pode ser um romance

里山逍遥 No8 「小さな谷に舞い降りた春」

b0255992_21184456.jpg
もうそろそろかな、とカメラと数本のレンズをバックに詰め、いつも通っている森の小さな谷へ車を走らせた。
あたりはまだ枯れ色で、お目当ての愛おしい花の気配はちょっと薄い。「まだ早かったかな…」 と思った瞬間、枯葉の上にすっきりと開いた薄紅色の花弁が目に飛び込んだ。

今年も逢えた。
それは、この森の小さな谷にひっそりと花を付けるオオミスミソウだ。
春まだ浅い雪国では、スハマソウ、ミスミソウと並んで色とりどりの 美しい花を林床に咲かせる。
今春は思いのほか花粉が飛び交っているという。鼻水、なみだ目、クシャミにも負けず、小さな谷にはシャッターの音だけがいつまでも響いた。



b0255992_2152387.jpg
オオミスミソウは、同じ仲間であるスハマソウやミスミソウに比べて葉が大きい。オオミスミソウという名前の由来もそんなところからきている。
こちらは花弁が薄紅色のタイプ。
淡い春の陽射しの中、この時季は花々がとっても愛おしい。いつまで眺めていても飽きることがない。



b0255992_21574951.jpg
目が慣れてくると、点々と花の所在がつかめてきた。
オフホワイトの花弁が柔らかい陽射しに透けていた。背丈はせいぜい6,7センチといったところ。撮影はアクロバットのような姿勢でシンドイ。



b0255992_22641.jpg
カメラを引いてみると、こんな風景の中に咲いている。
とっても静か。時折、ウグイスの地鳴きが聞こえるくらい。



b0255992_22101619.jpg
春の陽射しにやっと花柄を立ち上げ、今まさに花弁を開こうとするところ。
陽光に映える花柄の繊毛が、いかにも寒冷地の植物らしい。



b0255992_22145720.jpg
倒木の根本には青紫色の花弁が映えていた。
どんなふうに切り取ろうか、思案しながらも悪戯のように撮らされてしまう。デジカメは、フィルム代を気にしなくてすむのがなんとも助かる。



b0255992_22205952.jpg
ローアングルのカットも捨て難いのだが、撮影はやっぱり辛い。
それでもファインダーに浮かび上がった花姿は、筆舌に尽くしがたい雰囲気がある。



b0255992_22252354.jpg
こんなふうに花柄がヒョロヒョロっと伸びた個体をローアングルで狙ってみた。
伝えたい気持ちを分かっていただければ幸いだが、蕾が開き始めた時の感動は、やっぱり上手く伝えられない。



b0255992_2232559.jpg
こちらは、花弁がやや丸味を帯びたタイプ。
オフホワイトの色合いがなんとも清楚な感じだが、アングルがどうも…



b0255992_2238447.jpg
撮影に使用したレンズは、結局2本のみ。
この日は愛用の90mmマクロレンズが大活躍。結果は大いに自己満足なので、細かなところは大目にみてくださいな。



b0255992_22495953.jpg
この森の小さな谷にいつまでも生き長らえて欲しいと思った。
人知れず、ひっそりと咲くオオミスミソウ。
なぜ、この森に…。
それはナゾのままでいい、あまり突き詰めて考えないことにしよう。
最早、この森のれっきとした住人なのだから。

The End
by windy1957 | 2013-03-12 23:00 | memory of Satoyama | Comments(18)
Commented by fumifumi at 2013-03-13 01:50 x
こんばんは~
翼さんらしいタイトルから決まっていますね。
暖かな日差しをいっぱい浴びて咲くオオミスミソウ、なんて素敵なんでしょう。
オフホワイトのミスミソウ、スハマソウしか知らない私には憧れの存在です。
林床を彩る春の使者ですね。
謳うように咲く姿が愛らしいです。
ますます憧れます^_^
Commented by よしころん at 2013-03-13 08:57 x
こんなに色とりどりのミスミソウが!?
きっと最初にみつけたときは、ビックリするやら、嬉しいやら、だったのではないでしょうか。
新潟・・・じゃないですよね ^^;

わたしも昨日は60㎜マクロ大活躍の1日でした \(^o^)/
お花たちはもちろん、花粉もバンバン・・・
途中でヤクギレとなり、帰路の車中ではティッシュも切れ、最後のティッシュを鼻栓にして凌ぎました ToT
Commented by 矢車草@こそこそ at 2013-03-13 16:07 x
翼さん☆

こんにちは~!
まぁ、まるで秘密の花園ですね!翼さんしか知らない場所なのかしら?
翼さんの伝えたいこと、いっぱい伝わって来ましたよ♪
素敵ですねーどのお写真も。
私も100mmマクロ持っているんですけど、上手に使えなくて
宝の持ち腐れですー今度ご指導してくださいー!

静かな森の谷にひっそりと、でも優雅に咲くミスミソウ…
私もそろそろお花探しの旅に出ようかしら。
裏高尾も気になりますしー(^^♪

そうそう、夢中になっていつも膝がまっ黒になってしまうので
今度は膝当てみたいなものを持って行かないとです。
Commented by at 2013-03-13 19:47 x
fumifumiさん★
いつもありがとうございます。
らしいタイトルって言われると、年甲斐もなく照れますけどね。私は
逆にスハマソウやミスミソウはまだ知りません。毎年、ミスミソウの
大群落が見事な上越の某山に行こうと考えていますが、なかなか
実現できないでいます。
オフホワイトにピンク、薄紅色に青紫色、数こそ少ないですけど、
ずっと見ていても飽きませんね。この場所は、オオミスミソウの後
を追うように今度はスミレたちが謳歌し始めます。お互い、これか
ら忙しくなりますね。
Commented by at 2013-03-13 19:53 x
よしころんさん★
いつもありがとうございます。
ええ、ほんと最初はビックリするやら信じられないやら、そして嬉しい
やらでしたよ。
新潟の〇〇山を彷彿とさせるような色合いの花たちでしょ。でも、群
落ではないんですよ、ほんの5株ほど。それをあっちから、こっちか
ら撮ってるんです。
ほんと、今春は花粉が凄いですよね。顔中グチャグチャになって撮
影してましたよ。私の場合、今飲んでるヤクがまったく効きません。
Commented by at 2013-03-13 20:06 x
矢車草@こそこそさん★
いつもありがとうございます。
はい、秘密の花園です。所在を知ってる方はほんの数名ですが、い
ずれは知られてしまうでしょうね。上から、斜めから、横から、色々撮
ってみましたけど、褒められたものはありませんよ、みんな自己満足
ですから。
今回使用したレンズは90mmマクロです。焦点距離も丁度良くて、
昔から重宝しているレンズなんです。私はいつも絞り優先で撮ってま
す。しかも、最低3段階くらいは絞りを替えて同じアングルで撮ります
ね。ま、なんだかんだ言っても、結局枚数を撮ることでしょうかね。
私も先日あたりから花撮影モードに入ってます。そうですね、裏高尾、
今月の下旬にもなれば、あの渓谷沿いがスミレロードになりますね。
今シーズンは、ひょっとしてバッタリお会いするかも知れませんね。
Commented by m-kotsubu at 2013-03-13 21:50
こんばんは♪
可憐なオオミスミソウ・・とっても愛らしいですね。
まだ植物園のような場所でしか見たことがありません。
秘密の花園・・教えていただきたいけれど我慢します。(笑)
自分の秘密の場所は いつまでも秘密であってほしいものです。^^
小さな野草たち、私も探しに行きたいな。
それにしても、今年は花粉ひどいですね~><
マスクとサングラスで怪しい人になって登ってます。(笑)
Commented by yamabousi-28 at 2013-03-13 22:55
「わあ~!」
うっとりとしてしまうカットばかり。
表現のしようがありません。コメント短いですが、わかってください。
Commented by at 2013-03-14 00:13 x
こんばんは。
なんて美しく、可愛い花でしょう。
ローアングルで撮られたのが、とっても好きです。
翼さんの花のお写真を拝見すると、「マクロレンズ欲しい!」と思ってしまいます。
腕の違いを忘れてしまって…。

Commented by mrkgen at 2013-03-14 12:22 x
春!いいなぁ♪
オオミスミソウの立ち姿、素敵ですね。柔らかな繊毛(?)が何とも言えない
味です。
まじめにお花を撮っていないので、今年の春は頑張って真似して撮ろうと思いました!
こんな風に撮れるかは、大いに疑問だわ(^_^.)

Commented by at 2013-03-14 12:36 x
m-kotsubuさん★
いつもありがとうございます。
同じ仲間でもスハマソウやミスミソウは、私も植物園でしか見
たことがありません。新潟とか、佐渡まで渡れば目も眩むよう
な群落地があるようですが、こちらのフィールドでは5株のみ
ひっそりと咲いています。
今月下旬あたりから、周辺の低山帯でも早春の可憐な花々が次
々と咲き出しますね。週末のたびにカメラ抱えて出回るような
日々になりますが、今春は花粉症が猛威をふるってますね。
私は元々アレルギー性鼻炎なんですが、いつもより重症です。
今週末は、秩父方面へ遠征してこようと思ってます。
Commented by at 2013-03-14 12:44 x
yamabousiさん★
いつもありがとうございます。
被写体とじっくり対峙するには、気持ちのゆとりが大切ですね。
集中してファインダーを覗いていても、鼻水ダラダラでは始末
におえませんよ。
この時期、青紫色の花には惹かれますね。中でもオオミスミソ
ウの色合いは、吸い込まれるような魅力があります。
スミレも咲き出しますので、そろそろ週末の予定が慌ただしく
なってきました。今季はワークショップには参加できそうもあ
りません。もし、また機会がありましたらご一緒しましょう。
Commented by at 2013-03-14 12:50 x
空さん★
いつもありがとうございます。
ローアングルの画像、結構シンドイですよ(笑)ローアングル
ファインダーっていう便利な小道具もあるのですが、慣れない
と使いづらいかも知れませんね。
空さんも一眼デジですよね。であればマクロレンズは1本欲し
いところですね。花々の撮影が主であれば、単焦点の100mm
前後のものが便利だと思いますよ。
腕の違いなんて、とんでもない。空さんの被写体探しのセンス
にはいつも感心してるんです。
Commented by at 2013-03-14 13:00 x
mrkgenさん★
いつもありがとうございます。
雪深い北の大地からようこそ。オオミスミソウって、そちらも
咲いていましたっけ??
ともかく、こちらはもう春本番です。オマケに花粉症状も全開
ですけどね。
花柄の繊毛が、なんとなく雪国の花っぽいでしょ。もうしばら
くの辛抱ですよ。暖かくなったら、春の花々たち、真面目に撮
りましょうね(笑)ずっと前、ブルーのエゾエンゴサクがいっ
ぱい咲いた森の画像を見せていただきましたよね。あの画像、
しっかり焼き付いてますよ。またUPしてくださいね、楽しみ
に待ってますから。
Commented by Non at 2013-03-15 18:22 x
 こんばんは。ここは限られた人だけがご存知の、秘密の場所なのでしょうか? だとしたら、
それ以上は知られずに、このままずっと守られてほしいです。可愛い野や山の花たちの写真を
他の方たちのブログで見かけるたびに、心からそう思います。
Commented by at 2013-03-16 00:40 x
Nonさん★
いつもありがとうございます。
そうですね、ここは限られたというか、ごく少数の人しか知らない場所
です。まったくの野生状態なので、植生遷移による衰退が気がかりで
すが、今のところ自生地は健在です。
こちらの森では本種に限らず、ランの仲間の盗掘が深刻です。特段
保護策はとっていませんが、モラルを訴えるだけでは効果が殆どあり
ません。これはとても残念なことです。
監視員が巡回する、保護柵を設置する… 里山の生き物たちもこうし
た状況下におかれてしまうのは哀しい気がしますね。
Commented by mie at 2013-04-04 22:48 x
はじめまして!
矢車草さんのところから飛んできました。
素晴らしいミスミソウのお写真に、思わず書き込みさせて頂きます。

わたしも先日、念願叶ってようやくミスミソウを見ることが出来ました。
7年前に、東京から北陸の田舎に移住して、今は自然に囲まれて生活していますが
残念ながら我が町に雪割草は咲きません。

田舎で暮らすようになり、里山の楽しさを知り、
そして四季折々を心底楽しむようになりました。
こちらは今、カタクリが咲き始めたところです。
仕事の昼休みにちょいと偵察・・・そんなことが出来る今の環境、、、
とても贅沢なことだな、と思います。

また寄らせて頂きます。お見知りおきを。
Commented by at 2013-04-09 21:49 x
mieさん★
はじめまして。
ようこそお出でくださいました。レスが遅くなりごめんなさいね。
ミスミソウ、この時季はあちこちのブログで見掛けますね。お陰様で
こちらの森では可憐なミスミソウが咲き揃います。新潟方面の自生
地には敵いませんが、愛おしさには変わりはありませんよね。
昼休みにカタクリ偵察ですか?なんて羨ましい環境なんでしょう。
所変わっても里山の楽しみとか、かけがえのない自然への慈しみ
は同じですよね。
ぜひ、また遊びにきてください。そして、そちらの里山の素晴らしさ
をぜひ聞かせてくださいね。