんですよ(笑)