pode ser um romance

里山逍遥 No5  「森の話をしよう」 (ё_ё)キャハ

b0255992_15314921.jpg
秋から冬は、いつもの里山に還る。
冬山や雪山が嫌いなワケでもないのだが、この時季は冬鳥など探しながら、カサカサと落ち葉の森歩き。
これってやっぱり飽きないね。
ということで、週末のフィールドから、森の話をちょっと。




b0255992_15455998.jpg
森が明るいなぁ… って呟く。
冬の森は光が明るくて、初夏と秋の森は色が明るい。



b0255992_15512455.jpg
サーモンピンクが美しいメグスリノキも、いよいよラストスパート。
いっそう彩りを増して、やがて散ってゆく。



b0255992_15541944.jpg
ここまで来て、ふと、冬鳥の声に気が付く。
ヒッ ヒッ  おッ あの声は…



b0255992_1556072.jpg
目を凝らすこと数分。
ヤブの中からピョコンっと出てきた、幸せの青い鳥。
ちょうど陽だまりの中、申し分のないシチュエーションだけど、カメラに装着したレンズではちょっと役不足だ。
それでもなんとか撮れた一枚がこれ。 (ルリビタキ Tarsiger cyanurus



b0255992_16151380.jpg
ルリビタキとの出会いに気を良くしながらいつもの畦道を辿る。
ここは、猛暑の中、汗だくになって仲間と一緒に草を刈った畦道だ。



b0255992_1616509.jpg
いつもここで立ち止まる。
これはキツツキ(アカゲラorアオゲラ)の仕業。そういえば以前、真ん中の穴から 「テン」 が覗いていたことがあったっけ。
すると、今度は ピーフィ フィ―  おッ あれは…



b0255992_16212071.jpg
ちょっと遠いけれど、向いの林縁の小枝にトキメキの鳥影が… (ウソ Pyrrhula Pyrrhula

ところで 「ウソ」 という名前だが、口笛を意味する古語 「うそ」 から来ているらしい。そう言われれば、なるほどその鳴き声は口笛に似ている。細く、寂しさを帯びた鳴き声はちょっとセンチメンタル。
暮れゆく秋の森によく似合う。



b0255992_1644395.jpg
山間の休耕田を掘り起こして作ったビオトープ池。
春早く、ヤマアカガエルやトウキョウサンショウウオたちが産卵にやって来る貴重な水辺だ。



b0255992_16475862.jpg
オオアオイトトンボの逢瀬。
恐らくこのカップルの寿命は、あとほんの僅か。
冬が来る前に産卵を済ませ、その後、静かに人知れず逝く。



b0255992_16553870.jpg
水面に映った絵は、なんとなく冬模様。



b0255992_16581297.jpg
今秋は、例年に比べて里山の彩りが鮮やかな気がするけど…



b0255992_171996.jpg
こちらはコバノガマズミの実。
酸味が強いけれど食べられる。
ガマズミと同様、果実酒になるというが、さてどうだろう…



b0255992_1754924.jpg
こちらはマンリョウの実。
これからの時季、真っ赤な実は冬枯れの森でよく目立つ。



b0255992_1772016.jpg
冬鳥を追いかけてここまで来た。
ちょっと遠回りだけど、このまま登っていつもの丘に出よう。



b0255992_179182.jpg
いつもの「見晴らしの丘」から。
コナラ、クヌギを主体とした森の彩りは、概ね茶褐色に染まるのが定番だ。
眼下の森を見渡せば、う~ん、やっぱり例年より彩りが鮮やかな気がするけど…



b0255992_17135338.jpg
クヌギ、コナラの落ち葉は、農家にとって掛けがえのない上質な腐葉土の基になる。
里山とは、農家にとってはほんの裏山であり、昔から強く生活に結びついていた。樹木は勿論、落ち枝や落ち葉ひとつも決して無駄にしない。こうして適度に干渉を受けてきた雑木林は、小さな生き物たちの恰好の住処でもあるのだ。
そして、センス オブ ワンダー。
四季を巡り、いろんな不思議を期待しての森歩き。これがなんとも楽しい。
by windy1957 | 2012-12-04 17:54 | memory of Satoyama | Comments(18)
Commented by at 2012-12-04 23:02 x
こんばんは。
翼さんが撮られる森は、とってもあったかですね。
光が優しくて、「歩いてみたい」と思わせてくれます。

ルリビタキとウソは、「こんな写真が撮れたらいいなあ」と
羨ましく拝見しました。
Commented by 矢車草@こっそり at 2012-12-05 17:51 x
翼さん、こんばんは~♪

また翼さんにはやられてしまいましたよー!
なんて素敵な里山レポでしょう!

ルリビタキに鷽にと、相棒が跳びあがりそうな素晴らしい出会いですね。
ルリビタキのオスのまなざしはドキっとするほどカッコイイです!

穴の開いた幹もいいですね~!
冬のこんな日差しの日に私達も誘ってくださ~い(笑)
Commented by sizuku at 2012-12-05 21:29 x
こんばんは(*^_^*)
山ではない、里山の森…人々の営みに寄り添うようで優しい表情の森ですね。
訪れればいつも穏やかに心を満たされる、そんな想いが伝わります。
ともし火のように、そっと燃えているひと葉はハリギリでしょうか?

雑木林に細々と続く落ち葉の小径、陽射しと初冬の微風が遊んでいるかのようです。
武蔵野の面影が、どこかに寄り添っているような里山や雑木林の風景は、やっぱり里山逍遥の世界ですね。懐かしく拝見しました。

ルリビは、まだ逢えませんが、昨日、日原で、ふぃ、ふぃ~っと、声の先を見上げたら梢の先に、二羽もウソがいました。一羽は、胸元が紅色の美しい雄でした。そして、もう一羽は雌でした。ツガイの姿が見れて嬉しかったです(*^_^*)
Commented by 翼@就業前 at 2012-12-06 08:19 x
空さん★
いつもありがとうございます。
暖色系の秋の森、光線の加減で様々な姿を見せてくれますね。
仲間によると、今シーズンは冬鳥が多いかも知れない、とのこ
とでした。冬に大陸から渡ってくる冬鳥は、年によってその数
に変動があるようです。
今回は、幸先良く冬鳥たちに会えました。テルモスに温かいコ
ーヒーなど入れて、しっかりと防寒をし冬鳥に会いに行ってみ
てください。きっと、幸せの青い鳥が迎えてくれると思います
よ。
Commented by 翼@就業前 at 2012-12-06 08:25 x
矢車草さん★
また、やっちゃいましたか?
晩秋から春先にかけては高い山は縁遠くなってしまいますので、
どうしても近場の里山とか雑木林の散策が多くなってしまいま
す。この時季ならではの観察ポイントもあるのですが、やっぱ
り冬鳥たちとの出会いに心躍りますね。ルリビタキやウソ、ミ
ヤマホオジロ、ビンズイは今季多く見れそうですね、友人から
の情報です。
適当なフィールドが近場にありませんか?ぜひ、今度ご一緒し
ましょう。
Commented by 翼@就業前 at 2012-12-06 08:30 x
sizukuさん★
この時季はやっぱり里山に還ってきますね。
そして、里山逍遥です。冬鳥たちとの再会も楽しみのひとつ
です。こちらには武蔵野雑木林の面影を残した森がまだあち
こちにあって、風情ある散策が楽しめます。今冬は冬鳥が多
く飛来してきそうですよ。週末の森のレポも期待してますね。
Commented by よしころん at 2012-12-07 19:11 x
幸せの青い鳥、私も見てみたいな~~
先日sizukuお姉ちゃまに教えていただき、ウソの鳴き声はなんとなく分かりました。
翌日の雲取山では何度もコガラを見かけました。
木々の葉っぱが落ちた冬、出来るだけ鳥さんも探してみたいと思っています^^
Commented by Non at 2012-12-08 01:33 x
 こんばんは。里山らしい、やさしい色合いの秋の色ですね。展望も良くて、生き物もたくさんいて、
こんな素敵な里山が近くにあると、何度も足を運びたくなりますよね。もちろんご自分で
手をかけて育てた分だけ、より楽しみが尽きないことでしょうね(^^)

 野鳥は、姿と鳴き声がなかなか合致しません。まだ学習中です。
 山の中で見ているのが好きなのは、混群です。ヒガラやコガラを、いつまでも見てしまいます。
 野鳥の多い森は、のんびり歩くのにも適していますね。
Commented by at 2012-12-10 08:27 x
よしころんさん★
おはようございます。
何とも慌ただしい、そして気の抜けない週末でした。お陰で
すっかりレスが遅くなってしまい、ゴメンナサイね。
幸せの青い鳥、きっと意外と身近に居ますから山歩きの時に
ちょっと注意してみてください。あまり人気を気にしないの
か、ほんの数メートル先までやって来ますよ。
コガラは可愛いですね。こちらの里山ではあまり見掛けませ
んが、寒くなると、少数が里山にも降りてくるみたいです。
冬ですね、森が温かいですね、目を凝らしての冬鳥探しです。
Commented by at 2012-12-10 08:44 x
Nonさん★
おはようございます。
慌ただしい週末でしたので、レスがすっかり遅くなってしまい
ました。季節は晩秋から冬へと向います。この時季の森歩きの
楽しさは、やっぱり冬鳥(野鳥観察)ですね。双眼鏡を片手に
鳥影を探します。期待していた鳥たちとの出会いはやっぱり心
温まります。カラ類の混群も楽しいですね。こちらの里山では、
シジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、コゲラたちがメインの群れ
になります。彼らは明るい里山が好きなようで、深山や奥山で
はあまり見掛けないような気がします。人出の入った里山は、
小さな生き物たちの恰好の住処でもあると思います。そんなこ
とにも気に留めながら、今後も森づくりに携わりたいと思いま
す。
Commented by さな・花の庵 at 2012-12-20 21:47 x
こんばんは。

冬鳥と晩秋から初冬にバトンタッチしようとする森。
良い小道ですね。
手入れさればこそなのでしょうね。
何気なさに安らぎを感じます。
Commented by at 2012-12-24 17:46 x
さなえさん★
ようこそお出で下さいました。
Resが遅くなりゴメンナサイね。
晩秋から冬にかけての森歩き、これはあくまでも私見ですが
「想いと思案」と言った感じでしょうか。冬鳥も立ち枯れの
植物たちもそんなふうに見えてきます。
私たちの作業は「将来への贈りもの」なんです。そう考える
と、流す汗も作業疲れも心地良いものですね。
Commented by Non at 2013-01-01 01:25 x
~ 謹んで初春のお慶びを申し上げます~

旧年中は何度もブログにお越しいただき、さらにコメントまで有難うございました。
本年も変わらず、どうぞよろしくお願いいたします。
翼さんとご家族様にとって幸多き1年となりますように…(^^)
Commented by sizuku at 2013-01-03 23:15 x
翼さん、あけましておめでとうございます。
昨年は、また、翼さんのブログを拝見することが出来て嬉しい年になりました。
今年も、翼さんの素敵なお写真と、お洒落で浪漫を感じるブログを楽しみにしています。
今年も、どうぞよろしくお願いします。
Commented by at 2013-01-05 15:40 x
Nonさん★
明けまして、おめでとうございます。
早々にご挨拶いただきありがとうございます。
暮れから新年にかけていろいろ忙しくて、すっかり挨拶が遅れてしま
いました。今年も宜しくお願いしますね。
楽しく意義深い山行記、今年も楽しみにしています。来月あたりから
またマイペースな低山歩きを始めたいと思ってます。
Commented by at 2013-01-05 15:48 x
sizukuさん★
明けましておめでとうございます。
早々に新年のご挨拶をいただきありがとうございます。
久々のblog復活、いろいろお付き合いいただきありがとうございま
した。お洒落で浪漫を感じるブログ・・・ ご期待に添えられますかど
うか。マイペースでのんびり綴っていきますので、今年も宜しくお付
き合いくださいね。
Commented by fumifumi at 2013-01-05 16:45 x
翼さん
あけましておめでとうございます。
森づくりって大変な作業の繰り返しでしょうが、この森がこれからどのように変化していくのか楽しみですね。
浪漫があります。
蔭ながら応援しています。
今年もどうぞよろしくお願いします(^^)
Commented by at 2013-01-05 18:12 x
fumifumiさん★
明けましておめでとうございます。
早々とご挨拶をいただき、ありがとうございます。
森づくりへの応援、ありがとうございます。励みになります。私たちの
実践している森づくりとは、とても先の長い地道な作業だと思います。
その分、fumifumiさんの仰るとおり夢と浪漫があります。これからも
仲間と一緒に情熱を持って頑張ります。
今季は、思い切ってそちらにも遠征したいですね。