pode ser um romance

里山逍遥 No7 「侵略的外来種の憂鬱」

b0255992_15123173.jpg
鮮やかな赤い嘴と大きな眼。翼には赤や黄色、鶯色の縞模様を配した美しい小鳥。
その名はソウシチョウ。
集団や番で仲良く行動することから 「相思相愛」 = 「ソウシチョウ」 というのが名前の由来らしい。
本来の生息地は中国や東南アジアということだが、飼い鳥として日本に輸入されたものが 「篭脱け鳥」 つまり、逃げ出して繁殖し野生化してしまったのだ。
ところが最近では 「侵略的外来種ワースト100」 という嬉しくないレッテルを貼られてしまい、少々厄介者扱いされている。
そのソウシチョウが、最近、こちらの森でも観察されるようになった。
君たちに罪はないだろうに… できれば、この森に棲んでいる本来の小鳥たちとうまく棲み分け、そしてこの森に馴染んでほしいと思った。
今回は、そんな里山逍遥を綴ってみたい。





b0255992_15392745.jpg
今日も冬の陽は燦々。
でも、ふと気が付けば、春の兆しもチラホラと。



b0255992_15413463.jpg
ため池に浮かぶ木の葉。
水面には冬木立を映してる。その色に、構図に、なぜかいつもカメラを向けてしまう。



b0255992_1545175.jpg
谷津田の休耕田は荒涼とした風景。
ビオトープ池の作業も初夏までお預けだ。この水辺にもうすぐヤマアカガエルやトウキョウサンショウウオが産卵にやってくる。



b0255992_1547503.jpg
林縁の小道をしばらく辿ると、早速あいさつに来てくれたのはルリビタキ君。
この森には数羽のルリビタキが縄張りを持っているようだが、出会うのはいつも同じルリビタキのような気がする。



b0255992_15504421.jpg
ルリビタキにカメラを向けていると、その傍らで忙しなく動く鳥影が目に入った。
この森で3年ぶりに出会うソウシチョウだ。
その色合いは、美しさにも相俟って奇抜にも映るかもしれないが、もう、彼らは明らかに森の住人になってしまっている。しかし、哀しいことにそんな彼らの生き様は 「侵略」 と扱われている。
いったい誰のせい? 見てくださいな、柔らかい冬の陽射しの中に… ほら、馴染んでるでしょ。



b0255992_1625433.jpg
じっと観察していると、人目も気にせずに、次から次へとヤブの中から姿を現し始めた。彼らは意外と愛嬌者なのかも知れない。



b0255992_1673617.jpg
ソウシチョウをたっぷり観察したあと、こんな感じの明るい森の小道をゆっくりと下ってゆく。
近くではアカゲラのドラミングも響いてる。



b0255992_16104679.jpg
陽だまりの落ち葉の上に座り込んで一息入れよう。
森の木の葉は、新芽も若葉も紅葉も、そして落ち葉も、み~んな美しい。



b0255992_16143234.jpg
たぶん、ノイバラだと思うが、逆光に朱が映えてとっても目を惹く。



b0255992_16494375.jpg
今になって気付いたが、春の使者、オオイヌノフグリも顔を出し始めていた。
風はまだ冷たいが、季節は密かに移ろいでいる。
この花を 「星の瞳」 という美しい響きで呼ぶ地方がある。



b0255992_1622535.jpg
最後に、もう一度美しいルリビタキ君が出てきてくれた。
まるで何かを告げたいかのように、付かず離れず私の周りを往ったり来たり。
この森で美しい冬鳥たちと出会うのも、もう残りわずかだ。



The end
by windy1957 | 2013-02-09 16:41 | memory of Satoyama | Comments(12)
Commented by sizuku at 2013-02-09 20:25 x
翼さん、こんばんは(*^_^*)
またまた、ため息が出るくらい美しい画像の数々ですね。
ソウシチョウ、その名の由来も、異国の地に馴染んで、逞しくも健気に命を育んでいるのも、その美しい姿も、愛らしい小鳥ですね。
侵略者と言うのはかわいそうな気がします。
同じ意味で、ガビチョウもそうだけれど、外見で彼らの方が不利ですね。

ルリビタキ君も、ことさら美しいし、星の瞳は素敵です。

ため池の構図は、やはり翼さんならではのもの、空を映した青い水面も、漂う落ち葉も、水面に落とす影も、春と冬の狭間の季節を写し撮る翼ワールドならではとつくづく感じました。
こんな風に撮ってみたいなぁ…

Commented by よしころん at 2013-02-10 18:59 x
翼さん、こんばんは^^

まぁぁ~ なんて可愛いこちゃん達に歓迎されたのでしょう。
ソウシチョウの足は黄色。
ルリニタキは藍色なのですね。
体のメインカラーが足の色になるのかしら。
まるで画面からこちらに向かって飛んできそうな錯覚さえ覚えます。
素敵な画像、何度も拝見させていただきました。
ありがとうございます♪

あ、自己紹介画像が変わりましたね^^
翼さんもNikonなのですね。
D800! いいなぁ~~
「男は黙ってNikon!」 女もね^^v(笑)
Commented by at 2013-02-11 00:18 x
こんばんは。
ソウシチョウって、初めて見ました。
美しい鳥ですね~。
ルリビタキも美しい。
翼さんのお写真が素晴らしいから、いっそう美しく見えるのでしょうね。
明るい森の小道も、大好き。
こんな森を、のんびり歩いてみたくなります。
Commented by at 2013-02-11 12:02 x
sizukuさん★
こんにちは。
いつもありがとうございます。
ソウシチョウと同じくガビチョウも似たような境遇ですね。
彼らには罪はなにのですが、結果的には厄介者扱いにされ
ています。こちらの森では、今冬はこのソウシチョウが比
較的容易く観察できるので、連日カメラマンが訪れていま
す。でも実物はほんと可愛くて綺麗な小鳥ですよ。
ルリビタキはそろそろ帰り仕度でしょうね…
Commented by at 2013-02-11 12:27 x
よしころんさん★
ようこそ、いつもありがとうございます。
おぉ 足の色とは、言われてみればその通り、さすがの観察
眼ですね。野鳥の撮影は、一度上手くいくとズルズルと深み
に嵌ってしまうのが怖いです。ま、私はお金がありませんか
ら高価なレンズなど手が出ませんけどね。
よしころんさんもNikonでしたよね。視野率100%のフルサ
イズ機、ファインダーを覗いた印象が、やっぱいいなぁ…っ
て思っちゃいます。黙ってNikon! しばらくはこのカメラ
で頑張ります。
Commented by at 2013-02-11 12:31 x
空さん★
ソウシチョウ、初めてでしたか。可愛い綺麗な小鳥でしょう。
でも実は飼い鳥が野生化してしまったものなんです。おまけ
に最近では「侵略種」だなんて。私たちのエゴですよね、彼
らには罪は無いと思います。
柔らかい冬の陽射しの明るい森。野鳥を探しながらの散策は
つい時間を忘れてしまうほどです。春の兆しもそろそろ出て
きましたね。野の花が咲く頃は、また忙しくなります。
Commented by Non at 2013-02-11 19:53 x
 こんばんは。ソウシチョウ、可愛い鳥ですね。どんな動植物でも外来種が問題になるのは
分かりますが、「侵略的」という表現はちょっと…と思いますね。日本の気候に対応して、
懸命に生きてきただけで、逃がしてしまった飼い主が悪いわけですし。
翻弄される生き物たち、かわいそうになりますね。

 写真は、最後のルリビタキにうっとり~です(^^)
Commented by at 2013-02-12 08:29 x
Nonさん★
いつもありがとうございます。
果たしてソウシチョウが「憂鬱」と感じているかは定かではあ
りませんが、少なくとも、勝手に連れてこられて、籠脱けから
野生化したとたん「侵略的外来種」とあっては立つ瀬がありま
せんよね。動物に限らず、植物でも同じ境遇となっているもの
たちがたくさん居ます。可愛らしさとか、美しさとか言う外に
森を歩けば考えさせられることがいっぱいあります。
幸せの青い鳥… 今冬は気の合う友達になってくれました。
Commented by 矢車草 at 2013-02-12 21:11 x
翼さん、こんばんは~♪

昨日の山からの帰り道、渋滞した高速で翼さんのこの素敵なレポに
見入っていました。(運転席の相棒も・・・笑)
ルリビタキくんは本当に可愛くて、でも目つきは男らしくて大好きな野鳥です。
それにしてもなんてカッコ良く撮影されているのかしら!

ソウシチョウは笠取山への登山道、石尾根、柳沢峠から丸川峠間で見かけたことがあって
なんて綺麗な鳥なんだろうって後で調べてかわいそうな運命を知りました。
観賞用だっただけあって綺麗な鳥ですよね。

トウキョウサンショウウオ・・・とっても気になります(#^.^#)燻製?うそうそ。
里山歩き、ほんと素敵な、そして豊かな時間ですねー♪
Commented by at 2013-02-13 08:41 x
矢車草さん★
高速道路での渋滞中、時間つぶしに貢献できて光栄です、はい。
今、こちらの森ではルリビタキとソウシチョウが人気者で週末
には多くのカメラマンが集まってます。私の撮影スタンスは、
気が向いた時に一人でこっそりと、という感じなので、大砲の
ようなレンズを構えて、ズラッと皆で待ち構えて撮るというの
はどうも性に合いません。
ソウシチョウは所々で自然繁殖しているようで、筑波山などは
有名のようです。山梨の山域でも観察できたんですね。

燻製といえば、ヤマアカガエルだって… うそうそ。
山登りに行けないので、もっぱら里山歩きですよ。素敵で豊か
な時間… ほんと、そうかもね。
Commented by fumifumi at 2013-02-14 22:33 x
こんばんは~
ルリビタキ、めちゃめちゃ綺麗ですね。
やはり幸せを呼ぶ青い鳥、ふっくらとしたお腹も冬鳥らしくって可愛いです。
もう何年も逢っていません。いつか翼さんのサイトで初めて知ってどうしても逢いたくって探した鳥でした。
カラフルなソウシチョウが厄介者扱いされてるとは初めて知りましたが、もうすっかり森の住人ですね。
素敵な里山の風景を拝見していたら、「森は生きている」っていう言葉が浮かびました。
Commented by at 2013-02-14 23:24 x
fumifumiさん★
こんばんは。
いつもありがとうございます。
ルリビタキって、ほんと綺麗で可愛い小鳥だと思います。そうですか、
もん何年も逢っていませんでしたか。意外と身近に居る小鳥ですか
ら、出逢える機会はきっとあるはずです。
ソウシチョウもすっかり森の住人になってしまいましたが、正直、人
間の判断って、ちょっと勝手だと思います。でも、この見解も人それ
ぞれでしょうけどね。
「森は生きている」 森を歩いて動植物と語り合ってこそ実感する言
葉ですね。fumifumiさん、同感です。